<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『무소유』(법정, 1971)


c0077412_13453513.jpg『持たないこと』(法頂)
これは韓国の僧侶にして随筆家である法頂(1932~2010)が1971年に発表したもので、彼の随筆中特によく知られているものの一つだという。始めにガンジーがいかに物を持たなかったかを紹介した後、ものを持つということについて次のように述べている。

우리들이 필요에 의해서 물건을 갖게 되지만, 때로는 그 물건 때문에 적잖이 마음이 쓰이게 된다. 그러니까 무엇인가를 갖는다는 것은 다른 한편 무엇인가에 얽매인다는 뜻이다. 필요에 따라 가졌던 것이 도리어 우리를 부지유하게 얽어맨다고 할 때 주객이 전도되어 우리는 가짐을 당하게 된다. 그러므로 많이 갖고 있다는 것은 흔히 자랑거리로 되어 있지만, 그만큼 많이 얽혀 있다는 측면도 동시에 지니고 있다.
我々は必要があって物を持つようになるのだが、時にはそうやって持った物のせいで少なからず気を遣うことになる。つまり、なにかを持つということは一方ではなにかに縛られるということなのだ。必要にしたがって所有した物が、しまいに我々を縛り付けて不自由にするとき、主客が転倒して我々は所有されることになる。そういうわけで、物をたくさん持っていることは一般的には自慢の種になっているけれども、同時にそれだけたくさん縛られているという面もあるのだ。

この文に続いて物に縛られることの例として、蘭の鉢に執着してその蘭の鉢に振り回された体験が語られる(この部分、なかなか愉快)。そして最後にその執着をふりほどいて「持たないこと」の境地を会得する過程が語られ、「なにも持たなくなってはじめて、全世界が持てる」と結ばれる。

この随筆の発表当時、多くの人々は「僧侶だからこその悟りの境地」として、感銘は受けたとしても心から賛同して実践するところまでは行かなかったのではないだろうか。「断捨離」「終活」といったことばが普通に聞かれるようになった今なら、『持たないこと』に共感する人は少なくないだろう。

冒頭に引用されている部分は『ガンジー伝』という書物からとられている。この本の著者について以下にメモしておく。
Krishna Kripalani(クリシュナ・クリパラーニ)タゴールの研究家として知られる。著書に『Biography of Tagore』(Oxford University Press,1962、 森本達夫訳、レグルス文庫、1978)、『Biography of Gandi』(森本達夫訳、レグルス文庫。1983)などがある。
(2016.2.28読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-04-27 13:48 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『悲しみを聴く石』(アティーク・ラヒーミー、訳=関口涼子、白水社)

c0077412_13415793.jpg
『Syngué sabour/Pierre de patience』(Atig Rahimi, 2008)
本書は1962年にアフガニスタンで生まれ1984年にフランスに亡命した著者が初めてフランス語で書いた小説で、フランスで最も権威のある文学賞であるゴンクール賞を受賞している。


本書を開くとまず三つ(三つも!)のエピグラフが目に入る。
エピグラフ1――夫に惨殺されたアフガン詩人、N・Aの思い出のために書かれたこの物語を、M・Dに捧ぐ。
エピグラフ2――身体から、身体を通して、身体とともに、身体に始まり、身体に終わる。アントナン・アルトー
エピグラフ3――アフガニスタンのどこか、または別のどこかで
そして小説が始まるのだが、その冒頭は以下の通り。

せまく、細長い部屋。壁は明るい空色に塗られ、二枚のカーテンには黄色と青の空にはばたく渡り鳥の柄。しかし、部屋には息が詰まるような空気が漂っている。カーテンにはあちこち穴が開き、そこから日の光が差し込んで絨毯(キリム)の色あせた縞の上に落ちる。部屋の奥にはもう一枚のカーテン。緑色で、柄はない。その向こうには今は使われていないドア。あるいは納戸だろうか。
部屋には何もない。装飾と呼べるものは何も。(……)

すなわち舞台劇のように始まるこの小説は、その後もずっと舞台劇のように進行していく。ひとつの部屋という限られた空間。登場するのは横たわったままじっと動かない男と、その周りを動きまわりながら一人で話し続ける女。女は「悲しみの石」のことを男の父親から聞かされていた。聖なる黒い石の前で、自分に起きた不幸、苦しみ、つらさ、悲惨なことなど他の人には言えないことを告白すると、石はその言葉や秘密を吸い取る。そしてある日、粉々に砕け散る。そのときすべての苦しみ、悲しみから解放されるのだ、と。
その石の名は「サンゲ・サブール」。女はその石に触れているかのように男の顔に軽く触れる。「あなたにすべてを話すわ、全部、私のサンゲ・サブール!私があらゆる苦しみから、不幸から解放されるまで」。女の声のほかに聞こえるのは男の呼吸音と、ドアの外で泣く子供の声、町のどこかから聞こえる大きな爆発音。異様な静寂と異様に緊迫した雰囲気の中で女の独り舞台が続いていき、やがて予想外の、あるいは予想通りの大団円となる。(2016.1.31読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-04-23 13:42 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『灰と土』(アティーク・ラヒーミー、訳=関口涼子、インスクリプト)


c0077412_9594977.png『Khâkestar-o khâk/Terre et Cendres』(Atig Rahimi, 1999)
原題はダリー語(アフガニスタンで使われているペルシャ語)/フランス語で表記。訳者によると、フランス語翻訳者と原作者の共同作業によるフランス語版がまず出版され、そののちに原作に加筆されたダリー語版が出版されたという。日本語版である本書はフランス語版、ダリー語版の両方を参照して翻訳し、改行についてはフランス語版に従ったそうだ。
本書に描かれているのはソ連がアフガニスタンへ軍事侵攻した時期(1979~1989)の出来事で、話の大部分はアフガニスタン北部とカーブルを結ぶ道路に架かる橋の上で繰り広げられる。冒頭に描かれるのは次のような印象的な場面。

「おなかがすいたよ」
きみは、赤字に白く染め抜かれたりんごの花模様の風呂敷からりんごを一つ取りだし、埃まみれの上着の裾でぬぐう。りんごはかえって汚れるばかりだ。風呂敷の中にそのりんごをしまい、もう少しましなのを一つ選び取る。そして、隣で頭をきみの疲れた腕にあずけている孫のヤースィーンに手渡す。子どもは,垢だらけの小さい手でりんごを受け取り、口に運ぶ。(中略)きみは、秋の太陽に背を向け、橋の上で、鉄の欄干に背を持たせかけてしゃがんでいる。(中略)橋の手前を左に曲がり、丘陵の間を蛇行する未舗装の荒れた道をたどれば、やがてカルカルの炭鉱に着く。

「きみ」というのはアブクールからやってきたダスタギール老人。橋の上でもう長い時間、炭鉱に向かう車が通るのを待っているのだ。ヤースィーンが水を欲しがって泣き叫ぶので、「きみ」は橋のたもとにある小屋のような店に行ってみる。店の主人ミールザー・カディールは読書に没頭していたが、目を挙げると微笑を浮かべ、ヤースィーンに水を与えてから「きみ」に尋ねる。「遠くから来たんですか」と。この、目を見ているだけで安心のできる人物に、ダスタギールは少しずつ打ち明け話を始める。アブクール村が砲撃され、自分と孫以外はみんな死んでしまったこと、孫は耳が全く聞こえなくなってしまったこと(耳が聞こえないということが理解できない孫は世界から音が消えたと思っているのだが)、4年前から炭鉱で働いている息子にそれらのことを告げるためにやってきた(つまり息子の心臓に探検を突き立てに行くのだ)ということ、などなどを。

時には「きみ」と称され、時にはダスタギールと称される老人のモノローグと、店の主人の「王書」を読む声が音楽のように流れる中で、先の見えない緊迫感あふれる話が展開していく、非常に印象的な作品である。巻末の訳者あとがきに、「りんごの花模様の風呂敷」や「王書」、炭鉱の給仕が言った言葉「レジスタンスの連中、反逆者たち」などの意味をはじめ、アフガニスタンに関する諸々のことが詳細に解説されている。
この作品はアフガニスタンとフランスの合作で映画化され、2004年カンヌ映画祭「ある視点」部門で受賞している。監督は著者自身で英語タイトルは≪Earth and Ashes≫。(2016.1.30読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-04-19 10:00 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)

『ことり』(小川洋子、朝日新聞出版、2012)

c0077412_1001730.jpg
「小鳥の小父さんが死んだとき、遺体と遺品はそういう場合の決まりに則って手際よく処理された。つまり、死後幾日か経って発見された身寄りのない人の場合、ということだ」という文で始まるこの物語は、いわゆる孤独死をした一人の男の、物心ついてから死に至るまでのあれこれを綴ったものである。


「小鳥の小父さん」というのは、彼がボランティアで近所の幼稚園の鳥小屋を掃除していた時期に園児たちが付けた呼び名だった。ある事件のせいで幼稚園から拒否されるまで、彼の鳥小屋掃除は20年近く続いた。園児たちだけではなく他の人たちからも「小鳥の小父さん」と呼ばれるようになっていた彼だったが、鳥小屋掃除をやめてからは「ことり」と陰でこそこそ呼ばれたりした。これは彼の晩年の話である。
彼に初めて幼稚園の鳥小屋を見せてくれたのは、七つ年上のお兄さんで、それは彼が六つになったばかりのころだった。13歳のお兄さんは小鳥のことをとてもよく知っていて、弟にいろいろ教えてくれたが、お兄さんの言葉が分かるのは弟だけだった。学校の先生も、お父さんもお母さんも、近所の人たちも、みんなお兄さんの言っていることが分からなかった。なぜならお兄さんは11歳を過ぎたあたりから自分で編み出した言語でしゃべり始め、13歳のころにはその言語「ポーポー語」はすっかり完成されていたからだ。弟はそれ以来「ポーポー語」を話す兄と一緒に生きてきた。両親が亡くなった後もずっと。それは世間的に見れば寂しく孤独な人生といえるかもしれないが、「小鳥の小父さん」にとってはそれなりに充実した、ある意味では波乱万丈の人生だったのだ。

2012年発行の書き下ろし作品。(2016.1.23読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-04-15 10:00 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『ブルックリン』(コルム・ドビーン、訳=栩木伸明、白水社)

c0077412_9141888.jpg『Brooklyn』(Colm Tóibín, 2009)
1955年にアイルランド南東部の町エニスコーシーで生まれた作者は、1990年に最初の小説を出版して以来、大学の客員教授、ノンフィクション作家、評論家としても活躍中。第5作目の小説『The Master』では惜しくもブッカー賞を逃したが、第6作の本作でコスタ賞を受賞している。――訳者あとがきより。

本作は1950年代にアイルランドの田舎町エニスコーシーからアメリカのブルックリンに単身で渡った若い娘アイリーシュの波乱に満ちた2年間を綴ったものである。全体は4部構成になっていて、第一部ではまずエニスコーシーでの暮らしぶりが描かれる。きちんとした勤めを持っていて、ゴルフもたしなむ利発な姉のローズにくらべてアイリーシュはパッとしない。そんなアイリーシュのところに、アメリカ行きの話が舞い込む。アメリカ在住のアイルランド系の神父が働き口と住まいを斡旋してくれたのだ。それで、イギリスにも行ったことのないアイリーシュが、たった一人で遠いアメリカに旅立つことになる。ローズに見送られてダブリンからリバプールへ。そしてリバプールではバーミンガムで働いている兄のジャックに見送られて、いよいよニューヨーク行きの定期船に乗ったのだが……
この船旅の一部始終――狭い船室、隣室の乗客に独占された共用トイレ、激しい船酔い――などがまるで映像を見ているかのようにリアルに描写されていて、この小説の先行きに俄然興味がわいてくる。このあと第2部ではブルックリンでの暮らしが描かれ、アイリーシュは家主のミセス・キーホーや下宿人たち、職場の人たちとの軋轢などに悩みながらも、資格を取る勉強を始める。第3部には人々の間に蔓延する差別の問題が浮き彫りにされる一方で、アイリーシュに恋の季節がやってくる。が、そのとき故郷から衝撃的な知らせが入り、第4部でアイリーシュはとるものもとりあえずエニスコーシーに舞い戻る。用事がすんだらすぐにアメリカに戻るつもりだったのだが、滞在が長引くうちにブルックリンでの恋は「夢か現か、寝てか覚めてか」という感じになっていくのだった。

出会うことすべてが初めての体験である若い娘が、戸惑いながらも一つ一つの壁を乗り越えて前に進んでいく姿は健気で、ふと『家なき娘』のペリーヌを思い浮かべてしまうほど感動的である。一つ一つのエピソードも興味深く、語りにスピード感があるのもいい。ただし、姉のローズ、兄のジャック、母親などの人物像はその心理状態もわかるくらい入念に描かれている一方で、それ以外の人々や出来事の描写は表面をかすって流れていくような印象が残る。2年間のことを何もかも、出会った人物をだれもかれも取り込んでいるせいではないだろうか。(2016.1.18読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-04-11 09:15 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

「よこやまの道」その6

단풍 광장
[요코야마의 길]의 구로카와로 가는 길을 그냥 지나가서 앞길을 조금 더 가면, 오른쪽으로 콘크리트 건물이 나타나고, 더 들어가면 잔디가 깔린 널찍한 곳이 나타난다. 여기가 [단풍 광장]이다. 가운데에 도표가 있고, 왼쪽으로 [古代東海道と丸山城](고대 동해도와 마루야마성)이라는 안내판이 서 있다.
7세기 후반에서 9세기초에 걸쳐 이 부근에는 동국과 수도를 연결하는 동해도가 통과하고 있던 것으로 추측되어, 그 흔적이 주변 여기저기에 남아 있단다. 그리고 현재 구로카와배수소가 있는 부근은 동네 사람들이 마루야마성이라고 부르던 언덕인데, 거기는 중세의 통신기지로, 망루와 봉화대가 있었단다.
[단풍광장] 저 쪽 끝에 서쪽으로 향하는 계단이 있는데, 계단 직전에서 오른쪽으로 갈라지는 길은 [요코야마의 길]과 나란히 가는 산등성이간선으로 나가는 출구로 이어진다. 출구밖으로 나가면 광장으로 들어가기 직전에 본 콘크리트 건물의 정면에 갈 수 있다. 이 건물은 에코프라자라고하는 폐기물처리장이다.c0077412_1053799.jpg
에코프라자 앞에서 산등성이간선을 횡단하고, 바로 앞에 있는 諏訪南公園(스와미나미공원)에 들르는 것도 재미있을 것이다. 벚나무들이 줄지어 있어서 봄에는 환상적인 분위기가 감도는 사랑스러운 공원이다.
스와공원에서 북동쪽으로 주택지구를 빠져나가 35분 걸어가면 永山駅(나가야마역)이 나온다. 그러니까 와카바다이역이 말고 나가야마역을 출발점으로 삼아 [요코야마의 길]로 들어가는 방법도 있는 것이다.
[단풍 광장] 끝에 있는 계단 바로 앞에 [앞으로 가는 길은 鎌倉街道(가마쿠라가도)까지 약1.7km, 돌아가는 길은 다마동공원까지 약1.6km]라는 도표가 있다. 가마쿠라가도는 [요코야마의 길]의 중간지점이고 다마동공원은 [언덕위 광장]를 포함하는 공원이다. 즉 이제야 전체길이 9.5km인 [요코야마의 길]의 거의 1/3을 답사했다고 할 수 있는 것이다.
[PR]
by nishinayuu | 2016-04-07 10:06 | 随想 | Trackback | Comments(1)

『悪魔のヴァイオリン』(ジュール・グラッセ、訳=野口雄司、早川書房)

c0077412_10514083.png
『Les Violons du Diable』(Jules Grasset, 2004)
早川ポケット・ミステリー・ブック1780



主人公はメルシェという名のパリ警視庁警視。舞台はパリのサン・ルイ島。観光名所のノートルダム寺院や警視庁のあるシテ島と小さな橋でつながっている島である。この島にあるサン・ルイ・アン・リール教会に流れるヴァイオリンのすすり泣きに聞き入りながら、信者たちがミサを待っている場面から話は始まる。曲は「悪魔のトリル」として知られるタルティーニのソナタ。弾いているのは教会の管理人であるマルゴワール夫人の庇護のもとにある若い娘のジュリー。11時5分前にオルガン奏者のジャンもやってきて、あとはポワトゥヴァン司祭の到着を待つばかりとなっていた。しかし、朝の聖務日課を終えて朝食をとるために家に戻った司祭、人気者の説教師で、時間にうるさく、儀式やしきたりを重んじる司祭が、時間になっても現れない。様子を見に行った聖歌隊の少年が興奮して戻ってくると、息をきらせながらやっとのことで報告した。「司祭様は死んでいました」
かくして敏腕のメルシェ警視の登場となるのだが、ポワトゥヴァン司祭殺害事件は簡単には片付かない。というのも本部長がメルシェに別の問題も押し付けてきたからだ。それはメルシェによって大打撃を受けた組織犯罪グループの大物でサンテ刑務所に服役中のデデと、デデ逮捕につながる情報を警察に与えたジゼールのからんだ問題だった。ひもの男(デデの共犯者だった)を殺した売春婦のジゼールは情報提供の見返りに刑を軽減されて、近々釈放されることになっていた。そしてデデはジゼールを殺すために脱獄を企てていたのだ。さて、メルシェは司祭殺害事件をどのように解決し、デデによるジゼール殺害をどのように阻止するのだろうか。

殺しはあるが血みどろの描写はない。裏社会の人間は出てくるが、裏社会のこまごました描写はなく、ひたすらメルシェの推理だけに的が絞られている。また、音楽に関してはタルティーニやストラディヴァリ、文学に関しては「スガンさんの山羊」などが出てくるが、これといった蘊蓄はないし、時には邪魔になる「注」もないため、とにかくさらっと読める作品である。ただし、一つだけ、「ある本に出てくる犬のランタンプラン」というのは何のことかわからない。ここは「注」が欲しかった(と勝手なことを考えたのでした)。(2016.1.11読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-04-03 10:52 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)