「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『私たちがやったこと』(レベッカ・ブラウン,訳=柴田元幸、マガジンハウス)

c0077412_13502682.jpg『Annie Oakley’s Girl』(Rebecca Brown)
一つの作品を純粋に楽しむためには作者についての情報はないほうがいい、と常々思っているが、全く初めての作家の場合は、作品の内容とレベルに見当をつけるためにある程度の作家情報は必要である。それで今回、まず「訳者あとがき」をちらりと読んでみたところ――

レベッカ・ブラウンは1956年に生まれ、シアトルを拠点に作家活動を続けている作家である。レッテル的にはレズビアン作家ということに一応なるだろうし、レズビアン小説・エッセイのアンソロジーにも彼女の作品はしばしば収められている。(中略)何年か前、雑誌で初めてこの作家の作品を翻訳紹介した際に僕はとりあえず「幻想レズビアン作家」というレッテルを付したし、今でもこのレッテルがこの作家の核にある程度触れているとは思っているが、同時に、こうした限定的なラベルが作品の普遍性を覆い隠してしまう危険があることもしばしば感じてきた。だからひとまず、このレッテルは撤回する。読者一人ひとりが自分自身にとってのこの作家の核心を決めてくださればよいと思う。
――ということだそうだ。
以前、Amazonである女性作家の本を購入したら、その後何ヶ月も「あなたにおすすめの本」としてレズビアン小説の紹介が来て本当に参ったので、その手の本は避けてきた。けれどもこの短編集は図書館の本なのでこのあと類似本のお勧めが来る心配もないし、訳者も信頼できるので、読んでみることにした。
さて、いちばんよかったのは『よき友』で、ゲイ・レズ仲間の真摯でせつない友情の物語である。こんな強い絆で結ばれるにはゲイやレズであることが必要条件なのだろうか、と考えさせられてしまった。表題作と『よき友』の他に以下の5編が収録されている。
『結婚の喜び』『アニー』『愛の詩』『ナポレオンの死』『悲しみ』
(2015.7.31読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-11-27 13:51 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『二度死んだ少女』(ウィリアム・クルーガー、訳=野口百合子、講談社文庫)


c0077412_14415885.png『Blood Hollow』(William Kent Krueger, 2004)
クルーガーを読むのはこれで三冊目。前の2冊はなかなかよかったが、この作品はあまりしっくりこなかった。その理由は二つある。一つは登場人物が無駄に(!?)多すぎ、従ってその登場人物にまつわるエピソードも無駄に(!?)多いため、全体のまとまりが悪いこと。もう一つは土俗信仰、キリスト教信仰などの宗教的要素と神秘的なものが多く盛り込まれているため、素直に物語に入り込めないことである。どちらもこの物語の舞台となっている土地を知るための重要な要素であることは理解できるが。
そういえばこの本の帯には「傑作ハードボイルド第3弾」とある。そこを深く考えずにミステリー作品として読んだのが間違いだったのかも知れない。それで今回は内容には立ち入らずに、言葉に関するあれこれを記録しておくことにする。

*ヴァルハラ――Valhalla。妻を亡くしたフレッチャー・ケイン医師と妹のグローリーが所有する別荘の名。もともとは北欧神話の主神オーデンがアース神族の国アースガルドに建てた戦死者の館。古ノルド語ではヴァルホル(Valhöll)。
*ゴス・ファッション――ゴシックファッション。中世ゴシック時代のヨーロッパ風ファッションの意だが、実際はヴィクトリア朝風・エリザベス朝風が混在。黒を基調とすることからヘヴィメタル・ファッションと混同されることも多い。
*「怒れ、光が消えゆくことに」――rage, rage against the dying of the light. 主人公コーク・オコナーの長女ジェニーがつぶやいて、コークが「なんだ、それは?」と訊いた言葉。ディラン・トマスの詩「Do not go gentle into that good night」の冒頭部分。なお、ディラン・トマスDylan Thomas (1914~1953)はウエールズの詩人・作家。
*オジブワ語/アニシナーベ語――北米大陸の五大湖からその西の平原にかけて居住する原住民の言葉。たとえば「五月」はワビグウニギジス、「ありがとう」はミグウェチ。
メンダクス――Mendāx。ラテン語で「嘘つきの、虚偽の/嘘つき」

付け足し:この本の日本語タイトルが納得できない。このタイトルではミステリー作品と勘違いしてもしかたがないのではないか。それはそれとして、原題を直訳すると『血の窪み』。この場所で少女殺害の嫌疑をかけられたソレム・ウィンター・ムーンは魔術師のヘンリー・メルーの勧めで幻視の探求をする。そして「なにも食べず、なにもしないで」時を過ごした六日目に、ソレムはイエス・キリストと対面して語り合い、自分自身を見つけて世の中に戻ってくる。このキリストというのが、ジーンズ、古いフランネルのシャツ、モカシンシューズを履いた旅行者風の男だったという。この男がまたあとで現れるのを期待したのだが、最後まで謎のままだった。残念。(2015.7.22読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-11-23 14:42 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『七人目の陪審員』(フランシス・ディドロ、訳=松井百合子、論創社)

c0077412_17274751.jpg
『Le Septième Juré』(Francis Didelot)


本書の第1章は次のような文で始まる。

これが自分の手なのか?……まさか、信じられない!……。指が絡まり合ってひとつになった獣のような両手を、彼は半狂乱で見つめた。何がどうなっているのだ、こんなことがあってたまるか……。(中略)女は横たわったまま身動きしない。全く動かない。青い蠅が女の唇のそばで飛んでいる。踏みにじられた足元の芝。川面からは水をかけ合う音や、楽しそうに笑う声が響いてくる。今日は輝く太陽と希望にあふれた穏やかな日曜日のはずなのだ。蠅は女の唇の端にとまった。女はぴくりともしない。

魅力的で奔放な若い娘ローラ・ノルティエを殺害した犯人が、自分のしでかしたことに驚愕している場面だ。続いて主人公のグレゴワール・デュバルが登場。フランスの地方都市にある薬局の主で、店の看板商品〈デュバリンヌ〉の開発者でもある彼は、その親切で思いやりのある人柄によって街の人々の尊敬を集めている。店の会計を担当する妻ジュヌビエーブと三人の子ども――店を手伝う長女のナタリー、バカロレアを受験中の長男ローラン、15歳のポーリンヌ――という家族に囲まれ、毎晩酒場でブロット(トランプゲーム)をする仲間もいる。そのグレゴワールが実はローラ殺しの犯人だったことが第2章で明らかにされる。すなわち、食べ過ぎと酔いでもうろうとしていたグレゴワールは、全裸で水浴びをしているローラの姿を見かけて、つい「のぞき見」してしまったのだ。それに気づいたローラが叫び声を上げようとしたので、グレゴワールは女の首に巻き付いた手で、スキャンダルを裂けるという崇高な使命を全うしたのだ。グレゴワール・デュバルたるものがのぞき魔などであってはならないからだ。
この街で殺人が!と街は大騒ぎになるが、犯人はすぐに捕まる。ローラと遊び回っていたアラン・ソートラルというよそ者のチンピラだ。すると今度は、裁判はぜひこの街で、と人々は興奮する。けれどもグレゴワールは、犯人はソートラルではない、となんとか人々に知らせようとする。なぜなら自分が「真犯人」を知っているからだ。彼の努力にもかかわらず、人々はソートラルが真犯人であることを露ほども疑わない。そのうちグレゴワールは自分が陪審員の候補者名簿に入っていることを知る。真犯人の自分が、罪もない人間を断罪する立場に立つことだけはなんとしても避けたい、とグレゴワールの必死の画策が始まる。
ところで、グレゴワールの心には一度も自首という言葉は浮かばない。彼の頭にあるのは、それがたとえ寄生虫のような青年でも、無実の人間を助けたいという一心だけだった。真犯人はどこかにいて、ソートラルではない、それだけのことだ。そんな論理で突き進むグレゴワールが、家族、街の人々、裁判関係者と被告人を巻き込んで繰り広げる奇想天外な物語である。(2015.7.20読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-11-19 17:29 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

「よこやまの道」 その1

c0077412_9344876.jpg韓国語講座で「東京の名所の紹介をする」という課題が出されました。その時に書いた文「よこやまの道」を数回に分けて載せることにしました。その1と題した今回の文は「よこやまの道」の場所、名前の由来、この道が作られたいきさつなどの紹介です。

[요코야마의 길]이란

[よこやまの道(요코야마의 길)]은 도쿄 多摩市(다마시)의 남단을 동서로 가로지르는 언덕길이다. [요코야마]는 가로 길게 뻗은 언덕이라는 뜻인데, 옛날에 이 지방의 관청소재지였던 府中(후추)에서 바라본 이 언덕의 모습에서 나온 이름이란다.

20세기만해도 남타마지방의 주요한 생업은 농림업이었고, 일대에는 전원풍경이 펼쳐지고 있었다. 1960년대에 들어 남타마지방이 주택지로 개발되어, 그 다음에는 생활산업도로로 주택지대의 남쪽을 동서로 가로지르는 큰길, 이름하여 南多摩尾根幹線(남타마 산등성이 간선)이 건설되었다. 그리고 그 간선의 바로 남쪽, 도쿄와 가나가와현의 사이에 언덕지대가 남게 되었다. 그 언덕 산등성이를 끼고 가는 오래된 언덕길을 산책길로 정비한 것이 [요코야마의 길]이다.
[PR]
by nishinayuu | 2015-11-15 09:40 | 随想 | Trackback | Comments(3)

『血の咆哮』(ウィリアム・クルーガー、訳=野口百合子、講談社文庫)

c0077412_1405087.jpg『Thunder Bay』(William Kent Krueger, 2007)
本書はアメリカのミステリー作家クルーガーによる「コーク・オコナー・シリーズ」の7巻目。訳者のあとがきによると、ハードボイルド・ミステリーとして人気を博しているこのシリーズのピークとも言うべき「マストリード」の一冊であり、主人公コークの目を通して登場人物とこれまでのいきさつが新たに語り直されているので、初めての読者にも入りやすい、ということだ。
さて物語は、コークが先住民族のまじない師メルーと一緒にスペリオル湖畔のサンダー・ベイへ旅をする話が主旋律となり、いきなり人生の選択を迫られた娘のジェニーの話が副旋律となって綴られていく。ハードボイルドといってもどぎつさはなく、コークが家族、友人、知人と健全で穏やかな関係を保っている点も好感が持てる。ミステリーなのでストーリーを記すことは控え、主な登場人物をざっと紹介しておく。

*コーク・オコナー:ミネソタ州のもと保安官。アイアン湖畔オーロラでハンバーガー・スタンドをやっている。最近、私立探偵のライセンスを取得。
*ジョー・オコナー:コークの妻。弁護士。
*ジェニー:オコナー家の長女。アイオワ大学の創作ワークショップを目指している。
*ショーン:ジェニーの恋人。
*ウォリー・シャノー:コークの友人。もと保安官。妻を亡くした寂しさを紛らわすために、コークの助手になる。
*ヘンリー・メルー:先住民族オジブワ族。高齢のまじない師。72年前にもうけて一度も会ったことのない息子に会いたいと言い出す。手がかりは恋人マリアの写真のみ。
*ウッドロー・メルー:ヘンリー・メルーの叔父で育ての親。
*マリア・リーマ:72年前に生き別れたヘンリー・メルーの恋人。
*カルロス・リーマ:マリアの父親。金鉱を求め歩く山師。
*レナード・ウェリントン:カルロスの相棒。ヘンリー・メルーからマリアを奪って妻にした。
*ヘンリー・ウェリントン:マリアの息子。
*ルパート・ウェリントン:ヘンリー・ウェリントンの異母弟。
*モーリス:ヘンリー・メルーとマリアの友人。人里離れた小屋に住む。
*トリンキー・ポラート:サンダー・ベイの住人で、もとカナダ騎馬警察の隊員。

コークが「ここは原始の森。そびえる松と栂……苔のひげをはやし……古代のケルト族の祭司のように立つ……だったろうか。ロングフェローだと思う」と言っているのは『Evangeline(エヴァンジェリン)』の冒頭部。原詩は以下の通り。
This is the forest primeval.
The murmuring pines and the hemlocks,
Bearded with moss, and in garments green, indistinct in the twilight,
Stand like Druids of eld, with voices sad and prophetic,
(2015.7.7読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-11-11 14:01 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『花はこべ』(大島英昭、ウエップ、2015)


c0077412_15111722.jpg本書は学生時代の友人による第2句集である。俳句とは無縁の人間に貴重な句集を送ってくれたことに感謝しつつ、詠まれた景とそのときの詠み手のたたずまいを想像しながら、また一語一語の音を辞書やインターネットで確認しながら読んだ。おかげで季語や俳句独特の言い回し、難読漢字などの知識が少し増えたような気がする。それはそれとして、俳句の世界ではなぜ難読漢字にルビをつけないのだろうか。鑑賞者に解読の苦しみを味わわせるのも俳句を詠む楽しみのひとつなのか、と勘ぐりたくなる(著者への苦言ではなく、俳句を詠む人全般への思いです)。そうかと思うとルビなど不要と思われるところにルビがあったり、漢字表記でもよさそうなところがひらがな表記になっていたりする。表記に関してなにか決まりのようなものがあるのだろうか。それはともかく、今回せっかく辞書を引き引き解読したので、それらを記録しておくことにする(結果的に無知をさらけ出すことになりますね。)

〇ルビがほしかったことば――石蓴(あおさ)、萍(うきくさ)、穭田(ひつじだ)、秋黴雨(あきついり)、磴(とう:石段/坂道)、榠樝(かりん)、末黒野(すぐろの:野焼きのあとの黒くなった野)、木五倍子(きぶし)、行行子(ぎょうぎょうし:オオヨシキリ)

〇独特の表現――ほろろ打つ(雉、山鳥などが羽ばたきする/羽ばたきして鳴く)、小六月(10月の異称)、捨子花(曼珠沙華の異称)、数へ日(年末の残り少ない日々)、春ならひ(春北風)、鳥曇り(冬鳥が北へ帰る頃の曇り空)、雀がくれ(春の草丈が雀を隠す位に伸びた状態)、まくなぎ(糠蚊の一種。かたまって上下に飛び、目の前につきまとう)、との曇り(空一面に曇ること)

おこがましいので俳句の鑑賞はしない(できない)が、特に心惹かれた句を挙げておく。
藁葺きの屋根の高みを夏の蝶
野茨の実の赤らみてゆくところ
丘あれば丘の形に曼珠沙華
野ぶだうの路傍に熟るる妻の里
声明の途切れ途切れに黒揚羽

(2015.7.1読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-11-07 15:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『チェスをする女』(ベルティーナ・ヘンリヒス、訳=中井珠子、筑摩書房)

c0077412_9271981.jpg『La Joueuse d’échecs』(Bertina Henrichs, 2005)
時は夏、所はエーゲ海に浮かぶナクソス島。主人公のエレニは毎朝、目の前に広がる青い海とアポロン神殿を眺めながら、小さな丘の上のホテル・ディオニソスに向かう。6時10分にホテルのロビーに着くと、オーナーのマリアの陽気な挨拶と一杯のコーヒーがエレニを迎える。それからエレニはピスタチオ・グリーンの仕事着に着替えて、客室のルームメイキングに取りかかる。客室は20、ベッドは40,タオルが80枚。エレニはいつも通り機械的に仕事を進めていく。
そして17号室。そこには前の日から華やかで陽気な30代のフランス人カップルが泊まっていた。フランス語はボンジュール、メルシ、オルヴォワールの三つしか知らないエレニだが、フランス語の軽やかな響きが大好きだった。パリに関するテレビ番組を見ると心が締め付けられるような痛みを感じたりもする。バスルームに置かれた軽やかな名前のついた化粧品をきれいに並べ、小瓶の蓋をそっと開けて香りをかいだりしたあと、床を掃き、ベッドを整える。そのときエレニはふと、パリからのお客さんに挨拶をしようと思いついて、刺繍のあるネグリジェのウェストをきゅっとしぼってベッドの上にふんわり広げた。
翌日、17号室でエレニが床を掃こうとしたとき、後ろにあった何かが落ちた。拾ってみるとそれはチェスのポーンで、振り返るとそこにはゲームの途中のチェス盤があった。ポーンをチェス盤の横に置いてから掃除をすませ、部屋を出る前にお詫びのしるしにまたネグリジェをきれいにアレンジした。それでも持ち場に戻せなかったポーンのことが心に引っかかっていたエレニは、夫の誕生日にチェスをプレゼントしよう、と思いつく。そうすればあのパリから来た優雅なカップルと同じように、自分も夫と二人でチェスを楽しむことができるのだ。しかしそんな彼女の思惑は当てが外れ、夫は全く乗ってこない。それでエレニは夫に隠れてチェスを学びはじめ、やがてチェスにのめり込むようになり、夫婦の間には亀裂が生じて家庭内別居状態に……。

この作品は、結婚したときが生涯で一番輝かしいときだったといえるくすみかけたひとりの女性に青天の霹靂のように訪れた輝かしい時を描くと同時に、それまでは顕在していなかった周りの人々の温かさや優しさも浮き彫りにする。アルメニア出身なのでアルメニアンと呼ばれている夫のパニス、全面的に母親の味方の娘ディミトラ、ホテルのオーナーのマリア、隠遁者のようだった元教師のクロス、その友人もしくは仇敵のコスタなどなど、エレニの周りにはいつの間にか応援の輪が広がっていたのだった。(2015.6.30読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-11-03 09:28 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)