『すべては消えゆくのだから』(ローラン・タルデュー、訳=赤星絵理、早川書房)


c0077412_10502023.jpg


Puisquerien ne dure』(Laurence Tardieu, 2006

本作はパリ在住の作家・舞台女優の著者による3作目の著作。発表時の年齢は34歳だという。

パリのアパルトマンに手紙が届く。「ヴァンサン、私はもうすぐ死ぬの、会いに来てもう一度だけ会いに来て、あなたに会って、触れて、声を聞くのは最後になるわ、会いに来てヴァンサン」と鉛筆で書かれている。本文の下に、読みづらい小さな字でジュヌヴィエーヴとある。それは二人で結んだ暗黙の契約を破る手紙、ヴァンサンを抹消したはずの過去に引き戻す手紙だった。

手紙を読むなりヴァンサンは車に飛び乗ってジュヌヴィエーヴの許に向かう。出合った頃にジヴェルニーを散歩した日のことがふいに鮮明に蘇る。薄紫のワンピースを着たジュヌヴィエーヴが、そして二人の喜びが。30年前のジヴェルニーでの光に満ちたあの日は、その後に続くあのぞっとするような日々のとっかかりとしてだけ忘却の淵から現れる。ジュヌヴィエーヴと再会するなんてどうかしている、引き返そう、と思いながらも、ヴァンサンはアクセルを踏み込んでジュヌヴィエーヴの許へ急ぐ。まるで破滅へ突き進むかのように。

15年前、ヴァンサンが40歳のとき、それまで幸せいっぱいだった二人に、大きな禍が襲いかかる。悲哀は人を近づけるというが、ヴァンサンとジュヌヴィエーヴはそうではなかった。悲哀は二人を引き離し、二人の相違を明らかにした。ジュヌヴィエーヴは田舎の静けさの中で悲しみを抱きしめることを選び、ヴァンサンは都会の喧噪の中に身を置いてすべてを忘れることを選んだ。そして15年という歳月が流れた今になって、ジュヌヴィエーヴがヴァンサンに呼びかけたのだ。死ぬ前に会いに来て、と。

この作品は2005年のヴァンサンによる語り、1990年のジュヌヴィエーヴによる日記体の語り、そして再び2005年のヴァンサンによる語り、という3部構成になっている。それぞれの思いが細やかに綴られていて心に浸み、涙なしには読み進められない。

なお、本作はプリンス・モーリス恋愛小説賞とアラン=フルニエ賞を受賞しているそうだ。後者の受賞作にはアメリー・ノートンの『殺人者の健康法』の名も見える。(2018.6.26読了)


[PR]
トラックバックURL : https://nishina.exblog.jp/tb/29766585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2018-10-03 11:31 x
死ぬ前に和解できたんですね。元気な時に読んでみたい本です。
by nishinayuu | 2018-09-28 11:03 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu