人気ブログランキング |

『舞踏会へ向かう三人の農夫』(リチャード・パワーズ、訳=柴田元幸、みすず書房)_c0077412_09273739.png

Three Farmers on Their Way to a Dance』(Richard Powers, 1985

巻頭に一枚の写真が掲げられている。スーツを着てシルクハットをかぶり、右手にステッキを持った3人の男が田舎道で立ち止まり、右やや後方から彼らに向けられたカメラのレンズを振り返っている。先頭の男と2番目の男は整った顔立ちをしており、先頭の男はきまじめそう、2番目の男は一癖ありそうに見える。最後の男は、あみだにかぶった帽子からはみ出した髪、口に銜えたたばこ、皺の寄った服装から、他の二人よりむさ苦しい感じがする。この時点ではどこの誰とも明かされていないこの3人が、この物語を牽引していくアドルフ、ペーター、フーベルトである。

1章はシカゴからボストンに移動する途中、乗り継ぎのためにデトロイトで下車した「私」がデトロイト美術館で「舞踏会に向かう三人の農夫」(1914年)の写真にであったいきさつが綴られる。

2章で写真の3人が登場。オランダ人のペーターも、弟分のフーベルトともアドルフの母親に養ってもらっている。1914年、プロイセン、ラインラント地方の5月1日、義兄弟の3人がじゃれ合いながら舞踏会に向かっていたとき、自転車に乗った写真師が現れて、3人をカメラに収める。

3章の舞台は一転してパウエル・ビル8階にある「マイクロ・マンスリー・ニューズ」の編集室に移る。時は1984年の1029日。メイズ、モーズリー、ブリンク、ディレイニーたちが8階の窓から「復員軍人の日」のパレードを見下ろす。

という具合に、なんのつながりもない舞台と出来事が続いてなかなか本筋がつかめない。しかもひねりやジョーク、引用や連想がめったやたらに組み込まれていて、そこでつまずくとなかなか先に進めなくなる。それでも、翻訳者の緻密な注に助けられつつなんとか読み進めていけば、やがて全体の流れがつかめてきて俄然おもしろくなるので、途中で放棄しないことが肝要だ。一枚の写真を元に20世紀全体を視野に入れ、三人の農夫と現代を生きる編集者メイズ(ペーターと重なる)と「私」(アドルフと重なる)を主人公に展開する三つの物語を繋ぎ合わせ、広範な知識・蘊蓄をちりばめて綴った恐るべき作品である。(2019.12.29読了)


# by nishinayuu | 2020-04-01 09:30 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『地球は破壊されはしない』(ダヴィデ・マリア・トゥロルド、訳=須賀敦子、河出書房新社)_c0077412_09062893.jpg

La Terra non sarà distrutta』(David Maria Turoldo

著者のダヴィデ・マリア・トゥロルド(19161992)は聖母マリア下僕会の修道司祭であるとともに、詩人、作家として多くの作品を残した人物。本作は1951年に発表された戯曲作品である。

舞台はヴェローナに近いアディジェ河畔の修道院で、時代は西暦1000年の数年前。第1幕は次のように始まる。

「ある冬の朝。待降節の第一日曜。修道士たちは一年の、ひいては世界の最後のものとなるかもしれぬ苦行の始まりを告げる嗄れた鐘の音に呼ばれて、教会の典礼の勧行に集まってくる。(中略)修道士たちはそれぞれの棲家から降りてくる。棲家というのは、質素な小屋、道傍、洞穴、廃墟などの一群にすぎない。中央には粗末な造りの教会。これも、どうにか蕃族の破壊をまぬがれたにすぎぬといったもので(後略)」

この修道士たちの共同体ではだれもが「ヨハネの黙示録」に描かれる世の終末が近づいているとおそれている。そして修道院長は、世界が終わる前に自分たちが築いたものを自分たちの手で破壊し、悔い改めよ、と説教する。修道士たちはとまどいながらも、かまには黒いパンしか入れず、漁の網を引き上げ、壁を打ち壊し、葡萄酒を川に捨て、楽曲を捨てる。そんな彼らを若きフラテ(修道士)ジェルマノが必死で止める。「地球は破壊されはしない!明日は仕事を始めましょう。生き始めよう!死のあとでさえ、キリストは海辺で焼いた魚を召し上がった。生の再開が我々の信仰のしるしになるだろう」と人々を説いて回るフラテ・ジェルマノに賛同する者もあれば、異端者として糾弾する者もあり、修道士たちは二つに割れる。

この作品がこのような宗教色が強いものだとは知らずに、「須賀敦子訳」というところだけ見て図書館で借りたのが失敗だった、と思いながら第1幕を読んだが、第2幕で舞台が修道院の外に移ってからは意外におもしろく読めた。それでも「地球は破壊されはしない」という環境問題・異常気象問題を想起させるようなタイトルには違和感がつきまとう。「地球は」ではなく、天に対するものとして「地は」とするか、語呂が悪いと考えるなら「この世は」とか「世界は」とすることもできたのではないだろうか。本文中にもところどころに「この世は」とか「世界は」ということばが出てくる。(2019.12.21読了)


# by nishinayuu | 2020-03-27 09:09 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『Excepting Mrs. Pentherby』(Munro, Doubleday & Company Inc.)_c0077412_09241947.jpg


『ミセス・ペンサビー以外は』

The Complete Works of SAKIの「The Toys of Peace」に収められている1編。


主人公のレジー・ブラトルが相続することになった「The Limes (石灰邸)」は、お金がないと維持できないのに、住みたいと思う人はいないようなやっかいな邸。そこでレジーは10月から3月の間、ここをカントリーハウス・パーティーに使おうと計画。本格的な狩猟ができるほどの金持ちではないが、ゴルフやブリッジ、ダンス、観劇などに関心のある若い男女を集めて、自主的に運営してもらうことにした。レジーは「人事を尽くして天命を待つ」という楽観的なタイプなのだ。

話を聞いたダグベリー少佐が「よさそうな計画だけれど、障害が一つある」と言う。少佐によると――女たちがもめる。男の中にももめるやつはいるかもしれないが、女たちは必ずもめる。女たちは不便さを耐え忍ぶことができ、犠牲的精神もあれば足りない物がある場合も英雄的に対処できる。が、「もめごとなし」にはやっていけない。それはフランス人がどんな所にいてもスープを作らずにはおかないのと同じくらい確実なことで、航海に出ても5週間もすれば女たちがナイフを振り回すような事件が半ダースは起きる――というのだ。「まさか。女性の参加者は8人しかいないし」というレジーに、少佐は「とにかく警告はしたからね」と言うのだった。

さて、石灰邸のカントリーハウス・パーティーが始まってみると、レジーの楽観的予想が当たって女性たちは仲良くやっていた。ただしミセス・ペンサビーだけは、女性たちの気に障る不愉快な言動のせいで5週間どころかわずか5日で女性たちみんなに嫌われてしまった。そして彼女が女性たち全員を敵に回したため、女性たちはかえって和やかになったのだった。

こうして初回のパーティを乗り切ったレジーは次回のメンバーを募集する。当然といえば当然だが、初回に参加した女性たちは応募してこなかった。ミセス・ペンサビー以外は。実は彼女はレジーが雇った「けんか屋」だった、という女性全般をおちょくったお話でした。〈ネタバレご容赦!〉


# by nishinayuu | 2020-03-22 09:30 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)


映画鑑賞ノート33 (2019.5.31作成)_c0077412_09121455.jpg   20191月~5月に見た映画の覚え書きです。

1行目:タイトル(原題)制作年・制作国 監督(鑑賞日)

2~3行目:キャスト、3~4行目:一言メモ

画像は「うちへ帰ろう

幸せな男 ペア(NYKKE-PER)デンマーク(5/10)

  台詞では「幸運な男」と言っている。不運だったけれど結局は幸せだっ

  た男の物語。重くて深くて感動的。

母の秘密(A Pesar de Todo2019西 ガブリエラ・タリグァビーニ(5/10)

  ブランカ・スアレス、マカレナ・ガルシア、アマイア・サラマンカ

  マキシ・イグレシアス、ファン・ディエゴ

  母の死後、父親がそれぞれ異なるとわかった4人姉妹が、父親と思われ

  る男たちを順番に訪ねていく。

白い帽子の女(By the Sea2015米 アンジェリーナ・ジョリー(5/7)

  ブラッド・ピット、A・ジョリー、ニエル・アレストリュプ

  主演の二人によるプロデュース、ジョリーによる脚本・監督という作品。

  テンポが遅くて暗いので疲れる。カフェの老店主の存在だけが救い。

追憶の森(The Perfect Place to Die2015米 ガス・V・サント(5/6)

  渡辺謙、マシューマコノヒー、ナオミ・ワッツ

  タクミの魂が天に昇ったときに咲いた花は白だったが、黄色のほうが

  よかったのに。妻ジョーンの好きな色は黄色だったのだから。

パパvs新しいパパ 米 ジョーン・アンダース(5/4)

  ウィル。フェレル、マーク・ウォールバーグ、リンダ・カーデリーニ

  パパもハチャメチャ、新しいパパもハチャメチャ。コメディとは

  阿呆らしすぎ。よほど気分がいいときでないと楽しめない。

チャリング・クロス街84番地 1986米 デヴィッド・ジョーンズ(5/4)

  アン・バンクロフト、アンソニー・ホプキンス、ジュディ・デンチ

  ロンドンの古書店の人々とニューヨークの女性作家の長年にわたる

  海を越えた友情の物語。名画ではあるが既視感が……。

ジーサンズ(Going in Style2017米 ザック・ブラフ(4/19)

  モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキン

  マット・ディロン、クリストファー・ロイド、アン・マーグレット

  老人3人が老後の資金を確保するために銀行強盗を計画。なにもか

  もうそのように(うそだものね)上手く運ぶ楽しい作品。

その雰囲気( 날의 분위기)韓国(4/18)

  ユ・ヨンソク、ムン・チェウォン

  美男美女によるラブコメ。激しい韓ドラはムリというときにお勧め。

セカンド・アクト(Second Act2018米 ピーター・シーガル(4/3)

  ジェニファー・ロペス、ヴァネッサ・ハジェンズ、リア・レミニ

  経歴詐称を見抜けずに雇ってしまう企業なんてある?まあ娯楽作品

だから、と割り切って見れば楽しめる。

レッズ(RED1981米 ウォーレン・ベイティ(2/20)

ダイアン・キートン、ジャック・ニコルソン

『世界を揺るがした十日間』の著者ジョン・リードの半生を描いた

作品。識者にリードを語らせる回想場面は冗長だが、ロシア密航後

のエピソードは迫力満点。

ホープバレー物語(When Calls the Heart1910米のドラマ

 監督マイケル・ランドン(2/7~)

 ロレッタ・ウォルシュ、エリカ・キャロリ、ダリウス・ザヴィシアス

 スティーヴ・ベーシック、エイドリアン・ハフ

  アメリカにもあった古き良き時代の物語。

泥棒成金(To Catch a Thief1955米 ヒッチコック(2/6)

  ケーリー・グラント、グレース・ケリー、シャルル・ヴァネル

  南仏リビエラの観光映画ですよ~。最初の方、バスの乗客の中に

  お約束通りヒッチコックがいます。

ラ・ラ・ランド(La La Land2016米 デミアン・チャゼル(2/5)

  ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド

  主演男優が好みではないので、ずっと見るのをためらっていたが

上出来の正統的ミュージカルだった。ストーリーもダンスもいい。

うちへ帰ろう(último traje)2017西 パブロ・ソラルス(1/23)

  ミグル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ(ホテルの主人)、

ユリア・ベア(ドイツの人類学者)、オルガ・ボラズ(看護師)

ホロコーストから逃れてアルゼンチンに渡った主人公が、70年の

歳月を経てポーランドの友人に会いに行くロードムービー。途中

  で行き会う女性たちとのエピソードもなかなかいい。


# by nishinayuu | 2020-03-17 09:14 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(1)

『コリーニ事件』(フェルディナント・フォン・シーラッハ、訳=酒寄進一、東京創元社)_c0077412_09410036.jpg



Der Fall Collini』(Ferdinand von Schirach, 2011

本作は『犯罪』『罪悪』などで知られる著者の初長編。舞台は2001年のベルリン。


始めに殺人がある。ホテル・アドロン5階の400号室。ベージュの絨毯、暗色系の家具、大きな窓のある高級で重厚なこの部屋を訪れたコリーニは、部屋にいた85歳の男の後頭部を4発の銃弾で撃ち抜いて殺した。殺したあと、コリーニは男の顔を何度も踏みつけた。靴のかかとが外れるまで。それからコリーニは1階まで降り、フロント係の若い女性に告げた。「警察を呼んでくれ、400号室であいつが死んでいる」と。コリーニはロビーの青いソファに腰掛けて、逮捕されるのを待った。フロント横の電光掲示板には、「2001年5月26日午後8時、シュプレーの間、ドイツ機械工業連盟」と表示されていた。

次に登場するのはかけだしの弁護士、カスパー・ライネン。刑事弁護士会のホットラインに名前を載せているライネンにティーアガルテン区裁判所のケーラー捜査判事から連絡が入る。「弁護人のいない被疑者」のための弁護の依頼だ。ライネンは弁護士になってやっと42日たったところで、「カスパー・ライネン弁護士」という表札を出したのは二日前のことだった。ライネンは張り切って区裁判所に出かけ、被疑者に接見する。コリーニは弁護士はいらない、なにも話したくない、というが、ライネンはそんな彼の「国選弁護人」になることを申請する。これこそがライネンが望んでいた仕事だったからだ。ところが、裁判に向けて準備を進めていく中でライネンは、コリーニが惨殺したマイヤー機械工業元代表取締役のジャン=バプティスト・マイヤーが何者なのかを知って愕然とする。彼はライネンの少年時代の親友の祖父で、ライネンを実の孫のようにかわいがってくれたハンス・マイヤーその人だったのだ。

一方、被害者のマイヤー機械工業元代表取締役ジャン=バプティスト・マイヤーの遺族であるヨハナは、マッティンガー老弁護士を公訴参加代理人に依頼する。ヨハナからハンス・マイヤーの本名がバプティスト・マイヤーであると知らされたライネンは、コリーニの弁護人を降りようとしたが、マッティンガーに諭され、全力を尽くして弁護することを改めて決意する。こうして新米の国選弁護師とベテランの辣腕弁護士が、法廷で対決することとなった。

はじめは全く接点がないように見えたコリーニとハンス・マイヤーだが、コリーニにはハンス・マイヤーを深く憎悪する理由があったのだ。そしてドイツの法制度にはコリーニにハンス・マイヤーを惨殺することでしか憎悪の念を晴らすことはできないと思わせた「法律の落とし穴」があったのだ。著者の祖父がナチ党全国青少年最高指導者だったと知るとなおいっそう重みが感じられる作品である。(2019.12.18読了)


# by nishinayuu | 2020-03-12 09:42 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)

『나의 문화유산 답사기-10』 (유홍준、 창비)_c0077412_18543260.jpg

『私の文化遺産踏査記10---ソウル編2』(兪弘濬、創作と批評社)

本書は「南道踏査一番地」から始まった文化遺産踏査記の第10巻目(日本編を入れると第14巻目)で、第9巻目に続くソウルを主題とする踏査記である。サブタイトルの「有酒学仙 無酒学仏」は「酒があれば神仙を学び、酒がなければ仏を学ぶ」という意味で、蘭の絵で名高い石坡・李昰應が文字印章に用いた言葉。石坡・李昰應はこのほかにも次のような言葉を文字印章に用いている。

読未見書 如逢良士(未だ読まざりし書を読むときは 賢き文人に逢うが如く)

読己見書 如遇故人(すでに読みし書を読むときは 昔の友に遇う如し)

写蘭作意(蘭を描きつつ志を奮い起こす)

喜気写蘭(喜ばしい趣で蘭を描く)

本書は5部からなり、各部のタイトルと内容は以下のようになっている。

1部「漢陽都城の建設」――ソウルの古地図/新都邑の土地探し/漢陽都城の完成/漢陽都城の変遷

2部「蕩春台と弘智門」――紫門外(朝鮮時代の軍事区域)/官営造紙所の建設/蕩春台と燕山君の遊興/首都漢陽の防御体制/洗劍亭(朝鮮王朝実録の洗草を行った所)/秋史・金正喜と石坡・李昰應(蘭の絵を通した師弟関係)/付岩洞の別墅群

3部「徳壽宮とその外縁」――徳壽宮前史(支庁前広場の変遷、太平館、興天寺の梵鐘、自撃漏、神機箭など)/慶運宮・仁慶宮・慶煕宮(宣祖・仁穆大妃・光海君の一幕の歴史劇、俄館播遷と慶運宮など)

4部「東關王廟」――東關王廟の数奇な歴史/東關王廟の復活と都市の再生

5部「成均館」――成均館/明倫堂/大成殿と蕩平碑

他の巻と同様、ハングル表記の人名・地名を漢字表記に直す作業をしながら読んだ。せっかく調べたので、後々ブログ(http://mikotan-hangul.cocolog-nifty.com/blog/)の「韓国の地名」「韓国の著名人」に書き加える予定。(2019.11.10読了)


# by nishinayuu | 2020-03-07 18:55 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『Mightier than the Sword』(Jeffrey Archer, Kindle版)_c0077412_11005717.jpg


『剣より強し』。「クリフトン年代記」の第5巻。

4巻はバリントン運輸の豪華船バッキンガム号に仕掛けられた爆発物の爆破スイッチが押されたところで終わっていた。この巻ではその後の展開と、バリントン家の人々に訪れる新たな出来事が綴られていく。各章の主人公と年代、主な出来事は以下の通り。

*プロローグ(196410月)エマのキャビンに仕掛けた爆発物にIRA細胞のブレンダンが別のキャビンからスイッチを入れる。30分後にセットしてある爆発の瞬間にむかって、急速に高まっていくブレンダンの緊張が分、秒単位で描写されている。

*ハリーとエマ(1964-1965)百合の花瓶に添えられた手紙の女王の称号がHRH(Her Royal Highness)となっていたことから偽の贈り物と気づく/爆発物とわかり、ハリーとジャイルズがふたりで花瓶を海に放り投げる/ミッションの失敗を知ったマルティネスはアルゼンチンへ/ニューヨークでセバスチャンはサマンサとデート/ハリーのphotographic memory/ペンクラブ代表としてモスクワに行ったハリーがババコフの釈放とUncle Joeの出版を訴える/セバスチャンがセドリックの指示で演劇人スワンを訪ねる/スローンは発作で倒れたセドリックを見殺しにしてファージング銀行を乗っ取る/セバスチャンはコーフマン銀行に移る/スワンへの不誠実な行為に失望したサマンサがセバスチャンから離れていく/

*ヴァージニア(1966)プリシラ・ビンガムを抱き込んでエマを陥れる画策/プリシラが離婚裁判を起こす/ボブ・ビンガムは弁護士の忠告によってプリシラに事業を譲ると宣言/ヴァージニアの指示でボブの事業を引き継いだフィッシャーは3日ももたずに退散。/ボブは事業を取り戻し、プリシラもボブの元に戻る/ヴァージニア(ウエリントン)はエマ(ナポレオン)を倒すために、メラーとスローンを引き込む/

*ジャイルズ(1970)ジャイルズ50歳の誕生日を祝う会に家族・友人が集う。ウイルソン首相も顔を出す/東ベルリンにおける会議に出席。通訳のカリン(母は東ベルリン人、父はイギリス人だという)に魅了されて一夜を共にする。このスキャンダルによってジャイルズは閣僚を辞めざるを得なくなり、妻のグウィネスの心も離れる/529日に議会が解散される/選挙でフィッシャーに敗れたジャイルズはカリンに会うためにベルリンへ/ババコフ釈放活動を支持すると表明したため、東ベルリンへは入れず/

*セバスチャン(1970)バリントン海運の前会長ブキャナンが、スローンやメラーと闘ってバリントンを守れ、とセバスチャンに忠告/セバスチャンがスワンに過ちをわびると、サマンサの信頼を取り戻せ、と励まされる/セバスチャンはサマンサに会いにアメリカへ。父のハリーも別の用事で同行する/セバスチャンはサマンサに娘がいること、妹と同じく絵の才能が抜群なこと、ジェシカという名であることを知る/彼女が通う学校の校長がセバスチャンを父親だと気づいて彼女の絵を持たせてくれる/ハリーはババコフ夫人から、本がレニングラードの本屋の棚に隠してあると教えられる/

*ヴァージニア・フェンウイック(1970)メラー、フィッシャー、スローンと悪だくみ。ファージング銀行の名をスローン銀行に、バリントン海運の名をメラー海運に変えること、エマを相手に訴訟を起こすことを相談/セバスチャンがハキム・ビシャラ(トルコ人の銀行家)に会いに行く/サマンサの夫が発作で昏睡状態になる/セバスチャンはジェシカのために美術奨学金を設立する/ババコフの本を手にしたハリーが税関でマリンキン大佐に逮捕される/ハキム・ビシャラがセバスチャンの味方になる/

*ハリーとエマ(1970)ロシアではハリーの法廷審議が、ロンドンではエマの法廷審議が進行/フィッシャーがエマ側の証人として召喚され、不正取引を追及される/ロシアではババコフが当局の筋書きに合わせてでたらめの証言をし、ハリーは彼の意図を理解してそれに合わせる/休廷中、ハリーとババコフ(モスクワ外語学院で英語を習得している)は同室に入れられる/ババコフが諳んじていたUncle Joeをハリーに口述/フィッシャーは手紙を残してピストル自殺/マリンキンの計らいで国外追放となったハリーは飛行機の中でUncle Joeを書き起こす/ヒースローでエマに迎えられたあとも空港ホテルで書き続ける/エマの法定では陪審員がフィッシャーの手紙を読み上げることを要求/手紙が見つからないことにエマの弁護士が気づく。ヴァージニアが微笑む/

バリントン一族の仇敵マルティネスもフィッシャーも消えていき、残るはヴァージニアだけとなった。(2019.9.11読了)


# by nishinayuu | 2020-03-02 11:02 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)

翻訳練習 課題33

2019年度後期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(20201/62/10

慣用句3-知らぬが仏

意味:모르는 것이

原文:学校給食の衛生事情については、知らぬが仏ではすまされない。

訳文:학교급식의 위생 사정은 철저히 알아야만 한다.

慣用句4-

意味:달궈진 돌에 붓기→부족하다,역부족이다,효과가 없다,무의미하다

原文:たとえ100万円借りられたとしても、その借金額では焼け石に水だ。

訳文:가령 100만엔을 빌릴 있다하도라도 빚을 갚기엔 역부족이다.

慣用句5-れる

意味:이성을 잃다, 정신없이 하다

原文1:スペインのトマト祭で、気がついたら我を忘れてトマトを投げつけていた。

訳文:스페인의 토마토 축제에서 나는 어느새 내가 아닌 내가 되어 토마토를 내던지고 있었다.

原文2:高校生の頃、学校から戻れば我を忘れてギターを弾き続けていた。翻訳練習 課題33_c0077412_10130294.jpg

訳文:고등학생 시절 학교에서 돌아오면 정신 없이 기타를 쳐댔다./

고등학생 시절 학교에서 돌아오는 대로 기타 연주에 물두했다.

慣用句6-八方美人

意味:주관 없이 누구한테나 좋게 대하는 사람

原文:自分では社員一人一人に気を使っていたつもりが、八方美人といわれて傷ついた。

訳文:나로서는 직원 한명 한명을 배려한 것이었는데 처세를 잘한다 소리를 듣고 상처 받았다.

(韓国語の ‘팔방미인 は褒め言葉として使われるので注意が必要)
# by nishinayuu | 2020-02-26 10:15 | 翻訳 | Trackback | Comments(1)

『The Threat』(Munro, Doubleday & Company Inc.)_c0077412_17245684.jpg『脅し』(マンロウ)

The CompleteWorks of SAKIの「TheToys of Peace」に収められている1編。

またまたsuffragette(婦人参政権論者)登場。マンロウはここでも婦人参政権運動家たちをいいように茶化している。

サー・ラルワース・クウェインとメキシコから帰ってきた甥がレストランで食事をしている。話題は最近の政治情勢から婦人参政権運動家へと移っていく。サー・ラルワースは「彼女たちにはうんざりさせられるが、ときにはおもしろいものを見せてくれたりもする」と前置きして、二つのエピソードを甥に話して聞かせる。

一つは鸚鵡事件で、彼女たちが「女性に投票権を」という言葉を覚え込ませた鸚鵡を王の行列に向かって放ったため、グリーンやグレイ、スカーレットの鸚鵡が王の馬車の回りを飛び回って見事だった、というエピソード。ただし、ライバルたちも「だめだね」という言葉を覚え込ませた鸚鵡を同時に放ったため、効果無しで混乱が残っただけだったという。もう一つは彼女たちが王立美術展覧会に乱入して3400点余りの作品をめちゃくちゃにした、というエピソード。王立美術展は出品作品が多すぎるというのが大方の見方だったので、おかげですっきり整理できてよかったということになり、鸚鵡事件以上の失敗におわったという。

甥の「その後はどうなっているのですか」という問に、サー・ラルワースは新たなエピソードを話して聞かせる。リーナ・デュバリー(女性たちのリーダーの一人)にウォルドー・オーピントン(軽い男だが、稀にいいことを思いつく)が「破壊することより造ることにエネルギーを注いだら?」と言ったところ、彼女たちは閣僚たちを悩ませるかわりに自分たちの支持者たちを悩ませて資金を集め、ロンドンのあちこちに土地を買い始めたのだった。ブライトン方面やアスコット近くに買った土地に、バッキンガム宮殿の前にあるビクトリア女王記念碑のレプリカを造るつもりだと聞いた首相は、緊急の法案を議会に提出して1週間の内に法案を成立させた。さて、その法案とは――。

2019.11.19読了)


# by nishinayuu | 2020-02-21 17:26 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『イタリア広場』(アントニオ・タブッキ、訳=村松真理子、白水社)_c0077412_09351217.jpg

PIAZZA D’ITALIA』(Antonio Tabucchi

本作は『インド夜想曲』『逆さまゲーム』『供述によるとペレイラは』などでよく知られるタブッキが1973年に書いたもの。作家は「そのとき、この本のおかげで私が作家になるとは、気づいていなかった」という。

舞台はイタリアのトスカーナ地方にある小さな村。原タイトルの副題「三つの章とエピローグと後日談からなる民衆の寓話」が示すように、この村に生きた人々の3世代にわたる物語が寓話的に綴られている。

エピローグにまず「ガリバルド」の死があり、続く第1章の冒頭に彼の父親の死の場面がある。そのときから彼が父の名を引き継いで「ガリバルド」と呼ばれることになったという記述があって、父親も「ガリバルド」だったとわかる。すなわちこの物語は時間の流れも、登場人物の名前もややこしいことこの上なく、家系図が添えられていなかったら読み進めるのがむずかしい。

一家の第1世代はプリニオとエステリーナ。プリニオはイタリア統一の英雄ガリバルディの軍隊に参加したことを誇りにしていて、第1子を「ガリバルディ」と名付けるつもりだったのに、男児の双子だったためクワルトとヴォルトゥルノと名付ける。彼らの名前にも人物にもあれこれ複雑な展開があって物語をふくらませていく。次に生まれたのが男女の双子〈また双子!〉だったので、男児はガリバルド、女児はアニータと名付けられる。彼らが一家の第2世代である。そして物語は第3世代へと展開していき、エピローグの主人公であるガリバルドと恋人アズマーラを主人公とする物語が綴られる。

これら中心的人物の人生と同じように、彼らをとりまく人々の人生も波瀾万丈である。とくに、プリニオの孫、第2世代ガリバルドの従兄弟であるメルキオーレの生き方がなんとも哀れで印象に残る。アズマーラに恋をしたが退けられ、ファシストとなってアズマーラやガリバルドを苦しめたあげくに自ら命を絶ったメルキオーレもまた、この物語の主人公の一人である。(2019.11.7読了)


# by nishinayuu | 2020-02-16 09:35 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu