翻訳練習 課題18


2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.6.116.18

動詞6-言い聞かせる

意味:타일다,설득하다

原文1:ちゃんと鍵を閉めるように子どもに言い聞かせて、両親は急いで出かけて行った。

訳文:문을 잠그라고 아이에게 다짐하고 부모는 서들러 집을 나갔다.

原文2:バナナは貴重品だと言い聞かせられて育った世代c0077412_07112715.jpg

訳文:바나나가 귀한 음식이라고 들면서 자란 세대

  1950年頃までの日本も同じでしたね。韓国ではもっとずっと後までバナナは貴重品だったようです。1990年代に日本語教師をしていた頃、韓国人留学生が日本のバナナの安さに感激していたのを思い出しました。)

動詞7-牛耳る

意味:좌지우지(右之左之)하다

原文1:外資系が牛耳る市場に、特化したサービスで挑戦する。

訳文:외자계 기업이 장악하는 시장에 특화한 서비스로 도전한다.

原文2:アジアのスターが米国の音楽業界を牛耳る日が来るだろうか。

訳文:아시아 스타가 미국 음악 업계에 군림하는 날이 올까?

動詞8-まる

意味:단속하다,관리하다

原文1:車のスピード違反を宇宙から取り締まるシステムが試験運用されている。

訳文:자동차의 속도 위반을 우주 공간에서 원격으로 단속하는 시스템이 시범 운용되고 있다.

原文2:我が社の代表取締役のインタビューが載った雑誌を社内で配る。

訳文:우리 대표이사 인터뷰 기사가 실린 잡지를 사원들에게배포한다.

動詞9-騒ぐ

意味:떠들다,아우성치다,소동이 벌어지다,화제가 되다

原文1:あの俳優は全く実力がないのに騒がれているのはなぜだろう。

訳文:저 배우는 영 실력이없는데 왜 주목을 받을까? は感情がこもった語)

原文2:政府の業務停止命令があいつぎ、預金の取り付け騒ぎが起こっている。

訳文:정부의 업무 정이 명령이 잇따라 내려져 예금 인출 소동이 벌어지고 있다. 사태가 일어나다は大ごとの場合に使う)

動詞10-挙げる/国を挙げて

意味: 모으다,거국적으로 범국민적으로

原文1:なんども浮上したものの、国を挙げての実現には至らなかった「サマータイム」制が、再び関心を呼んでいる。

訳文:몇 번이나 거론되었는데도 국가 차원으로 실현되지 못했던섬머 타임제가 다시금 관심을 모으고 있다.

原文2:私たちにできるのは、被災者の方たちに、国民を挙げて「サポートされている」という実感を持ってもらうことだ。(またまた日本語が変)

訳文:우리가 할 일은 이재민들에게 범국민적인 지원을 받고있다는 실감을 주는 것이다.


トラックバックURL : https://nishina.exblog.jp/tb/29852993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2018-11-17 13:50 x
同じような表現の使い分けが難しいですね。内陸のウズベキスタンから来た留学生もバナナが日本で安く食べられると喜んでいますよ。ウズベキスタンではバナナは高いそうです。
by nishinayuu | 2018-11-17 07:12 | 翻訳 | Trackback | Comments(1)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu