「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『手紙』(ミハイル・シーシキン、訳=奈倉有里、新潮クレストブックス)


c0077412_11381010.jpg『Письмовник』(Михаил Шишкин、2010)
物語はワロージャとサーシャの交わす書簡という形で展開していく。ただし、最初のうちは二人のつかみどころのないおしゃべりが続き、二人の関係も、時代や場所もはっきりしない。ワロージャがロシア軍の兵士として中国に赴き、義和団との戦闘の真っただ中にいること、サーシャが恋人ワロージャとの思い出を胸に、現代のロシアで医師として生きていることがわかるのは、かなり読み進んでからだ。
ワロージャは戦死してからもずっと愛の手紙を送り続け、サーシャもワロージャの葬儀に参列した後もあいかわらず、子供時代の思い出や現在進行形のあれこれをワロージャに書き送る。こうして読者は、1900年の「義和団事件」という歴史上の出来事をワロージャとともに体験しながら、一方では現代ロシアの人々の暮らしをサーシャとともに体験していくことになる。それぞれ独立した物語としても成立する二つの物語を、愛の往復書簡という形で一つのものにまとめ上げた作品、といえる。他の主な登場人物は
ヤンカ(サーシャの友人の美術学生。やがて二人の男の子の母となる)、チャルトコフ(ヤンカの学校の美術教師。妻と別れてサーシャと暮らす)、ソーニャ(チャルトコフの幼い娘。少し斜視気味)、アーダ(ソーニャの母親)、キリル・グラゼナプ(ワロージャの友人。学究的な通訳兵)、リュシー(フランス軍病棟の看護婦)、ヴィクトル・セルゲーヴィチ(ワロージャの中学時代の生物教師)、ワロージャの母親と盲目の義父、サーシャのママとパパ、など。
それにしても、とにかく饒舌な作品である。ロシア文学を読むといつもそう思うのだが、文学的、宗教的、哲学的な蘊蓄がやたらに多くて少々疲れる。読者は少々疲れるだけで済むが、翻訳者の苦労は並大抵ではなかったことと思う。翻訳者に感謝を込めた拍手を送りたい。巻末に翻訳者によるこの作品の読み方の解説があり、大いに参考になる。 (2016.3.13読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-29 11:38 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『風の吹く日は』(モニカ・ディケンズ、訳=村井洋子、未知谷)

c0077412_9104977.jpg『The Winds of Heaven』(Monica Dickens、1955)
本書の主人公はルイスという初老の女性。不幸な結婚生活の果てに未亡人となり、資産もなく特に才能もないので、三人の娘に順繰りに世話になるしかないという、なんとも情けない境遇に陥ってしまう。愛情をこめて育てた娘たちだが、現在の彼女たちの考え方や暮らし方にはなじめない。そんな自分が娘たちのお荷物になっていることを日々思い知らされているルイスは、自分の力で自分らしく生きたいという思いを強くする。そんな初老の女性のよたよたした闘いの日々がユーモアたっぷりに綴られている。
ときどき「やたらに詳しい目次」のある本にお目にかかるが、本書もその一つ。内容紹介を兼ねてその目次を以下に記しておく。
第1章――風の吹き荒れるロンドンの街でルイスは一人ティーハウスに逃げ込んだ。不器用な彼女はカップの紅茶を太った男の本にかけてしまう。
第2章――夫ダドレイの死と破産。ルイスは幼友達シビルのホテルと三人の娘の家を渡り歩くことに。さて、ロンドン郊外の長女ミリアムの家。
第3章――一流女優を目指す次女エヴァは男優デイビッドとの不倫に夢中。ロンドンの彼女の元には二ヵ月。お金をかけずに時間をつぶす技も…。
第4章――末娘アンは上流にあこがれる農場主フランクに嫁ぎ怠惰な性格を奔放に発揮している。ルイスは農作業や家畜の世話を手伝おうとするが…。
第5章――ルイスの孫娘エレンは大のお祖母ちゃん子、ミリアムの夫アーサーは出世街道を邁進する弁護士だが、なぜか長女エレンにはつらく当たる。
第6章――ワイト島の友人シビルのホテルはいつもながらキチガイじみていた。大みそかのパーティーでシビルが発作を起こし、ルイスは部屋を失った。
第7章――土と家畜に親しむフランクの好意で、ルイスは農園の大樹の元に仮寓を得る。彼女は生まれて初めて自らの生活を営むのかもしれない。
第8章――しかし風が、とても強い風が吹いてきた……。

作者モニカ・ディケンズ(1915~1992)は文豪チャールズ・ディケンズの曽孫。一家には「おじいさまのなさったこと」をしない、つまり物書きになってはならない、という暗黙の掟があったという。作者がそのタブーを破ったからこそ、本書のような楽しい作品が生まれたわけである。(2016.3.11読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-25 09:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『タイガーズ・ワイフ』(テア・オブレヒト、訳=藤井光、新潮クレストブックス)


c0077412_10451351.jpg『The Tiger’s Wife』(Téa Obreht、2011)
物語の舞台は紛争に明け暮れるある土地。新たな国境が生じたその土地で、他国となった地域に住む人々のために医療活動する女医の視点で物語は綴られていく。
彼女は、人間的にも技術的も優れた医者である祖父に導かれて様々な物事を体験し、祖父から様々な物語を聞かされながら育った。そして、世の中には「誰にも話さずに胸にしまっておく瞬間」というものがあることを学んだ。
祖父が繰り返し語る物語が二つあった。一つは「虎の嫁」と呼ばれた少女の物語であり、もう一つは「不死身の男」の物語である。どちらの話にも祖父は重要な登場人物として深くかかわっていた。「虎の嫁」と出会ったときの祖父は9歳の少年だったが、16歳くらいだったこの聾唖の少女のこと、一連の出来事とそれに関わった人々――肉屋のルカ、雑貨屋のジョヴォ、鍛冶屋、薬屋、クマのダリーシャたち――のことは、祖父の心に深く刻みこまれた。祖父がガヴラン・ガレイと名乗る「不死身の男」と遭遇したのは大人になってからで、ある時この男と賭けをした祖父は、負けた場合は、いつも手許から離さないキップリングの『ジャングルブック』を差しだす、と約束してしまう。男が不死身であることを祖父が認めたら祖父の負けで、その時が祖父の死の時でもある、というかけだった。その祖父が地雷原にいる少年たちのために医者としての最後の務めを果たしに出かけたまま、帰らぬ人となる。家族の中でただ一人、祖父が不治の病に侵されていたことを知っていた語り手は、祖父の終焉の地に赴く。祖父が語り手に何を語ろうとしたのかを知るために。

1985年ユーゴスラビアのベオグラードで生まれた作者は、1992年に紛争の激化する故国を離れ、1997年にアメリカに移り住み、20歳でコーネル大学大学院の創作家に進学している。そして2011年に本作でオレンジ賞を受賞したときはまだ25歳という若さだった。
重厚で深遠な内容に魅せられて読み進み、読後に初めて作者の年齢を知って感動を新たにした。若い女性の作品であることを毫も感じさせない驚くべき作品である。
(2016.2.4読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-21 10:45 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

「多摩動物園」その1

다마동물공원
어른에게 알맞은 한나절 답사코스

[어른에게 알맞은 답사코스]
우에노동물공원에 팬더가 있다면, 다마동물공원에는 [라이온 버스]가 있다. 그리고 아사히야마동물공원이 [펭귄의 행진]으로 세상의 주목을 받고 있다면, 다마동물공원은 [코알라의 식사], [오랑우탄의 스카이워크] 등으로 관람객을 끌어들이고 있다. 그러나 동물원이 내세우는 그런 볼거리들과 동물원이 추천하는 답사코스는 버리고, 자기가 보고 싶은 것을 몇가지만 골라서 자기 마음대로 돌아다니는 것이 어른들에게 알맞은 동물원 답사일 것이다.
그런 관점에서 내가 추천하는 코스는 플라밍고⇒라이온⇒독수리⇒이리를 차례 차례 돌아다닌 후 마지막으로 곤충원에 들르는 코스다.

c0077412_944570.jpg[어른에게 알맞은 답사 시간]
다마동물공원을 방문하는 사람들은 대개 대문앞에서 줄을 지어 서면서 개원시각을 기다린다. 성수기에는 그 문앞에서 기다리는 사람이 아주 많아서 들어가기 전에 정신적으로 피로해지기도 한다. 막상 들어가보면, 이번에는 여러 이벤트들을 놓치지 않도록 시작하는 시각에 신경을 쓰면서 여기저기 뛰어다니기도 한다.
그런데 동물원쪽이 정한 스케줄에는 상관없이 자유롭게 구경하려고 마음을 먹은 사람이라면, 점심을 마친 후에 가는 것이 좋다. 그렇게 하면 문앞에서 줄을 설 필요도 없고, 동물원 특유의 ‘향기’를 맡으면서 식사할 필요도 없게 된다.
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-17 09:45 | 随想 | Trackback | Comments(0)

『通勤路』(マリー=ルイーズ・オーモン、訳=岩崎力、早川書房)


c0077412_9353894.png『Le Trajet』(Marie-Louise Haumont、1977)
語り手は、毎日事務所に行って「一日八時間はっきり決まったある場所(いつも同じ場所)以外には決していられない」のが最初は苦痛だったが、いまはむしろ、「毎朝自分がどこに行かなければならないか、どこを通って行かなければならないかがわかっていることをうれしく思っている」女性であることが冒頭の数行で明らかにされる。ところがそのあとに次の文が続く。

今は夜中の二時。グアドループ生まれの男が私をこの宿の前で下したのは、十七時三十分を少し回ったころだったはずだ。私が街路を恐れているのを目ざとく見てとって、安心できるテーブルまで連れていってあげようと言ってくれたのだった。

つまり、いつも少しの狂いもない時間と手順を守っている語り手が、家でぐっすり眠っているはずの時間に家ではないどこかにいる、という状況になっているのだ。ここから語り手の「型通りの日常」の話と、前日の、些細な手違いに端を発した「型破りの一日」の話が複雑に絡み合いながら綴られていく。「いくつもの断片が寄せ集められ、調和しあい、ひたすら女の世界を構築していて、本書はパッチワークのような作品である」(ル・ポワン)という讃辞が寄せられているが、むしろ、パッチワークの糸が一か所綻びてたちまち全体がばらばらになりかけたのを、必死の思いで元に戻す過程を描いた作品、と言えるのではないか。

ここで、興味に任せて「通勤路」のバスについて推察してみる。語り手の職場である文献センター(教育的性格の映画資料、写真資料を、希望する機関や団体に貸し出す機関)はパリ14区のポルト・ド・オルレアンにあり、語り手の家はパリの南、あるサント・ジュヌヴィーヴの森の少し手前にあるので、語り手が通勤に使っているのはパリからロンジュモーを通ってサント・ジュヌヴィーヴの森に至る路線バスだと思われる。上の引用文に出てくるグアドループ生まれの男というのは、語り手が帰りに乗ったバスの運転手。「大柄な男で、ごま塩頭が霧のように見える。雲を形作るどころか、彼の髪は頭蓋骨すれすれに固くなでつけられている。身体全体が苦い厳しさを感じさせる」という人物であるが、見かけによらず親切で温かい人柄だったわけだ。(2016.2.25読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-13 09:36 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『なついた羚羊』(バーバラ・ピム、訳=井伊順彦、風濤社)

c0077412_22151115.jpg『Some Tame Gazelle』(Babara Pym、1950)
本書は『よくできた女』『秋の四重奏』で知られるバーバラ・ピム(1913~1980)のデビュー作で、1950年に出版されている。『よくできた女』と同じく地方の教会を中心としたコミュニティーを舞台に、そこで繰り広げられる日常生活のあれこれが綴られていく。第1次大戦後の世界情勢や英国の置かれている状況とはほとんど関わりのない小さな社会の物語で、その点ではジェイン・オースティンの物語世界を彷彿させるが、そんな社会にも新しい風が吹き始めていることが特に女性たちの言動から窺える。

主人公は50代で未婚のビード姉妹。姉のべリンダは見た目も性格も地味で、妹のハリエットは逆に見た目も性格も派手、という違いはあるがともに教養豊かな女性たちである。ちょっとびっくりなのは姉のべリンダの教区牧師ヘンリーへの思い。求婚してくれると思っていたヘンリーがアガサという「実に有能な」女性と結婚してしまったため、ベリンダは未婚のまま30年以上もヘンリーを慕い続けているのだ。ヘンリーは文学的引用だらけの説教で会衆をうんざりさせるような、ちょっと困った牧師なのだが、ベリンダにとってのヘンリーは「男前が際立っていた」若き日と変わらずに「今でもほんとうに男前だわ」としみじみ思う存在なのだ。

他にはイーディス・リバーシッジ(中年の独身女で、大胆奇抜な言動が目立つ。第1次大戦のあとバルカン半島で難民救済活動をしていた、という設定は作者の体験を反映させたものか)、ミス・プライアー(生真面目なお針子)などの女性陣と、エドガー・ドン(新任の副牧師)、リカルド・ビアンコ伯爵(物静かで控えめなイタリア人〈!?〉でハリエットに求婚しつづけている)、ブラウマン師(高教会の牧師)、バーネル博士(ベリンダの大学時代の友人。大学図書館の館長)、モールド(大学図書館の副館長)、セオドア・グロート(アフリカの宣教地の主教で久しぶりにかつての教区を訪問。ビート姉妹の脳裏には若く美しい副牧師として刻まれているが…)などの男性陣が登場し、姉妹の精神的若さとハリエットの「副牧師好み」があいまって、中高年の恋の駆け引きがあったりもする。


本書の特徴はとにかく文学的引用が多いこと。ビード姉妹、牧師のヘンリーなどの主要人物を文学の教養にあふれる人物として造形したのに乗じて(?)、作者は聖書、古今の文学作品、格言、諺などからの引用を存分に鏤めている。そして時には登場人物たちに間違った引用や場違いな引用をさせたりして遊んでいる。発表当時37歳だった作者の教養の幅と深さ、そして独身中年女性の微妙な心理をとらえた鋭くも暖かい視線にはただただ驚かされる。(2016.2.18読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-09 10:18 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『名もなき人たちのテーブル』(マイケル・オンダーチェ、訳=田栗美奈子、大修館)


c0077412_18191127.png『The Cat’s Table』(Michael Ondaatje、2011)
原題にあるキャッツ・テーブルとは、客船の食堂で船長や上客たちの食卓から一番離れた、地位も財産もない人たち、すなわち「名もなき人たち」に割り当てられるテーブルのことだという。11歳の少年マイケル(通称マイナ)が大型客船オロンセイ号の食堂で席を与えられた76番テーブルがまさにこの「名もなき人たちのテーブル」だった。しかしマイケルがこのテーブルで同席した人たちは「名もなき人たち」ではあったが、それぞれに人生の秘密を抱えた人たちでもあった。その面々とは
*カシウス――マイケルと同じ学校の1年上の少年。停学の経験もある反体制そのものの少年。船上では一時も離れないほど密な関係だったのに、渡英後はなぜか疎遠になった。
*ラマディン――同年輩の物静かな少年。マイケル、カシウスと三人組として行動したがいつも他の二人の行き過ぎを抑える役回り。彼が物静かだった理由をマイケルが知ったのは、イギリスで何年も過ごした後のことだった。
*ミス・ラスケティ――なぜかたくさんの伝書鳩を連れて旅しているいる女性。
*マザッパ――落ち目になったと豪語するジャズピアニスト。夜は船上オーケストラと共演し、日中はピアノを教えて船賃を安くしてもらっている。少年たちにとっては素晴らしい話し相手。
*ネヴィル――もと船の解体業者で、船内のどこも出入り自由だった。しばらく東洋で過ごした後、イギリスに戻るところ。
*ダニエルズ――植物学者。船内に植物園を所有。
*グネセケラ――スリランカの小さな町に店を構える仕立て屋。言葉が通じないのか何もしゃべらない。首に赤いスカーフを巻いているのは喉の傷を隠すためらしい。

マイケルは1954年にスリランカ(当時はセイロン)からたった一人でイギリスへ旅立つことになった。インド洋とアラビア海と紅海を渡り、スエズ運河を抜けて地中海へ、そしてイギリスへ、という21日間の船旅だった。イギリスの波止場に着くとそこでお母さんが出迎えてくれる、と教えられたが、母も自分もお互いに相手がわかるかどうかが不安だった。母とはずっと前に別れたきりだったから。一人旅ではあったが、遠い従姉でマイケルにとっては姉のような存在のエミリー・ド・サラムも乗っていた。この従姉は船の旅が終わるころに、護送途中の殺人犯がらみの事件に巻き込まれ、それがもとで船を降りたときは彼女もマイケルも、子供時代は終わりを告げた、と感じたのだった。

時期といい主人公の名前といい、作者の実体験と重なると思われるこの物語は、最初のうちは初めての船旅に戸惑いつつも、楽しむことも覚えていく少年の物語のように綴られている。そのうち大富豪の死、泥棒の暗躍、殺人犯の脱走など、物語は目まぐるしい展開を見せ、過去と現在を行ったり来たりする手法も繰り出されて、じんと胸に響く結末へとなだれ込んでいく。(2016.2.13読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-05 18:19 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『新訳フィガロの結婚』(ボーマルシェ、訳・解説=鈴木康司、大修館)

c0077412_9164488.png
『La Folle journée ou Le Mariage de Figaro』(Beaumarchais)
本書は2部構成になっており、第1部には〈「新訳」『てんやわんやの一日あるいはフィガロの結婚』〉と題されたボーマルシェの戯曲、第2部には〈ボーマルシェの『フィガロ三部作』について〉と題された解説が収録されている。

第1部の冒頭の〈登場人物の性格と衣装〉には当時の社会環境、演じる役者の適性、心構え、過去にその役を演じた俳優などへの言及もあって興味深い。いくつか例を挙げると
*アルマビーバ伯爵――いかにも貴族然とではあるが、優雅にそして自由闊達に演じられなければならない。心の腐敗は彼の上品なふるまいからは全く感じられない。この当時の風習から見れば、大貴族たちは戯れに女性たちを口説くのが当たり前であった。この役はいつも脇役になるだけに一層きちんと演じるのが困難である。だが、モレ氏のように優れた役者が演じてくれたので、他のすべての役柄が見事に際立ち、作品の成功が確実になった。
*フィガロ――この役を演じるには、ちょうどダザンクール氏が演じたように、役柄の精神を徹底してつかみ切るように願ってしかるべきである。もしも俳優がこの役に陽気さと才気を巧みに交えた理性以外のもの、特にほんの少しでも重々しさを加えてしまえばこの役を台無しにしてしまうだろう。
*シュザンヌ――利発で才気にあふれ、よく笑う若い娘だが、人々を堕落させる例の小間使いたちが示す、ほとんど恥知らずな陽気さとは違う。
*シェリバン――(前略)伯爵夫人の前では借りてきた猫のようにおとなしいが、他ではチャーミングないたずらっ子。(中略)思春期に差しかかっているが、何をしたいのかもわからず、知識もない。何か事が起これば全身でそれに向かう。要するに、どんな母親でもおそらく心の底では、いかに苦労させられても自分の息子がそうあってほしいと思うような存在である。

伯爵の項のモレ氏(1734~1802)とフィガロの項のダザンクール氏(1747~1809)はともにコメディ=フランセーズの俳優で、前者は貴族の父親役、後者は下僕役を得意とした、という注が解説者によってつけられている。第1部の翻訳も第2部の解説もフランス演劇史専攻の学者によるものなので、詳細な情報がいっぱいの「勉強になる」本である。(2016.2.6読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-05-01 09:18 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)