「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『マリーにつての本当の話』(作:ジャン=フィリップ・トゥーサン、訳:野崎歓、講談社)

c0077412_100124.jpg『La Vérité sur Marie』(Jean-Philippe Toussaint, 2009)
「あの灼熱の夜の陰鬱な時間のことをあとから考えてみてわかったのだけれど、マリーとぼくは同時にセックスしていたのだった。ただし別々の相手とだが」というとぼけた語りで物語は始まる。語り手は恋人同士として数年の間一緒に暮らしたマリーと4ヶ月前に別れたのだが、夜中の2時過ぎにマリーから電話がかかってきた。ベッドをともにしていた男が急に倒れた、すぐに家に来てくれ、と哀願調でぼくに助けを求めるマリーの声を聞いて、ぼくは困惑、気詰まり、後ろめたさにいきなり襲われた。なぜなら、マリーの声を聞いたときぼくの傍らには同じマリーという女性が寝そべっていたからだ。ともかくぼくはマリーの許に駆けつける。そして、男がストレッチャーで運び出されるところに出くわす。「誰かの存在から放たれる非物質的な波動を感じ取った」ぼくが目を上げると、窓際にマリーの姿があった。

中国を舞台にしたマリーとぼくの物語である『逃げる』と同様に、この作品でも人物や出来事が入り乱れ、めまぐるしいスピードで話が展開していく。この作品のなかで疾走するのは馬たちで、全体の半分以上が競馬馬のザーヒルの成田空港での逃走劇に当てられ、終盤近くでもエルバ島の牧場で火に追われた馬たちが駆け回る。人間たちは対照的に動きも言葉も控えめである。ただし語り手は実に饒舌で、自分が居合わせなかった場面についても、マリーの心の動きについても、実に詳しく語ってくれる。これについて語り手は次のように言っている。
ジャン=クリストフ・ド・Gの死んだ夜の事情について、自分がごく不完全にしか知らないこと、あの夜に起きた事柄に関し自分の知識に欠落が多多含まれていることは、ぼくにとっていささかもハンディキャップとならなかった。それどころか、そのおかげでぼくはより想像力を発揮すべく努め、心にうちで出来事を作り直したのである。(中略)それはちょうどぼく抜きで繰り広げられる上演に立ち会っているようなもので、とはいえぼくがそこにいないわけではなく、ぼくの感覚のみが参加しているのである。(中略)登場するそれぞれの姿はぼくらの主観性のプリズムを通して作り直され、僕らの感性や知性、そしてぼくらの幻想から広がり出したものなのである。

なるほどそういうことですか。この夢の中のような混沌とした世界に違和感なくなじめたのは、微熱のある状態で読んだせいだろうか。あるいは自然でしかも格調の高い訳文のおかげだろうか。この翻訳者はトゥーサンの一連の作品の他に、『ある秘密』(フィリップ・クランベール、新潮クレストブックス)も翻訳している。(2015.1.4読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-31 10:01 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『いにしえの光』(ジョン・バンヴィル著、村松潔訳、新潮クレスト文庫)


c0077412_9361383.jpg『Ancient Light』(John Banville)
「ビリー・グレイはわたしの親友だったが、わたしはその母親に恋をした。恋というのは強すぎる言葉かも知れないが、それに当てはまるもっと弱い言葉を私は知らない。すべては半世紀も前に起こったことで、そのときわたしは15歳、ミセス・グレイは35歳だった」という文で物語は始まる。ビリーが見つけて、少年たちの隠れ家にするつもりだったコッターの館で、夏の間ミセス・グレイと語り手は密会を重ねた。語り手は無我夢中になりながらも罪の意識に苦しめられたが、ミセス・グレイは無邪気で大胆だった。未成年との情事にふける人妻、という陰湿さはみじんも見られなかった。しかし一夏の恋は突然断ち切られる。母親と親友の関係に衝撃を受けたビリーは泣き叫び、ミセス・グレイはなにも言わずに語り手から去って行った。
語り手は60過ぎのもと舞台俳優。老妻との穏やかな日々の中で遠い過去を反芻する語り手には、もっと近い過去の記憶も重くのしかかっている。10年前に最愛の娘が謎の自死を遂げ、いまだにその喪失感から立ち直れずにいるのだ。そんな語り手のもとに映画出演の話が飛び込んでくる。『過去の発明』というタイトルの映画で、主人公アクセル・ヴァンダーを演じてくれ、という話に語り手は乗り気になる。初めての映画出演であり、役者としての実績から演技には自信もあったからだ。映画関係者との関わりが始まる。アメリカの映画会社の幹部マーシー・メリウェザー、監督のトビー・タガート、今をときめく女優のドーン・デヴォンポートなど頭韻を踏んだ名前の人たちと、頭韻を踏まない名前を持つスカウトのビリー・ストライカーだった。やがてドーン・デヴォンポートは娘の影のように語り手の懐に飛び込んでくる。そしてビリー・ストライカーは、娘がスヴィドリガイロフと呼んでいた謎の男のもとへ、さらには遠い過去のミセス・グレイのもとへと語り手を導いていく。
現実のめまぐるしい日々に翻弄されながらも、語り手は幾度も過去の日々に立ち返る。そのたびに過去は様々に色を変えて語り手の前に立ち現れる。過去のイメージは記憶なのか想像なのか。人は知らず知らずに過去を潤色し、美化してしまうこともあるが、逆に自分で作り上げたイメージや思い込みによって過去を歪めてしまうこともある。15歳の祝祭のようだった夏の日々は、そのあとずっと語り手の心に深い痛みとして巣くうことになったが、50年も後になって語り手は初めて知ることになる。それはミセス・グレイにとっても天から与えられた祝祭のときだったのだということを。(2014.12.30読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-27 09:36 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『Hamlet』(Shakespeare, Greenwich House)

c0077412_1591571.jpgハムレットはシェイクスピア劇の中で最も有名であり、そこに出てくる語句が日常英語の一部になった例も多いという。ハムレットの劇を見たあるイギリス人が
Well, Shakespeare was a very clever fellow, but he is so damned full of quotations
と言った、という笑える話も伝わっているという。そこで今回はこの劇に出てくる有名な台詞を、覚え書きとして記しておくことにする。( )内の数字はAct, Scene, Line、アルファベットはその言葉を発した人物です。

A little more than kin, and less than kind(1.2.65, Hamlet)親族だが愛情はない
Frailty, thy name is woman(1.2.146, Hamlet)脆きものよ、汝の名は女なり。frailtyは誘惑に陥りやすいの意
primrose path(1.3.50, Ophelia)快楽の道
More honour’d in the breach than the observance(1.4.16, Hamlet)守らぬほうがかえってまし
the glimpses of the moon(1.4.53, Hamlet)夜の世界/月下の光景
Something is rotten in the state of Denmark(1.4.89, Marcellus)デンマークにはなにかけしからぬことがある
With all my imperfections on my head(1.5.79, Ghost)よろずの罪を背負ったままで
The time is out of joint(1.5.189, Hamlet)今の世は調子が狂っている。原義は時勢の関節が外れている
brevity is the soul of wit(2.2.90, Polonius)簡潔は分別の精髄/言は簡を尊ぶ
Though this be madness, yet there is method in’t(2.2.207, Polonius)狂うた様で、そのくせ筋が通っているわい
know a hawk from a handsaw(2.2.397, Hamlet)たいていのことは心得ている
To be , or not to be: that is the question(3.1.56, Hamlet)生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ
Get thee to a nunnery(3.1.122, Hamlet)尼寺に行け
The observed of all observers(3.1.162, Ophelia)衆目の的である人
out-herods Herod(3.2.15, Hamlet)残忍さにおいてヘロデに勝る
metal more attractive(3.2.116, Hamlet)もっと引力の強い金
There’s a divinity that shapes our ends, Rough-hew them how we will(5.2.10-11, Hamlet)我々が荒削りにしておいても、その計った事柄を神様がきちんと仕上げてくださる
german to the matter(5.2.165, Hamlet)適切な
palpable hit(5.2.292, Osric)まさしき当たり

(2014.12.29読了)
☆これまでに英語で何回か読んでいるはずですが、今回読んでみて、台詞も場面もあまり頭に入っていないことを思い知りました。名日本語訳が数々あることは承知していながら、なんとなく(意地で?)避けてきましたが、やはり一度は日本語訳をじっくり読んでみたほうがよさそうです。
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-23 15:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『火曜日の手紙』(エレーヌ・グレミヨン著、池畑奈央子訳、早川書房)


c0077412_13192529.jpg『Le confident』(Hélène Grémillon, 2010)
1975年のパリ。母の葬儀を終えた雑誌記者のカミーユのもとに差出人の名前のない一通の手紙が届く。弔慰の手紙に紛れこんでいたその一通は、封を切る前から目を引いた。他の封筒よりずっと分厚く重みがあって、およそ弔慰の手紙に似つかわしくなかったからだ。封を切ると、中から便せん何枚にも書かれた長い手書きの手紙が出てきた。手紙はこう始まっていた。

アニーはいつも私の人生の一部だった。アニーが生まれたとき、私は2歳、いや、正確には2歳になる数日前だ。私たちはNという村で暮らしていた。学校や散歩の途中や教会のミサで、私は、期せずして、よくアニーと一緒になったものだ。

手紙の書き手はルイという男性で、手紙は「(ヒトラーが総統となってナチの一党独裁が確立され、第二次世界大戦が忍び寄っていた)あの年、世界の中心に、私とアニーがいた。私は無邪気にも、自分たちは歴史のうねりに飲み込まれないと思い込んでいたのだ」という言葉で締めくくられていた。何かの間違いで届いたとしか思えない手紙だったが、差出人の住所も名前もないので送り返すこともできず、転居を控えて忙しかったこともあって、カミーユは手紙をそのまま放って置いた。ところが1週間後に2通目の手紙が届き、ルイとアニーの物語が続いていく。そう、それは手紙というより、誰かに読ませるために書かれた物語だった。その後も毎週火曜日、カミーユのもとに分厚い封書が届き続け、カミーユはおよそ関わりのない人々の物語に次第に引き込まれていき、やがて、自分もこの物語の一部なのではないか、という疑いを抱き始める。

物語はミステリー・タッチで進行し、さりげない登場人物があとで重要な意味を持って立ち上がってきて、大きな驚きと心地よい感動が味わえる。また、印象的なのは、いくつかのアルファベットに重要な意味がこめられていること。たとえば村の名前として書かれているN、豪邸に住んでいた夫妻の頭文字M、カミーユの姓Werner(ヴェルネール)の頭文字W、ルイの綴り字に現れる小文字と同じサイズの大文字のR……。
時代の特殊性によって増幅された歪んだ社会通念とそれによってもたらされた狂気、愛と裏切り、許しと再生、を綴ったこの作品は、数々の文学賞を受賞し、フランス国内でベストセラーになり、25カ国語に翻訳されているという。(2014.12.21読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-19 13:19 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

[ミラボー橋](ギョーム・アポリネール)

c0077412_10251469.jpg
「ミラボー橋」の韓国語訳を紹介します。韓国語訳とフランス語の原詩を並べました。
미라보 다리 기욤 아폴리네르 (세계의 명시,민음사)

미라보 다리 아래 센강이 흐르고    Sous le pont Mirabeau coule la Seine
우리의 사랑도 흐르는데       Et nos amours
나는 기억해야 하는가         Faut-il qu'il m'en souvienne
기쁨은 늘 괴로움 뒤에 온다는 것을   La joie venait toujours après la peine
밤이 오고 종은 울리고        Vienne la nuit sonne l'heure
세월은 가고 나는 남아 있네      Les jours s'en vont je demeure
서로의 손을 잡고 얼굴을 마주하고 Les mains dans les mains restons face à face
우리들의              Tandis que sous
팔이 만든 다리아래로         Le pont de nos bras passe
영원한 눈길에 지친 물결들 저리 흘러가는데 Des éternels regards l'onde si lasse
밤이 오고 종은 울리고        Vienne la nuit sonne l'heure
세월은 가고 나는 남아 있네      Les jours s'en vont je demeure
사랑이 가네 흐르는 강물처럼     L'amour s'en va comme cette eau courante
사랑이 떠나가네           L'amour s'en va
삶처럼 저리 느리게         Comme la vie est lente
희망처럼 저리 격렬하게       Et comme l'Espérance est violente
밤이 오고 종은 울리고        Vienne la nuit sonne l'heure
세월은 가고 나는 남아 있네      Les jours s'en vont je demeure
하루하루가 지나고 또 한 주일이 지나고Passent les jours et passent les semaines
지나간 시간도            Ni temps passé
사랑도 돌아오지 않네        Ni les amours reviennent
미라보 다리 아레 센강이 흐르고 Sous le pont Mirabeau coule la Seine
밤이 오고 종은 울리고        Vienne la nuit sonne l'heure
세월은 가고 나는 남아 있네       Les jours s'en vont je demeure

なお日本語の訳詩とメロディーは下記でご覧ください。
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2015/02/post-cbf3.html
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-15 10:45 | 覚え書き | Trackback | Comments(1)

『ただひたすらのアナーキー』(ウディ・アレン著、井上一馬訳、河出書房新社)


c0077412_151027100.jpg『Mere Anarchy』(Woody Allen, 2007)
本書はウディ・アレンという人物とその作品に通じた人向けの、つまり通じていない人(nishinaもそのひとり)にはちょっと手に余るマニアックな小説集である。また訳者によると、「収録作品18のうち10編は究極のインテリ雑誌である『ニューヨーカー』に掲載された」ものだそうで、「物理学の最新のひも理論や宇宙膨張説を取り入れたウイットやユーモアを十全に披露している」のだそうだ。アメリカ文化圏のインテリが持つ知識や一般教養を持ちあわせていない輩には歯が立たない、ということだ。だから、訳者あとがきを先に読んでいたらそもそも読み始めなかったかも知れない。ただし、十分な理解は届かなくても、それなりに楽しむことができる作品がないわけではない。たとえば
『売文家業』(フォークナーもフィッツジェラルドもガルシアもやったノベライゼーション)
『ハレルヤ、売れた、売れた!』(現ナマを求めて祈りの言葉を売り出した結果は…)
『不合格』(息子が一流幼稚園に入れなかった家族の行き着いた先は…)
『歌え、ザッハートルテ』(世紀末のウィーンの音楽家、画家、文人が勢揃い)
『天気の悪い日に永遠が見える』(『地獄変』に書かれてしかるべき建築業者との出会い)
『ツァラトゥストラかく食えり』(ニーチェのダイエットブック!?)

最後の収録作品『ピンチャック法』の中に「霊媒師のB.J.シグムントは、海で事故に遭ったときに名前の母音を全部なくしちまったオーストリア人」とあって、その名前がSygmndと綴られている。作者のフィクションくさいが、口をあまり開けなくても発音できるそんな名前が、北の方の国にはありそうな気もする。軽くウエブ検索してみた限りでは見つからないが。
ところで、この作品をきちんと理解できたかどうかは心許ないが、タイトルを「ただひたすらのアナーキー」と、人を惹きつける七五調にした訳者(あるいは編集者?)がすばらしいセンスの持ち主であることは確かだ。(2014.12.17読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-11 15:10 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『マーブル・アーチの風』(コニー・ウィリス著、大森望訳、早川書房)


c0077412_975037.png
『The Wind of Marble Arch and Other Stories』(Connie Willis)
作者は1945年コロラド州デンヴァー生まれ。1992年に発表した『ドゥームズディ・ブック』で数々の賞を獲得し、SF界の女王の地位を確固たるものにしたという。本書は日本オリジナルの短編集で、近年発表された中短編5編が収録されている。

『白亜紀後期にて』――経営合理化の嵐にさらされた大学教育の現場を舞台にした近未来小説。十年一日の如き講義を続ける古生物学の老教授の運命が、講義のテーマである大型肉食恐竜の運命と重ねられる。
『ニュースレター』――ニュースレター(1年間の出来事を綴った家族新聞)は、クリスマスシーズンに親族や知人に送られる。デンヴァーを舞台に、ちょっとした異変を宇宙人の侵略と思い込んだ主人公。やがて思い込みが確信に変わる現象が次々に現れて……。
『ひいらぎ飾ろう@クリスマス』――原題はdeck.halls@boughs/holly。クリスマスソングのdeck the halls with boughs of holly(メロディーは賛美歌第2編129番)からとったアドレスを持つ会社に籍を置く女性を主人公とするラブコメディ。驚くべき教養と超人的ヴァイタリティを持つ主人公の活躍ぶりが痛快。
『マーブル・アーチの風』――妻のキャスとともに20年ぶりにロンドンを訪れたトムは、地下鉄のチャリング・グクロス駅のホームで爆風に襲われる。ホルムアルデヒドや死臭を伴う爆風だった。その後もトムは地下鉄のあちこちの駅で同じ爆風に襲われる。トムは探究心に駆られていくつもの路線に乗ってみる。しかしキャスは地下鉄を忌み嫌って乗ろうとしない。キャスはすでに20年前に、爆風とともにやってくる死と恐怖と絶望の匂いを感じとっていたのだった。
『インサイダー疑惑』――インチキを暴くことを仕事にしているキルディの今回のターゲットは、霊媒とチャネリングできると標榜して荒稼ぎする女詐欺師アリオーラ。アリオーラのセミナーに潜り込んだキルディが目にしたのは、「アメリカのニーチェ」の異名を取るH.L.メンケンの語録を淀みなく口にするアリオーラの姿だった。オカルト詐欺や偽科学を攻撃し続けたメンケンの霊がアリオーラに憑依したとは、アリオーラは本物の霊媒なのだろうか。

日本語訳は通向け、というかマニア向けというか、この手の作品を読み慣れていない人間には不親切なものとなっている。たとえばこんな具合。
聴衆の中にスケプティックがいると、サイキックはそれを失敗の口実にすることが多い。
(アイシスは)きっと新しいギミックを使うチャネラーなんだろう。アイシスとチャネラーをネットでクロス検索した。

スピード感があって読みやすいのは確かだが、一瞬、原文を読んでいるような錯覚に陥る。
それはそれとして、特に「笑える」部分を2カ所、以下に記しておく。
1.チャネリングで接触する “媒体”は、どうしてみんな英国風のアクセントで、謹呈聖書の英語をしゃべるんだろう。
2.良心とは、結婚から何年経っても家を訪ねてくる義理の母親である(メンケン語録から)。

(2014.12.13読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-07 09:10 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『画家の妻たち』(澤地久枝著、文藝春秋社)

c0077412_14194810.jpg「芸術的境遇とは縁のない家庭の子だった」という著者が、いつしか絵が好きになり、画家への関心と画家の伴侶となった女性たちへの関心が高まっていったという。本書はそんな著者が画家の描いた「妻の肖像」を求めて世界各国を訪ね歩いてまとめた「画家と妻の肖像」集である。
取り上げられているのは19組。画家によって美しい姿で画布に残された妻たち(モネの妻カミーユ、ピカソのオルガ、シャガールのベラ、ダリのガラ)もいれば、幸薄き人生を思わせる姿で残された妻たち(ロセッティのエリザベス、モディリアニのジャンヌ)もいる。画家を陰で支えた妻たち(セザンヌのオルタンス、ルドンのカミーユ、)もいれば、画家に支えられて生きた妻(ボナールのマルト)もいる。窮乏や芸術家の奔放さにずたずたにされた妻たち(レンブラントのサスキア、ゴーギャンのメット)がいる一方で、聡明な妻たち(マネのシュザンヌ、マチスのアメリー)、強靱な精神力を持った妻たち(岸田劉生のシゲル、リベラのフリーダ)、平穏に生きた妻たち(ミレーのカトリーヌ、もいる。(最後に取り上げられている現代画家のワイエスの場合だけ、表題に掲げられているヘルガはモデルであって妻ではないが、妻も強烈な個性の持ち主として登場している。)
絵の背後にある様々な人生を語るに当たって著者は、精力的な絵画探訪の旅から得たものに「先学たちのまとめた資料」を重ねていったという。中にはもちろん、著者が独自に発見した事実も含まれている。著者の精力的な旅は基本的には一人で、ときどきは向田邦子とともにしたものだという。向田邦子は、次のような魔法の言葉で著者を絵画の旅に駆り立てて、本書の誕生に大いに貢献したらしい。
「あなたがどんな表情をするか、見ている楽しみがあるのよ。どんな感想を言うか。興味があるの。」
著者と向田邦子との親交ぶりは向田邦子の『眠る盃』(こちら→)からもうかがい知ることができる。(2014.12.10読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-03-03 14:19 | 読書ノート | Trackback(1) | Comments(1)