『また、桜の国で』(須賀しのぶ、祥伝社、2016)


c0077412_10572875.jpg


本作は第2次世界大戦末期のワルシャワを舞台に、そこに居合わせた人々それぞれの精神的・肉体的戦いの日々を描いたもので、物語に史実を巧みに取り込んで書き上げた力作である。物語の軸となるのは三人の青年――日本大使館の書記官の棚倉慎(マコト)、カメラマンのヤン、そしてジャーナリストのレイである。

彼らはそれぞれ数奇な出自と育ちを持っていた。慎は白系ロシア人の父と日本人の母の間に生まれ、日本人ばなれした外観から友だちができずに寂しい子ども時代を送った。そんなある日、当時日本が保護していた「ポーランド系のシベリア孤児」の一人カミルが庭に逃げ込んできた。慎の父が弾いていたショパンの「革命のエチュード」に耳を傾けて懐かしんだカミル。二人は互いの重い秘密を打ち明けあって「友だち」になったが、結局カミルは孤児を保護していた「福田会」に戻り、その後ポーランドへ向かったはずだった。慎9歳、カミル10歳のときのこの出会いがずっと心の中にあった慎は、カミルとの再会という期待もいだいてポーランドに赴任した。

ヤンとは赴任の途中の列車の中で出合った。ユダヤ人が同じ列車に乗っているのはけしからん、とドイツ人に難癖を付けられたヤンを慎が自分のコンパートメントに隠した。そしてヤンは下車するはずだった駅では降りずに慎といっしょにワルシャワで列車を降りた。ヤンはドイツ領の土地で生まれたポーランド人なのだが、ナチスドイツの区分によれば「第1級ユダヤ人」なのだった。

そしてワルシャワでヤンの母親が住むユダヤ人地区に行ったときに出合ったのがレイモンド・パーカー、通称レイだった。シカゴプレスの記者をしている、と自己紹介したレイは190㎝近くもあり、屈託のない笑顔のアメリカ人だった。

この三人の他に日本大使館の面々、そこで働く現地人スタッフ、対ドイツの地下組織のメンバーたちなど、多彩な顔ぶれが緊密に絡み合いつつ、19434月の「ワルシャワ・ゲットー蜂起」へとなだれ込んでいく。慎とカミルは再会できるのか、そして「桜のもとで会うこと」を約束した人たちは約束を果たせるのか、という謎も巻き込んだまま。

本作は2017年に「高校生が選ぶ直木賞」を受賞している。日本でもフランスの「高校生が選ぶゴンクール賞」に習ったこのような賞ができたことを嬉しく思う。今後どんな作品が選ばれるかも楽しみだ。(2018.5.5読了)


[PR]
トラックバックURL : https://nishina.exblog.jp/tb/29605867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2018-07-04 20:38 x
日本人でもワルシャワ・ゲットーを舞台にした小説が書けるということに驚きました。期待を持って読んでみたいですね。
by nishinayuu | 2018-06-30 11:00 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu