<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『ローマの物語』(アルベルト・モラヴィア著、米川良夫訳、白水社)

c0077412_10505653.jpg白水社「新しい世界の短編」シリーズの2(1967年11月20日発行)。全部で19編の短編が収録されている。いずれも「ぼく」あるいは「わたし」と自称する男たちが、ありふれた、あるいは数奇な、時におかしく時にもの悲しく、時にはぞっとするようなさまざまな体験を語るのであるが、そのストーリー展開の巧みなこと。これぞ短編小説、という感じの作品が並んでいて飽きさせない。特に印象的だった作品は以下の通り。
「ではまた、さようなら」――刑務所を出るときにふと見かけた所長に「ではまた、所長さん、さようなら」と声をかけてしまった「ぼく」のたどった運命は…。
「暑さの悪戯」――熱気のこもる狭い家とうるさい家族にうんざりした一家の主である「ぼく」は衝動的に家出をしてしまうが、テヴェレ川の向こう側にある空き地でより凄まじい貧しさのなかに取り込まれそうになり…。
「ノーとは言わない」――夫のことばにいちいち逆らう妻のアデーレを、口論のあげくに失った「ぼく」が見つけた新しい相手は、「ノーとは言わないわ」と言うジュリアだった。
「カテリーナ」――聖女のようだった妻が結婚して2年後に性格が変わって悪魔のようになってしまい、「ぼく」は自殺を考えるほど追い詰められるが、1943年、ローマに空襲が始まって…。
「ちょうどあんたの番がきた」――ごみ取り人夫の「ぼく」が恋をした。「ぼく」は彼女に自分の仕事を知られたらお終いだと思っていた。彼女は実は、ごみ取り人夫が好きな女性だったのに。
「スープでも飲みな」――60近くになった椅子職人の「わたし」が再婚した天使のようなジュディッタは、結婚したとたんに悪魔になってしまった。途方に暮れ、絶望的になっている「わたし」のところに、ある日電話がかかってくる。「スープでも飲みな(しっかりしろの意)」というその胴間声の持ち主は…?
(2009.10.24記)

☆画像はFabbri-RCS Libriのものです。
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-28 10:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『四重奏/目』(ウラジーミル・ナボコフ著、小笠原豊樹訳、白水社)

c0077412_11153087.jpg白水社「新しい世界の短編」シリーズの8(1968年6月5日発行)。「四重奏」というタイトルでくくられた小説4編と、「目」と題する小説1編、合計5つの小説を収めた短編集である。
『名誉の問題』――ドイツに住むロシア人亡命者のアントン・ペトローヴィチは、同じ亡命者のベルクに細君を寝取られたことを知って、彼に手袋を投げつけた。決闘の申し入れである。男としては決闘しか道はないのだ。しかし、彼には自分の決闘が現実のものとは思えない。それなのに事はどんどん運び、介添人が決まり、場所や時間、武器などが決められて行く。彼はもう後へは引けない。いや、逃げ出してしまう手もある。もしかしたら、相手のほうも逃げ出すかも知れない。追い詰められたアントンの妄想は広がって行く。
『リーク』――亡命ロシア貴族の美貌の青年という役で芝居の世界で生きているリークは、ロシアについては朦朧とした幼年期のイメージしか持たない孤独な青年である。それに、彼の役柄は無意味で、演技改良の可能性もなかった。それでも彼は舞台へ登場する度に神秘的な喜ばしさを感じるようになっていた。そんなある日、リークが意識のいちばん奥へ追いやっていた忌まわしい人物・従兄弟のコルドゥーノフが立ち現れて……。
『博物館を訪ねて』――「私」はある肖像画の所在を確かめるために、地方にあるとある博物館を訪れる。そんな肖像画はないという守衛に監視されながら館内を見て回ると、問題の肖像画があった。買い取りの交渉をするために博物館長の許を訪れると、館長もそんなものはカタログに載っていない、と存在を否定する。それで館長をくだんの肖像画のところに連れて行く。折から館内には観光客がなだれ込み、乱暴狼藉を繰り広げる。やむを得ず、「私」と館長が別の部屋に移動すると、またそこに人びとが押しかけるので、また別の部屋へと移動することになる。こうして、はじめは陳列室が二部屋あるだけに見えた博物館の空間は異様に膨張していき、予想を超えた光景が展開していく。

☆訳者はあとがきで、『名誉の問題』『目』『リーク』『博物館を訪ねて』『ヴェイン姉妹』の順に読むことを勧めています。そうすれば20年代から50年代に至る亡命ロシア人の精神の道程を推し量ることができるだろう、というのです。こういう情報はあとがきではなく前書きで提供して欲しかった! おもしろさの順を言えば私の場合、『博物館を訪ねて』『名誉の問題』『目』『リーク』『ヴェイン姉妹』でした。(2009.10.20記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-25 10:06 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

2回来るサンタ     特派員メモ     ブリュッセル

☆新聞のコラム(2008.12.5朝日新聞)を韓国語にしました。原文は韓国語の下にあります。「2回来るサンタ」のところをクリックしてください。


두 번 오는 산타클로스    특파원메모   브뤼셀

벨기에에는 12월, 산타클로스가 두 번 온다. 6일은 [성 니콜라의 날]. 하얀 수염을 기른 그 모습은 24일에 오는 [산타클로스]와 조금 닮은 데가 있기는 있지만, 사슴(注)이 끄는 매가 아니라 당나귀를 몰고 온다.
착한 아이는 선물을 받을 수 있지만, 그렇지 않은 아이는 성 니콜라와 같이 다니는 [채찍 아저씨]한테 채찍을 맞는다. 이 계절, “성 니콜라에게 일러바쳐야지” 라는 말은 아이에게 가장 효과적인 말이라고 한다. 네덜란드, 프랑스의 일부에 남아 있는 전통행사이다.
[직장의 술모임]같은 것이 거의 없는 나라이지만, 벨기에의 기업은 왜 그런지 성 니콜라의 파티만은 사원들과 함께 그들의 식구들도 초대하여 성대하게 치른다. 크리스마스 직전의 주말이 그 행사의 절정다. 대기업에서 일하는 미혼자인 친구는 “주위 사람들이 모두 행사 준비에 몰두하고 있어서 일이 제대로 돌아가지 않았다” 며 투덜거렸다.
금융위기 때문에 국유화 된 주요은행 폴티스도 예년과 같이 파티를 베풀었다. 아이들은 선물을 받았지만 “어른들은 물조차 받을 수 없었다”고 어떤 참가자는 말했다. 익살꾼역을 하는 이가 분위기를 띄우기 위하여 공기놀을 하면서 “업 엔드 다운! 마치 아빠 회사의 주식가격과 같지” 등 엉뚱한 말로 사람들의 쓴 웃음을 자아냈다고 한다.
올해는 그 고장 아이들의 흉내를 내며 당나귀가 좋아하는 당근을 구두속에 넣고 성 니콜라를 기다려 볼까? (이다 카나꼬)

(注)韓国ではサンタクロースのそりを引く動物を토나카이(トナカイ)ではなく사슴(鹿)と呼ぶのが一般的だそうです。


2回来るサンタ     特派員メモ     ブリュッセル
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-22 11:48 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)

『ハードル』(青木和雄著、金の星社)

c0077412_16431683.jpg読書会「かんあおい」2009年10月の課題図書。
小学校6年生の麗音(レオン)と4年生の佑樹という兄弟を主人公に、子どもたちの抱えるさまざまな問題と、それを乗り越えて成長する子どもたちの姿を描いた作品。
家庭には仕事人間で子どもの教育は妻任せ、というか妻のいいなりの父親と、子どもたちと心を通わせようとしない頑なで偏狭な母親がいる。学校には中学受験のせいで精神的に不安定になって、万引きをしたあげく、犯人捜しが始まると罪を麗音に押しつけてしまうクラスメートや、密告者のことばを鵜呑みにして無実の者を追い詰めるような教師たちがいる。また、父親の仕事が失敗したため、父親を残して移り住んだ母親の生まれ故郷にも、保身に汲々としている教師やら、よそ者を眼の仇にする上級生やら、それを黙認している大人たちがいる。
一方、主人公たちには、心を通わせることができて常に力になってくれるような友だちが何人もいるし、優しく見守り、ときには教え諭してくれるような大人たちもいる。こうして兄弟はさまざまな危機を乗り越えていくのだが、それと並行して彼らの両親もそれぞれ親として、人間として成長してゆき、一時は家庭崩壊かと思われた彼らの一家は、固い絆で結ばれた家族として再生の道を歩みだす。――というきわめて「教育的な」物語である。
蛇足――表紙や挿絵(画:木村直代)に描かれている男の子たちは抜群のハンサム・ボーイなのに、女の子たちの顔があきれるほど不細工なのはなぜなのだろうか。(2009.10.17記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-19 16:43 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『林望のイギリス観察辞典』(林 望著、平凡社)

c0077412_9304284.jpg『イギリスはおいしい』『イギリスは愉快だ』に続くイギリス・シリーズの一巻。首都ロンドン、学問の町ケンブリッジとオクスフォードなどに滞在し、イギリスの各地を旅した著者が綴る、イギリスへの愛にあふれた観察記。
たとえば同じ「天気」の話題でも、ハンガリー出身の作家ミケシュのHow to be an Alien に見られるような、からかうような筆致はどこにも見あたらず、あくまでも正面から、深い愛情を持ってイギリス、イギリス人を見ているのが特徴。タイトルが「観察辞典」となっていることからもわかるとおり、学者である著者がイギリスを深く観察して得た知識、見解を項目別に並べたもので、一般読者がイギリスをより深く知るための案内書という体裁になっている。
特に興味深いのは、普通の旅行者には体験できない、著者ならではの体験を綴った部分で、その最たるものはケンブリッジやオクスフォードでの学者としての体験であろう。またルーシー・マリア・ボストンとの交流や、彼女の手作りキルトに関する話も、イギリス児童文学好きには垂涎ものである。
矢吹申彦の装丁がいい。傘をさした山高帽の紳士が空中散歩をしていて、マグリットと共通するシュールな世界が広がっている。(2009.10.11記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-16 09:30 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

「マナー違反をピッ」   特派員報告  北京

☆新聞記事(2009.5.8朝日新聞)を韓国語にしてみました。原文は韓国語の下にあります。

매너위반을 광선으로 특파원메모 베이징

번쩍,번쩍. 빨간빛, 푸른빛의 레이저 광선이 관객의 얼굴을 비춘다.
중국이 자랑하는 베이징 국가대극원홀. 빛이 향하는 곳에는 휴대폰으로 무대를 찰영하려고 하는 사람들이나, 잡담하고 있는 사람들이 있다. 펜-라이트(만년필 모양의 회중전등)로 광선을 발하는 이는 객석을 둘러싸 듯이 주의에 서 있는 안내원들이다. 그 광선은 매너를 지키라는 무언의 경고였다.
그 솜씨가 참으로 대단하다. 곁에 앉는 사람에게는 빛을 닿게하지 않고, 바로 당사자의 얼굴만 비춘다. 놀라서 조용히 하는 사람도 있다. 또 빛이 닿았다. 솜씨가 좋네. 그렇지만 그 빛이 눈에 들어가면 위험하지. 오자와 세이지가 지휘하는 베토벤의 곡이었는데, 볼만한 [공방]이 더욱 흥미로워, 마음이 산란해지고 말았다.
콘서트홀이나 극장에서 왜 중국사람은 매너가 나쁜 것인가. 물론 그것은 일부 사람에 한 하는 일이지만, 전화벨이 울리는 것은 그저 시작에 불과하다. 전화로 거래처의 번호를 몇 분 동안이나 되풀이하여 불러내고, 악기에 맞추어 발로 바닥을 치고, “지금의 박자가 절묘하지” 라며 그 자리에서 강평하기도 한다. 정적을 즐기는 습관이 없기 때문에, 혹은 서양의 매너를 배울 기회가 없었기 때문에 등등, 그 사연에 대해서는 여러가지 설이 있는데, 비난하는 쪽의 행위도 난폭하다고 말할 수 있다.
오자와 세이지 연주회의 며칠 후, 이탈리아 가수의 무대를 보았다. 그러나, 역시 이 때도, 아는 곡을 함께 읊조리는 사람이 있었다. [카라 오케] 가 아니지, 그만 두어! 나도 레이저 광선펜을 가지고 싶어. 번쩍.

「マナー違反をピッ」   特派員報告  北京
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-12 11:03 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)

『木立の中の日々』(マルグリット・デュラス著、平岡篤頼訳、白水社)

c0077412_1063683.jpg白水社の「新しい世界の短編」シリーズの1(1967年10月20日発行)。今となっては「古い世界の短編」となってしまったが、この手の作品が大好きだった頃を懐かしく思い出しながら読んだ。『木立の中の日々』、『ボア』、『ドダン夫人』、『工事現場』の4作品が収録されている。
『木立の中の日々』はほとんど全体が会話から成り立っており、地の文も「ト書き」のように短く、状況や会話の内容を解き明かす役割を担っていない。自分の工場を息子が継いでくれたら、という淡い期待を抱いて息子の許を訪れた年老いた母親と、きちんとした職に就かずにその日その日を適当に過ごしていたい息子、そんな息子に邪魔にされながらしがみついている気だてのいい娘、という三者三様の登場人物たちが、噛み合わない会話を交わしながら短い出会いの時をやり過ごす。不条理劇のようでもあり、人情劇のようでもある芝居、といった雰囲気の作品である。
『ボア』と『工事現場』は上記のものとは逆に、一人の人物の目に映るもの、心に浮かぶことを綴った「語り」だけで成り立っている作品である。その「語り」の文は持って回った表現や、収拾がつかなくなりそうなほどに複雑に入り組んだ構造を持って延々と綴られて行く。かつての「新しい文学」の特徴の一つだったこの文体は、初めはとっつきにくいが読んでいくうちに快感となっていく、不思議な魅力にあふれる文体である。
『ドダン夫人』は上記の2種類の間をゆくような作品で、適度に会話があり、適度に地の文があって読みやすい。アパートの門番であるドダン夫人(60歳の女)と道路掃除人であるガストン(30歳の男)の仕事ぶりや二人の交わすおしゃべりから、パリの路地の主人公たちの日常と人生が浮かび上がる。(2009.10.9記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-09 10:06 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『スニおばさん』(玄基榮著、波多野淑子訳)

c0077412_11762.jpg1948年5月に韓半島では南朝鮮単独総選挙が行われ、8月に大韓民国が樹立された。これに先立つ4月3日、韓半島を二つに分断することになる南朝鮮単独選挙に反対する空気が強かった済州島で、住民の大虐殺が行われた。体制側によって長い間伏せられてきたこの4・3事件を初めて世間に知らしめたのがこの『スニおばさん』(創作と批評社)である。
4・3事件で子供を殺害され、自分だけが奇跡的に生き残ったスニは、語り手の家族の遠縁の女性である。スニは一時、ソウルに住む語り手の家に家事手伝いとして住み込んでいたが、奇異な言動が多く、語り手一家とはうまくいかないまま島に戻った。法事のために済州島の故郷に戻った語り手は、スニがソウルから戻った半月後に自殺していたことを知って衝撃を受ける。そんな語り手に法事に集まった人びとはスニについて、そして4・3事件について語り始めるのだった。
スニと語り手の家族がうまくいかなかった原因の一つはスニが済州島のことばしか理解できなかったことだった。また、法事に集まった人びとの中で、かつては西北(島民を迫害した集団)の一員で今は語り手の義理の伯父になっている人物が、興奮のあまり西北なまりでしゃべってしまう場面がある。すなわちこの作品ではソウル、済州島、西北という三つのなまりが重要な役割を持っているのであるが、訳者は済州島なまりを博多弁に置き換え、西北なまりを訳者オリジナルのことばに置き換えることによって巧みに処理している。(2009.10.8記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-06 11:07 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『Doctor Dolittle’s Garden』(Hugh Lofting著、Penguin)

c0077412_106587.jpgドリトル先生の話も種が尽きた?と思わせるような巻。というのも、パート1は犬たちの話で、パート2は昆虫の話という具合に中身に統一感がなく、内容もちょっと間延びしていたり、とってつけたようだったりするのだ。それでもパート3で巨大な蛾が登場すると話が俄然活気を帯びてきて、いつものドリトル先生らしくなってくる。
ところが、パート4になるとこの巨大な蛾が月から来たことがわかり、ドリトル先生はこの蛾に乗って月に旅立つ、という荒唐無稽な話になって、またかなり興ざめする。そもそもドリトル先生シリーズ全体が荒唐無稽なのだから、ここで興ざめするのは理屈に合わないかも知れないが、動物のことばが分かる、というのは愉快な夢物語であるのに反して、月の世界に行くことはすでに夢物語ではなくなっているので、蛾に乗って月へ行くという話を、動物のことばが分かるという設定と同じ次元の話として無邪気に楽しむことは無理なのだ。
もう一つこの巻で気になったのは、ドリトル先生が周囲のものに寄せる信頼の度合いが相手によって大いに違うことと、動物たち相互にも親疎の度合いの違いがあることだ。リアリティーがあるといえばいえるが、ドリトル先生一家のふんわり、ほんわかとした雰囲気が崩れてしまったようでなんだか寂しい。
そんなこんなで、この巻はあまり楽しく読めなかった。(2009.10.7記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-12-03 10:06 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)