タグ:洋書 ( 100 ) タグの人気記事

『The Book of Tea』(Okakura Kakuzo, C.E.Tuttle Company1906)


c0077412_9323152.jpg『茶の本』の原書。予想した通り1、2,3章はアルファベット表記されている中国語の固有名詞に難儀したが、英文そのものは読みやすかった。4、5,6,7章も予想した通り、漢字表記のある日本語訳のほうが断然優れていると思うが、「数寄屋」「露地」などの専門用語をはじめとして、日本文化のあれこれを的確かつ滑らかな英文で表現してあることに驚嘆した。『茶の本』が名著とされる所以が理解できたと同時に、岡倉天心という人物の偉大さをあらためて思ったのだった。
さて、今後何かの折に役に立つかも知れないので、中国固有名詞のアルファベット表記と、引用されている歌、俳句の(岡倉天心による?)英訳をメモしておくことにする。
①中国の固有名詞
Tang唐  Sung宋  Ming明  Yuen Emperors元朝  Chow Dynasty周朝 Yangtse-Kiang揚子江  Hoang-Ho黄河  Han Pass函谷関  Taoism道教  Confucianism儒教  Book of Changes易経  Chaking茶経
Luwuh陸羽  Lotung盧同  Taisung 代宗 Kiasung 徽宗 Wanguncheng 王元之
Sotumpa蘇東坡  Laotse老子  Liehtse列子  Peiwoh 白牙 Emperor Huensung 玄宗皇帝 Taoyuenming陶淵明
②見渡せば花ももみじもなかりけり 浦のとまやの秋の夕暮れ(藤原定家)
I looked beyond; /Flowers are not, /Nor tinted leaves. /On the sea beach /
A solitary cottage stands /In the waning light /Of an autumn eve.

夕月夜海すこしある木の間かな(宗碩)
A cluster of summer trees, /A bit of the sea, /A pale evening moon.

折りつればたぶさにけがる立てながら三世の仏に花たてまつる(光明皇后/後撰集123遍昭)
If I pluck thee, my hand will defile thee, O Flower! Standing in the meadows as thou art, I offer thee to the Buddhas of the past, of the present, of the future.

花をのみ待つらん人に山里の雪間の草の春を見せばや(藤原家隆)
To those who long only for flowers, fain would I show the full-blown spring which abides in the toiling buds of snow-covered hills.

(2016.7.25読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-09-06 09:33 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『The Sins of the Father』(Jeffrey Archer, St.Martin’s Paperbacks)


c0077412_1032981.jpg『父の罪』(ジェフリー・アーチャー、2012)
“My name is Harry Clifton.” “Sure, and I’m Babe Ruth”という、よくあるふざけたやりとりで話が始まる。前はハリー・クリフトン、後は彼の取り調べにあたった刑事のことばである。ハリーはブリストルから乗った船が沈没したとき、とっさの判断で、その事故で死んだトム・ブラッドショーになりすました。そして母宛の手紙を、同じく船に乗っていて助かった医師に託した。死亡の知らせが行くだろうが無事だから安心して欲しい、ただし愛するエマとその一族に迷惑をかけないために別の名前で生きていくことにした、という内容の手紙だった。ところがアメリカに着くと同時にハリーは逮捕されてしまう。ハリーが船で知り合ったブラッドショーは、実は脱走兵だったのだ。ハリーはあわてて自分の正体を明かすのだが、全く信じてもらえない。そして冒頭のやりとりとなる。
ハリーがトム・ブラッドショーになりすましたことは、名門ブラッドショー家にとっても好都合だったため、ブラッドショー家は有能な弁護士を雇ってハリーの身元証明を阻止する。こうしてハリーはトム・ブラッドショートして服役することになる。

物語は章ごとに視点を、ハリー、エマ、ジャイルズ、ヒューゴ、などに替えながら進められていく。ジャイルズとエマは貧しいクリフトン家とは身分違いのバーリントン家の兄妹で、ジャイルズはハリーの親友、エマは恋人であること、エマとハリーは異母兄妹の可能性を疑われて結婚できなくなったこと、二人が異母兄妹であればハリーとジャイルズも異母兄弟で先に生まれたハリーがバーリントン家の跡継ぎになること、などは読み進むうちにわかってくるが、どれもこれも詳しい説明がなく既定事実のように語られている。なんで?と思いながら最後まで読み、結末がつかない終わり方にまた、なんで?と思ってよく見てみたら、本書は『クリフトン年代記』の第2部だった!いきなり第2部から入ったので、登場人物の関係やここまでのいきさつをつかむのに苦労してしまった。表紙にきちんと第2部と表示してあればいいのに。それはともかく、刑務所や軍隊の場面でも残虐さやどぎつさがなく、善人と悪人(たとえばエマとジャイルズの父親で、もしかしたらハリーの父親かも知れないヒューゴ)がくっきりしていてわかりやすいし、ストーリー展開も見事。第1部まで遡って読むのはしんどいけれど、ハリーとエマの運命が気になるので、第3部から先は読んでもいいかな、と思っている。
第1部『Only Time Will Tell』は『時のみぞ知る』、第2部の本書は『死もまた我らなり』、第3部『Best Kept Secret』は『裁きの鐘は』というタイトルで新潮社から邦訳が出ている(第2部のタイトルは懲りすぎでは?)。シリーズとしては第7部まで出る予定だという。(2016.5.7読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-07-12 10:32 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『The Lake of Dreams』(Kim Edwards, Viking Penguin)


c0077412_1096100.jpg『レイク・オブ・ドリームズ』(キム・エドワーズ、2011)
物語の舞台は日本→アメリカ北部→カンボジアへと移動するが、主要舞台はアメリカ北部の湖沼地域である。主人公のルーシーは父の不可解な死のあと家を離れ、ジャカルタで出会った日本人男性のヨシと意気投合して、現在は二人で日本に住んでいる。二人の住居の家主はヨシの学友だったフジモロ氏の夫人である(フジモロはたぶん藤本ですよね)。弟のブレイクがスカイプで、母が交通事故に遭って脚を痛めた、と知らせてきたのをきっかけに、ルーシーは2年ぶりに故郷の家に帰る。
JFK空港からさらに1時間のフライトのあと、やっと湖が見えてくる。湖の名はイロコイ語でランブータン。湖周辺の軍用地だった広大な土地が最近軍から返還された。父亡き後、祖父が興した事業を手中に収めた父の弟は、湖を含むその土地を開発して事業を広げようとしている。そして父が愛していた家も、開発に支障を来すので買い取りたい、と母に持ちかけている。ひとり住まいには広すぎる家をもてあましている母は、その申し出を受け入れようかどうか迷っている。父とずっと不仲だった叔父は、父の急死で関係修復が不可能になったのを悔いているのか、ブレイクを事業に誘った。10月に恋人のエイブリーが出産する予定なので、ブレイクは当面の仕事として叔父の提案を受け入れようとしている。
彼らの家は、1910年にハレー彗星が現れたときに16歳だった曾祖父のJoseph Arthur Jarrettが1925年頃に買ったものだった。母は父の死後、父のlove, love, loveという声が至るところから聞こえるといって二階を閉めきっていたが、その晩、二階にある自分の部屋に泊まる事にしたルーシーは二階のあちこちを見て回った。施錠された戸棚を開けてみると、古い紙の束が見つかる。その中に曾祖父Josephに当てた925年9月21日付の封筒があり、曾祖父にIris(14歳)の処遇について相談する内容で、差出人はRとなっていた。すると母も、前に見つけて隠しておいた箱の中身――同じ筆跡のもう一通の手紙と、何枚もの書類――をルーシーに見せる。母によるとその箱は、曾祖父が納屋のロフトに隠したトランクの内張の中から見つかったものだという。Rとは誰なのか、Irisとは誰なのか、そして曾祖父はなぜ箱を誰にも見られないようにトランクの内張の中に隠しておいたのか……。ここからルーシーの遠大な探索が始まり、家族の歴史から消し去られた人々を光の中に蘇らせるというロマン溢れる物語へと展開していく。

本書は『Memory Keeper’s Daughter』でデビューした作家による長編小説。著者の故郷・ニューヨーク州のFinger Lake regionにおける体験を下敷きにして書き上げたものだという。物語に登場するthe Women’s Rights National Historical Parkは実在の場所。
☆要所、要所に差し挟まれている「彗星の出現」が印象的です。ただ、ヨシとのあれこれ、昔の恋人とのあれこれなどは、本作とは切り離して別の物語にしてもよかったのでは? いろいろ盛り込みすぎたせいで中心テーマの感動が弱まった気がします。(2016.4.12読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-07-04 10:12 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『The Cat That Walked by Himself』(Rudyard Kipling)

c0077412_13414934.png『ただ一匹で出かけていく猫』(キプリング)
シャルル・ケクラン(作曲家サティの同時代のフランス人作曲家)が1920年に書いたサティ論に次のような一説があるという。
諸君はキップリングの書いた『ただ一匹で出かける猫……』という面白い物語をご存じだろう。私はサティのことを考えるたびに、この奔放な猫の姿を思い浮かべずにはいられないのだ。

もしかしたらサティを理解するための必読書?と思ってウエブで探してみたら、キプリングの『Just So Stories』に収録されている一編だとわかった。さて、その物語とは……

昔むかし、ひとりの男がひとりの女と一緒に暮らし始める。男は外で狩りをし、女は洞穴の中で子育てと家事をする。そのうち彼らは犬、馬、牛を飼い慣らす。犬は彼らの「最初の友」となり、馬は「最初の従者」となり、牛は「おいしい食べ物をもたらすもの」となる。このとき自分も洞穴の火のそばでくつろいだりミルクを舐めたりしたいと思った猫は、女と取引して三つのことを約束させる。ひとつ、子どもをあやして泣き止ませたら洞穴に入れる。ひとつ、転がる糸玉にじゃれついて子どもを笑わせたら火のそばでくつろげる。ひとつ、女が怖がるネズミを食い殺したら温かいミルクを飲ませてもらえる。こうして猫は三つのことを実行し、ついに洞穴に入り込んで火のそばでくつろぐことに成功する。女は温かいミルクの入ったボウルを差し出しながら猫に告げる。「おまえは男と同じくらい賢い。でも約束は私とおまえの間で交わしたものなので、男と犬がどう出るかはわからないよ。」
さて狩りから戻ってきた男はブーツ1足、石のナタ、棒きれ、斧を並べて猫に告げる。「洞穴の中でネズミを捕まえなかったら、このうちのどれかをおまえに投げつけてやる。」すると猫が応える。「洞穴の中ではネズミを捕まえるけれど、外では自分の思うままにやっていくよ、I am the cat who walks by himself, and all places are alike to me.」
これを聞いた男は「最後の余計な台詞を言わなければ外ではおまえを放って置いただろうに。でも、聞いたからには、おまえに出会ったらいつでもものを投げつけてやる。おれの後に続く男もみんなそうするからな。」ここで犬も口を出す。「おれとの取引もしないと。洞穴の中で子どもによくしてやらなかったらおまえを追いかけてかみついてやる。後に続く犬もみんなそうするからな。」そして女も一言付け加える。「賢い猫だと思ったが、男と犬のほうが賢い!」
男の5人に3人は猫にブーツやナタを投げつけ、全ての犬は猫を家から追い出して木の上に追い上げるのはこういうわけだ、というお話でした。

素敵なイラストの作者名は残念ながら調べがつかなかった。(2016.4.4読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-06-14 13:42 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『Titus Andronicus』(Shakespeare, Greenwich House)

c0077412_1557674.jpg『タイタス・アンドロニカス』(シェイクスピア)
1594年の上演記録が残るこの戯曲は、残虐なシーンのオンパレードでシェイクスピアの他の作品を圧倒している。さらに学者並みの古典の知識がちりばめられていることや、文体が他の作品とは異なることなどもあって、古くからシェイクスピアの作品ではないのでは?という疑問がつきまとっている作品でもある。
これについての議論は専門家たちにお任せすることにして、主な登場人物とその行動を記録しておく。

* サターナイナス=ローマ市民に人望のあるタイタスから譲られる形で皇帝におさまる。弟の恋人を妃にしようとして逃げられると、タイタスが捕らえてきたゴート族の女王タモーラを妃にする。
* バシエーナス=サターナイナスの弟。恋人ラヴィニアとともに宮廷を去るが、タモーラの息子たちによって惨殺される。
* タイタス・アンドロニカス=ゴート族との戦いに勝利を収め、女王タモーラと息子たちを捕虜にして凱旋する。ところがタモーラの息子たちによって娘は陵辱され、自分も陥穽にはまって片腕を失い、息子たちも惨殺されたため、復讐の鬼と化す。
* ルーシアス=タイタスの4人の息子のうち唯一死を免れた息子。タイタスによってゴート族のもとに送り込まれ、彼らとともにローマに攻め入る。
* クインタスとマーシャス=タイタスの息子たち。バシエーナス殺しの罪を着せられて惨殺される。(この場面、残虐な殺され方をする二人が哀れで胸が痛くなる。)
* アラーバス=タモーラの長男。タイタスによって生け贄として殺される。(タイタスは戦死した息子のために仕返しをするわけ。)
ディミートリアスとカイロン=タモーラのケダモノのような息子たち。ラヴィニアを犯し、バシエーナスを殺して穴に投げ込む。けれども最後はタイタスによって切り刻まれ、タモーラの食卓に供される。(タイタスもタモーラ一派に負けず劣らず残虐なのだ。)
* エアロン=タモーラの情夫のムーア人。タモーラに協力して暴虐を尽くす。
* 黒い子ども=タモーラとエアロンの子ども。エアロンとの関係が知られるのを怖れたタモーラによって殺されそうになるが、父性愛に目覚めたエアロンによってゴート族のもとに送られる。
* タモーラ=ゴート族の女王。アンドロニカス一族への復讐に燃える。ローマ皇帝の妃になったため、ゴート族からは裏切り者と見なされる。
* ラヴィニア=タイタスの娘。タモーラの息子たちに犯されたうえ、口封じのために両腕と舌を切り取られる。

最後はタイタスがまず恥辱にまみれたラヴィニアを殺したあとタモーラの息子たちを殺し、タモーラも刺し殺す。するとサターナイナスがタイタスを殺し、それを見たルーシアスがサターナイナスを殺し、エアロンを餓死の刑に処す。始めから終わりまで、これでもか、という惨劇が続く、なんとも凄まじい内容だが、こんな残酷劇を受け入れて楽しむ雰囲気が当時のロンドンにはあったということだろう。(2015.5.17読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-09-12 15:44 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『Antony and Cleopatra』(Shakespeare, Greenwich House)

c0077412_2145041.jpg
『アントニーとクレオパトラ』(シェイクスピア)
本作は『Julius Caesar』から8年後の1606年に書かれた作品で、プルタルコスの『英雄伝』が下敷きとなっている。
舞台はBC40~30のローマとエジプト。『Julius Caesar』における名演説でブルータスを退けて権力を握ったアントニーの後半生が描かれる。すなわちこの戯曲の主題は、エジプト女王クレオパトラとの恋の駆け引きと、英雄の転落である。登場人物は以下の通り。
*アントニー ローマの三執政官の一人
*オクティヴィアス・シーザー ローマの三執政官の一人
*ポンペイ 執政官への反逆者
*イノバーバス アントニーの忠実な従者だったが、後にオクタヴィアス側に寝返る
*クレオパトラ エジプトの女王
*チャーミアン クレオパトラの侍女
*オクティヴィア オクティヴィアスの姉、アントニーの2番目の妻(最初の妻ファルヴィアがオクティヴィアスに戦いを挑んで戦死した後、アントニーがオクティヴィアスとの和解のために結婚)

この戯曲の特徴のひとつは他の戯曲に比べて場面の変化がめまぐるしいことだ。エジプトのアレキサンドリア→ローマ→エジプト→シチリアのメシーナ→ローマへと舞台が移る物語が、5幕42場で展開される。
もう一つの特徴は女性の活躍がめざましいことだ。主役の一人がクレオパトラなのだから当然といえば当然だが、クレオパトラだけでなく侍女のチャーミアンもかなり出番が多く、台詞も多い。当時のロンドンに演技力のある「少年俳優」が複数存在したと推察できる。
気になったのはクレオパトラの描かれ方。アントニーが結婚したオクタヴィアに対する嫉妬心を露わにし、結婚を伝えた使者を脅迫する姿は、プトレマイオス家を継承する高貴な女性とはとても思えない。舞台の上でまるで庶民の女房のようにはしたなく振る舞うクレオパトラの姿は、当時の人々をさぞ喜ばせたことだろう。しかし、アントニーの死後、オクティヴィアスからローマへ招かれたときにオクティヴィアスの思惑を見抜いて死を選ぶクレオパトラは、エジプトの女王にふさわしい毅然とした姿に描かれている。(2015.4.23読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-09-04 21:05 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『Julius Cæsar』(Shakespeare, Greenwich House)


c0077412_18245589.jpgこれは、シェイクスピア円熟期の作品で、1599年に書かれたと推定されている。5幕5場の構成でシーザーの殺害とその後の展開が描かれており、シーザーが第3幕第1場で殺されたあとの主役はブルータスである。ブルータスは、シーザーを倒したのは彼が専制的な独裁者だからだとローマ市民に説明したが、死後のシーザーは一変してローマ市民のために尽くす英雄の面貌を持つことになり、そのシーザー殺害の首謀者であるブルータスは反逆者に転落する。このシーザーの返り咲き?とブルータスの転落という逆転劇を演出したのはアントニーである。高潔で理想に燃える学者肌の政治家であるブルータスと、民衆の心を知り抜いていて、ブルータスに傾いていた民衆の心を「名演説」によって反ブルータスに持っていった実際的な政治家・アントニー。この二人の政治家それぞれの演説と市民の反応が後半の山場のひとつである。
山場といえば、シーザー殺害前夜の様々な前兆(異常な天候、手から炎を発してもやけどをしない男、街路を横切るライオンなど)の場面、そしてもちろんシーザーがEt tu ,Brute?と叫ぶ場面などがある。そしてそれらに劣らず印象的なのが終幕の、ブルータスの死に際して友人であるルシリアスが献身的行為をみせる場面である。ブルータスは政治家としては失敗したが、素晴らしい友人と従者に恵まれた幸せな人間だったといえる。
最後に主要人物をその史実上の名前とともにあげておく。
マーカス・ブルータス(マルクス・ブルトゥス、反シーザー派)
ケイアス・キャシアス(ガイウス・カッシウス、反シーザー派)
キャスカ(カスカ、反シーザー派)
マーク・アントニー(マルクス・アントニウス、三頭政治のメンバー)
オクタヴィアス・シーザー(オクタヴィアヌス、三頭政治のメンバー)
レピダス(レピドゥス、三頭政治のメンバー)
シセロ(キケロ、元老院議員)
ケイド(カト、元老院議員、反シーザー派)
ルシリアス(ブルータスの友人)
(2015.2.17読了)
☆画像はテムズ河畔のグローブ座
[PR]
by nishinayuu | 2015-06-16 18:25 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『Hamlet』(Shakespeare, Greenwich House)

c0077412_1591571.jpgハムレットはシェイクスピア劇の中で最も有名であり、そこに出てくる語句が日常英語の一部になった例も多いという。ハムレットの劇を見たあるイギリス人が
Well, Shakespeare was a very clever fellow, but he is so damned full of quotations
と言った、という笑える話も伝わっているという。そこで今回はこの劇に出てくる有名な台詞を、覚え書きとして記しておくことにする。( )内の数字はAct, Scene, Line、アルファベットはその言葉を発した人物です。

A little more than kin, and less than kind(1.2.65, Hamlet)親族だが愛情はない
Frailty, thy name is woman(1.2.146, Hamlet)脆きものよ、汝の名は女なり。frailtyは誘惑に陥りやすいの意
primrose path(1.3.50, Ophelia)快楽の道
More honour’d in the breach than the observance(1.4.16, Hamlet)守らぬほうがかえってまし
the glimpses of the moon(1.4.53, Hamlet)夜の世界/月下の光景
Something is rotten in the state of Denmark(1.4.89, Marcellus)デンマークにはなにかけしからぬことがある
With all my imperfections on my head(1.5.79, Ghost)よろずの罪を背負ったままで
The time is out of joint(1.5.189, Hamlet)今の世は調子が狂っている。原義は時勢の関節が外れている
brevity is the soul of wit(2.2.90, Polonius)簡潔は分別の精髄/言は簡を尊ぶ
Though this be madness, yet there is method in’t(2.2.207, Polonius)狂うた様で、そのくせ筋が通っているわい
know a hawk from a handsaw(2.2.397, Hamlet)たいていのことは心得ている
To be , or not to be: that is the question(3.1.56, Hamlet)生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ
Get thee to a nunnery(3.1.122, Hamlet)尼寺に行け
The observed of all observers(3.1.162, Ophelia)衆目の的である人
out-herods Herod(3.2.15, Hamlet)残忍さにおいてヘロデに勝る
metal more attractive(3.2.116, Hamlet)もっと引力の強い金
There’s a divinity that shapes our ends, Rough-hew them how we will(5.2.10-11, Hamlet)我々が荒削りにしておいても、その計った事柄を神様がきちんと仕上げてくださる
german to the matter(5.2.165, Hamlet)適切な
palpable hit(5.2.292, Osric)まさしき当たり

(2014.12.29読了)
☆これまでに英語で何回か読んでいるはずですが、今回読んでみて、台詞も場面もあまり頭に入っていないことを思い知りました。名日本語訳が数々あることは承知していながら、なんとなく(意地で?)避けてきましたが、やはり一度は日本語訳をじっくり読んでみたほうがよさそうです。
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-23 15:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『Troilus and Cressida』(Shakespeare, Greenwich House)


c0077412_1424678.pngトロイラスはトロイの英雄ヘクターの弟。物語の主題の一つはトロイラスとクレシダの恋物語であるが、真剣にクレシダを愛していたトロイラスはクレシダに手ひどく裏切られる。クレシダという女性は心理にも行動にも一貫性がなく、そもそも恋愛の対象とすべきではない娼婦的な女性だったわけで、ヒロインとしての魅力がない。主人公のトロイラスも、戦場での活躍という点では目立たない存在であるため、こちらもあまり魅力的とはいえない。また、この戯曲のもう一つの主題はアキリーズがヘクターを斃すまでの物語であるが、トロイ戦争の結末までは語られていないので、尻切れトンボの感は否めない。つまり、今はやりの言葉でいえば「残念な」作品である。ただし、近年、ここに盛り込まれた内容が「現代的なテーマと通じるものがある」として注目されつつあるという。
主要な登場人物は以下の通り。
トロイ側――プライアム(トロイの王)、ヘクター(プライアムの息子)、トロイラス(プライアムの息子)、パリス(プライアムの息子)、イーニーアス(将軍)、カルカス(神官、クレシダの父、ギリシアに与している)、パンダラス(クレシダの叔父)、アンドロマキ(ヘクターの妻)、クレシダ(カルカスの娘)
ギリシア側――アガメムノン(ギリシアの総指揮官)、メネレーアス(アガメムノンの弟)、アキリーズ(将軍)、ユリシーズ(将軍)、ネスター(将軍)、エージャックス(将軍)、パトロクラス(将軍、アキリーズの親友)、ヘレン(メネレーアスの妻)

ところで、エージャックスのことを訊かれたクレシダの従者が、They say he is a very man per se と答えるくだりがある。Small Latin , less Greek のはずのシェイクスピアさん、わざわざこんなところで従者にラテン語を使わせなくても、と思った。ところが現代の小説を読んでいたら、ごく普通の人物がこのことばを口癖にしている場面にでくわした。どうやらこのことばは英米人にはごく当たり前のことばらしい。畏れいりました。(2014.11.21読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-02-27 14:03 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『The Blue Bird』(Maurice Maeterlinck, Methuen′s Modern Classics)


c0077412_1082141.jpg
『L′Oiseau Bleu』の英訳版(訳:Alexander Teixeira de Mattos)。
原作は1908年に発表された童話劇で、本書は1923年の英語版に基づいた完訳版である。


冒頭に登場人物の名前が登場順に記され、続いてそれぞれの衣裳についての細かい指定がある。たとえばチルチルはペローの『親指小僧』の服装(真っ赤なニッカボッカー、淡いブルーのジャケット、白いストッキング、茶色い靴)、ミチルは「グレーテル」か「赤ずきん」の服装、という具合。
邪悪な動物やモノたちの姿を見せつけられたり、恐い思いをさせられたりする場面も多い中で、「思いでの国」と「未来の王国」という二つの場所の幻想的な美しさが心に残る。チルチルとミチルは「思いでの国」ではおじいさん、おばあさんや、幼くして死んだ弟妹(その数の多いこと!)に再会し、「未来の国」ではこれから生まれてくる弟にであう。本書で特に印象的なのは「思いでの国」にいるおばあさんが二人に言う次のことば。
Every time you think of us, we wake up and see you again.
これは大切な人を失ったときにいちばん慰めになることばである。

この作品は無声映画時代から何度も映画化されている。1976年には米・露の合作で、レニングラード・バレエ団総出演のミュージカルに仕立てられている(監督はマイ・フェア・レディのジョージ・キューカー)。この映画でエリザベス・テーラーが演じた光の精はちょっと太めでイマイチだったが、ロバート・モーレーが演じた「時を司る老人」は威厳があって印象的だった。
なお、作者のメーテルリンクはこの作品で1911年にノーベル文学賞を受賞している。
(2014.11.20読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-02-19 10:09 | 読書ノート | Trackback(1) | Comments(0)