『Less Than Angels』(Barbara Pym, 1955)


c0077412_10251653.png『天使未満の人たち』(バーバラ・ピム)

この作者は教会を核にした穏やかなコミュニティーの日常を描くことが多いのでそのつもりで読み始めると、ちょっと面食らう。冒頭に描かれているのはオクスフォード大の人類学者たちが集うパーティーの場面なのだ。時は春4月の夕べ、所は人類学の重鎮Felix Byron Mainwaringの名を冠したFelix’s Folly――ゴシック風の模造廃墟で23号の建物である。集まったのは上記のメナリング、主任教授のフェアファクス博士、パトロネスのミニー・フォーサイト、秘書のエスター・クロウヴィス、アフリカ語のエキスパートであるガートルード・リギット等と、会場の図書室にたまたま居合わせた学生たち――1年生のディアドゥリ・スワン、3年生のマーク・ペンフォウルドとディグビィ・フォクス。

続く第2章の舞台は、ロンドンはリージェント・パークのぱっとしないフラット。3部屋にキッチンとバスルームのこのフラットの主は小説家のキャスリン・オリファント。同居人である前途有望の若き人類学徒トム・マロウズはアフリカのフィールド・ワークを終えて来週、2年ぶりに帰ってくる予定。トムの家はシュロプシャーの大地主だが、家族はトムが人類学を専攻したことに失望している。母方の叔父のように植民地行政官になる道もあるのに、と。家族や親戚のいないキャスリンは、トムの母親やハロッズのお得意様の姉妹と知り合いになれたら、と思っているが、トムは結婚ということに思い至らない様子。トムの後輩のディグビィはそんなキャスリンの心を読んで優しく接する。

3章の舞台はディアドゥリ・スワンが家族といっしょに住んでいる、ピカデリー・サーカスからバスで1ペニーの所にある家。ここでやっとこの作者の定番の人々――教会の仕事が好きな中年の姉妹――ディアドゥリの母メイベルと結婚経験のない姉のローダが登場する。メイベルとローダの姉妹とメイベルの息子マルコムの三人が夕食のテーブルに着いた頃、ディアドゥリはバスで家に向かっている。翌日のランチタイムにディアドゥリは「貴族的で明るい灰色の瞳の青年」トムに声を掛けられて一目惚れすることになるのだが、この日はまだそれを知らない。この話は次の第5章で語られる。

そして第5章。スワン家の隣には長年トムの研究を指導してきたアラリック・リギットが住んでいる。ガートルードの兄であるアラリックは、自分は失敗者だ、なぜなら植民地行政官だった11年の間に相応の地位を得ることもできなかったし、人類学や言語学の分野でもこれといった成果を上げられなかった、と考えている。偏屈な変わり者で、人に顔を見られたくないからと仮面を付けて庭を歩き回るし、11年間の研究ノートをトランクにしまい込んでいて誰にも見せようとしない。世間に一つだけ知られているのは皮肉なレビューを書くライターであること。几帳面なアラリックは出版社に送る原稿を封書に入れたあと、目覚まし時計を600にセットして床につく。翌朝、ローダがその目覚ましの音で目を覚ます。

こんな具合に主要人物たちが紹介されていき、続く6章から最後の23章まで、人類学者たちの権謀術数に未来の学者たちの恋愛が絡んだ物語がテンポよく展開していく。

2018.5.26読了)


[PR]
トラックバックURL : https://nishina.exblog.jp/tb/29686985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nishinayuu | 2018-08-14 10:30 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu