「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『Not a Penny More, Not a Penny Less』(Jeffrey Archer著、 St.Martin’s Paperbacks, 1976)


c0077412_2111509.jpgこれは詐欺小説である。昨今世間を騒がせている「〇〇詐欺」が弱い人間をターゲットにしているのに対して、この作品で詐欺に遭った連中は現役ばりばりの、己の知能や良識を自負している男たちなので、悲惨さややりきれなさはない。というよりこの作品は、大金をだまし取られた被害者たちがそのお金を取り戻すために、今度は逆に詐欺師に詐欺を仕掛けるという痛快なエンターテイメント小説なのである。登場人物は以下の通り。
ハーベイ・メトカーフ:ポーランド出身のアメリカ人。貧しい移民の身から、詐欺によって、つまり頭脳ひとつで大富豪にのし上がった。
スティーブン・ブラッドレー:アメリカ人。オクスフォード大の数学教授。対メトカーフのために結成された4人組のリーダー。対メトカーフ作戦が一つ終わるたびに、取り戻した金額と必要経費を計算して記録。
ジェームズ・ブリグスリー:イギリス人貴族。企画力で他のメンバーに後れをとるが、演劇経験を生かして変装や演技指導を担当、貴族という身分による貢献も大。
ジャン・ピエール・フランソワ:フランス人の画廊経営者。絵画の贋作づくりの名人。
ロビン・オークリー・ニコラス:イギリス人。ハーレー・ストリートで開業している医師。
アン・サマード:アメリカ人のフォトジャーナリスト。元モデルで人目を惹く美人。

登場人物たちは、それぞれの出身国や身分の代表であるかのようにわかりやすく描かれている。数学者は理論的でめっぽう数字に強く、貴族は能がなさそうなのに出るところに出れば一目置かれ、フランス人は芸術家風でちょっといいかげん、医者はいかにもセレブ、といった具合。詐欺師にポーランド出身の男を持ってきたのがちょっと気になるが、各国の移民の中から頭の良さで抜てきされた、とも考えられるので、深くは追求しないことにしよう。大富豪になってからはそれなりの品位を備えた人物として描かれていることでもあるし。さて、そんな中でアンという女性は、ブリグスリーが一目惚れした相手、という設定だが、はじめのうちはストーリー展開上特に必要はないけれど彩りのために添えられている、という感じに描かれている。ところが実は、作者は意図的にこの人物の影を薄くしていたのだということが、後の方でわかる。(推理小説の先を読むのは割合得意なのに、まんまとだまされました。)(2014.3.2読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-31 21:12 | 読書ノート | Trackback | Comments(3)

「ミートソース」


c0077412_17175185.jpg
韓国語講座の3分間スピーチ、今回の課題は「私の得意料理」でした。下の文はスピーチの内容を少し書き直したものです。日本語は韓国文の下にある「ミートソース」をクリックしてお読みください。

미트소스
미트소스에 대해 이야기하겠습니다. 저는 요리의 달인이 아니니까 어떤 요리든 만들 때마다 맛이 달라지곤 합니다. 그런 제가 언제나 실수 없이 먹을만하게 만들 수 있는 유일한 요리가 미트소스입니다.
그럼 우리집 미트소스를 만드는 방법을 소개하겠습니다.
재료(이인분): 양파 하나, 다진 고기 100그램, 베이컨 두 토막, 올리브유 조금, 토마토케첩 150그램, 물 1/2컵, 로렐 (즉 월계수의 마른 잎) 한 장, 그리고 여러가지 향신료.
향신료에 대해 조금 더 자세히 말하면, 미트소스를 만들기 위해 제가 준비하는 향신료는 먼저
파프리카와 칠레페퍼입니다. 이 두 가지는 미트소스 만들기에는 필수입니다. 그 이의는 클로브, 카르다몸(카다몸), 오레가노, 세이지, 타임 등을 준비하면 됩니다.

만드는 방법: 양파와 베이컨을 잘게 썰고 프라이팬에 넣고 올리브유에서 볶습니다. 양파가 투명해진 뒤 다진 고기를 더하고 조금더 볶습니다. 거기에다 토마토케첩과 물, 그리고 남은 재료를 다 한꺼번에 낳은 뒤, 약한 불로 조금 끈끈해질 때까지 볶으면 완성됩니다.
비결이라는 게 별로 없지만, 억지로 말하면, 베이컨과 여러가지 향신료를 쓰는 것입니다. 그렇게 함으로써 소금을 넣지 않아도 그런대로 맛이 있게 만들 수 있기 때문입니다.
그리고, 이게 올해 사월에 제가 말린 월계수의 잎입니다. 별로 신기한 물건이 아니지만 2장씩 받아주세요.

「ミートソース」
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-27 17:21 | 随想 | Trackback | Comments(0)

『ソウルの練習問題』(関川夏夫著、情報センター、1984)

c0077412_9221141.jpg「誠実な旅行案内を書こうと意図した。(…)過度の謙虚さにも、尊大さにも、深刻と冷笑のない交ぜにも陥ることなく、一つの誠実な異文化接触のルポルタージュを書きたかったというのが著者の真意だ」とあとがきにある。30年も前に出版された本だが、最近たまたま手に入ったので、今さら、とは思ったが読んでみた。
ソウルの状況は、私が初めて韓国を訪れた1993年と二回目の1994年当時も、ここに書かれているものとあまり違っていなかったような気がする。まだまだ、日本人と韓国人の間には言葉の壁と気持ちの壁があった。それでも私の場合はいやな思いをしたことはない。おそらくそれは私の関心が韓国の風景や文化遺産の方にあって、この著者ほど深く人々と触れ合うことをしていないからではないかと思う。そういう意味で、真摯に韓国、韓国人と向き合い、相互の理解を深めることに心を砕いているこの本の著者の姿勢とバイタリティーに圧倒される。私は2002年と2003年にも友人たちとソウルや慶尚北道を訪れているが、いずれの場合も人々の表情や言動に前には見られなかったゆとりがあり、日本人に対する当たりも前よりさらに柔らかくなっているように感じた。その後は韓国を訪れる機会がなく、昨今の現地の空気は想像するしかない。この著者が『続ソウルの練習問題』を出してくれることを期待したい。

この本の中で最も共感したのが第4部にある「ハングルの贈りもの」の次の部分。要約して引用すると――
朝鮮語は漢字を追放したために膠着語には本来不向きな「分かち書き」を取り入れざるを得なくなったが、この「分かち書き」がまるで不統一なため、ベンケイナギナタ式の誤りをおかしやすい。また、漢字語は同音異義語が多く、ハングルだけではつかみにくいため、難しい漢字が次第に捨てられて行きつつある。さらに同意語、反意語、類語などは漢字の字面を眺めないと発想しにくい。ハングルだけを使っていると造語能力の衰退に繋がり、言語の進化を阻む可能性がある。

韓国語の本を読んでいていちばん困るのが、意味が二通りにとれそうな漢字語がハングルで表記されていることだ。韓国人に尋ねても解決できない場合もある。漢字で表記してくれれば著者の意図も正しく伝わるだろうに、と思うのだが、「韓国人にとって漢字とは日本文化を思い出させるものなので、日本の影響力の排除のためには頑として漢字を退け、世界で最も合理的な文字であるハングルだけを使うのだ」ということらしい。たまに、ハングル表記された漢字語のうしろに括弧に入れて漢字が表記されていることがある。漢字でルビを振っているわけだ。この方式が普及すれば韓国人も漢字に慣れて、そのうちふつうに使い出すかもしれない(!?)(2014.2.26読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-23 09:23 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『立原正秋追悼』(白川正芳編、創林社)


c0077412_18133371.jpgこれは立原正秋逝去(1980年8月)の翌年4月に発行された「立原正秋追悼特集号」(同人誌『修羅』第13号)を、1985年にあらためて単行本として出版したものである。「追悼特集号」の編集の中心となったのは同人誌『朱羅の会』代表の白川正芳。執筆陣として吉行淳之介、中野孝次、高井有一、加賀乙彦、後藤明生、佐江衆一等、同人誌『犀』時代からの仲間や、先輩、後輩の作家たち、編集者たちが名を連ねている。
巻頭に掲げられた数葉の写真からは立原の端正で毅然とした雰囲気が伝わり、追悼文のそこここからは立原の作家として、人間としての魅力が強烈に伝わってくる。一方、好悪の情を隠すことをしなかったため、周囲を辟易させることも多かったらしいことが、中野孝次、後藤明生、佐江衆一、神津拓夫などの文を読むとわかる。これらを読むと、周囲とうまくやっていくことができなかった作家、というよりうまくやっていくことを拒否していた作家のようにも思われる。それはともかく、立原正秋とある時期をともに過ごした人たちの証言集であり、立原ファン必携の一冊と言えよう。(私は特にファンではないので、この本は知り合いのファンの方に譲る予定です。)(2014.2.17読了)
☆画像は韓国慶北安東市郊外にある鳳停寺の僧堂。立原正秋が生まれたとき父・李慶文がこの寺の僧だったため、立原は5歳から6歳にかけてこの僧堂に泊まって千字文を手習いし、四書五経の素読を学んだという。
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-19 18:14 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『五つ星ホテルの24時間』(イモジェン・E・ジョーンズ&匿名著、和波雅子訳、ソニー・マガジンズ)


c0077412_13465879.jpg『Hotel Babylon』(Imogen Edwards-Jones & Anonymous, 2004)
本書はロンドンの高級ホテルの裏側を描いたもので、語り手はこの世界を知り尽くしているベテランのレセプション係、という設定。「プロローグ」によれば、ホテルの名前だけは架空のものだが内容はすべて真実で、実在のホテルマン(匿名の人物)に徹底取材して物語に仕上げたものだという。様々な客が立ち現れて次から次へと問題を引き起こすだけでなく、従業員の間でも大小のトラブルが絶えない。当事者だったらとても身が持たないと思われるすさまじい展開に、いくら何でも、と思ってもう一度「プロローグ」を見てみたら、10年分の出来事を24時間に凝縮した、とあった。それで「内容はすべて真実」といわれてもねえ。
事故や事件はさておいて、それ以外のことで興味深かったのはホテル従業員たちの人種による棲み分け。メンテナンス係は圧倒的にポーランド人が多く、夜間の掃除係は大抵バングラデシュ人で、イギリス人の客室係は絶対にいないのだという。もちろん客にも従業員から見た格付けがあって、歓迎されるのはテキサスの石油王とかアラブの大富豪。もちろんチップをふんだんにばらまいてくれるからだ。これに対して、ホテル側がダブルブッキングしておいて誰かを断らねばならなくなった場合に真っ先に切って捨てるのは「お一人さま一泊のみ」の客で、このため毎度割を食うのが日本人のビジネスマンなのだそうだ(涙)。
それから、ある程度は想像がつくけれどもまさかこれほどとは、とあきれるのが「高級ホテル」がその名を利用してほしいままにしている各種の料金。例えば、アフタヌーン・ティーの場合、ポットのお茶にケーキ数種、お上品なサンドウィッチ、イチゴ2,3個にスコーンとクリーム。これだけ合わせても原価は1ポンド足らずなのに、一人前11ポンド75ペンスで出していて、お茶のお代わりが5ポンド、という具合。しかも最近はめんどうなケーキ作りに時間をかけていられないので、外から買ってくるのだという。おいしくても実はホテルで作ったものじゃない、というわけだ。こんなことを暴露しても、なにがなんでも高級ホテルに泊まり、食事をし、お茶をしたい、という人は後を絶たないだろうから、この作品が営業妨害で訴えられる心配もないだろう。
多彩な登場人物、めまぐるしい場面展開という映像向きの作品で、すでにイギリスのBBCで放送されているという。(2014.2.15読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-15 13:48 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『眠る杯』(向田邦子著、講談社)


c0077412_14452817.jpg

読書会「かんあおい」2014年2月の課題図書。
東京新聞などに掲載された50編ほどの短編をまとめたもの。印象的だったものを以下に記しておく。



「眠る盃」:「荒城の月」の「巡る盃」を聞き間違った話。(こういう聞き間違いはよくあるもので、私の身近にもイヴ・モンタンをイモブンタンと思っていた人がいました。)
「字のない葉書」:妹が学童疎開したときの話。(涙なしには読めません。)
「ツルチック」:韓国語の들쭉に由来する言葉。(トゥルチュクはクロマメノキのことで、白頭山一帯にある高山植物。ツツジ科でアサマブドウともいうそうです。)
「父の風船」:「英語の単語を因数分解で解け」という宿題の夢を見た話。
「吾輩は猫である」:小5で出会った。(私は中1でした。)
「国語辞典」:なるべく人の読まない本を読む。
「抽出しの中」:ものの整理が下手で、どこに何があるかわからなくなる。夜中に切手が必要になると友人の澤地久枝女史の家にタクシーで行って切手を恵んでもらう。澤地さんの抽出しはいつもきちんと整理されている。
「騎兵の気持ち」:5階の部屋で悲鳴を聞き、下の道をひったくり男が逃げ、女が追いかけるのを見たが、助けに出てもどうせ間に合わない、と結果的に「高みの見物」をすることになってしまった。人間、あまり高いところに住まない方がいい。歩兵の方が人間的で、騎兵は少しばかり薄情なのではないか、とも思った。
「銀行の前に犬が」:日本に赴任したイギリス人外交官夫妻が日本語の授業で「銀行の前に犬が寝ています」というセンテンスを習い覚えた。こんな会話は一生使うことはあるまい、と笑いあったが、何十年か後ロンドンで、外出から帰ったメイドの口からこのセンテンスを聞いた。(まさか!)
(2014.2.5読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-11 14:46 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

꽃놀이 이야기


c0077412_15212345.jpg하나미를 하는 방법은 두 가지로 나누이어 있다. 하나는 꽃피는 나무아래서 먹고 마시는, 이른바 [금강산도 식후경] 식으로 하는 하나미이고, 또 하나는 오로지 구경만 하는 하나미다. 그 중 제가 좋아하는 하나미는 후자다. [금강산도 식후경] 식의 하나미를 하는 사람들이 사용하는 파랑 깔개와 분홍색 벚꽃이 보여주는 빛깔의 짜맞추기가 너무 보기 싫어서다.
여기 ○○시에는 꽃구경하면서 거닐기에 알맞은 길이 여려가지 있는데, 제가 좋아하는 산책길은 ◇◇川 강변길이다. 이 강은 ○○시 중앙부를 서쪽에서 동쪽으로 흐르는 1급하천인데, 그 강변 약3km에 500자루가 넘는 벚꽃들이 줄지어 있다. 왕벚꽃을 비롯하여 산벚나무(야마자쿠라), 오오시마자쿠라등 종류도 많아서 한 달 동안 내내 꽃구경을 즐길 수 있다. 정말 환상적인 벚꽃길이다.
그런데 제가 그 강변길을 좋아하는 또 하나의 이유는 그 강변길 도중에 어떤 카페가 있기 때문이다. 그 카페는 왼쪽강변에 있고, 이름은 프랑스어로 rive gauche라고 씌어져 있다. 일본어로는 左岸이죠. 그 카페는 아주 신기하게도 일년에 한번, 벚꽃이 피어 있는 동안만 문을 연다. 그 이외는 카페의 문은 언제나 꼭 닫혀 있다. 이름도 멋있고, 경영방식도 참으로 멋이있는 카페가 아닌가요? 언젠가 카페 rive gauche도 없어질 날이 올텐데, 그런 날이 오면 저는 그 신기한 카페가 있어서 더욱 정겨웠던 강변길을 그리운 마음으로 추억하게 될 거다.

☆韓国語講座の「3分スピーチ」で話した内容を少し書き直しました。いちおう講師の先生に見ていただきましたが、そのあとでまたあちこちいじりましたので、怪しいところが……。下の「花見について」をクリックすると、日本語の文が現れます。

「花見について」
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-07 15:00 | 随想 | Trackback | Comments(1)

『雪の女王』(アンデルセン著、楠山正雄訳、青空文庫)

c0077412_2371599.jpg『Snedronningen』(Andersen)
底本「新訳アンデルセン童話集 第二巻」同和春秋社
このお話は、あるところに仲良しの男の子と女の子がいたが、あるとき男の子のカイが雪の女王にさらわれていなくなり、女の子のゲルダが雪の女王の城まで探しに行ってカイを救い出して連れ帰る話、としか覚えていなかった。そもそも雪の女王というのは何者なのか、なぜカイをさらっていったのか、がずっと気になっていたので読み返してみた。結局、雪の女王が何者なのかはわかったが、なんのためにカイをさらっていったのかはやはりあまりよくわからなかった。
副題に「七つのお話でできているおとぎ物語」とある。それぞれのお話のタイトルと主な登場人物は以下の通り。
第一のお話:鏡とそのかけらのこと――悪い魔法使いとその生徒たち
第二のお話:男の子と女の子――ゲルダ、カイ、おばあさま、バラの花、雪の女王
第三のお話:魔法の使える女の花ぞの――よい魔法使いのおばあさん、バラの花、その他の花たち
第四のお話:王子と王女――カラス、王女、王子、となかい
第五のお話:おいはぎのこむすめ――おいはぎのばあさんそその娘、森のハト
第六のお話:ラップランドの女とフィンランドの女
第七のお話:雪の女王のお城
雪の女王にとらわれたのが男の子で、それを救い出すために一人で遠い北の国まで旅をするのが女の子、つまり受け身の男の子と積極的な女の子、という設定であるところが興味深い。雪の女王を軸に、いろいろな民話を盛り込んで「うまくまとめたお話」である。(2014.2.3読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-03 23:09 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)