<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

『離れ部屋』 申京淑

c0077412_101205.jpg『외딴방』(신경숙著、 문학동네)1963年生まれの韓国の作家・申京淑が1995年に発表した長編小説。『離れ部屋』というタイトルで邦訳が出ている。
この作品は「事実でもフィクションでもなくその間あたりのものになりそうな予感がある…」という文に始まり、「事実でもフィクションでもなくその間あたりのものになったようだ」という文で終わっている。ということはここに書かれた出来事はある程度著者の経験したことと重なり、主人公の「わたし」の思いはある程度著者の思いと重なると考えられる。作家・申京淑が誕生するまでの過程や、深く関わった人たち、影響を受けた作品などもわかって興味深い。

「感動的な労働小説」(문학동네)、「少し前の一時代を衝撃的に形象化した証言録」(남진우)などの評からもわかるとおり、話の中心は地方の中学校を卒業した「わたし」が、ソウルの東部にある九老工業団地で女子工員として働いた1978年から1980年代初めにかけての数年間。朴正煕政権末期の政治抗争の中で、労働運動への弾圧も頻発した時代だった。恵まれた農家の暮らしから、都会の下層労働者の生活へと投げ出された「わたし」だったが、それでもなんとか大学に進学し、やがて作家になる夢も実現できた。しかし作家となった「わたし」はずっと、女子工員時代を封印してきた。それは自分にそんな時代があったことを恥じているからではなかった。立ち返るのが恐ろしい、ある事情があったのだ。

ミステリーのような展開を見せるこの作品において、もうひとつ印象的なのは、家族や親戚同士の繋がりの強さである。中でも「わたし」の長兄が、幼い女子工員であった「わたし」や、「わたし」の親友でもあり姉のようでもある従姉妹、そして学生という立場にあって社会の不正と戦わずにはいられなかった3番目の兄を導き、守る姿は感動的である。(2009.3.17記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-30 10:12 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『フランスの遺言書』(アンドレイ・マキーヌ著、星埜守之訳、水声社)

c0077412_1025412.jpg著者が『ある人生の音楽』より前の1995年に発表した作品。その年にフランスの代表的な文学賞であるメディシス賞、ゴンクール賞、高校生のゴンクール賞の三つを受賞している。
著者はシベリアで生まれ、モスクワ大学で文学博士号を取得したあと、ノブゴロドで文献学を教えていたが、1987年にペレストロイカまっただ中のソ連を出てフランスに渡り、以降、フランス語で作家活動を続けている「ロシア系作家」である。本書は著者自身が作家になるまでの道のりを辿りなおしたもので、多くの自伝的要素が取り入れられている。(以上、訳者のあとがきから要約)

主人公は語り手である「ぼく」であるが、「ぼく」と並ぶもう一人の主人公といえるのが祖母のシャルロットである。フランス人の両親を持つシャルロットは、1903年にシベリアで生まれ、1910年代をパリの高級住宅街ヌイィーで過ごし、ロシア革命後にシベリアに戻ってきた。シベリアの大地でロシア的な物や人びとの中に根を下ろしながらも、パリの「美しき時代」を体験したフランス人であり続けたシャルロット。この祖母からフランス的なものを受け継いだ「ぼく」だったが、成長するにつれて一時はロシアの方に大きく振れて祖母に反発を覚えたりもする。そんな「ぼく」が再び見出す揺るぎのない祖母の世界。やがて「ぼく」は祖国から逃れるようにしてフランスに旅立つ。

激動の時代を、遠く隔たった2つの国で生きたシャルロットの数奇な人生と、そこから派生した「ぼく」の数奇な人生が、繊細なことばと流れるように美しい文で綴られた忘れがたい物語。(2009.3.15記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-28 10:25 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『ポトスライムの舟』(津村記久子著、講談社)

c0077412_13523947.jpg第140回芥川賞の受賞作。表題作のあとに『十二月の窓辺』が収録されている。
だれかがどこかに、時間の流れから考えるとまず『十二月の窓辺』を読んでから『ポトスライムの舟』を読んだ方がよい、と書いていたので、おすすめにしたがってまず『十二月の窓辺』を読んでみた。
すさまじいモラルハラスメントの世界が繰り広げられていて、V係長の品性のなさに驚き、執拗さにあきれ、黙ってみている社員たちに腹が立ち、やられっぱなしのツガワがじれったくてたまらなかった。たとえ自分の方が正しくても、暴力的な人間、理屈の通らない人間に立ち向かうことは難しい。自分が壊れる前に逃げ出すしかない。その点ツガワは、自分が正しい、と言えるだけの自信もなく、就職難でもあったため、ずるずると事態を長引かせてしまったのだ。もう少しで手遅れになるところだった。

『ポトスライムの舟』にはそれから何年かあとのツガワが、相変わらずかっこよくとはいかないけれど、けっこう前向きな姿で立ち現れる。工場の契約社員としてベルト・コンベアの前に立ち、友人のカフェで給仕のパートをし、家ではパソコンでデータ入力の内職をし、土曜はパソコン教室の講師をしている。「時間を金で売っているような気がする」けれど、「今がいちばんの働き盛り」ということばを唱えてしのぐ。
会社の掲示板にいつの間にか2枚のポスターが貼られている。軽うつ病患者の相互扶助を呼びかけるポスターからは反射的に目をそらして、もう一枚を見る。「世界を見よう、世界と話そう、語り合おう」という世界一周クルージングのポスターだった。費用は163万円。会社からもらう給料の一年分である。その日から彼女は貯金をはじめる。ところが学生時代の友人から誘われて思わぬ出費をしたり、別の友人が子連れで家に転がり込んできてまたまた出費がかさんだり。今彼女は、自分を励ましてくれる人ばかりでなく自分が励ましてやるべき人たちに囲まれているのだった。(2009.3.7記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-26 13:52 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

「旬の白アスパラ」  特派員メモ  ベルリン

☆新聞のコラム(2008.5.29朝日新聞)を韓国語にしました。日本語の原文は韓国語の下にあります。

제철의 흰아스파라거스 특피원메모 베를린
봄이 되면 마음이 들뜨는 독일사람들. 그것이 따뜻한 날씨 때문만은 아니다. 제철의 식품인 [흰아스파라거스]를 먹을 수 있기 때문이다.
쉬이 상하는 흰아스파라거스는 싱싱함이 자랑거리다. 겨울에도 먼 곳에서 온 외국산은 구할 수 있지만, 그런 것들에는 눈길도 주지 않고 봄이 오기를 꾹 참고 기다리는 완고한 사람들도 적지 않다.
그 아침에 막 딴 싱싱한 흰아스파라거스를 사려고, 베를린내기들은 차로 30분 쯤 걸리는 비일리츠(Beelitz)로 향한다. 독일국내의 아스파라거스 생산량은 일년동안에 9만톤 이상. 그중 비일리츠는 6000톤 정도를 수확하는 일대산지다.
흰아스파라거스는 수확할 때에 쉽게 꺾어지기 때문에 손끝으로 따야 한다. 그런 노동에는 외국인위법노동자가 많이 종사하기가 일쑤였다.
그런데 근년, 실업대책으로 정부에서 보조금을 내린 바람에 실업자들이 밭에서 활약하고 있다. 그것을 알려준 레스토랑의 여성은 “우리 집은 종업원들도 국산이네”라며 자랑스러워 한다.
삶은 흰아스파라거스를 홀란디시소스라는 마요네즈 모양의 소스에 버무린다. 거기에다 삶은 감자와 햄을 곁들이고 먹는 것이 정통파라는 것이다.
현지에서 산 아스파라거스를 즉시 밥상에 놓았다. 식구들과 자연의 은혜에 감사하고, 독일의 전통에 사죄. [폰즈]로 맛보았다. 절묘하다.

「旬の白アスパラ」  特派員メモ  ベルリン
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-23 11:05 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)

『「ケルズの書」のもとに』(ペーター・R・ヴィーニンガー著、松村國隆訳、水声社)

c0077412_9482331.jpg「現代ウイーン・ミステリーシリーズ」と銘を打ったシリーズの第一冊目。本書で小説デビューした著者は今後が期待される作家の一人だという。
30の章からなり、第19章までは奇数章が9世紀初頭から15世紀中葉のノルウェー、スコットランド北西海岸、アイルランドで、偶数章が現代のオーストリア、という設定になっている。
第1章はノルウェーのトロンヘイムにおけるドルイドのおどろおどろしい祭祀の情景が繰り広げられる。捕らえられた奴隷が、戦の勝利を祈る人びとによって生贄として神に捧げられたのだ。続く第2章の現代のウィーンでは、経済省の役人・シュタインヴェントナーが、街路に飛び出してきた一人の男をホンダ・プレリュード23iで跳ねとばしてしまう。
この2つの事件から始まる2つの物語が並行して語られ、両者になんの関係もないように見えながら最後の最後にひとつに重なる、というミステリーとしてのおもしろさが味わえる作品である。が、この作品の眼目はむしろ『ケルズの書』、キリスト教、ゾロアスター教、などに関する蘊蓄にあるように思われる。これらの事柄に興味のある人なら楽しめるであろうが、そうでない人にはちょっと煩わしいかもしれない。そもそも、興味のない人はタイトルを見ただけで引くかもしれないが。(2009.3.4記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-21 09:48 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『蝶の舌』(マヌエル・リバス著、野谷文昭・熊倉靖子訳、角川書店)

c0077412_1142597.jpgスペインの北西部にあるガリシア出身の著者がガリシア語で書いた短編集で、16の作品が収められている。原題は ¿Qué me quieres,amor? 『愛よ、僕にどうしろと?』である。
『蝶の舌』――1930年代、第2共和制が崩壊する直前の時期を描いたもの。蝶の舌を顕微鏡で見よう、というような楽しい授業を展開する教師のもとでのびのびと育っていく少年。そんな教師にお礼の気持ちを込めて、仕立屋の父親は服を縫ってプレゼントし、母親は遠出のときの弁当を作った。しかし1936年のある日、戦争が始まり、共和派と目された人たちが大勢捕らえられた。その人たちが引き出されてくると、通りに集められた人びとは、「裏切り者、アナーキスト」と罵声を浴びせる。そして最後にあの教師が引き出されてきたとき、父親と母親、そして少年は……。
冒頭のこの『蝶の舌』とそれに続く『霧の中のサックス』、『カルミーナ』の3作をもとにして映画『蝶の舌』が1999年に制作されている。
おかしくて哀しい『愛よ、僕にどうしろと』、背筋がぞくっとする『コンガ、コンガ』、愉快な落ちが付いている『コウモリのために咲く白い花』、母と息子、父と息子などが描かれた、『牛乳を注ぐ女』、『ミスターとアイアン・メイデン』など、内容も雰囲気もまったく異なる作品が収められている。(2009.2.25記)

☆状況がすぐには掴めない作品や途中で意味がわからなくなる作品もあって、気楽に楽しく読む、というわけにはいかない手強い本でした。
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-19 11:43 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『風と木の歌』(安房直子著、偕成社文庫)

c0077412_9105155.jpg読書会「かんあおい」2009年2月の課題図書。
8つの短編からなる童話集で、小学校の教科書に載っているものもあるという。

『きつねの窓』――宮沢賢治の世界を思わせる、幻想的で美しい物語。たとえばこんな文がある。「すると、地面も、なんだか、うっすらと青いのでした」「すると、きつねは、もううれしくてたまらないという顔をしました」
『さんしょっ子』――日本の昔話やら『人形姫』風の展開やらが盛り込まれていて、やや統一感に欠ける。
『空色のゆりいす』――椅子つくりの男が自分の子どものために、野原の木の下で出合った男の子に空の色を分けてもらって椅子をすてきな空色に塗る。目の見えない娘は、この椅子に座って空の色を覚えた。というすてきなすべり出しで、空色を手に入れる方法もすばらしい。ただ、不思議な男の子が、成長するにつれてふつうの人になっていくようで、寂しい。
『鳥』――女の子と魔法使いと耳のお医者さんが出てくる、不思議でおかしくてちょっと哀しいお話。

他に『もぐらのほったふかい井戸』、『鳥』、「あまつぶさんとやさしい女の子」、『夕日の国』、『だれも知らない時間』など。(2009.2.18記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-16 09:10 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『ある人生の音楽』(アンドレイ・マキーヌ著、星埜守之訳、水声社)

c0077412_21331255.jpg四半世紀ほど前のある日、語り手(ぼく)は極東の旅からの帰途、吹雪にふり込められたウラル山中のどこかの駅で、いつ来るともしれない列車を待っていた。待合室の中で、何もかも諦めているようないかにもソヴィエト的な人間(ホモ・ソヴィエティクス)の集団を観察しながら哲学的な憤りを感じていたぼくの耳に、突然そんな憤りを無益なものにしてしまう美しい音楽が聞こえてくる。音の出所を探りながら駅舎の奥の一室にたどり着いたぼくは、そこにグランドピアノに向かう一人の男を発見する。音を立てないように鍵盤の上で指を走らせていた男は、うっかり音を出してしまうと、囁くような小さな笑い声を漏らし、口許に手を当てて笑いで咳き込むのを押さえようとした。その瞬間、ぼくは男が泣いていることを理解したのだった。
翌朝やっと列車が来たとき、すさまじい混雑の中でその男が自分の隣にぼくの席を見つけてくれた。こうしてぼくは列車がモスクワに到着するまでの間に、男のたどってきた半生の物語を知ることになる。

スターリン時代を背景に、約束されていたピアニストへの道を閉ざされ、他人になりすまして生きていくことを余儀なくされた一人の男を描いた、いたましくも感動的な物語。(2009.2.17記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-14 21:33 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『ダルシマーを弾く少年』(ドア・セイドラー著、大島英美訳、ポプラ社)

c0077412_1025930.jpgまだ貧困がふつうに見られた19世紀末のアメリカを舞台にした、心温まる正統派の童話。
赤ん坊のとき、双子の弟といっしょに篭に入れられ、親戚の家に置いていかれたウイリアムは、いっしょに篭に入れられていた楽器・ダルシマーを弾くことを覚る。ダルシマーを取り上げられそうになったとき、ウイリアムはダルシマーをかかえて家を飛び出す。やせ細った弟を残してきてしまったことに苦しみながら、酒場でダルシマーを演奏したり歌ったりする日々が続く。そんなウイリアムの周辺に、演奏に感動した立派な老紳士やら、ウイリアムの歌を聞いて「おれの歌だ」といって騒ぎを起こす船員やら、その船員を諫める猟師やらが現れて、ウイリアムの運命を大きく変えていく。

著者はニューヨーク在住。同じくニューヨーク在住の画家・ブライアン・セルズニックが物語の雰囲気にぴったりの挿絵を描いている。(2009.2.17記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-12 10:25 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

映画鑑賞ノート6 (2009.5.10作成)


c0077412_10412372.jpg
1行目:タイトル(原題)制作年・制作国 監督(鑑賞日)
2行目:キャスト 3行目:一言メモ
画像は「昼下がりの情事」



私の頭の中の消しゴム 2004韓国 イ・ジェハン(2009.5.4)
   チョン・ウソン、ソン・イェジン、ペク・チョンハク、パク・サンギュ
   ヒロインの記憶を無理やりかき立ててもいいのか、という疑問が残る。
昼下がりの情事 1957米 ビリー・ワイルダー(2009.5.4)
   オードリー・ヘップバーン、ゲリー・クーパー、M・シュヴァリエ
   中学生の時以来何度も見ているが何度見ても楽しい。
イル・マーレ 2006米 アレハンドロ・アグレスティ(2009.4.27)
   キアーヌ・リーブス、サンドラ・ブロック、C・プラマー
   韓国映画のリメイク。渋くなったトラップ大佐に会えて感激!
私の彼女を紹介します 韓国 クァク・ジェヨン(2009.4.22)
   チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク、チャ・テヒョン
   「猟奇的な彼女」と同じハチャメチャ+ロマンチック路線。
デイジー 2006韓国 アンドリュー・ラウ(2009.4.21)
   チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ、チョン・ウソン
   舞台がアムステルダムである必然性は?確かに美しい町だけれど。
ピアノを弾く大統領 2002韓国 チョン・マンベ(2009.3.11)
   アン・ソンギ、チェ・ジウ、イム・スジョン
   モデルは街頭視察好きだった全斗煥? 万引きの挿話はNGでしょ。
イヴのすべて 1950米 ジョセフ・マンキーウィッツ(2009.3.4)
   アン・バクスター、ベティ・デイビス、ジョージ・サンダース
   マーゴが40代はじめ、イヴが20代半ばの設定。いくら何でもねえ。
ナバロンの要塞 1961米 リー・トンプソン(2009.3.4)
   グレゴリー・ペック、アンソニー・クイン、デヴィッド・ニーヴン
   原作は男の世界なのに女性が絡んでくるのが難。迫力もイマイチ。
大統領の陰謀 1976米 アラン・J・パクラ(2009.2.28)
   ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマン
   不正に立ち向かう敏腕記者達が見た目もかっこいいなんてズルイ!
Little Princess 1995米 アルフォンソ・クアロン(2009.2.15)
   リーセル・マシューズ、リーアム・カニンガム、エレノア・ブロン
   舞台がアメリカでベッキーが黒人!原作の雰囲気はよく出ている。
マイ・ボス、マイ・ヒーロー(두사부일체)2001韓国 
   ユン・ジェギン(2009.1)
   チョン・ジュノ、ソン・ソンミ、チョン・ウンイン
   コメディーのつもりらしいが、それにしては暴力シーンが多すぎ。
エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画 2002独・米 
   レジナルド・ハドリン(2009.1.21)
   マシュー・ペリー、エリザベス・ハーレー、V・パストーレ
   美女もワイナリーも手に入れるという明るくお気楽などたばた劇。
天国からの手紙(화성으로 간 사나이)2003韓国 
   キム・ジョングォン(2009.1.20)
   キム・ヒソン、シン・ハギュン、朴ソヒョン、金ミンジュン
   ダム底に沈む運命の村を舞台にした純朴な青年の純愛物語。秀作!
五線譜のラブレター(DE-LOVELY)2004米英 
   アーウィン・ウィンクラー(2009.1.14)
   ケビン・クライン、アシュレー・ジャド
   コール・ポーターの半生を綴ったミュージカル。
ルート9 1998米  デビッド・マッケイ(2009.1.14)
   カイル・マクラクラン、ピーター・コヨーテ、A・ロケイン
   100万ドルを二人で山分けしたら「一生遊んで暮らす」は無理。
6デイズ/7ナイツ 1998米 アイバン・ライトマン(2009.1.4)
   ハリソン、フォード、アン・ヘッシュ、D・シュワイマー
   不時着した無人島に、脱出に必要なものが何でもそろっている!

1行目:タイトル(原題)制作年・制作国 監督(鑑賞日)
2行目:キャスト 3行目:一言メモ
画像は「昼下がりの情事」


私の頭の中の消しゴム 2004韓国 イ・ジェハン(2009.5.4)
   チョン・ウソン、ソン・イェジン、ペク・チョンハク、パク・サンギュ
   ヒロインの記憶を無理やりかき立ててもいいのか、という疑問が残る。
昼下がりの情事 1957米 ビリー・ワイルダー(2009.5.4)
   オードリー・ヘップバーン、ゲリー・クーパー、M・シュヴァリエ
   中学生の時以来何度も見ているが何度見ても楽しい。
イル・マーレ 2006米 アレハンドロ・アグレスティ(2009.4.27)
   キアーヌ・リーブス、サンドラ・ブロック、C・プラマー
   韓国映画のリメイク。渋くなったトラップ大佐に会えて感激!
私の彼女を紹介します 韓国 クァク・ジェヨン(2009.4.22)
   チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク、チャ・テヒョン
   「猟奇的な彼女」と同じハチャメチャ+ロマンチック路線。
デイジー 2006韓国 アンドリュー・ラウ(2009.4.21)
   チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ、チョン・ウソン
   舞台がアムステルダムである必然性は?確かに美しい町だけれど。
ピアノを弾く大統領 2002韓国 チョン・マンベ(2009.3.11)
   アン・ソンギ、チェ・ジウ、イム・スジョン
   モデルは街頭視察好きだった全斗煥? 万引きの挿話はNGでしょ。
イヴのすべて 1950米 ジョセフ・マンキーウィッツ(2009.3.4)
   アン・バクスター、ベティ・デイビス、ジョージ・サンダース
   マーゴが40代はじめ、イヴが20代半ばの設定。いくら何でもねえ。
ナバロンの要塞 1961米 リー・トンプソン(2009.3.4)
   グレゴリー・ペック、アンソニー・クイン、デヴィッド・ニーヴン
   原作は男の世界なのに女性が絡んでくるのが難。迫力もイマイチ。
大統領の陰謀 1976米 アラン・J・パクラ(2009.2.28)
   ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマン
   不正に立ち向かう敏腕記者達が見た目もかっこいいなんてズルイ!
Little Princess 1995米 アルフォンソ・クアロン(2009.2.15)
   リーセル・マシューズ、リーアム・カニンガム、エレノア・ブロン
   舞台がアメリカでベッキーが黒人!原作の雰囲気はよく出ている。
マイ・ボス、マイ・ヒーロー(두사부일체)2001韓国 
   ユン・ジェギン(2009.1)
   チョン・ジュノ、ソン・ソンミ、チョン・ウンイン
   コメディーのつもりらしいが、それにしては暴力シーンが多すぎ。
エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画 2002独・米 
   レジナルド・ハドリン(2009.1.21)
   マシュー・ペリー、エリザベス・ハーレー、V・パストーレ
   美女もワイナリーも手に入れるという明るくお気楽などたばた劇。
天国からの手紙(화성으로 간 사나이)2003韓国 
   キム・ジョングォン(2009.1.20)
   キム・ヒソン、シン・ハギュン、朴ソヒョン、金ミンジュン
   ダム底に沈む運命の村を舞台にした純朴な青年の純愛物語。秀作!
五線譜のラブレター(DE-LOVELY)2004米英 
   アーウィン・ウィンクラー(2009.1.14)
   ケビン・クライン、アシュレー・ジャド
   コール・ポーターの半生を綴ったミュージカル。
ルート9 1998米  デビッド・マッケイ(2009.1.14)
   カイル・マクラクラン、ピーター・コヨーテ、A・ロケイン
   100万ドルを二人で山分けしたら「一生遊んで暮らす」は無理。
6デイズ/7ナイツ 1998米 アイバン・ライトマン(2009.1.4)
   ハリソン、フォード、アン・ヘッシュ、D・シュワイマー
   不時着した無人島に、脱出に必要なものが何でもそろっている!
[PR]
by nishinayuu | 2009-05-10 18:01 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)