タグ:韓国語 ( 261 ) タグの人気記事

『보건교사 안은영』(정세랑,민음사)

c0077412_09014011.jpg

『保健教師アン・ウニョン、チョン・セラン2015

本書は「現代の若い作家09」シリーズの一つで、10の章からなる長編小説である。舞台は私立のM高校。各章の主要登場人物と「事件」は以下の通り。とにかく変な事件が起こる学校なのである。


①「愛してるよ、ジェリー・フィッシュ」――男子学生チョ・スンゴンの女子学生ジェリー・フィッシュ(クラゲちゃん)への切ない恋。

②土曜日のデイトメート――物語の主人公二人(アン・ウニョンとホン・インピョ)が登場。保健教師アン・ウニョンは数年前に滑り台から落ちて死んだジョンヒョンと今も交流している。ホン・インピョは漢文教師でM高創設者の孫。

③ロッキーと混乱――パク・ミヌ(混乱)とク・ジヒョン(ロッキー)の二人組が引き起こす騒動。

④ネイティヴ教師のマッケンジー――カリフォルニア育ちの韓国人マッケンジーはウニョンにはどこか気に触る人物だったが、実は悪質な特殊能力者だった。彼に片思いをしたユジョンの運命やいかに。

⑤アヒル先生――ある日学校の池に家鴨の子が現れて、生物教師ハン・アルムの奮戦の日々が始まる。

⑥レイディバグ・レイディ――タレント活動をしている生徒レディ(レイディではない)の家に鬼神が出るというので、ウニョンが23日の出張調査に出かける。因みにレイディバグ(テントウムシ)・レイディはビジュアルパンクバンド第1世代の父親が出したアルバムのタイトル。

⑦街灯の下のキム・ガンソン――ウニョンの前に現れた中学時代の同級生ガンソンには影がなかった。死後1週間だった。しばらくウニョンと過ごしたあと、やっと消えることができそうだ、と言ってガンソンが消えたとき、ウニョンは久しぶりに泣いた。(この章がいちばん気に入りました。)

⑧転校生オム――ペク・ヘミンは古典的な丸顔美人。実は河北慰禮城(5世紀)時代の生まれで、これまで50回近く生まれ変わっている。世のため人のためにオム(疥癬ダニ)を食べ続け、寿命はいつも20年ほど。もっと生きたいというヘミンにウニョンとインピョが手をさしのべる。

⑨穏健な教師パク・デフン――歴史教科書の選択で校長と対立し、教室に生徒ではなく死人たちが坐っているという悪夢を見るようになった。ウニョンとインピョのアドヴァイスによって悪夢からもそりの合わない校長からも解放されたデフンは、「穏健な教師」を脱していく。

⑩突風の中で二人は抱き合っていたよね――母親にせっつかれてお見合いしたインピョは相手のシン・ジヨンが気に入ってしまう。花模様が大好きなウニョンとは全く違うタイプの女性だった。それから昇龍現象などのアニメ風な展開を経て、結局インピョはある日、花模様のカーテンが揺れる部屋で花模様の布団にくるまっている自分を見いだすことになるのだった。

韓国語に関するメモ――「時間をつぶす」に当たる表現

*3학년 무리가 우유갑을 차며 시간을 죽이고 있었다.

*유령이 시간을 보내기에 보건실 만큼 좋은 데도 없어서……

2017.9.11読了)


[PR]
by nishinayuu | 2017-11-12 09:06 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

翻訳練習 課題3


c0077412_10270221.jpg今学期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2017.10.23



秘訣-4 一つの文に時間や主題の異なる内容が入っているときは、文を分けて接続語を補う。

原文:彼はイタリアに行って料理を勉強し、帰国後は自分の店を持つに至ったが、今度はワインに興味を示し、フランスで本格的に学ぶ必要を感じてついにソムリエの資格まで取った。

訳文:그는 이탈리아에 가서 요리를 배웠고 귀국 후 자신의 가게까지 열렀다. 그런데 이번에는 와인에 흥미가 생겼다. 프랑스에서 본격적으로 배울 필요를 니낀 그는 드디어 소믈리에 자격까지땄다.

秘訣-5 副詞を活用する。

原文:ついに日頃の努力が試される日が来た。うまく演奏できるだろうか。不安が過ぎらないわけではないが、今さら後戻りもできない。

訳文:드디어 평소의 내 노력을 시험할 날이 왔다. 과연 연주를 잘할 수 있을까? 불안이 마음속을 스쳐가지만 이제와서 되돌아갈 수도 없다.

秘訣-6 意味を明確にするために主語を補う。

原文:連絡を受けた田中部長は突然席を立った。「今日の会議は中止だ」と言ったきり、急ぎ足で会議室を出て行ってしまった。

訳文:연락을 받은 다나카부장님이 갑자기 자리에서 알어서며 말했다. “오늘 회의는 취소하겠어.” 그리고 그는 바삐 회의실을 나가버렸다.


[PR]
by nishinayuu | 2017-11-08 10:29 | 翻訳 | Trackback | Comments(1)

翻訳練習 課題2

今学期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。

秘訣-1 よい文は一息に読める。(原文を組み立て直すことも考えてみる)

原文:子どもに健康な遊び、教育、文化を提案する(株)〇〇は、独自のキャラクターを通じて、自然に優しいデザインを始め教育コンテンツ、流通などを新たに提案する、子どものための環境親和型ビジネスです。

c0077412_10223842.jpg  訳文() 〇〇 어린이에게 건강한 놀이, 교육, 문화를 제안합니다. 독자적인 캐릭터를 통해 자연진화적인 디자인, 교육 컨텐즈, 유통 등을 새롭게 선보이며 어린이를 위한 진환경 비즈니스를 전개합니다.

秘訣-2 読点を活用する。(韓国語の読点の使用頻度は低いが、必要に応じて適切に使うこと)

原文1:先生は、感動して泣きながら、走る子どもたちを見つめていた。

訳文:선생님은 감동받아 울면서, 달리는 아이들을 자켜봤다.(意味を明確にするための読点)

原文2:大きいだけがとり得の、私の絵。

訳文:크다는 것만이 장점인, 그림.(強調のための読点)

秘訣-3 長すぎる文は適当に分ける。

原文:(株)〇〇では、お客様によりスムーズにプロジェクトを導入していただくために、お客様とともに悩み、差別化された顧客サービスを提供するとともに、完璧な技術移転を通じてお客様の技術力を一層強化することに努めています。

訳文:()○○ 고객이 더욱더 하게 프로제크트를 도입할 있도록 고객과 함께 고민하며 차별화된 고객 서비스를 제공합니다. 또한 완벽한 기술이전을 통해서 고객의 기술력을 한층 경화하는 노력하고 있습니다.


[PR]
by nishinayuu | 2017-10-19 09:52 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)

[雨にもまけて] ---나의 환상적이지 않은 피서법


c0077412_10532422.jpg7月に韓国語講座で朴婉緒の「私の素敵な避暑法」を読んだあと、同じタイトルで作文を書くという課題が出ました。けれどもそのタイトルでは書けそうもないので、「素敵ではない避暑法」をサブタイトルにして「雨にも負けず」をもじった文を書きました。


비에도 굴하고

바람에도 굴하고

매미 소리에도 여름의 더위에도 굴하는

나약한 정신을 가지고

욕심은 없으며

결코 힘내지 않고

언제나 조용히 웃고 있는

하루에 끼니는 소면과

간장 국물과 약간의 야채를 먹고

모든 것에 대해

자기의 안일부터 생각하고

멍하니 보고 듣고 이해하지 않고

그리고 잊어버리며

언덕 5 건물 3층의

작은 네모난 방에 있으면서

동쪽에 걷기 힘든 벗이 있으면

가서 한나절을 같이 지내주고

서쪽에 외로워하는 엄마가 있으면

가서 신세타령에 귀를 기울이고

집안에 죽겠다라고 하는 이가 있으면

그런 사람은 도리어 오래 살겠다고 말해주고

세상에 다툼이나 소송이 있으면

시시하니 그만두라고 투덜거리고

더위가 심한 날에는 24시간 내내 냉방을 놓고

지내기 좋은 날에는 강변을 휘청휘청 걸어

모두에게 한가로운 사람으로 간주되며

칭찬받지도 않고

짐이 되지도 않는

그런 사람으로

나는 여름을 지냈다.


[PR]
by nishinayuu | 2017-09-29 10:54 | 随想 | Trackback | Comments(1)

韓国ドラマノート-その11(2017.8.作成)

c0077412_18531941.jpg

20161月から20178月末までに見終わったドラマを視聴順に並べました。

1行目:日本語タイトル、韓国語タイトル、放送局

2行目:キャスト 34行目:一言メモ


武神 무신 MBC

  キム・ジュヒョク、チョン・ボソク、パク・サンミン、ホン・アルム

  時代は高麗の高宗期。王は急速に老いていくのにヤンベク(パク・サ

ンミン)は始めからおじさんで、最後も普通におじさん。

近肖古王 근조고왕 KBS

  カム・ウソン、キム・ジス、チョン・ウィガプ、アン・ジェモ

  百済の第13代の王の物語。納得のいく展開で見応えあり。

信義 신의 

  イ・ミンホ、キム・ヒソン、リュ・ドクファン、クォン・ミン

  タイム・トラベルの物語。主役ふたりがいい。話がうまくいきすぎの

感はあるが、ファンタジーなのだからそれでいい。

屋根部屋のプリンス 옥탑방의 왕세자 SBS

  パク・ユチョン、ハン・ジミン、イ・テソン、チョン・ユミ

  軽く楽しめるドラマ。ただ、これを見終わった頃に主役俳優のスキャ

ンダルが発覚してげんなり。

くかうか 빛나거나 미치거나 MBC

  チャン・ヒョク、オ・ヨンソ、イ・ハニ、イ・ドックファ

  イ・ドックファは顔も声も憎たらしいけれど、韓国語がとても聞き

取りやすいから好き。でも、もしかして、なまっている?

成均館スキャンダル 성균관 스캔들

  パク・ユチョン、パク・ミニョン、ソン・ジュンギ、ウ・アイン

  キム・ユシクが女だとわかったときの丁若鏞と王の態度はプルトン

(不可=不合格)、イ・ソンジュの父が下した結論はトン(可=)。

ジョンイ 불의 여신 정이 MBC

  ムン・グニョン、イ・サンユン、キム・ボム、ソ・ヒョンジン

  壬辰倭乱の折に九州に連れてこられ、有田で960人の陶工を率いて

白磁を生産した女性陶工・百婆仙の朝鮮時代の姿を描いたドラマ。

ビッグメン 빅멘

  カン・ジファン、チェ・ダニエル、イ・ダヒ、チョン・ソミン

  ジファンとダニエルの対決は悪役ダニエルの勝ち。もちろん物語の

中の勝者は前者だが。

未生 미생

  イム・シワン、イ・ソンミン、カンソラ、カンハヌル

  挫折を味わった青年が一流企業に拾われたせいで経験する忍耐と屈辱

の日々。社内の人間模様、青年の成長を描いた見応えのあるドラマ。

パスタ 파스타 MBC

  イ・ソンギュン、コン・ヒョジン、アレックス、チェ・ミンソン

  健気な女性役がぴったりのヒョジンに美声が印象的なソンギュン。

  卑小な役もぴったりはまるミンソン。役者がそろっていて見応え充分。

秘密扉 비밀의 문 SBS

  ハン・ソッキュ、イ・ジェフン、キム・ユジョン、パク・ウンビン

  時は朝鮮王朝第21代英祖の時代。「米櫃事件」によってわが子を失い

今度は孫(正祖)の信頼も失いかけている王の葛藤を描いた作品。

伝説魔女 전설의 마녀 MBC

  ハン・ジヘ、ハ・ソクジン、コ・ドゥシム、チョン・インファ

  ハッピーエンディングのドタバタドラマ。それにしても韓国ドラマは

「魔女」と女性受刑者が好きですねえ。

天使罠 천상여자 KBS

  ユン・ソイ、パク・ジョンチョル、ムン・ボリョン、クォン・ユル

  どろどろ復讐劇。それにしても韓国ドラマは「天使」が好きですねえ。

  もっともこのドラマの場合は日本語タイトルの付け方の問題かも。

頑張れチャンミ 달려라장미 SBS

  イ・ヨンア、コ・ジュウォン、リュ・ジン、ユン・ユソン

  ヒロインが持ち前の優れた資質と努力によってどん底から這い上が

り、幸せをつかむ物語。ヒロインをライバル視する女性の行動は異常。

それでも 그래도 푸르른 날에  KBS

  ユン・ヘヨン、ソン・ハユン、チョン・イヨン、キム・ミョンス

  どろどろ劇。本妻の家に乗り込み、本妻と自分の赤ん坊を取り替え、

財産を奪って行方をくらまし――という凄まじい女をヘヨンが怪演。

名家 명가 KBS

  チャ・インピョ、ハン・ゴウン、キム・ソンミン、チェ・イルファ

  慶州のある一族が名家と言われるようになった経緯を描いたドラマ。

明火賊の頭目役のキム・ミョンスは「劇団ひとり」のお父さん?


[PR]
by nishinayuu | 2017-08-20 21:50 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(1)

「愛誦歌4首」


c0077412_10155863.jpg受講中の韓国語講座で、「日本の詩歌を韓国語に翻訳する」という課題が出されました。

好きな短歌の中から現代短歌2首と万葉集の歌2首を選んで訳し、作者についての簡単な紹介を添えました。(2017年7月10日提出。)






シルレア紀の地層は杳きそのかみを海の蠍の我も棲みけむ  明石海人          


실루리아기의 지층도 아득히 고생대를


바다의 전갈로 나도 살았으리라



園丁が噴水のねぢをまわすとき朝はしづかな公園となる  前川佐美雄


정원사가 분수장치 마개를 비틀어


아침은 고요하고 조요한 공원이 된다



東の野にかぎろひの立つ見えてかへりみすれば月西渡きぬ  柿本人麻呂


동녘 들판에 어렴풋한 서광빛 나는 보며


뒤돌아보았더니 달이 기울어 있네



朝床に聞けばはるけし射水河朝漕ぎしつつ唱ふ船人  大伴家持


잠자리에서 들으면 아련하네 이미즈강을


새벽에 노래하며 지어가는 뱃사공



明石海人(19011939):昭和初期の歌人。26歳(1928)にハンセン病と診断されて岡山の長島愛生園に入所。素姓も家族との縁も絶っ たまま、37歳で生涯を終える。


前川佐美雄(19031990):昭和の歌人。昭和初期モダニズム短歌の推進者。戦中の戦争賛歌を糾弾されて活動を停止。後に再評価され、朝日歌壇の選者(19541988)としても活躍。


柿本人麻呂(662710):飛鳥時代の歌人。宮廷歌人として活躍。『万葉集』の代表的歌人。


大伴家持(718?~785):奈良時代の歌人。貴族・高級官吏。『万葉集』の編纂者と目されている。




[PR]
by nishinayuu | 2017-07-31 10:17 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)

『歳月』(鄭智我、訳=橋本智保、新幹社)


봄빛』(정지아

c0077412_07044536.jpg原題は「春の光」。1965年に生まれ、『パルチザンの娘』で文壇デビューした作家による短編集である本書には8つの作品が収録されている。個人の人生に食い込んだ現代史の桎梏を基調にして、人生の最後の段階に至った人々と、彼らに振り回されたり優しく見守ったりする人々の作り出す情景を描いた作品が多い。



*風景――主人公は還暦を過ぎた男。村の中心部から遠く離れた山中で、100歳近い母親と二人で暮らしている。5人の姉と3人の兄がいたがみんな次々に家を離れていった。3人の兄のうち上の二人は、若いときに山から来た麗水十四連隊の軍人たちに連れられて行ったまま(つまりパルチザンになったまま)戻ってこなかった。そんな息子たちを待ち暮らしているうちに母親は、いろいろなことを忘れていったが、30年前に母親がまず忘れたのは最後まで母親のところに留まった末っ子のことだった。母親がぼけてからの30年もそれまでの年月と同様、食べて寝て、田畑を耕すこと以外の生き方を知らずにきて、そんな自分を「幸運なことでもなければ不幸なことでもなかった」と思う男。しみじみとした味わいのある話。

*くぎ――5歳の時熱病に冒されたため、人々から「出来損ない」と馬鹿にされながら生きてきたコヌ氏。そんなコヌ氏を二人の心温かい女性たちが守っている。ひとりは、7歳でコヌ氏を引き取って育て上げて今も世話をしてくれているおば。もう一人は夫が山にこもっていた(パルチザンだった)時期だけ連絡が途絶えたが、その後はずっと蓮華が赤く咲く春の日に朝一番のバスでやってくる姉である。

*春の光――威圧的な暴君だった父親がぼんやりした感じになり、穏やかで従順だった母親が口やかましくなっている! ぼけていく両親を目の辺りにした息子は、二人が彼の生命を育てたように、今度は彼が二人を胸に抱き、彼らが死へと旅立っていくのを見届けなければならない、と思うのだった。

*純情――17歳で麗水14連隊に入ったペ・カンウは、6年後山を下りた。山でともに過ごした李鉉相の「生き延びろ」ということばを胸にして。サンシル峠でふと振り返った彼が見たものは二度と戻ることのできない天国だった、命をかけた青春そのものが天国だということを、そのときの彼は知るよしもなかった。(注)麗水14連隊――済州島4.3事件の折に鎮圧命令に背いて反乱軍となり、智異山にこもってパルチザンとなった左翼勢力。

以上の他の「消滅」「羊羹」「23歳、43歳」「歳月」を含めて、どの作品にも印象的な人物たちが登場し、印象的なエピソードが綴られていて、なかなかいい作品集である。ただし、残念ながら日本語がちょっとおかしい。「切歯腐心」「歩武堂々」といった韓国語特有の四字熟語はまあ許すとしても、「なにもしてやれることのできない不幸な父」やら「漠然でかつ抽象的」やら、文法的に間違った表現もあれば、文章のねじれなども散見される。作品の内容がすばらしいだけに、実に惜しい。(2017.4.8読了)


[PR]
by nishinayuu | 2017-07-03 07:05 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

「鳥の名前」韓国語編



c0077412_10441484.png小説や随筆によく出てくる鳥、近くで見かける鳥、そしてちょっと好きな鳥の名前を가나다라順に並べ、和名とエスペラント名を添えました。

画像はコジュケイです。





개똥지빠귀   /ツグミ  turdo

거위      鵞鳥/ガチョウ ansero

굴똑새     鷦鷯/ミソサザイ troglodito

       雉/キジ fazano

기러기     雁/カリ・ガン sovaĝansero

까마귀     烏/カラス korvo

까치      鵲/カササギ pigo

       /ニワトリ koko

독수리     鷲/ワシ aglo

동박새     目白/メジロ zosteropso

두견      杜鵑/ホトトギス eta kukolo

따오기     朱鷺/トキ japana ibiso

때까치     百舌/モズ greka pigo

매       鷹/タカ falko

물까치     尾長/オナガ cianopiko

물총새     翡翠/カワセミ alcedo

백로      白鷺/シラサギ egreto

백조      白鳥/ハクチョウ cigno

벌새      蜂鳥/ハチドリ muŝbirdo

비둘기     /ハト kolombo

뻐꾸기     郭公/カッコウ kukolo

소리개      鳶/トビ milvo

소쩍새     木の葉木菟/コノハズク orelstrigo

수리부엉이   木菟/ミミズク otuso

앵무새     鸚鵡/オウム papago

오리      鴨/カモ sovaĝanaso

올빼미     梟/フクロウ strigo

왜가리     青鷺/アオサギ ardeo

원앙새     鴛鴦/オシドリ buntanaso

잉꼬      鸚哥/インコ papageto

자고새     小綬鶏/コジュケイ bambusikoloc0077412_10365514.png

제비      燕/ツバメ hirundo

제주직박구리  鵯/ヒヨドリ hipsipeto

집오리     家鴨/アヒル anaso

찌르레기    椋鳥/ムクドリ sturno

참새      雀/スズメ pasero

황새      鸛/コウノトリ cikonio

휘파람새    鶯/ウグイス ugviso


[PR]
by nishinayuu | 2017-06-01 10:38 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

「能について」

「韓国語講座」で2017春休みに「日本文化について」という宿題が出たので、能について紹介する文を書いてみました。


[노] 일본의 전통 예능의 하나로 2008년에 [유네스코 무형문화재] 등재되었다.

[노악] 가면음악극인 [] 대사 중심의 희극인 [교겐] 합해서 하는 말인데, 이번에는 주제를 좁혀서 오로지 [] 다룬다.

[] 주로 초자연적이고 신령스러운 일을 주제로 일본식 오페라라고 있다. [] 상연하기 위해 필요한 것은 [노무대], [노배우(연기자)], [하야시카타(악기 연주자)], 그리고 [지우타이(합창대)]이다. [노무대] 네모난 바닥의 귀퉁이에 기둥을 세우고, 바닥 쪽에 연기자들이 출입하는 통로인 [하시가카리] 설치한 아주 간소한 구조이다. 특별한 무대 장치나 (커튼) 같은 것이 없다는 점에서 셰익스피어의 무대와 비슷하다. 연기자 모두가 남자인 것도 셰익스피어 시대의 연극과 마찬가지다. 현재 활동하고 있는 주요 []유파는 간제, 호쇼, 곤고, 곤팔, 기타 (観世、宝生、金剛、金春、喜多) 5유파인데, 외에도 야마가타현의 구로카와(黑川), 니이가타현의 사도(佐渡) 전국 각지에 고장에 뿌리를 내려 활동하고 있는 극단이 있다.c0077412_16024396.jpg

[] 즐기는 방법은 상연을 감상하는 이외에도 여러 가지 있다. 가장 인기가 있는 것은 아마 [] 악보를 공부하면서 합창을 배우는 [우타이()]. [] 스토리는 전설, 설화, 역사, 시가, 소설 여러 분야에서 수집한 이야기들로 구성되어 있다. 악보는 주로 무로마치시대의 말로 스토리가 행서체로 적혀 있고, 글자 옆에 합창용 부호가 적혀 있다. 스토리를 음미하면서 독특한 가락과 발성으로 악보를 읊어가는 것이 바로 [우타이].

(이와 관련하여 말하면, 돌아가신 우리 아버지가 남긴 수많은 []악보를 계승한 우리 언니는 지금 [우타이] 열심히 배우고 있다.)

[] 소재로 장소를 [요세키(謡蹟)]라고 하는데 그런 장소를 답사하는 것도 [] 즐기는 방법의 하나다. [요세키] 도쿄의 스미다강, 교토의 청수사, 구라마 도처에 있는데, 장소가 [] 관계가 있다는 사실을 모르면 그냥 지나가버릴 수도 있다. 그런 요세키를 [] 사랑하는 사람들은 [] 깊이 이해하기 위해 찾아간다. 사랑하는 만큼 보이며, 보이는 만큼 사랑하게 되는 법이다.

[ 우치(가면 만들기)] [] 즐기는 다른 방법이다. 프로의 연기자가 쓰는 가면은 프로의 가면조각사가 만드는데, 취미로 가면을 만드는 사람도 많다. (하늘로 우리 동생은 젊은 여자를 나타내는 아름다운 가면과 여자 귀신을 나타내는 괴기한 가면을 가지 남겼다.)


[PR]
by nishinayuu | 2017-05-12 16:07 | 随想 | Trackback | Comments(1)

『幸せに生きる方法』(朴婉緒)

c0077412_22312376.jpg韓国語講座のテキスト。短編集『黄色い家』収録作品のひとつ。
老境に至った著者が、自分が幸せに生きてこられたのはなぜかをしみじみと語る短編。幼いときに父を失ったが祖父母と母、叔父叔母に伯父まで加えた大家族の中で大事にされてわがままいっぱいに育った著者は、母親の教えのおかげで徐々にわがままも治まり、人を愛せば自分も愛されることを学んでいったという。
名前に関するエピソードが興味深い。著者の生まれた当時は日帝強占期で、学校では名前を漢字で書かなければならなかった。それで、決められた狭い四角の中に納めるのが難しい婉緒という名を恨めしく思ったが、誕生時に父が祖父と頭をつきあわせ、玉編(漢字の字引)を調べつけてくれた名前だ、と母から聞かされてそんなことはなくなった。むしろ、顔も覚えていない父、そして祖父の愛情を強く感じたという。周囲には「カンナンニ(難儀)」やら「ソプソビ(残念)」など、親がいいかげんにつけたに違いない酷い名前の子も多かったからだ。
後半は次第に説教くさくなり、イエスの言葉、金壽煥枢機卿の言葉で締めくくられる。

今後役立ちそうな表現を箇条書きにしておく。
이 맛에 살다 これが生きがいだ
늙은이 티를 내다 年寄り臭くなる
역성을 들다 贔屓にする、肩を持つ
귀가 따갑게 듣다 耳が痛いほど聞かされる
거들떠보지 않다 目もくれない
살맛나게 하다 生きがいを感じさせる
(2016.11.28読了)
[PR]
by nishinayuu | 2017-01-28 11:51 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)