<   2012年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『맨발로 글목을 돌다』(공지영著)

c0077412_15383154.jpg『裸足で文章の路地を回る』(孔枝泳)
2011年の第35回李箱(イサン)文学賞受賞作品。
本作品は、『ポンスンオンニ』や『私たちの幸せな時間』とは趣が異なり、ルポルタージュか私小説のような雰囲気で始まる。後輩の記者の依頼を受けた「私」が、最近本を出したHを取材するため日本に旅立とうとしている。翌日の出立に備えて早く眠らなければならないのに眠りは訪れず、鋭い痛みが胸を突き抜ける。
「私」は過去に大きな苦しみと悲しみを経験していた。だからこそ、以前、Hと初めて顔を合わせたとき、彼の苦しみと悲しみがたちどころに理解でき、それを分かち合うことができたのだった。「私」は自分の経験したこと、Hの24年にわたる拉致体験、「ナヌムの家」の元従軍慰安婦の人生、アウシュヴィッツなどを語り、また『トニオ・クレーゲル』、『聖書』、プレーモ・レービの著作について語りながら、人間が不条理な暴力にさらされることの意味を探り、作家としてものを書くことの意味を見出していく。「運命に真っ向から対決するのではなく、運命を受け入れること、そして嵐に揉まれる船が、波風に立ち向かわず、波風に乗ってそれを超えていくような具合に運命と対決しよう」というメッセージが胸を打つ。

Hというのは北朝鮮に拉致されて24年をその地で過ごしたのちに帰還した人物で、「私」の本を翻訳した人物、すなわち蓮池薫さんである。彼が笑顔を作ったとき、目尻に小皺ができるのを見た「私」は「24年もの間完全に断絶した状況のなかで生きてきた人間が、いったいいつあんなに笑い皺ができるほど笑ったのだろう」、と不思議に思う。同じ作者の『人間に対する礼儀』という作品に、長期囚だった人の目尻の笑い皺を見て、語り手が同じ反応を示している場面がある。作者にとってよほど印象的なことだったのだと思われる。
ところで、「私」がHと会ったときの日本人記者たちとのやりとりが、かなり長々と挿入されている。ほかの部分とは雰囲気が異なり、不調和な感じさえするこの臨場感溢れる場面を作品に盛り込んだ作者の意図はなんなのだろうか。これに関する言及がこちらのサイトにあり、大いに参考になる。
(2012.10.30読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-31 15:40 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

ㅋ,ㅌで始まる植物の名前


c0077412_10281923.jpg植物の名前を韓国語を見出し語にして並べました。
韓国語名、和名、英語名の順になっています。
(英名なし)の表記があるものは英語名がないことが明らかなもので、英語名があるかないか確認できていないものは空欄にしてあります。

카네이션 カーネーション carnation dianto
카밀레 カモミール camomile
칸나 カンナ canna
칼란코에 カランコエ kalanchoe
코스모스  コスモス cosmos
콜레으스 コリウス coleus
콩젭비꽃 つぼすみれ 壺菫
크로톤 クロトン croton
큰고랭이 ふとい 太藺 zebra rush/softstem bulrush 
큰꽃으아리 クレマチス  clematis
큰달맞이꽃 まつよいぐさ 待宵草 evening primrose sundrops 


타래난초 ねじばな 捩花 ladies tresses/pearl-twist
태산목 たいさんぼく 泰山木 evergreen magnolia
토끼풀 クローバー clover
토마토 トマト tomato
튤립 チューリップ tulip
트리키르티스 히르타(학명) ほととぎす 杜鵑草 toad lily 
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-28 10:29 | 覚え書き | Trackback | Comments(1)

『어디선가 나를 찾는 전화벨이 울리고』(신경숙著、문학동네)


c0077412_13184647.jpg『どこかで私を呼ぶ電話のベルが鳴っていて』(申京淑著、文学トンネ)
タイトルは詩人・崔勝子の「끊임없이 나를 찾는 전화벨이 울리고(絶え間なく私を呼ぶ電話のベルが鳴っていて)」から取られている。老いた両親、明洞聖堂とデモの熱気、友人の失踪、孤独のなかの死、雪に埋もれる村などなど、申京淑作品特有の世界が静かに印象深いことばで綴られていく長編小説である。
物語は「彼」が8年ぶりに「私」に電話をかけてくるところから始まる。「私」は中学生のときに一人でソウルに出てきて、従姉妹のもとで暮らした。癌にかかった母親が、傍にいたいというジョン・ユンを無理やりソウルに出したのだ。それが母なりの愛情だったが、ジョン・ユンは母が恋しくてたまらなかった。数年の闘病の末に母が亡くなったあと、ジョン・ユンは大学を休学して故郷の父のもとで暮らす。そして1年後にソウルに戻る決心をしたとき、ジョン・ユンは父から母が残した通帳を、幼なじみのタニからエミリー・ディキンスンの詩集を手渡される。
ソウルに戻ったジョン・ユンは母の残したお金でひとり暮らしを始める。そして大学に復学したジョン・ユンが尹教授の講義室で出会ったのが、やはり復学してきたイ・ミョンソだった。このとき、ミョンソはほかの大学の学生である幼なじみのミルを伴っていた。講義の後、三人が尹教授の研究室に呼ばれたときに、ジョン・ユンがミルの醜い傷跡の残る手を握ったのをきっかけに、三人は急速に親しくなる。さらに、地方の大学に行き、勉学途中で入隊したタンもそこに加わって、四人の若者は青春を駆け抜ける。
「彼」からの8年ぶりの電話に、ジョン・ユンは「今どこなの?」と応じる。まるでいつも会っている相手に言うように。尹教授の危篤を知らせた「彼」も、「ぼくがそっちに行こうか?」と応じる。以前よくそう言っていたように。二人がそれぞれの幼なじみを交えて駆け抜けた青春の日々がジョン・ユンに押し寄せてくる。(2012.10.28読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-25 13:19 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)

『尼僧とキューピッドの弓』(多和田葉子著、講談社)


c0077412_9542997.jpg「ハンブルグとブレーメンとハノーヴァーを線で結べばできるはずの三角形の真ん中にある」W市。ここの小さな駅に語り手の女性が降り立つところから物語は始まる。人気はなく、車の交通量ばかり多い道をたどって、語り手は目的の場所である修道院にたどり着く。物書きである語り手は、修道院についていろいろ調べるために、しばらく滞在する予定でやって来たのだ。到着してみると、ここに来るようにと誘ってくれた尼僧院長は出て行ってしまったとわかるが、それでも語り手の滞在は何の問題もなく受け入れられる。尼僧院長の代理という人物が、尼僧院の歴史や性格を説明したあと院内を案内してくれる。その説明によると、ここはもともとはカトリックの修道院だったが現在はプロテスタントの施設で、いちばんの使命は歴史的文化財を保護することだという。院内の住人たちも入れ替わり立ち替わり現れて、語り手をお茶に誘ったり、いろいろな情報を与えてくれたりする。ただし、尼僧院長の出奔事件については誰も話したがらない。この住人たちに語り手は秘かにニックネームを付けていく(その漢字表記の名前の読み方がよくわからなくて気になる)。その住人たちとは……
透明美さん――尼僧院長代理。キリッとした美人。子育てを終えてから離婚して尼僧院に入り、そのあとハンブルグ大学で修士号をとった歴史学者。
老桃さん――2代前の尼僧院長。100歳近いが好奇心も食欲も旺盛。
貴岸さん――老桃さんの世話をしている背が高くて筋肉質の、気位の高い女性。アイケロー教会の女性牧師に惚れ込んでいる。
陰休さん――大きな病気をして、放射線治療を受けている女性。
火瀬さん――別館に住んでいる前尼僧院長。小柄で小太り、元気な年金生活者という感じの庶民的な雰囲気の女性。
河高さん――裏庭の一戸建ての住人。尼僧院の正式な一員ではなく見習い中なので、修道院の時間の流れの中に溶け込んでいないようで、身体の動きも計画の立て方もせわしない。
流壺さん――85歳だが重い荷を下ろしたあとの軽やかさと、無条件に愛されている幼児の華やかさをもっている女性。いなくなった尼僧院長は、弓(きゅう)道の先生のキュウーピッドの矢に射られた、と言って、その語呂合わせに満足してきゅっきゅっと笑う。
鹿森さん――「傷を負ったヘラジカの威厳と痛みを感じさせる歩き方」の女性。
若理さん――元弁護士の赤毛の女性。ほかの人たちより少し若い。

本書は第1章「遠方からの客」と第2章「翼のない矢」からなっている。第1章で姿を消したという話だけでどんな人物か不明だった尼僧院長が、第2章の語り手として登場し、出奔事件に至るまでの経緯を語る。
(2012.10.18読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-22 09:55 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『The Secret Scripture』(Sebastian Barry著)


c0077412_10152338.jpgアイルランド出身の作家が2008年に発表した作品。アイルランドの近代史を背景に、一人の女性がたどった数奇な人生がミステリータッチで綴られていく。
「ロザンヌの証言」と「ドクター・グリンの備忘録」が交互に展開する形で物語は進行する。ロザンヌはロスコモン地方精神病院の最高齢収容者(100歳)であり、ドクターはここの院長である。ドクターがここに赴任してきた30年ほど前もロザンヌはすでに老人だったが、まだとても美しかったし、レクリエーション・ルームに置いてあるピアノを弾いたりしていて、クイーンのようだった。今はほとんど自室に閉じこもっているので、ドクターはたびたび彼女の部屋を訪れる。ドクターにとってロザンヌは歴史であり人生だからだ。それに、ドクターは自分がロザンヌに好かれていると感じている。
一方ロザンヌには、聖トマスに似ている(ヒゲとハゲの)ドクターの訪問が嬉しくもあり、ちょっと面倒でもあった。毎日少しずつ、自分の人生の記録を愛用のbiroのボールペンで綴っていて、それを秘密の場所に隠しているからだ。家族を愛し、人生を楽しむことを知っていた父親と美しい母の三人で過ごした子ども時代、運が傾いたあとも気丈だった父が急死して、母と二人だけで取り残された思春期、独立運動の高まりと弾圧の嵐の中でも花開いた青春。最後まで書き終えることができるか、ロザンヌは気が気ではない。記憶力が急速に衰えているのを自覚していたからだ。
ところで、ドクターがロザンヌのもとをたびたび訪れるのにはもう一つの理由があった。ロスコモン病院の建物が老朽化したため、新しい施設に移転することになったのだが、新しい施設のベッド数が少ないので収容人数を減らす必要が出てきたのだ。少しでも健康で精神的にも健全な者は社会に送り返すということになり、ロザンヌはその候補の一人になっていた。しかしロザンヌは大変な高齢であるし、これまで一度も親族の訪問がないのも問題だ。そもそもロザンヌはなぜこの施設に入っているのか、精神異常の徴候は全くないのに、と精神医学者のドクターは疑問に思う。こうしてドクターはロザンヌの人生経路をたどる調査に乗り出す。まずはロスコモンに移ってくる前、ロザンヌが最初に収容されたスライゴウの精神病院へ、そこで得た新たな情報をたどってイングランドの関連施設へ。こうしてドクターは、ロザンヌに過酷な人生を強いることになった人びとの人生も決して平穏なものではなかったこと、彼らの人生を呑み込んだアイルランドの歴史の流れは、それらの外に身を置いていたはずのドクター自身をも巻き込んで流れていたことを知ることになる。

☆Free Stater、Royal Irish Constabulary、IRA、英愛条約など、確認すべきことばや歴史事項が多くて悪戦苦闘しましたが、その甲斐のある素晴らしい作品でした。欧米ではかなり読まれているようなのに、日本ではまったく話題に上っていないのが残念です。(2012.10.17読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-19 10:16 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件』(G・ブランドレス著、河内恵子訳、国書刊行会)


c0077412_10421016.jpg『Oscar Wilde and Candlelight Murders』(Gyles Brandreth)
ロンドンは国会議事堂近くのカウリー・ストリート23番地にある小さなテラスハウスで、キャンドルライトに囲まれた美しい少年の死体が発見される。発見者は、詩人であり、劇作家であり、当時センセーショナルな文人として名をはせていたオスカー・ワイルド。死体となっていたのは取るにたらない男娼だった16歳のビリー・ウッド。1889年8月31日の、太陽が照りつける午後のことだった。
ワイルドがそのことを友人であるロバート・シェラードに話したのはその夜遅く、夜中の12時を過ぎてからだった。ワイルドはその前にアメリカの出版人ストッダート氏と会っていたからだ。その席でワイルドはアーサー・コナン・ドイルという新しい友人を紹介され、名探偵を世に送り出したばかりのこの友人に、事件のことを語ろうと思いつく。翌日の9月1日、ワイルドはドイルとシェラードを伴ってカウリー・ストリート23番地に向かう。ところが現場に着いてみると、少年の死体は消え、血だらけだった床は蜜蝋で磨きあげられていて、殺人の痕跡は皆無だった。しかし部屋のあちこちを調べたドイルは、ワイルドが真実を語っていることを確信した。そして、ロンドン警視庁の警部エイダン・フレイザーは友人だから彼のところに行くように、と言って妻の待つ田舎に帰っていく。ところがエイダン・フレイザーがなかなか動き出さないので、結局ワイルド自身が事件の真相解明に尽力することになる。その観察力と推理力でドイルの度肝を抜いたワイルドがシャーロック・ホームズ、彼と行動を共にしてすべてを記録するシェラードがワトスンというわけである。

この作品は推理小説としても、ワイルドの人物記としても、当時のロンドンの雰囲気を伝える風俗小説としても楽しむことができる。因みに、語り手のロバート・シェラードはワーズワースの曾孫で、ワイルドの友人であったこと、ドイルとワイルドがストッダート氏の所で初めて出会ったこと、このときのストッダート氏の依頼から生まれたのがワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』とドイルの『四つの署名』だったことなどはすべて事実であることが、ワイルドの研究者である訳者の解説に記されている。(2012.10.15読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-16 10:44 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

ㅊで始まる植物の名前


c0077412_1014299.jpg植物の名前を韓国語を見出し語にして並べました。
韓国語名、和名、英語名の順になっています。
(英名なし)の表記があるものは英語名がないことが明らかなもので、英語名があるかないか確認できていないものは空欄にしてあります。


차나무 ちゃ 茶 tea plant
참깨 ごま 胡麻 sesamue
참마 やまのいも 薯蕷 Japanese yam/glutinous yam 
참빗살나무 まゆみ 真弓
참외 まくわうり 真桑瓜 oriental melon
참제비고깔 ひえんそう 飛燕草 larkspur 
창포 あやめ 菖蒲/文目 iris 
채송화 まつばぼたん 松葉牡丹 rose moss 
철쭉 くろふねつつじ 黒船躑躅 royal azalea 
청각채 ふのり 布海苔 glue plant 
촉규화 もみじあおい 紅葉葵 scarlet rose mallow 
측백나무 このてがしわ 児の手柏
층층나무 みずき 水木 giant dogwood
칡 くず 葛 vine/creeper 
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-13 10:01 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

『花に水をやってくれないかい?』(イ・ギュヒ著、保田千世訳、梨の木社)



c0077412_9432573.jpg『모래시계가 된 위안부 할머니』(이규희著、푸른책들)
「教科書に書かれなかった戦争」のpart60で、副題は日本軍「慰安婦」にされたファン・クムジュの物語。元慰安婦として名乗り出た実在の女性・黄錦周さんをモデルに、作者が彼女から聞いたことや自ら調べたことをもとにして書き上げたフィクション。少年少女を読者に想定してこうしたテーマを扱うのはかなり難しいことだろうと思われるが、本書はあからさまな表現は避けながらも本質的なところはきちんと押さえており、読み物としての魅力も十分備えている。ただ、おばあさんと関わり、おばあさんを深く理解するようになる子どもが女の子であるのは自然なことかもしれないが、より多くの10代の読者を獲得するためには、この役割を男の子にさせてもよかったのではないか、という思いが残る。
本書は、ファン・クムジュがたどった道を示す地図、作者のことば、16章からなる本文、「10代の読者のみなさんへ」と題する翻訳者による後書き、「日本軍慰安婦とは」と題する解説、日本軍慰安婦関連年表という構成になっている。
作者のことばは2010年夏の出版の際に書かれたものと、2012年初夏の日本語版出版に際して書かれた「日本の読者へ」と題するものの二つが掲げられており、慰安婦にされた女性たちの悲しみと痛みを忘れてはいけない、彼女たちの悲しみと痛みを日本の若者たちにもわかってもらいたい、という作者の思いがおさえた語調の中からしっかり伝わってくる。本文の1章から6章では、集合住宅に転居してきたウンビという5年生の少女が、隣室に住む得体の知れないおばあさんが何物なのかを知るに至る過程、7章から12章までは、そのおばあさんが語る「花のようだった少女時代」と踏みにじられたその後の人生、そして13章から16章までは、ウンビに心を開いた隣のおばあさんとウンビ一家の心温まる交流が綴られる。しかし、やがて元慰安婦たちは砂時計の砂のように一人、また一人と亡くなっていき、隣のおばあさんも記憶が砂時計の砂のように消えていくのだった。原題は「砂時計になった慰安婦のおばあさん」。(2012.10.13読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-10 09:43 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

『突然の秋』(ジム・ハリスン著、山本光伸訳、草思社)


c0077412_8262846.jpg『Farmer』(Jim Harrison)
ミシガン州北部の農場を舞台に、人生の秋を迎えようとしている男の揺れ動く心を描いた作品。主人公のジョセフは43歳で、幼いときの事故で片足に障害が残っているが、父の残した農場を経営する傍ら、長年近くの学校で教師として働いてきた。姉妹たちはみな家を離れ、現在は母親と二人暮らし。その母親は癌に冒されて余命幾ばくもない状態の中で、ジョセフのこれからを案じている。というのも、ジョセフは今、幼なじみのロザリーと、生徒のキャサリンという二人の女性とつき合っているからだ。ロザリーは、ジョセフがいずれは結婚するつもりでいて、周囲の人たちもそれを当然のことと思っている女性。ところがジョセフは町から転校してきた利発でかわいいキャサリンに惹きつけられる。そして、農場でキャサリンの馬を世話することになったことから、キャサリンとジョセフは急速に親しくなり、関係を持ってしまう。田舎に引きこもった生活のせいで女性との接触が乏しかったジョセフは、積極的で奔放なキャサリンに夢中になってしまい、ロザリーの存在も、教師という立場も、周囲の目も、母親の気遣いもすべて横に置いておいて、もうしばらくキャサリンと楽しみたい、と思うのだった。
この作品の魅力のひとつは、農場を取り囲む美しい自然が丁寧に、生き生きと描かれていることである。また、そこに暮らす人びとの描写も綿密で、特にドクターはこちらを主人公にしてもいいほどに魅力的な人物になっている。ドクターはジョセフの父親の代からの付き合いで、ジョセフや母親を医者として、友人として温かく見守り続ける存在である。そんなドクターが次のような台詞を吐いていて、思わずのけぞったあとに笑いがこみ上げてきた。
「わたしはきみの父親が好きだったし、あの傾きかけた家に勢ぞろいした亜麻色の髪のかわいい子どもたちを見るのも好きだった。それに女の子たちはとても頭がよかったから、わたしはカール(ジョセフの父親)に、この子たちはなんとしても大学まで行かせたい、わたしに援助させてくれと申し出た。しかしカールは断った。もう十分援助してもらっている、女の子は早く結婚したほうがいいんだからと。正真正銘、田舎者のたわごとだ。スウェーデン人てのは日本人と同じで、どいつもこいつも頭が固くて融通がきかん。そうは思わんかね?」(2012.10.9読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-07 08:27 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『담배를 피우는 여자』(이규형,서을도쿄)


c0077412_13305768.jpg
『たばこを吸う女』(イ・ギュヒョン)
九つの短編を収めた短編集。40歳を目前に控えた著者が、若者を卒業するに当たって若い感覚の表徴として何かを残したいという気持ちで執筆したという。初版の出版は2000年12月。

執筆の際に思い浮かべた作品として、著者は次のような映画作品をあげている。
『ラブストーリー』(1970年の米国映画、監督アーサー・ヒラー、主演ライアン・オニール、アリ・マッグロー、邦題は『ある愛の詩』)
『ハリーがサリーと会ったとき』(1989年の米国映画、監督ロブ・ライナー、主演ビリー・クリスタル、メグ・ライアン、邦題は『恋人たちの予感』)
『フレンチ・キス』(1995年の英米合作映画、監督ローレンス・ガスタン、主演メグ・ライアン、ケヴィン・クライン)

つまり、読んだあとに幸せな気持ちになれるものを書こうと思った、ということだ。確かに『ラブストーリー』も、悲しいだけの話ではない。こうしてできあがったのが次の10編というわけで、いずれも温かくて幸せな結末が待っている物語である。
『放送局の女』『ホームランを嫌う女』『たばこを吸う女』『サマータイムの女』『美人で温かい女』『水商売をする女』『コーヒーをいれる女』『テワンを愛している女』『人を見抜く女』

この短編集には往年のヒット映画やら、The Mamas &Papas のCalifornia Dreamingといった往年のヒット音楽が随所に出てくるのが嬉しい。 これらをはじめとして外国の地名や人名がたくさん出てくるので、nishinaの韓国語『外来語辞典』を充実させることができたのが、実はいちばんの収穫だった。(2012.10.6読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-12-04 13:32 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)