タグ:読書会 ( 89 ) タグの人気記事

『対岸の彼女』(角田光代著、文藝春秋社)

c0077412_1038873.jpg読書会「かんあおい」2010年7月の課題図書。
1967年生まれの著者と同世代と思われる女性たちを主人公とする、世代的特徴の顕著な小説である。すなわち、学校時代は「仲間はずれ」を怖れて周りに合わせることに戦々兢々として過ごし、社会人になると今度は勝ち組、負け組という粗雑な流行語に翻弄される――大まかに言えばそんな世代である。主人公の一人である小夜子は、人付き合いが苦手な自分と、その点で自分にそっくりな娘をなんとかするために、外の世界に踏み出していく。プラチナ・プラネットという会社に採用され、清掃部門要員として働き始めた小夜子は、清掃業のプロである中里典子に鍛えられ、働くことの厳しさと喜びを知っていく。保育園に入った娘も徐々に社会性を身につけていく。
もう一人の主人公である葵は、同じ大学の出身と聞いて小夜子を採用するほどに、おおらかで溌剌としている――と見えて実は誰かと繋がっていたいという切実な願望に突き動かされている寂しい女性である。経営の才も人を見る目もあるとは言いがたく、経営は次第に行き詰まり、社員たちには逃げられてしまう。一人残された葵に手をさしのべたのは、同世代の苦悩を共有し、葵に友情を感じ始めた小夜子だった。
物語は小夜子と葵を中心とする現在と、葵とナナ子との交友を中心とする葵の過去が交互に語られる形で進んでいく。「専業主婦」で人付き合いが苦手な小夜子と、「ばりばり働くタイプ」の闊達で明るい葵――そんな対岸に立っているかのようだった彼女たちが、暗い過去も克服して互いに相手に駆け寄っていく姿を象徴する文で物語は締めくくられている。(2010.6.17読了)
[PR]
by nishinayuu | 2010-10-07 10:38 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『台所の音』(幸田文著、講談社)

c0077412_9534643.jpg読書会「かんあおい」2010年6月の課題図書。読書会で幸田文を取り上げるのは、2010年2月の『木』に続いて2回目である。
10編の作品が収められた短編集である。病気や病人、老いを扱ったものが多いこと、著者の体験が反映されているとおぼしきものが多いことが特徴といえる。主な作品をあげると……
『台所の音』――ちいさな料理屋を営む夫婦の話。病に倒れた夫は寝床の中で、台所で働く妻が立てる物音から妻の心理状態や疲れ具合を察し、あれこれとアドヴァイスをする。夫の病が不治のものであることを隠している妻は、自分の立てる音からそれを悟られないように身を引き締める。父・幸田露伴と娘・文の関係を夫婦に置き換えたのではないかと思わされる作品。
『雪もち』――清酒問屋の妻だった頃の体験記か。「酒粕」を届けるために友人を訪ねると先客があった。ずっと後に、その客というのは結婚前に夫が付き合っていた女性だったとわかる。
『食欲』――経済的に立ちゆかなくなっても昔のままの暮らし方を通す坊ちゃん育ちの夫と、そんな夫に愛想を尽かして離婚を考えている妻。ところが夫が病を得て入院、という事態になり、夫は当然のように妻に全面的にもたれかかり、わがままいっぱいの病院生活を送る。そんな夫にあきれながらも、やむを得ず奮闘する妻の心の動きが、こと細かく分析されて綴られている。
『祝辞』――結婚披露宴にふさわしくない不吉な祝辞を受け取った夫婦の、波瀾万丈のその後。
『呼ばれる』――脳腫瘍で視神経をやられて失明してしまった35歳の息子と、それを見守る老夫婦の日々。nishinaはこの作品がいちばん心に残った。
巻末の解説(高橋英夫)にある幸田文評に次のようなことばがあって、なるほどと思った。
「幸田文は稀有の人であった。露伴の娘という出生を、単に与えられた条件として身を託すのではなく、自ら孜々として生き、きりりと言葉を引きしめて、稀有なるものをおのれのものとした人であった。」(2010.6.7記)
[PR]
by nishinayuu | 2010-09-16 09:54 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『月下の恋人』(浅田次郎著、光文社)

c0077412_22192096.jpg読書会「かんあおい」2010年5月の課題図書。10編の短編が収録されている。
『情夜』――妻子に捨てられ、大屋の情けで借家に居続けている村山克平のもとに、見も知らぬ女が大金と共に転がり込む。
『告白』――高校生の梓の銀行通帳に、母と自分を捨てた父から毎月小遣い銭が振り込まれている。でもいつからか梓は気がついている。そのお金を出しているのが、母と再婚した「あいつ」だということを。
『適当なアルバイト』――多摩川べりの遊園地でアルバイトをすることになった僕と保は「お化け屋敷」に配属されたとたん、前任者の老人が池で死んでいたことを知る。『風蕭蕭』――上の作品と同じ「僕」が語り手。僕の隣室に住む昔の書生のような居住まいの志賀さんと、逆隣りに住むふぬけたヤクザものの佐藤カツミとの交友記。
『忘れじの宿』――中国語の翻訳で暮らす杉田。死んだ妻の思いが固まったコリを、「忘れ宿」のマッサージ師にほぐしてもらう。
『黒い森』――竹中(40歳)は10年のドイツ滞在を終えて本社に戻ったとたん、古株の社員・笛木小夜子と恋に落ちる。小夜子のことはなにも知らないまま求婚すると、あちこちで波風が立ち……。
『回転扉』――細い口ひげを生やし、銀細工の犬の頭がついたステッキを手にした紳士とすれ違うたびに、語り手Sの運命が回転する。みなしご→女優→結婚間近の平凡な女→女優という具合に。
『同じ棲』――配電盤のブレーカーが落ちた一瞬の間に、慎也と由紀の家が見ず知らずの老夫婦に占拠されて……。
『あなたに会いたい』――東北新幹線のとある駅に40年ぶりに降り立った内藤(58歳)。車のナビゲーション画面に現れた「あなたに会いたい」というマークにタッチして、指示通りに車を走らせていると、荒れ果てた古いホテルの前に出る。
『月下の恋人』――僕と雅子は三年間の恋を終わりにするために、白いクーペで海辺の宿へ。成り行きで一緒に死のう、ということになり、渚に出て別れのくちづけを交わす。と、足元には脱ぎ捨てられた浴衣があり、沖には小さな頭が二つ浮かんでいる。先刻ふたりが部屋から見たカップルのものらしい。我にかえった二人は、宿の老婆に促されて急いで宿を去る。そのとき、投宿するときに見かけた白いクーペがなくなっていることに気づく。
『冬の旅』――不眠と鬱を抱えた私は列車の旅に出た。上野発の列車が赤羽駅に着いたとき、男女が乗り込んできたが、それは若き日の両親だった。
読書会仲間に評判が良かったのは『告白』、すっきりしないとされたのは『情夜』、『黒い森』『同じ棲』。ただしnishinaとしては、『同じ棲』はすっきり理解できる作品であり、気に入っている。(2010.4.10記)
[PR]
by nishinayuu | 2010-07-05 22:19 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『母やん』(川奈凛子著、丸善プラネット)

c0077412_8542930.jpg読書会「かんあおい」2010年4月の課題図書。
タイトルの「母やん」は「があやん」と読む。末っ子だけが使っていた母親の呼称ということで、この末っ子が語り手となって、「雑貨屋」を切り盛りしながら9人の子どもを育て上げた母親の半生を物語る。
舞台は熊本県人吉市の少し東にある湯前(ゆのまえ)という小さな町。時代は昭和30年代から50年代が中心となっているが、間に昭和10年代の父と母の結婚のいきさつも盛り込まれている。姉の見合い相手と駆け落ちした「母やん」は親兄弟に縁を切られていた。頼りの夫は「多角経営」のためほとんど家にいず、浮気も絶えなかった。たまに家に帰っても、子どもたちにとっては怒鳴りつけるばかりの怖い父だった。それでも子どもたちには父親を尊敬するように教えながら、がむしゃらに働いた「母やん」。その「母やん」の期待に応えて、長男が「ロッキード事件」を担当するほどの検事になったのをはじめとして、子どもたちはそれぞれ立派に成人したのだった。
高度成長期の風物や事件を織り込みながら描いた、子どもの成長を楽しみに生きたという点では平凡な、その子どもの一人が〈偉い検事になった〉という点ではユニークな「女の一生」。(2010.2.27記)
[PR]
by nishinayuu | 2010-05-20 08:54 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『さよなら僕の夏』(レイ・ブラッドベリ著、北山克彦訳、晶文社)

c0077412_1004052.jpg読書会「かんあおい」2010年3月の課題図書。
『たんぽぽのお酒』の兄弟ダグとトムが少し大きくなって登場するが、それでもまだまだ子ども時代のまっただ中にいるふたりと仲間の少年たちの、一夏の物語である。
この夏の最大のテーマは少年たちと老人たちの対決である。少年たちは郡庁舎の時計塔から鳴り響く時計の音を止めることによって、時を止めようとする。成長をくい止めて老人にならないようにするためだ。これは南北戦争の生き残り!であり教育委員会のメンバーである老人たちへの挑戦である。
ここにはいろいろなタイプの老人たちが登場する。ブレーリングやフリーリー大佐のように、寿命が尽きて去っていく老人。ダグの自転車とぶつかって片足を骨折したクォーターメインのように、少年たちへの敵愾心に燃えている老人。クォーターメインの友人だが「我々もかつては10歳だった。我々にできるのは彼らが19歳になるのを待って戦争に送り出すことくらいだ」と言う、達観しているとも無責任ともとれる老人。そしてダグとトムのおじいちゃんのように、少年たちを温かく見守り、ときには厳しく叱ることを知っている理想的な老人。この物語はこれらの老人たちの一夏の物語でもある。(2010.2.23記)

☆『たんぽぽのお酒』の訳には疑問が残りましたが、この作品は同じ訳者のものとは思えないほどなめらかで読みやすい訳になっています。
[PR]
by nishinayuu | 2010-05-08 10:00 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『ウメ子』(阿川佐和子著、小学館)

c0077412_9441954.jpg読書会「かんあおい」2009年12月の課題図書。
語り手は幼稚園児のみよちゃん。お兄ちゃんも同じ幼稚園児なので、たぶん年子の兄妹である。二人が通う幼稚園に、ある日転園生がやってくる。それがこの物語の主人公のウメ子で、初日の服装は真っ赤なブラウスに真っ赤なエプロンドレスだった。次の日もその次の日も、ウメ子は毎日派手で奇抜な服を着てきた。ロビンフッドのように上から下まで緑色のこともあった。またウメ子は、それまでのボスだったユカちゃんのお節介を毅然と振り払って、男の子たちの尊敬を集めた。みよちゃんはそんなウメ子に大いに関心を抱いたが、なかなか近づけないでいた。
ある日、ジャングルジムのてっぺんで遠くを眺めていたウメ子が、見上げているみよちゃんに気がついて声をかけてきた。こうしてみよちゃんはウメ子の友だちになり、ウメ子のお家に行き、ウメ子のお母さんにも会ったが、ウメ子の家にはお父さんがいなかった。ウメ子は、もう少し大きくなったらお父さんを探しに行く、みよちゃんといっしょに、と言った。そしてそのことばどおり、ある日みよちゃんとウメ子は家出をして、ウメ子のお父さんに会いに行くことになった。
幼稚園児とは思えないほどしっかりしていて行動力のあるウメ子の、みよちゃんをまきこんだ「父を訪ねて数百㌔」という、愉快でほろりとさせられる物語。幼稚園児が語り手という不自然な設定なのに語り口に不自然さがなく、素直に物語に入っていける。語り手とウメ子が十数年後に再会して友情を確かめあう場面も周到に付け加えられていて、気持ちよく読み終えることができる。(2009.10.26記)
[PR]
by nishinayuu | 2010-01-01 09:44 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『ハードル』(青木和雄著、金の星社)

c0077412_16431683.jpg読書会「かんあおい」2009年10月の課題図書。
小学校6年生の麗音(レオン)と4年生の佑樹という兄弟を主人公に、子どもたちの抱えるさまざまな問題と、それを乗り越えて成長する子どもたちの姿を描いた作品。
家庭には仕事人間で子どもの教育は妻任せ、というか妻のいいなりの父親と、子どもたちと心を通わせようとしない頑なで偏狭な母親がいる。学校には中学受験のせいで精神的に不安定になって、万引きをしたあげく、犯人捜しが始まると罪を麗音に押しつけてしまうクラスメートや、密告者のことばを鵜呑みにして無実の者を追い詰めるような教師たちがいる。また、父親の仕事が失敗したため、父親を残して移り住んだ母親の生まれ故郷にも、保身に汲々としている教師やら、よそ者を眼の仇にする上級生やら、それを黙認している大人たちがいる。
一方、主人公たちには、心を通わせることができて常に力になってくれるような友だちが何人もいるし、優しく見守り、ときには教え諭してくれるような大人たちもいる。こうして兄弟はさまざまな危機を乗り越えていくのだが、それと並行して彼らの両親もそれぞれ親として、人間として成長してゆき、一時は家庭崩壊かと思われた彼らの一家は、固い絆で結ばれた家族として再生の道を歩みだす。――というきわめて「教育的な」物語である。
蛇足――表紙や挿絵(画:木村直代)に描かれている男の子たちは抜群のハンサム・ボーイなのに、女の子たちの顔があきれるほど不細工なのはなぜなのだろうか。(2009.10.17記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-19 16:43 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『赤い指』(東野圭吾著、講談社)

c0077412_1051329.jpg読書会「かんあおい」2009年12月の課題図書。
始めのほうに小学校低学年の女児が死体で見つかる、という陰惨な場面があって、犯人が中学生の少年であることも疑いの余地はなく、読み進めるのがためらわれる。ぎすぎすした家庭、壊れた家庭教育などをテーマにした話だったらマスコミで毎日のように報道されているから、わざわざ小説で読まなくても、と思われるからだ。それでもとにかく我慢して読んでいると、別のテーマが浮かび上がってきて、こちらの方が主たるテーマであることが見えてくる。
前原家の家族構成はサラリーマンの昭夫、妻の八重子、中学生の直巳、昭夫の母である政恵の4人。昭夫は仕事人間で家のことは八重子にまかせっきり、というよくあるパターンで、八重子は直巳のわがままは何でも受け入れ、姑のことは毛嫌いして食事の世話もしない、という極端な人間に描かれている。直巳が事件を起こしてからの八重子の言動も常軌を逸しているが、昭夫がそんな八重子のペースに引きずられていくさまはリアリティーがある。この部分はこの作品の読ませどころの一つであるが、ここで注目すべきは母親の政恵の言動である。
冒頭に、刑事・松宮修平が死の病に取り憑かれている伯父・加賀隆正を病院に見舞う場面がある。修平は、この伯父の息子で同じく刑事である加賀恭一郎と組んでこの事件を担当することになる。この隆正と恭一郎親子の物語と、政恵と昭夫親子の物語がこの作品の主要テーマであろう。その分、直巳と八重子の物語は影が薄れて、尻切れトンボの感じのまま終わってしまう。このふたりのことは頭から払いのけたいので、それはそれでかまわないのだが、直巳や八重子を登場させず、少女殺し事件もないままに主要テーマを語ってくれたらよかったのに……と、無理な注文を付けたくなった。(2009.9.30記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-11-24 10:05 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『人間失格』(太宰治著、新潮文庫)

c0077412_16315276.jpg読書会「かんあおい」2009年9月の課題図書で、メンバーのほとんどが新潮文庫で読んでいる。我が家には筑摩書房の新旧2種類の全集があってそのどちらにも収録されているが、今回は目も手も疲れない電子図書の「青空文庫」で読んだ。
始めに三枚の写真が紹介される。1枚目は笑顔を作っているが実は笑っていない醜い子ども、2枚目は端正な美貌ながら作り物の笑いを浮かべた気味の悪い学生、3枚目は表情も印象もない奇怪な老人の写真である。この三つの顔を持った主人公の半生が、それぞれの「手記」という形で三部にわたって綴られている。
「第一部」――東北の金持ちの大家族の中で、人とつながるために考え出した「道化」で周りを騙し続けたが、人間不信と孤独に苛まれていた小学生時代。
「第二部」――「道化」が板について気楽に人を欺いていたのに、頭の悪い竹一に見破られたため、竹一を手なずけ、しまいには竹一から「おまえはきっと、女に惚れられる」「おまえは偉い絵描きになる」という二つの予言を得た中学時代と、堀木という悪友から酒・煙草・印旛畏怖・質屋と左翼思想を教えられ、心中事件を起こした東京の高校時代。
「第三部」――粗悪な雑誌に漫画を書いて暮らすようになり、女性遍歴を繰り返しては失敗し、しまいにモルヒネに溺れて脳病院に収容されるに到った過程と、「今は自分には幸福も不幸もない」というその後の人生。「人間失格」というのは当人の自覚ではなく、他人から押された烙印だった。
詳細な自己分析と周到な弁明にあふれた「手記」は説得力があるが、それに魅了されるというところまでは行かなかった。昔読んだときもそうだったし、読書会のメンバーの感想もほぼ同様だった。この作家の熱烈なファンというのは、この作家と出会ったときのバイオリズムの関係でこの作家にと取り憑かれてしまった幸運な、あるいは不運な人たちに違いない。(2009.9.13記)

☆画像は岩波文庫のものです。
[PR]
by nishinayuu | 2009-11-05 16:32 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『津軽』(太宰治著、小山書店)

c0077412_10153427.jpg『桜桃』に引き続いて、読書会9月の課題図書『人間失格』の関連図書として「青空文庫」で読んだ。「青空文庫」の底本は「太宰治全集第六巻」(1990,筑摩書房)である。
本文のはじめの方に、「津軽のことを書いてはどうか」という話が来たので1944年5月に津軽地方に出かけたとある。同年、小山書店から発行されているので、旅行したあと間もなく原稿ができあがっていることになる。なんとも勤勉な作家である。
紀行文と自伝を合わせたような作品である。紀行文的性格の強い部分では、「津軽」に含まれる都市や町の紹介や、「津軽凶作年表」(元和元年~昭和15年)、京の名医・橘南谿の『東遊記』、『日本百科大事典』などが長々と引用されている。自伝的性格の強い部分では、中学、高校時代の学校生活や友人たちの思い出が語られているが、圧巻は「3歳から8歳まで育ててくれ、私の一生を確定した母のような人」である「たけ」に、汽車やバスを乗り継いで小泊まで、ほぼ30年ぶりに会いに行くエピソードである。
ところどころに、「国防上、風景や海山の形状についての詳しい描写は避ける」といった、当時の緊迫した国情が窺える文が挿入されていて、はっとさせられる。(2009.9.9記)

☆画像は新潮文庫のものです。
[PR]
by nishinayuu | 2009-11-03 10:16 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)