「沙本毘古(サホビコ)と沙本毘売(サホヒメ)」 その4

☆『古事記』の再話です。韓国語訳はこちら

天皇は、力が強くて敏捷な兵士たちを選んで、「御子を引き取るときにその母も奪い取れ。髪でも手でも捕まえて引っ張ってこい」と命令した。沙本毘売は天皇のそうした企みをあらかじめ知っていたので、髪を剃ってその髪で頭を覆って、腐らせた腕輪を手に巻き付け、酒で腐らせた衣を身につけて、御子を稲城の外に差し出したのだよ。兵士たちは御子を受け取って、母君も捕まえようとしたけれど、髪をつかむと髪は落ち、手を取ると腕輪が切れて落ち、衣をつかむとたちまち破れて、結局母君をつかまえることはできなかった。
天皇が沙本毘売に、御子をなんと名付けるのか、どう育てるのか、后を失った自分はどうしたらいいのか、と尋ねたところ、沙本毘売は「御子の名は本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)として、乳母をつけてお育てください。そしてあなたは旦波比古多多須美智宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシノミコ)の娘で忠誠心のある(注)兄比売と弟比売を妻としてお迎えなさいませ」と応えた。垂仁天皇(伊久米伊理毘古伊佐知命)は沙本毘売に言われたとおりにしたが、ついに沙本毘古を殺した。妹の沙本毘売は兄に従って死んだのだよ。

(注)天皇に反逆した自分と対比してこう言った。本牟智和気は結局天皇にはなれなかった。母が反逆者だったからだろうか。
[PR]
トラックバックURL : https://nishina.exblog.jp/tb/6600121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nishinayuu | 2007-07-31 12:06 | 再話 | Trackback | Comments(0)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu