<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄色い犬』(ジョルジュ・シムノン、訳=宮崎嶺雄、東京創元社)


c0077412_1012314.jpg
『Le Chien Jaune』(Georges Simenon, 1931)
多くの筆名を持つ多作の作家シムノンは1931年、28歳の時に本名に戻り、新たな決意で再出発した。本作はこの記念すべき年に書かれた11冊の中のひとつであり、この年に新たに創造された主人公メグレが活躍する。

舞台はブルターニュ半島の南岸にある漁港コンカルノー。ここで立て続けに怪事件が起こるのだが、始まりは11月7日、金曜日の夜。一人の男が海岸通りの角にある《提督》ホテルのカフェをのぞき込んだあと、また烈風の中に出ていく。近くの監視所で当直の任に当たっていた税関吏が、すっかりご機嫌のていで足もとの定まらないその男を見てほほえむ。男が風に掠われそうになる外套や山高帽と格闘しながら葉巻に火を付けようとしていて、マッチを10本以上無駄にしているからだ。とある玄関口を見つけた男はそこで身をかがめる。マッチの火がぱっと輝いてすぐに消え、男がよろめく。それから男の身体は不自然に傾いて歩道の縁に倒れ込む。1、2分経っても男は動かない。どこからか黄色い大きな犬が寄ってきて、男の身体をかぎ回している。そのときになって初めて税関吏は何かが起こったことに気づき、《提督》ホテルに駆けつける。
ホテルのカフェはほとんど空っぽで、女給エンマの他にそこにいたのは、ル・ポンムレ(デンマーク副領事、漁色家)、セイヴィエール(新聞記者)、ドクトル・ミシュー(土地会社の支配人)ら町の名士たち。被害者モスタガン(酒類取引商)のために医者と警察官が呼ばれる。税関吏についてカフェに入ってきて女給の足もとに寝そべっていた黄色い犬が、人々の脚の間を歩き回る。警察の連中は唯一の目撃者である税関吏を尋問したり、事件の起きた玄関口を調べたりする。特に進展はないので、集まった野次馬たちも引き上げていく。そして翌朝、コンカルノーの市長から急報を受けたメグレ(司法警察の警部)が、ルロア(司法警察の若い刑事)を連れて乗り込んでくる。さて――。

以上のように主要人物が冒頭の場面でほぼ勢揃いするが、一連の事件の鍵を握る重要人物だけはなかなか登場しない。また、人物が勢揃いして次々に事件が発生する間、ヒントらしきものも伏線らしきものもあまり示されない(わかる人にはわかるのかな?)。登場人物の中の一人が、「早く解決しろ」とメグレにせっつくが、同調したくなる。 (2015.5.3読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-31 10:13 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『아침의 문』(박민규, 문학사상)

c0077412_9523871.jpg『朝の門』(朴珉奎、文学思想社)
2010年の第34回イサン文学賞の大賞受賞作。
内容は――集団自殺で生き残ってしまった男が、今度は一人で自殺しようとビルの屋上にいき、包帯で輪を作って鉄の杭にぶらさげ、その輪に頭を突っ込んでから最後にもう一度、と世の中を眺める。すると向かいのビルの屋上におかしな恰好で寝そべっている女が目に入る。やがて、女の両脚の間の門から小さな頭が覗く。赤ん坊が生まれようとしていたのだ。こうして、この世を立ち去ろうとしている者と、この世に出てこようとしている者は、それぞれの門から頭を突き出した状態で対面する。産み落とした赤ん坊を見るのをためらい、それでもつい抱き上げておろおろしている女に、男は我知らず「おい!」と声を上げる。女はぎょっとして目を上げ、男に気づいて「なによ」と泣き声で叫ぶ。男は向かいのビルに向かって走り出す。けれども男が向かいのビルの屋上に着いたとき、女の姿は消えていた。赤ん坊は包帯(女が腹帯にしていたもの)にくるまれて泣いている。それで男は赤ん坊を抱き上げてそっとささやく。「泣くんじゃないよ」と。

『カステラ』(→こちら)に収録されている作品は、全体の状況はシュールというか荒唐無稽で、細部と登場人物の言動にはリアリティがあり、軽妙なユーモアとそこはかとないペーソスで味付けされているものが多い。しかしこの作品ではそうした面が影を潜め、暗示的で深長な作品となっている。また、作者の「人間を見る目の温かさ」が印象に残る作品でもある。この作者は大きなサングラスで表情を隠しているけれども、きっと優しい目をしているに違いない。

ところで、イサン文学賞の審査員のひとりだった申京淑の審査評が印象的なので、以下に記しておく。(申京淑は先頃、剽窃問題で話題になったが、今はそれには触れないでおく。)
수상작으로 선정된 박민규의 [아침의 문]은 탄생과 죽음의 순간을 한자리에서 조우하게 한 작품이다. 수납하기 힘들지만 우리가 당면한 강렬한 서사로 에워싸여 있으면서 근원적인 질문을 남기는 작품이다. 왜? 라는 질문을 소설이 끝날 때까지 계속 유지시키는 작가의 힘이 느껴진다. 세상에 나오자마자 봉대에 감긴 채 시멘트 바닥에 버림받은 생명을 막 품에 안은 사람은 방금 목을 매 죽으려고 했던 사람이다. 그는 원치 않는 상황에 욕설을 내뱉지만 또 막 태어난 작은 인간에게 울지 말라고 속삭이기도 한다. 이 상상력이 우리에게 활력을 불어넣어주기를 바라며 수상을 축하드린다.
(2015.5.4読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-27 09:53 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『あらしのあと』(ドラ・ド・ヨング、訳=吉野源三郎、岩波書店)


c0077412_140068.jpg『Return to the Level Land』(Dola de Jong, 1947)
これは『嵐の前』の続編で、5年に及ぶナチスの蹂躙が終わってから一年後の物語である。戦争の嵐に襲われた時、「これからつづく不幸な苦しい時期を、りっぱに生きていきましょう」といったお母さんの言葉通り、レヴェル・ランドの人々はそれぞれのやり方で闘い、苦しみを乗り越えてきた。けれども戦争は人の心に底につねに巣くっていて、なにか事が持ち上がると、だれもがつい戦争を引き合いに出してしまうのだった。そんなときお母さんが言う。「なんでも戦争のせいにするのはやめなさい。わたしたちはまた、ちゃんと普通の暮らしに帰っています。わたしたちがなにをしようと、そのときどきわけがあってするのであって、戦争のせじゃありません」と。この言葉を胸に、レヴェル・ランドの子どもたちは少しずつ困難に立ち向かっていく。
さて、『嵐の前』から6年経った今、ミープはロビーという4歳の男の子のお母さんになっていて、レヴェル・ランドに同居している。ヤップは音楽家の道を歩み続けており、ルトは14歳、ピムは12歳、そして『嵐の前』では赤ちゃんだったアンネが7歳、とそれぞれ大きくなっている。けれどもルトの仲良しだったヤンは写真の中にしかいない。家の人たちはヤンの持っていたものは何一つ、売りはらったり、交換したりはしなかったので、いつかはヤンのものがピムのものになるかもしれないが、「ピムはひょっとすると欲しくないというかもしれない」と思うとルトはお腹が締め付けられるような気がするのだった。
この物語のハイライトはヴェルネルとの再会である。ナチスから逃れるために、ミープの決死の手助けでオランダを去ったヴェルネルが、アメリカの兵士としてレヴェル・ランドに現れたのだ。このヴェルネルの帰還はさらに、ヴェルネルとドイツ時代の友人クラウスとの再開につながり、さらにはルトの絵の才能の開花へとつながっていく。そして最後にさらに、輝かしい出来事と感動的な出来事が一度に訪れて、レヴェル・ランドの家族と友人たちは誰も彼もが幸せに包まれる。(2015.5.10読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-23 14:00 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『あらしの前』(ドラ・ド・ヨング、訳=吉野源三郎、岩波書店)


c0077412_10433597.jpg『The Level Land』(Dela de Jong, 1943)
原題のレヴェル・ランドは物語の主人公ファン・オルト一家が住む邸の名である。一家のおとうさんはオランダ中部・ヘルデルラント地方の村のお医者さん。お父さんが4代目で、そのあとを次男のヤンが継いでくれるものとお父さんは思っている。が、ヤンは成績が芳しくないため,校長先生から高校を辞めて補習学校へ転校するよう勧められている。そうなると医者になる道は閉ざされる。医者になるには高校から大学へ、という道しかないからだ。ヤンが医者になるのは無理だとお父さんに打ち明けるべきかどうか悩んでいたとき、救急患者の家におもむき、応急手当をして病院へ搬送するお父さんを手伝ったのがきっかけで、ヤンはやはり医者になろうと決心する。そんなヤンのために、妹のルトは自分の学校を半日休んで,ヤンにもう一度チャンスをください、とヤンの校長先生に頼みに行く。
その頃、一家には新しい家族が加わった。ユダヤ人迫害が始まったドイツから逃げてきたヴェルネルだ。ヴェルネルの両親がドイツを去るおじさんにヴェルネルを託したのだが、そのおじさんが力尽きて入院してしまったため、ちょうどその病院に居合わせたお父さんが一時あずかることにしたのだ。ヴェルネルは一家に温かく迎えられ、歳の近いヤンと同じ部屋で過ごすことになる。しかし、遅れを取り戻すために猛勉強を始めたヤンは集中できず、ヴェルネルもヤンの邪魔になるのでは、と気を遣う。それを見た長男のヤップ(16歳)がヴェルネルを自分の部屋に受け入れる。音楽家を目指すヤップは、自分は一日の大半をピアノの前か教会のオルガンの前で過ごすので、ヴェルネルは部屋をひとりで使える、というのだった。
一家の他のメンバーは、おかあさん(普段はお父さんの助手+一家の主婦として大忙しだが、物語の冒頭では赤ちゃんを産んだばかりで、一日中ベッドにいる)、長女のミープ(18歳。アムステルダムの大学で勉強中。物語の冒頭ではお母さんの代役を務めるためにレヴェル・ランドに帰ってきている)、ピーター・ピム(幼児らしさ全開の言動で家族みんなにかわいがられている。八百屋のユイエンクルイエルと仲良し)、と生まれたばかりの妹アンネ。

村はドイツ国境から離れていたので、ファン・オルト家の人々はドイツ軍がこの村にまで侵攻してくるとは思っていなかった。けれども大きな街に住むミープの怖れが現実となり、一家とヴェルネルに大きな嵐が襲いかかる。(2015.3.21読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-19 10:45 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)

『チボー家の人々4-美しい季節Ⅱ』(マルタン・デュ・ガール、訳=山内義雄、白水Uブックス)

c0077412_938664.jpg
『La Belle Saison2-Les Thibault4』(Martin du Gard)
この巻は7~14の8つの章からなり、ジャックとジェンニーのぎこちない恋と、ラシェルとアントワーヌの大人の恋を中心に、彼らの周りの絡まりあった人間関係が綴られていく。前の巻と同様、目次に内容が簡潔にまとめられているので、それに沿って記述していく。
♢第7章:フォンタナン夫人、夫に呼ばれてアムステルダムに行く
[ノエミ(夫人の従姉妹)と同棲している夫のジェロームからSOSの電報が来る。ノエミは死の床にあり、家主からはすぐにも出て行けといわれていた。夫人はノエミの娘であるニコルも呼び寄せて、母親を見送らせる]

♢第8章:ジャックとジェンニー。森の散歩。壁画のキス
[ジェンニーは兄のダニエルを「不純、背徳」と評し、ジャックは兄のアントワーヌを「一種のあつかましさ」と評する。ジャックにはジェンニーが少しずつ見えだし、ジェンニーは「あたしたち、なんて似ているんだろう」と思う。ふたりはソ・ドゥ・ルーに沿って小道を辿る。ソ・ドゥ・ルーはsaut-de-loupと綴り、地所の周りに巡らす空堀のこと]

♢第9章:ラシェルの部屋での日曜日。写真
[アントワーヌはラシェルの肉体に魅せられている。ラシェルはかつて彼女に曲馬の芸を仕込んだイルシュという男の話をし、男の写真も見せる。ラシェルの母親のゲプフェル夫人は精神病院に入っている]

♢第10章:メーゾン・ラフィットでのジェローム――ジェンニー、すべてを母に語る
[ジェロームは息子や娘とうまくやっていこうと努める一方、彼らの若さを羨望する。というのもジェロームは「萎靡と不潔と臭気と老衰と、すなわち、すでに自分の中に始まりかけている人間最後の分解の前駆的徴候たるところのものにたいして」毎日たたかっていたからだ。ダニエルはジャックに対するジェンニーの気持ちに気づく。フォンタナン夫人はジェンニーの気持ちを確かめる]

♢第11章:アントワーヌとラシェルと、映画館に行く。アフリカの映画――パクメルでの夕
[ラシェルは昔オペラ歌手のズユッコと関係があった話をする。またアフリカと黒い肌への熱い思いを語る]

♢第12章:ジェローム、リネットに再会す
[リネットはもともとノエミがブルターニュから連れてきた小間使いだったのをジェロームが愛人にして、そのまま忘れていたのだった]

♢第13章:アントワーヌとラシェルと、ゲ・ラ・ロジェールの墓地を訪れる
[墓に眠るのはラシェルとズユッコの子ども。ラシェルはアントワーヌに、兄と妻のクララ(イルシュの娘だった)がイタリアの湖で死んだ、と話す]

♢第14章:ラシェルの出発――ル・アーヴルでの最後の一日――港口での別れ
[ラシェルは「イルシュに呼ばれたから」といってカサブランカに発っていく]

前巻の第4章に、アントワーヌが「ミクスト・グリル(にする)?」と言うと、ラシェルの顔は、不思議な微笑に輝いた、というくだりがある。その微笑がなにを意味するのかが第14章で明らかになる(これに気がついて、ちょっと嬉しい)。(2015.4.12読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-15 09:38 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『チボー家の人々3-美しい季節Ⅰ』(マルタン・デュ・ガール、訳=山内義雄、白水Uブックス)

c0077412_1065438.jpg『La Belle Saison1-Les Thibault3』(Martin du Gard)
この作品は若いときに読みそびれ、その後は「今さら」という気持ちがあって読みそびれていたもの。今さら、とは思うがやはり今読んでおかないと死ぬまで読めないだろうと思うので、思い切って読み始めることにした。ただし近くの図書館には最初の2巻が見当たらないので、3巻目から。

この巻は1~6の6つの章からなり、各章の内容が目次に簡潔にまとめられているので、それに沿って記述していく。
♢第1章:ジャック、エコル・ノルマルの入学試験に合格する――アントワーヌ、ジャックと語る――発表――ジャック、ダニエルやバタンクールといっしょに帰る
[エコル・ノルマルは1924年にサルトルも入学している。ジャックはサルトルと同時期に学生生活を送ったことになるのだろうか。アントワーヌはジャックの兄で医者、ダニエルは彼らの友人で画家。バタンクールも友人で、未来の牧師]

♢第2章:パクメルの一夜――ダニエル、ジャックを紹介する――晩餐、ジュジュおばさん。ポール。マダム・ドローレスと孤児の少年。ダニエルとリネット。ジャック、あわただしく席をはずす――ダニエル、リュドウィクスンからリネットを奪う
[パクメルは酒場の名。リュドウィクスンは画商でダニエルを高く買っている。リネットはジュジュおばさんが連れてきた魅力的な若い女性で、ダニエルがドゥ・フォンタナンという姓を名のると顔色を変る]

♢第3章:アントワーヌ、シャール氏の訪問を受ける――デデットの奇禍――手術――ラシェル
[シャール氏はチボー氏の秘書。デデットはシャール氏がめんどうを見ている女の子。馬車にひかれて危篤状態のところにアントワーヌが駆けつけて外科手術をする。この場面は迫力満点。ラシェルはその手術の助手を務めた隣家の女性。アントワーヌは彼女の魅力の虜になる]

♢第4章:シャール氏、警察署へ出かける――アントワーヌ、ラシェルを伴って昼食を共にする
[ラシェルがラシェル・ゲプフェルトと名のったとき、即座にアントワーヌは「おそらく相手はユダヤ人だな」と思う。果たしてラシェルは父親がユダヤ人なのだが、このような西欧人には当たり前らしい「教養」を持っていないのは残念でもあるが、先入観を持たずにすむという意味では幸いでもある(と、ちょっと負け惜しみ)]

♢第5章:ジャック、メーゾン・ラフィットへ出かける――ジゼールとの午後――チボー氏、兄弟に向かって戸籍簿の記載変更の意図を告げる――夕食後、アントワーヌとジャック、フォンタナン夫人を訪問。ニコルと許嫁の男
[チボー家もフォンタナン家もメーゾン・ラフィットに別荘を持ち、親しくつきあっている。16歳のジゼールはジャックの妹的な存在で気の置けない遊び友達。母は父のヴェーズ少佐がマダガスカル滞在中にめとった混血児なので、ジゼールの肌は小麦色でちょっと縮れた黒い髪、低い鼻、厚ぼったい唇をしている。戸籍簿の記載変更云々は父のチボー氏によると、並のチボー氏とは違う家柄なのだと世間に知らしめるために、この先息子たちが父の名と棒を入れたオスカール=チボーという姓を名乗れるようにしたもの。ニコルはダニエルやジェンニーの従姉妹。許嫁はアントワーヌの元同僚の外科医、フェリックス・エッケ]

♢第6章:ジャック、ジェンニーにバタンクールの結婚式の話をする
[ジャックとジェンニーの互いに片意地なぎこちない交流]

訳は名翻訳家として知られた山内義雄のものなので安心して読めるが、1つだけ気になったのは「らしい」の使い方。たとえばラシェルがアントワーヌについて「いかにも貪欲な子どもらしいようす」と言っているが、ここは「子どものような/子どもっぽい/子供じみた」でないとおかしい。
(2015.4.11読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-11 10:08 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

「장애인이 된 선배」

c0077412_180965.png
韓国語講座で「-ㄹ텐에, -는 모양이다, -나마」を使ってまとまった文を作る、という課題が出ました。そのときに提出した作文です。


친한 선배가 약10년 전에 장애인이 됐다. 그녀는 휠체어 없으면 움직일 수 없을 뿐만 아니라, 손가락도 불편하다. 그녀를 조금이나마 도와주고 싶어서 나는 한달에 한번씩 그녀를 방문한다.
내가 서투르게나마 의복 수선을 하면서 그녀와 이야기를 주고 받는 동안에, 그녀의 남편은 외출한다. 잠시나마 자기만의 자유시간을 즐기는 모양이다. 두어 시간 지난 후 그는 개운한 표정으로 돌아온다.
내가 더 빈번하게 찾아가고, 더 많은 시간을 그녀와 함께 지낼 수 있다면, 그녀도 남변도 기뻐할 텐데, 그런 여유가 없어 안타깝기만 하다.

☆因みにこの先輩は熱心なエスペランチストです。
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-07 18:01 | 覚え書き | Trackback | Comments(1)

『猫は山をも動かす』(リリアン・ブラウン著、羽田詩津子訳、早川文庫)

c0077412_13464569.jpg『The Cat Who moved a Mountain』(Lilian Braun, 1992)
リリアン・ブラウン(1913~2011)の「猫シリーズ」13番目の作品。1、2,3番目の作品は既読だが、4から12までは未読(2014.11.16の時点で)。何となく、手に入った順に読んでいたため、話の内容の時間系列を無視した読み方になっていることにここに来て気がついた。特に猫好きでもないので、全部集める気にもなれないし――どうしたものだろうか。それはともかく、この作品でクィラランは莫大な遺産を相続した億万長者として登場する。

山に行きたい、という衝動を突然覚えたクィラランは、知人の勧めで、スパッズボロ(ジャガイモ自治区)にある「ポテト山脈」で一夏を過ごすことにする。ポテト山脈には開発が進んでいるビッグ・ポテトと、芸術家たちが住んでいてまだ俗化していないリトル・ポテトという二つの地区がある。ビッグ・ポテトの頂上にある広大な屋敷を借りることになったクィラランは、2匹の猫とともに車でポテト山脈に向かう。火曜に出発して金曜にスパッズボロに到着。ここまでは予定通りだったが、そこから先がとんでもなく複雑な難路で、クィラランは山の中で道に迷ってしまう。

山の自然が生き生きと描写され、自然派の旧住民と開発派の新住民の対立がもたらす様々な状況が語られていく。それだけで充分楽しめる内容なので、今回は「探偵」はナシなのかな、と思い始めた頃、つまりページ数がかなり進んでから、やっと事件の話が出てくる。常連以外の主な登場人物を以下に記しておく。
ミズ・ホーキンフィールド(クィラランの借りた屋敷の所有者)、J・J・ホーキンフィールド(スパッズボロ・ガゼットの元経営者、ビッグ・ポテトの開発を進めた人物)、デューイ・ビーチャム(リトル・ポテト地区に住む家具職人)、クリサリス(デューイの娘、織物職人)、フォーレスト(クリサリスの兄、画家、殺人罪で服役中)、エイミー(フォーレストの婚約者、食堂を経営)、イエーツ・ペニーと妻のケイト(「生焼けのパン屋」の夫婦)、ビル・トリークル(ファイヴ・ポインツ・マーケットの店長)、ヒュー・ランプトン(フォーレストの弁護士)、ジョシュ・ランプトン(ヒューの父親、元の保安官)。
(2014.11.9読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-08-03 13:48 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)