『Biblio MysteriesⅢ』(訳=杉江松恋、ディスカヴァー・トゥエンティワン)


『本にまつわるミステリー』(オットー・ペンズラー編)

本書には「本にまつわる奇妙な話」が三つ収録されている。

1.『カクストン私設図書館』(ジョン・コナリー)

The CaxtonPrivate Lending Library & Book Depository』(JohnConnolly,2013

2.『亡霊たちの書』(リード・ファレル・コールマン)

The Book ofGhosts』(Reed Farrel Coleman,2003

3.『巻物』(アン・ペリー)

The Scroll』(Anne Perry,2012

c0077412_17012447.jpg三つの中でいちばん気に入ったのは1の『カクストン私設図書館』。その前半の概要は――

1968年の秋、36歳のバージャー氏は、勤めていた役所の移転と母親の死をきっかけに退職し、母の遺したグロッサムの家で長年の夢だった物書きの生活を始める。しかしすぐに自分に才能がないことに気づくと、平凡な読者という立場に落ち着き、毎晩線路脇を散歩するのが習慣になった。そんなある日、バージャー氏は黒いドレスの美しい女性が、持っていた赤いバッグを放って列車に飛び込むのを目撃する。これがバージャー氏とアンナ・カレーニナとの出会いだった。2月に再びアンナが現れたとき、バージャー氏は彼女が列車に飛び込むのを邪魔する。そのまま立ち去ったアンナの後をつけると、アンナは古い倉庫群にある赤煉瓦の建物の中に消える。月明かりの中でバージャー氏がドアに刻まれた名前を読むと「カクストン私設図書館」とあった。

作中に次のような句節があり、共感を覚えた。

「新しい役所となる建物は寒々しいブロック建造物だ。個性や奇抜さをいっさい排除し、スチールやガラス、鉄筋コンクリートを用いた普遍的なデザインが特徴の建築家ル・コルビュジェの信奉者が設計したという。この建物は、かつて豪奢なヴィクトリア朝の駅舎があった跡地にその無個性で無粋な姿をさらしている。」

2018.7.22読了)


[PR]
トラックバックURL : https://nishina.exblog.jp/tb/29793583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2018-10-17 00:20 x
小説の中の主人公を会えるなら、会ってみたいという読者の夢をかなえてくれそう!
by nishinayuu | 2018-10-13 17:07 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu