人気ブログランキング |

『Be Careful What You Wish for』(Jeffrey Archer, Kindle 2014)

『Be Careful What You Wish for』(Jeffrey Archer, Kindle 2014)_c0077412_11473773.jpg


邦訳のタイトルは『追い風に帆を上げよ』。「クリフトン年代記」の第4巻。

3巻はセバスチャンとブルーノの乗った車が前後の車に挟まれてつぶされた、というところで終わっていた。この巻の冒頭で、セバスチャンは大けがをしたが助かり、死んだのはブルーノだったことがわかる。各章の主人公と年代、主な出来事は以下の通り。

*ハリーとエマ(1957-1958)マルティネスが息子たちにセバスチャンを亡き者にするよう指示/バリントン運輸の株価上昇の背後にヴァージニアとフィシャーが、さらにフィッシャーの背後にはクリフトン一家を目の敵にするマルティネスがいる/ジャイルズがグウイネスと婚約/

*マルティネス(1958-1959)バリントン運輸の豪華客船建設を遅らせるよう画策/バリントン運輸の次期会長選挙でエマがフィッシャーに勝つ/

*セドリック・ハードキャスル(1959)ヨークシャーの銀行マンであるセドリックが入院先でセバスチャンと知り合い、クリフトン一族のバリントン運輸に肩入れすることになる/セドリックの許で働き始めたセバスチャンが、ソニーの森田氏との取引に備えて日本語を勉強する/セドリックは日本語力によって森田氏に気に入られる/セドリックの息子アーノルドが森田氏との契約書を作成/

*ジャイルズ・バリントン(1963)ジャイルズが政敵の仕掛けた罠によって「心臓発作」を起こし、党首選でウイルソンに敗れる/

*ジェシカ・クリフトン(196421歳。画商ジュリアン・アグニューがジェシカの作品を全部買い上げる/ジェシカは恋人クライヴの家に挨拶に行ったとき、ヴァージニアが彼の母親にジェシカの出生の秘密をばらしているのを聞いてしまう/ジェシカが自殺/

*セドリック・ハードキャスル(1964)マルティネス打倒を決意し、ジェシカの葬儀で誰よりも激しく悲しんでいた人物ビンガム(クライヴの父)に協力を求める。

*アレックス・フィッシャー(1964)ビンガム家とクリフトン家を陥れようと画策/セバスチャンはアグニューの店にジェシカの絵を買いに行き、店員サマンサ・サリヴァンと知り合う/セドリックはマルティネスが美術品を手放し、バリントン株も売ろうとしていることを知る/フィッシャーの元妻スーザンが、彼が爆弾発言を用意していることをエマに教える/

*セバスチャン(1964)マルティネスの画策に対してセドリック側が巧妙な策で対抗〈株価操作に関する細かい話〉/セバスチャンとロス・ブキャナンがマルティネス側の動きを追って駆け回る〈マルティネスの息子ディエゴを見張ったり、夜行列車ナイト・スコッツマンの運行を阻害したり〉/

*ディエゴ・マルティネス(1964)相手側の策に気づいてエディンバラからロンドンに急行するが間一髪で株取引は大損に終わる/マルティネスが資金のかき集めに悪戦苦闘/アラン・レドメイン(内閣官房長官)がマルティネス一族の処分方法を考える(カールは誘拐してイスラエルへ、ルイスとディエゴは逮捕したあと国外追放、マルティネスは破産させる)/フィッシャーは身の振り方について逡巡/

*ハリーとエマ(1964)豪華客船バッキンガムの予約が始まる/ボブ・ビンガムが役員会の新メンバーに/選挙の結果ブリストル造船区で当選したジャイルズはウイルソン内閣のヨーロッパ担当大臣に/バッキンガムの処女航海が始まる/マルティネスの依頼を受けたIRAの細胞(リアム・ドハティと配下の数人)が爆破物を仕込んだ花瓶を1号室のエマにプレゼントし、夜中の3時過ぎに爆破装置のスイッチを押す/

2019.8.2読了)


トラックバックURL : https://nishina.exblog.jp/tb/30689663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nishinayuu | 2020-01-27 11:48 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu