タグ:和書 ( 282 ) タグの人気記事

『能に生きる女たち』(大石登世子、檜書店)


本書は能をよりよく味わうための解説書といった趣の本で、女性の生き方に焦点を合わせた27の作品を取り上げ、様々な身分や境遇に生きる女性の悲しみや怒り、喜びについて論じている。

冒頭に、著名な能研究者である増田正造氏による〈『能に生きる女たち』讃〉という文が載っているので、その一部を記しておく。

吉田兼好が『徒然草』に解いたのは、対象にのめり込むことのない距離の置き方である。客観的な視野を持つ位置である。/この著者の能を見渡す視野の広さはまさにそれである。能に淫していないのだ。その目は冷徹でしかもあたたかい。(中略)私はこれから能を見る前にこの本を読み、心を能に潜めたいと思う。

c0077412_07451938.png

取り上げられているのは次の27

桜川/藤戸/杜若/葵上/半蔀/清経/姥捨/野宮/鉄輪/葛城/求塚/三山/大原御幸/芦刈/檜垣/蝉丸/松風/黒塚/定家//海人/隅田川/千手/籠太鼓/花筺/通小町/卒都婆小町

特に印象に残った部分を書きとめておく(語句は原文通りではありません)。

*〈女物狂、狂女、狂乱、狂ふ〉といった言葉が使われるが、当時は、狂う=芸を演じること、〈面白う狂ふ〉とは美しく珍しい芸を見せることで、その演技が観客の興味の中心だった(桜川)

*世阿弥は、よき能の条件として典拠がしっかりしていることをあげている。典拠となるのは『伊勢物語』『源氏物語』『平家物語』などの先行する文芸、『古今和歌集』などの歌集、各地に伝わる説話、寺社縁起など。作品の背景となる話を観客が共通認識しているという前提で、能の物語は進行する。これは季語の本意を共有するものが集まって俳句をたのしむのと似ているように思う。(杜若)

*六条御息所の怨霊事件について、瀬戸内寂聴は六条御息所の度を過ごすほど思い詰める性格が招いた悲劇と評しているが、馬場あき子は生きながら鬼となって晴らさずにはおかない妄執の裏にある、六条御息所の深い羞恥の心と孤独を指摘している。(葵上)

*歌舞伎や文楽浄瑠璃の愁嘆場では、大仰に声や表情に出して演じるところを、能では演技が内へ内へと凝縮されてゆき、見た目には型として象徴的に示されるのが、対照的と言える。一篇の詩劇のような流麗な詞章と曲で紡がれる物語は、ギリシャ悲劇を思わせるほどだ。(蝉丸)

*古くから「熊野、松風に米の飯」といわれる人気曲。場面の変化に富んだ見所の多い曲で、江戸後期の「能演目番付」では、堂々の大関となっている。当時は、横綱はなく大関が最高位だから、人気の程がうかがえる。(松風)

*能では鬼となった女は般若の面をつけるのが定番。般若とは梵語で「真理を見ることのできる智恵」を意味するが、女の怒りと悲しみを凝縮させた般若の面は、能面の中で最も優れた造形の一つであるといわれる。(黒塚)

2017.4.12読了)


[PR]
by nishinayuu | 2017-07-19 07:46 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『奥の細道紀行』(大石登世子、ふらんす堂)


c0077412_09450864.jpg本書は『遊行』(こちら⇒)と同じ著者による「紀行文」であるが、驚くほど詳細かつ膨大な旅の記録が収められている。俳句はもちろん、短歌や物語、説話・伝承文学、芸能、宗教、歴史、地理、動植物などなど、著者の心と眼の及ぶ範囲は広く、ついていくだけでも一苦労である。(著者と親しいという人物から借りた書物なので、とにかく最後まで読み通すことができてほっとしましたが、一度きりの読書では消化しきれない内容なので、参考書として手元に置いておきたいと思ったのでした。)

特に興味深かったところを下に列挙しておく。

*下野では、自国側の境の明神を玉津島神社、陸奥側の神社を住吉神社と呼ぶ。反対に、奥州では自国側の境の明神を玉津島神社、下野側を住吉神社と呼んでいる。(中略)玉津島明神は女神で内(国を守る)、住吉明神は男神で外(外敵を防ぐ)という信仰に基づいて祀られている。

*医王寺は風格のある立派な寺で、境内の片隅に、「笈も太刀も五月に飾れ紙幟」の句碑がある。(中略)実は、芭蕉たちはこのお宝を見ていないらしいのだ。曾良の日記には「判官殿笈・弁慶書きシ経ナド有由」とある。曾良の記述は正確で、見たものは見た、と書くから「有由(あるということだ)」とは、つまり見なかったということ。寺の門には入らず、西の方にある堂へ行った、と記している。

*白河の関もそうだが、著名な歌枕の地となると、芭蕉の筆はどういうわけか格調高い美文調になるのだ。それでいてどちらも芭蕉本人の句はなく、松島も、/「松島や鶴に身を借れほととぎす」/と、曾良の句がおかれる。/失礼な言い方だが、芭蕉は著名な歌枕の地で俳諧を詠む難しさを感じ始めていたのではなかったろうか。/歌枕は結局和歌のためのものであり、伝統に則って詠むかぎり、十七文字は三十一文字にかなわない。叙景にしても叙事にしても事情は同じである。完璧な景を前にすると、季語を取り合わせたありきたりの絵はがき的な句しかできないのは、現代の私たちも経験することである。

*「取り分て心も凍みて冴えぞ渡る衣川見に来たる今日しも」(西行)/『山家集』には「十月十二日、平泉にまかり着きたりけるに、雪降嵐激しく、殊の外に荒れたりけり、(中略)衣川の城しまはしたる事柄、様変はりて物を見る心地しけり、汀凍りて取り分寂びければ」と長い詞書きがあり、衣川の凄絶な風景が読者の前にも広がる。(中略)この歌は初度の奥州への旅で平泉に来た際に詠んだとされる。ただ、二度目の奥州行き、文治二年のときのものとする解釈もあるようで、そうなると義経が平泉に落ちのびてくるのは翌文治三年だから、西行とニアミスしたことになり、物語的にはこの歌が俄然面白く解釈できるのだが、どうだろうか。

2017.4.7読了)


[PR]
by nishinayuu | 2017-06-29 09:45 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『遊行』(大石登世子、ふらんす堂、2010)


c0077412_07504660.jpg著者は1942年生まれで、NHK出版の「趣味の園芸」などにも関わった元編集者。俳句会「麻」の同人。本書は俳句歴10年を記念してまとめたものだという。

「バショウより、ふつうに、ブッソンが好き」というレベルのnishinaなので、感想を述べるのは控えて心に響いた句を並べておくことにする。

手品師の大きな鞄春の闇

鵙の贄どこかで子どもが攫はるる

櫻冷え僧は遊行に出でしまま

三椏の花この道は行き止まり

どうしても子がみつからぬ春の暮

振り向けば短日の坂消えてをり

春愁の帯のごとくに夜の汽車

そこまでと言うて花野へ行きしまま

こうして並べてみると、どこか不安で妖しい雰囲気のある句ばかりのような……。

ついでに、漢字の読みがわからなかった句と、読み方に一瞬迷った句がいくつかあったので、その読みをカタカナで示しておく。

やいななくさまに馬頭琴   ツチフル(音読みはバイ)

襞深く金粉零し牡丹老ゆ   コボし(別に難読漢字ではないのに……)

天平の礎石にあたたかし   アシウラ

体内にはつなつの水韻きけり   ヒビき

血族といふ名の鎖紅蜀葵   コウショッキ(もみじあおい)

2017.3.26読了)


[PR]
by nishinayuu | 2017-06-13 07:51 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『ロスト・ケア』(葉真中 顕、光文社)


読書会「かんあおい」20175月の課題図書。

著者は1976年生まれ。2012年に「第16回日本ミステリー文学大賞新人賞」を受賞してデビュー。受賞第一作の『絶叫』も各種のミステリー関係のイベントにランキング入りしている。

c0077412_09531294.png本作は構成と人物設定が巧みで、謎解きのおもしろさが充分楽しめるミステリー作品となっているそれと同時に本作は、現代日本の様々な問題点、特に家族による介護の悲惨な実情とその行き着く先の戦慄的状況を予告し、世の覚醒を促す社会派作品でもある。。(ミステリーなのでここでは詳細は伏せておく。) (2017.3.25読了)


[PR]
by nishinayuu | 2017-06-09 09:53 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『宿題』(足立喜美子、現代俳句協会)

c0077412_1020127.jpg読書会「かんあおい」2017年3月の課題図書。
著者は地元で句会の指導もしている現役の俳人。読書会のメンバーの一人でもあるので、3月の読書会では本書を取り上げ、著者の解説つきで俳句を鑑賞した。


まず、著者の自選十句を紹介する。
*栗剝くや丹波に生まれ離れても
*雲の峰かの世この世の鬼の貌
*われからの声か土偶のこゑか暑し
*紫式部へ手鞠ころげてゆきさうな
*狐火や母の死風化するばかり
*花野まで来て宿題があるといふ
*空蝉をのせて新聞さざなみす
*ドーバー海峡夢見て水着試着かな
*ぽっぺんを吹いて他人のやうな音
*風来て風がはづかしげなり冬桜

次にnishinaが気に入った十句を記しておく。
*片眼より鱗の落ちし去年今年
*大空のあるを頼みの辛夷咲く
*雪女ときどき梁のきしみをり
*きつね雨トトロの森の月夜茸
*泉川術後の兄に会ひに行く
*旱星鄙に形見のチェロを弾く
*笙の音や青葉の闇を押しひらき
*揚雲雀つばさの軽き日もありて
*冬紅葉恋する人にどっと降る
*石鹼玉たましひに触れ爆ぜにけり

(2017.1.22読了)
[PR]
by nishinayuu | 2017-03-25 10:20 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『ゼラニウムの庭』(大島真寿美、2012 ポプラ社)


c0077412_1095565.jpg
ストレスがたまったのでゆったりしたくてまた大島真寿美を読んだ。本書の語り手は幼名「るるちゃん」という小説家。ただし、これは小説ではなく「記録」であると最初に断り書きがある。彼女はこの記録を書き残したいと思ったのがきっかけでまとまった文章を書くようになり、やがて小説家になったのだという。

さて、この記録に登場するのは
語り手の曾祖父母、祖母の豊世と婿養子の祖父、母の静子と婿養子の父・亮といった一族の人々と、女中のお駒とその後を継いだ深澤さん、かかりつけ医の桂先生と息子の冬馬先生(と孫の亮=語り手の父)という一族といってもいい人々。そして語り手の別れた恋人であり後に夫になった倉科さん、という面々。そしてもう一人、祖母の豊世と双子として生まれた嘉栄さん。
この一族には世にはばかる秘密があって、その中心人物が嘉栄だった。祖母の豊世が平成2年に80歳で世を去ったとき、双子の姉妹である嘉栄は豊世の娘である静子よりもかなり年下に見えた。すなわち嘉栄は他の人とは異なる時間を生きるように生まれついたため、他の人よりずっと長い幼児期と子ども時代を過ごし、豊世がおばさんになった頃にやっと少女となったのだった。その後も豊世は普通に年老いていき、嘉栄はいつまでも若さと美しさに輝いていた。
語り手は死を前にした祖母からこの一族の秘密を詳しく聞かされ、数奇な運命を生きなければならない嘉栄さんの庇護を託される。それで語り手は一族が守り通してきた秘密を「記録」として書き留めることになったのだが、話はここでは終わらない。なんと、というかやはり、というか、最後に「嘉栄附記」という章があって嘉栄さんが自分の言い分を記しているのだ。「るるちゃん」のお葬式で嘉栄さんに出くわした倉科が驚きのあまり声を失っていた、など「るるちゃん」が知ったら声を失うに違いない暴露話もあって、なかなかおもしろい。140歳を超えたという嘉栄さんはこんなことも言っている。「不自由な人生でしたが、おそらく皆、そんなものなのでしょう。自由な人生などありはしません。そんなものがあると思っているのなら、それは大きな勘違い。私はそう思います。孤独な人生でしたが、それもまた、皆、同じです。孤独でない人間など、どこにいますか。」
(2016.8.30読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-11-17 10:10 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『風土記の世界』(三浦佑之、岩波新書)

c0077412_924657.jpg
本書は古代文学、伝承文学を専門とする学者である著者が「風土記とはどういう書物か、なにが書かれているのか、どういうおもしろさがあって、どんなところが大事なのか」という情報を一般読者向けにまとめたものである。始めの2章が風土記の成立や内容の概説、第3章以降が国別の内容紹介となっている。

始めの2章で「8世紀初頭の日本列島を記録した資料」である『風土記』の成立や内容が概説されている。すなわち『風土記』は平城京への遷都から3年後の和銅6(713)年に律令政府が各地方に発した「風土記撰録の命令」によって編まれたものである。「風土記」と呼ばれるのは後のことで、本来は政府の命に対する報告文書である「解」と呼ばれる公文書だった。撰録すべき項目は、特産品、土地の肥沃状態、山川原野の名前の由来、古老が相伝する旧聞異事などだった。当初政府は、中国の例にならって紀(歴代天皇の事跡の記録)・志(支配領域の現状の記録)・列伝(皇子や臣下の事跡の記録)から成る「日本書」の編纂を目指したが、養老4(720)年に「日本紀」が成立したあと、何らかの理由で頓挫したものと思われる。この「日本紀」が現在『日本書紀』と呼ばれているもので、本来は「日本書 紀」であったはずである。そして『風土記』は、「日本書 志」のために収集された記録の名残と考えられる。
第3章以降で国別の内容が紹介される。現在、いちおうまとまった形で遺る風土記(解)としては、常陸、出雲、播磨、豊後、肥前の五か国のものがあり、逸文(後の文献に引用されて遺ったもの)として30~40か国のものがある。それら「もう一つの歴史と伝承の宝庫」の内容とそれらの読み解き方が詳しく、そしてわかりやすく紹介されていく。
第3章は常陸国風土記では正史の「日本書」紀にはもちろん、『古事記』にも出てこない「倭武天皇(やまとたけるのすめらみこと)」が取り上げられ、古事記の倭建命・日本書紀の日本武尊が風土記ではなぜ天皇として登場するのかが考察されている。古事記・日本書紀のヤマトタケル伝説ではただの通過点としてしか存在しない常陸国が、その風土記で一方的な形で倭武天皇への熱い思いを寄せているのは、東征の帰途における悲劇的な死が伝えられる以前の、東への遠征が通過儀礼として機能することによって皇位につくはずのヤマトタケルが常陸国において生き続けていたからだ、という論は説得力がある。
第4章では出雲国風土記が他の風土記とは違って撰録の命令から20年も経った天平5(733)年に提出されたのはなぜか、選録の責任者が国守ではなく国造となっているのはなぜか、「日本書」紀との関係は、などが考察されている。さらに出雲国の特殊性とその神話、「日本海文化圏」、出雲の神々の始祖であるカムムスヒ、出雲神話と古事記神話の関係、などなど興味深い話が盛り込まれている。
第5章では播磨国風土記、豊後国・肥前国風土記に見られる笑われる神や天皇、女性首長、鮎釣り、稲作などに関する伝承が取り上げられていて、風土記の世界のおもしろさが伝わってくる。
230ページほどの新書ながら、かなり中身の濃い一冊である。(2016.8.14読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-10-28 09:24 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『茶の本』(岡倉覚三、訳=村岡博、岩波文庫)


c0077412_9544990.jpg本書は1906年にニューヨークで出版された『The Book or Tea』の翻訳本で、昭和4年に第1刷が出ている。著者の弟で英文学者の岡倉由三郎が「はしがき」を記しており、昭和36年の版から巻末につけられた「解説」は英文学者の福原麟太郎が記している。岡倉由三郎は生涯のほとんどを東京高等師範学校の教授として過ごした人物で、訳者の村岡博と福原麟太郎は東京高等師範学校における由三郎の弟子である。

本書は7章からなり、各章のタイトルと概要は以下の通り。
*第1章「人情の碗」――茶は日常生活の中に美を崇拝する一種の審美的宗教すなわち茶道の域に達す
*第2章「茶の諸流」――茶道の鼻祖・陸羽、日本において茶は生の術に関する宗教である
*第3章「道教と禅堂」――道教は茶道に審美的理想の基礎を与え、禅道はこれを実際的なものとした、人生の些事の中にも偉大を考える禅の考え方が茶道の理想
*第4章「茶室」――茶室の構造における象徴主義、外界の煩わしさを遠ざかった聖堂
*第5章「芸術鑑賞」――美術鑑賞に必要な同情ある心の交通、現今の美術に対する表面的熱狂は真の感じに根拠をおいていない
*第6章「花」――茶の宗匠と生花の法則、生花の流派
*第7章「茶の宗匠」――茶の宗匠の芸術に対する貢献と処世術上に及ぼした影響、利休の最後の茶の湯

『The Book of Tea』はボストン美術博物館の日本およびシナ部の首脳として毎年の半ばを過ごすようになった著者が、その地に多くの知己を得ながらも故郷への感傷につき動かされて著したもので、親友のジョン・ラファージ画伯に奉献したものだという。すなわち西欧人相手に英文で「文学的に」書いたものなので、当時一般の日本人には馴染みがなかったと思われる西欧人の名前がたくさん出てくる。たとえば数寄屋の狭さを表すのに「5人しか入れない」といえばすむのに「グレイスの神よりは多く、ミューズの神よりは少ない数」となっていたり、「能の『鉢の木』の旅の僧とは実はわが物語のハルンアルラシッドともいうべき北条時頼に他ならなかった」となっていたりする。おもしろいけれどもちょっとやり過ぎではないだろうか。一方、漢文の引用(訳文では書き下し文になっている)や和歌、俳句などの引用もある。たとえば第4章には露地を作る奥義として藤原定家の「見渡せば花ももみじもなかりけり 浦のとまやの秋の夕暮れ」が出てくる。漢文は意味をとって英訳すればすむかも知れないが、和歌は原書ではどのように扱われているのだろうか。とにかく英文で読むにしても日本訳で読むにしても、簡単に読める作品ではないことは確かだ。
先頃読み終えた「京都踏査記」で著者の兪弘濬氏が本書を引用しながら茶室や茶道について解説していた。兪弘濬氏が読んだ『茶の本』を読んでいないのは日本人としてまずいと思い、我が家の書棚に長い間眠っていた『茶の本』を引っ張り出した。まず英文の原書を読んでから日本語訳を読もう、と思っているうちに時が経ってしまっていたのだが、今回読んでみて、原文で読むのはムリ、と思った。それに日本人が日本文化についてのあれこれをわざわざ漢字表記のない言語で読む必要もない、とも思ったのだった。(2016.7.9読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-09-02 09:55 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『あなたの本当の人生は』(大島真寿美、文藝春秋)


c0077412_9593287.jpg本書は2014年に刊行されたもので、初出は別冊文藝春秋303号~311号。
まず登場するのは新人作家の国崎真美。新人賞をもらったあとはぱっとせず、またまた300枚分の原稿を没にされたところだ。
国崎真美の原稿を没にしたのは担当編集者の鏡味(かがみ)。「おまえ森和木(もりわき)ホリーの弟子にならねえか」と言うなり、国崎真美を連れて森和木ホリーの屋敷へ。
鏡味の鳴らしたチャイムに応えて玄関に出てきたのは宇城(うしろ)圭子。20年ほど前、市民会館の事務員をしていたときに、講演に来た森和木ホリーにお茶を出したり挨拶に来た人をさばいたりしたのが縁で、森脇ホリーの秘書になった。森脇ホリーに「あなたの本当の人生はここにはない」と言われたのが決め手だった。森脇ホリーは何年かに一度、この台詞を口走るのだが、国崎真美もこの台詞を言われるかも知れない。もし言われたら、彼女がどうなるか追跡調査をしてみよう――そんなことを考えながら宇城はさりげない顔で国崎真美を森脇ホリーの待つ部屋に案内する。
二階の大きな部屋で国崎真美を待っていたのは「錦船シリーズ」という超ヒット作を持つ森脇ホリー。二度目の脳梗塞を起こしてから足の動きがおかしくなり、そのせいもあってか最近は創作意欲も起きない。仕事関係のことはもちろん、家の中の雑事も宇城にまかせていて、20年あまり前に宇城に声を掛けたのは実に正しいスカウトだった、と思っている。

森脇ホリーは国崎真美を見るなり「あなた、チャーチル(錦船シリーズに登場する黒猫)に似てるわね」と言う。鏡味がぐふっと吹きだし、宇城もうっすらと笑う。こうしてチャーチルこと国崎真美は森脇ホリーの広大な屋敷で暮らし始めるのだが、さて、国崎真美の本当の人生は?

時たま無性に大島真寿美が読みたくなるときがある。それはちょっと疲れているときやストレスがたまっているときだ。今回もそんな状態のなかでこの本を手に取った。期待通り、ふんわりと温かく、とても気持ちが安らぐ読み物だった。ここで、大島真寿美の作品を既読と未読に分けてメモしておく。
これまでに読んだ作品――『香港の甘い豆腐』『ほどけるとける』『かなしみの場所』『水の繭』『チョコリエッタ』『虹色天気雨』『宙の家』『羽の音』
これから読む予定の作品――『ビターシュガー』『戦友の恋』『それでも彼女は歩き続ける』『ゼラニウムの庭』『三月』『ワンナイト』『ピエタ』
(2016.6.13読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-08-17 10:01 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『天に遊ぶ』(吉村昭、新潮社)

c0077412_10331195.png
読書会「かんあおい」2016年7月の課題図書。
本書は平成8年1月から平成11年4月にかけて、『波』その他に掲載された「超短編」21編を収録したもの。各作品の概要は以下の通り。

*鰭紙――天明年間の飢饉について調べている学者が目にした古文書に、若い女が人肉を食べる場面の記録があり、その箇所につけられた鰭紙に女の身元が記されていた。
*同居――5年前に妻を亡くした後輩にある女性を紹介したところ、二人の関係は順調に進展した、と思いきや後輩が、彼女には「同居ニン」がいるので結婚できない、と報告してくる。
*頭蓋骨――終戦直後に樺太避難民の船が沈没した海辺で、40年も経って漁網に幼児の頭蓋骨がかかったという。作家は村を訪れて漁師の話を聞いたが、帰途は散々で不審訊問まで受ける。
*香奠袋――文壇人の葬儀は出版社の編集者たちが引き受けるのが習いだ。そんな葬儀に現われるある上品な老女を、編集者たちは警戒しながらも心待ちにする。
*お妾さん――「私が生まれ育った町にはお妾さんの住む家が多かった」で始まり、空襲の時、道沿いの墓所にしゃがんでいた頼れるもののなにもないお妾さん母子の姿で終わる。
*梅毒――桜田門外の変の現場指揮者だった関鉄之介は梅毒患者だったのでは?と疑われていたが、梅毒ではなく糖尿病だったことを調べ上げた作家。関の子孫に報告すると相手の顔が輝いた。
*西瓜――離婚した妻が、ある男に執拗に求婚されて困っている、と言ってくる。さてその真意は? 
*読経――葬儀でひときわ高く錆のある読経の声が響く。声の主は少年の頃、過失で弟を死なせた男だった。
*サーベル――大津事件で無期刑に処せられた津田三蔵の親族に会ったあと墓を訪れた作家は、墓の異様な小ささに驚くとともに、手向ける花を持たずに来たことを悔やむ。
*居間にて――伯父の死を知らされた伯母が身を震わせて笑ったと報告する妻。忍従の人生だったからか、でも妻の場合はそんなことはあるまい、と思う夫。
*刑事部屋――ある家に二人組の強盗が入った。その家の息子と友人の仕業だとにらんだ警察から息子の友人である自分に呼び出しがかかって……
*自殺(獣医その1)――肺癌と診断された犬が道に飛び出して車にはねられた。医者と飼い主のやりとりから敏感に事情を察して自殺したのかもしれない。
*心中(獣医その2)――飼い主の女性によって無理心中の片割れにされたダックスフント。傷も癒えて女性の息子に引き取られていく。
*鯉のぼり――孫と二人暮らしだった老人の家には孫が事故で死んだ後も毎春鯉のぼりが翻った。
*芸術家――自称小説家の峰村と一緒に出奔した従妹が岩手県下にいることがわかって……
*カフェ――友人からすすめられた敷島を一本吸ったことで、少年時代に住んでいた町とそこにいた人々が鮮やかに浮かび上がった。
*鶴――同人誌の仲間だった岸川の通夜。遺族席にいたのは妖艶ともいえる美しい女性だった。岸川がかつて妻子を捨てて走った25歳年上の女性だから、79歳になっているはずだった。
*紅葉――大学時代の友人が終戦から4年目に奥那須の温泉宿に滞在していたときの体験談。一夜を隣室で過ごした男女は殺人犯たちだった。
*偽刑事――取材先では刑事に間違われることがよくある。八丈島でまたそんな気配が見えたので同行者を刑事に仕立てたら天罰が下って、飛行機は欠航、やっと飛んだと思ったら大揺れ。
*観覧車――離婚した妻・娘と一日を遊園地で過ごした男。妻への未練に突き動かされて復縁を迫るが、二人を見送った後、性懲りもなく浮気の虫がまたうずく。
*聖歌――姉の葬儀の席で聖歌斉唱が始まったとき、驚くほど豊かなテノールが会堂内に響いた。姉が親の反対で結婚をあきらめた、もと同じ音楽部にいた男だった。
(2016.4.23読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-06-30 10:34 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)