「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『帰郷者』(ベルンハルト・シュリンク著、松永美穂訳、新潮クレストブックス)

c0077412_9412611.jpgあの『朗読者』の作者が2006年に発表し、2008年11月に邦訳が出版された作品。
語り手であるペーターは母一人子一人の家庭で育った。子どものころはいつもスイスの祖父母のところで休暇を過ごしていた。祖父母は当時、「喜びと娯楽のための小説」という雑誌を編集していて、ペーターがあるとき原稿の断片を読んでみると、それは帰還兵の物語だったが、結末の部分が欠けていた。
大学を出て出版社で編集の仕事を始めたころ、ペーターは引っ越し荷物の中に懐かしい感触の紙を発見する。そこには例の帰還兵の物語が印刷されていた。が、このときも結末の部分は見つからなかった。結末が知りたい一心で探索を始めたペーターはやがて、物語の主人公が帰還して妻と新しい夫に出会うことになった家が、実は自分の知っている家であることを知って驚く。さらに探索を続けるうちに、この帰還兵の物語が『オデュッセイア』を下敷きにして書かれていることもわかってくる。こうして、物語の結末はどうなるのか、という興味から始まったペーターの探索は、物語の作者を知るための探索へと移っていく。帰還兵のカールから始まったペーターの探索の旅は、まずフォルカー・フォンランデンという人物に行き着き、そしてついにコロンビア大学の法学者であるジョン・ド・バウアー教授に辿り着いたのだった。出あった人びとをことごとく魅了し、強い印象を残すこの人物は、ナチスの時代を体制側について切り抜け、戦後は故郷も両親も妻も子も捨てて、過去を振り返ることなく新しい人生を生きていた。
この探索の旅でペーターは、一度は見出したかと思われた父を再び失い、それと同時に母も失うことになるが、オデュッセウスならぬ彼には留まるべき故郷があり、ともに歩むべき女性がいたのだった。
(2009.2.3記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-30 09:41 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『パリテギ』(黄皙暎著、青柳優子訳、岩波書店)

c0077412_1054491.jpg副題に「脱北少女の物語」とあり、確かに前半は北朝鮮の少女パリの生い立ちと、脱北の経緯を描いた物語になっている。しかし、この作品は脱北少女ひとりについて語ったものではない。彼女と同じく故郷から逃げ出したり、故郷を追われたりした、世界中の失郷者たちの物語なのである。
脱北したパリはまず中国に渡り、そこで知りあったシャン姉さんといっしょに「スネーク団」の密航船でイギリスに渡る。16歳だったパリはここで、さまざまな国から流れてきた失郷者たちと出会う。中華料理店のルーおじさん、ネイルアート店を営むベトナム人のタン社長、そこの従業員でバングラデシュ人のルナ姉さん、店の常連でスリランカ人のサラおばさん、アパートの管理人でパキスタンから来たアブドル爺さん、アパートの住人のナイジェリア人、スリランカ人、フィリピン人、ポーランド人などなど。彼らは国や民族や宗教の違いを超えた助け合いのネットを張り巡らせて懸命に生きていた。

巫女を祖先に持つ祖母から霊視能力を受け継いだパリは、人びとの隠された過去や、遠くで起こっていること、これから起こることなどを夢に見たり幻視したりする。これは年若く、見聞も狭いパリが、世界中のさまざまな出来事を把握していることにリアリティーをもたせるための設定であろう。一人の少女の目を通して世界の現状を見つめ、誰もが平和に暮らすために大切なことは何かを問う、メッセージ性の強い作品である。(2009.1.31記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-28 10:46 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマノート その4(2009.4.26作成)

c0077412_1164124.jpg2008年5月から2009年5月までに見たドラマを並べてみました。
1行目:日本語タイトル(太字は気に入ったもの)、韓国語タイトル、放送局
2行目:キャスト 3行目:一言メモ
☆キャスト名の一部は漢字表記がマイリンクの「韓国の著名人」にあります。

黄真伊 황진의 KBS
   ハ・ジウォン、チャン・グンソク、キム・ジェウォン、リュ・テジュン
   ハ・ジウォンの芸達者ぶりに驚く。主題曲(女声)がすばらしい。
太王四神記 태왕사신기 MBC
   ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、テェ・ミンス
   現実離れしたところと変に現実的なところが混在。どこがいいのか…。
恋するハイエナ 하이데나 tvN
   ソ・イヒョン、キム・ミンジョン、シン・ソンノク、ホ・マンソク
   ソ・イヒョンはミスキャストで気の毒。男性陣は生き生きしているが。
恋人 연인 SBS
   キム・ジョンウン、イ・ソジン、パク・インファン、チョン・チャン
   内容も役者の表情・表現もワンパターン。「恋人シリーズ」一の駄作。
恋愛時代 연애시대 SBS
   カム・ウソン、ソン・イエジン、オ・ユナ、イ・ジヌク
   憂い顔の美しいヒロインが元夫に「オイ!」と呼びかけたので仰天。
妻が突然18歳 18・29 KBS
   パク・ソニョン、リュ・スヨン、パク・ウネ
   『真実』の意地悪役パク・ソニョンがコミカルなアラサーを好演。
フルハウス 풀하우느 KBS
   ピ,ソン・ヘギョ,ハン・ウンジョン,金ソンス,チョン・ジヒョン
   風景も登場人物も実に美しいが、ストーリーがなんともお粗末。
魔王 마왕 KBS2
   オム・テウン、チュ・ジフン、シン・ミナ、チョ・ジェワン
   『復活』の数段上を行く人間ドラマ、テーマ曲もすばらしい。
マイ・ガール 마이 걸 SBS
   イ・ダヘ、イ・ドンウク、イ・ジュンギ、パク・シヨン
   ドタバタで始まるが、ストーリー展開もostも魅力的ではまる。
ありがとうございます 고맙습니다 MBC
   コン・ヒョジン、チャン・ヒョク、ソ・シネ、シン・ソンノク
   『サンドゥ学校行こう』同様、ヒョジンの「一途な女性」が最高。
魔女ユヒ 마녀 유희 SBS
   ハン・ガイン、チェヒ、デニス・オ、キム・ジョンフン
   ジャジャン麺店の一家がいい味を出している。
不良カップル 불량커플 SBS
   リュ・スヨン、シン・ウンギョン、パク・サンミン
   ヒロインの言動に一貫性が無く、感情移入できない。
朱蒙 주몽 MBC
   ソン・イルグク、ハン・ヘジン、ホ・ジュノ、オ・ヨンス
   乏しい資料からよくまあ壮大な物語を作り上げたもの、と感心。
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-26 15:43 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

『エンデュミオン・スプリング』(マシュー・スケルトン著、大久保寛訳、新潮社)

c0077412_9231754.jpg物語の主人公は二人の少年である。一人は15世紀のドイツ・マインツでグーテンベルクの徒弟として働いていたエンデュミオン・スプリング、もう一人は現代のイギリス・オクスフォードに滞在中のブレークで、この二人が交互に登場する。したがって時代も15世紀と現代を行ったり来たりし、舞台もマインツとオクスフォードを行ったり来たりする。
15世紀、マインツの場面では写本の時代を終わらせ、大量印刷時代の幕を開けたグーテンベルクと、彼の印刷所の様子、彼を取り巻く人びとの思惑や策略が描かれ、現代の場面ではボドリアン図書館をはじめとするオクスフォード大学内の様子やそこに関わるさまざまな人びとが描かれる。
そして二つの時と舞台を結ぶのは一冊の不思議な本、通称「エンデュミオン・スプリング」である。この本は15世紀の少年が偶然ドラゴンの皮でできた紙に触れたことから生じたもので、この世のあらゆる智恵を収めた『最後の書』に導く鍵となるものだという。大勢の人が血眼になって探し求めている「空白の本」はそうした人びとを退けて、無欲無心の少年であるブレークのもとに飛び込んでくる。
という具合に、魅力的な設定、魅力的な構成になっており、伏線めいた詩句も随所にあって期待を持たせるのだが、何か尻切れトンボのような感じで拍子抜けする。また、ウインターズ姓を持つ父、サマーズ姓を持つ母、フォール姓を持つジョリオン教授と「夏と冬が秋によりひき裂かれしとき」ということばとの関係など不明瞭なところも多く、読後感は「!」ではなく「?」だった。(2009.1.29記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-23 09:26 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『おもいでエマノン』(梶尾真治著、徳間書店)

c0077412_9115033.jpg1979年から1982年にかけて「SFアドベンチャー」に掲載された7編を収録した短編集。
エマノン(emanon)はno nameのアナグラムで、全編に登場する女性の呼称である。エマノンは、地球に生命が発生して以来の何十億年もの“時”を、連結した転生の繰り返しで生きてきた女性で、この名前は次々に新しい女性に引き継がれていくのである。
たとえば最初の「おもいでエマノン」では、語り手が13年ぶりに出会った女性は、かつてのエマノンであることは確かなのに本人にはまったくその記憶がなかった。エマノンの記憶は彼女の生んだ娘に引き継がれていたのである。だからその新しいエマノンは語り手に駆け寄って、「あなたも(13年前の)面影が残ってる」と告げるのだ。
7編に共通するのはエマノンが登場するということだけで、「おもいでエマノン」のようにほんわかした作品もあれば、かなりグロテスクな「さかしまエングラム」「うらぎりガリオン」といった作品もあり、最後の「しおかぜレヴォリューション」のようにメッセージ性の強い作品もある。(2009.1.26記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-21 09:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『収容所に生まれた僕は愛を知らない』(申東赫著、李洋秀訳、KKベストセラーズ)

c0077412_11215154.jpg北朝鮮の強制収容所には「革命化区域」と「完全統制区域」の2種類があって、前者の場合は一定の期間収容されたあと一般社会に復帰できるが、「政治犯」が収容される後者の場合は一度収容されたら二度と外に出ることができないという。この本はそんな「完全統制区域」から奇跡的に脱出に成功して現在韓国に住む青年の手記である。
1982年に「完全統制区域」で収容者夫婦の第二子として生まれた著者は、幼児期は母親とともに暮らしたが、親子の情というものは知らずに育った。父親とはたまにしか会わないし、母親は厳しい労働のせいでいつも疲れ果てていた。学校では読み書きと足し算引き算を習っただけで、毎日労働にかり出された。ノルマが達成できないと罰として、普段でも乏しい食べ物がさらに減らされるので、いつも飢えていた。16歳になると収容所内の職場に配置され、事故や病気で死ぬまで酷使され続けるのだった。
人はひどく痛めつけられるとそれに堪えるのが精一杯で、抵抗する気力を失ってしまう。「完全統制区域」の囚人たちはまさしくそういう状態にあって、絶望的な日々を送っている。それは実におぞましいことであるが、「完全統制区域」にいたときの著者は、そもそも「絶望的」ということばさえも知らなかったという。大人の囚人たちと違って、「完全統制区域」で生まれて他の世界をまったく知らない子どもたちは、ぼろ屑のように使い捨てられる自分たちの運命を「絶望的」だと認識することもできないのだ。そんな子どもたちが存在するということを多くの人に知らしめるために書かれた本である。
ただし、韓国では本書の内容の信憑性を否定的に見る専門家が多い、という情報もある。フィクションの全くないノンフィクションはない、と思って読めば間違いない。(2009.1.25記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-18 11:20 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『眠りの兄弟』(ロベルト・シュナイダー著、鈴木将史訳、三修社)

c0077412_9313795.jpg時は中世の終焉期。舞台はオーストリア西部の因習と怨念に満ちた寒村エッシュベルク。この村のアルダー家に生まれたヨハネス・エリアスは、幼いころに異様な変身を体験し、それを機に特異な風貌と肉体、常軌を逸した鋭い聴覚と音感を持つに至った。エリアスは教会のオルガンによって独学で演奏と作曲を身につけ、人びとをその前代未聞の演奏で驚嘆させた。しかし神はエリアスに、音符に関する学問を学ぶ機会は与えなかった。しかも神はエリアスに、「愛への凄まじい情熱を憚ることなく賦与し給うた。その結果、彼の命は時期尚早に消耗したのである。」
エリアスの運命は第1章ですでに明らかにされており、第2章に死んだ偏屈な老人として登場するコスマス・アルダーは、エリアスが愛を捧げたエルスベートに「お母さん、愛ってなんだい」と呼びかける生意気盛りの少年として最終章に再び登場して物語を締めくくる。また、交響曲の「テーマ」のように、物語のあちこちに同じ文章がなんども繰り返して現れる。などなど、物語世界に入り込んでじっくり味わうのにふさわしい凝った構成になっている。
訳者によるとタイトルはバッハ教会カンタータ作品番号56『我喜びて十字架を背負わん』第5曲のコラール「おお、死よ、来たれ。眠りの兄弟よ」からとられている。著者自身、オルガン作曲法を修めた音楽家で、演奏もするという。(2009.1.24記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-14 09:33 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

「祭主大中臣輔親、和歌を読みし語」その2 『今昔物語』巻第二十四第五十三話

c0077412_1441206.jpg
『今昔物語』の再話とその韓国語訳です。




また輔親の話だ。ある日、輔親は大勢の友だちといっしょに桂という所に行って遊んだ。「また遊びに来よう」と言いあったのに、そのあと桂には行かないで、月の輪という所に遊びに行ったんだって。桂じゃなくて月の輪に来たわけを、輔親は次のように詠ったそうだ。

さきの日にかつらのやどをみしゆゑはけふ月の輪に来べきなりけり
(前に桂に行ったわけは、「月の桂」のゆかりから今日、月の輪にやって来るためだったのだ:注)

これを聞いた人びとは大いに感服したそうだ。
輔親は能宣という人の息子だった。能宣も優れた歌よみだったので、その才能を受け継いで輔親もこのようにすばらしい歌を詠んだのだよ。
注:月の中に桂の木があるという中国の伝説に基づいた歌。


또 다시 수케치카에 관한 이야기다. 어느 날 수케치카는 많은 친구들과 함께 카츠라라고 하는 곳을 찾아가서 놀았다. 다시 놀러 오자고 서로 이야기했지만, 그 후 카츠라에는 가지 않고 츠키노와(月의輪)라고 하는 곳으로 놀러 갔다는 거야. 그 때 수케치카는 카츠라대신 츠키노와로 온 사연을 이렇게 와카로 말했다고 한다.

전날 우리가 카츠라를 찾아간 사연은 오늘 츠키노와를 찾아오기 위해서 였으리라 (注)

이 와카를 들은 사람들은 지극히 감복했다고 한다.
수케치카는 요시노부라는 사람의 아들이었다. 요시노부도 뛰어난 가인이었으니 부친의 재능을 이어 수케치카도 이렇게 훌륭한 와카를 지었단다.
(注) 달속에 카츠라나무가 자라고 있다는 중국의 전설에 입각한 와카.
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-11 11:15 | 再話 | Trackback | Comments(0)

『剣の歌 2』 (キムフン箸)

c0077412_11143539.jpg原題は『칼의 노래 2』(김훈著、생각의 나무)
2008年7月に読んだ『칼의 노래1』の下巻。文禄の役・慶長の役(韓国では壬辰倭乱・丁酉倭乱)の英雄・李舜臣が一人称で語る物語。
いよいよ日本軍が朝鮮国土の奥深くまで侵攻してくると、王(宣祖)は襲撃を恐れて逃げ回りながら、自分の苦労と苦悩を涙ながらに訴え、敵の討伐を催促する手紙を何度も李舜臣に送りつけてくる。陸にいる敵と戦う術をもたない李舜臣は、そんな王の理不尽な訴えにじっと堪えつつ時を待つ。朝鮮海軍を援護するためにやってきたはずの明軍の将は、成り行きを眺めているばかりで実際の戦場とは遙かに離れた所に留まっていて動こうとしない。自分の使命は海で戦うことであり、戦いに勝つことである、と自覚する李舜臣は、そんな明軍の将を見限って、南の海に移った戦場に乗り出していく。
ここで李舜臣と対比されているのは非力で理不尽な王であり、横柄で卑劣な明軍の将であって、敵将の小西行長ではない。また、勇敢な朝鮮軍と残虐な日本軍、というような対比もない。戦場では敵味方の別なく誰もが無惨に死んでいくのである。李舜臣を戦場の勇者としてではなく、沈着冷静な思索の人として描いた読み応えのある作品である。
この作品は韓国最高の文学賞とも言われる「東仁文学賞」を受賞している。またこの作品をもとにしてKBSが大河ドラマ「不滅の李舜臣」を制作している。(2009.1.21記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-09 11:15 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)

『ナターシャ』(デイヴィッド・ベズモーズギス著、小竹由美子訳、新潮クレストブックス)

c0077412_917481.jpg7つの短編からなる連作集。物語は旧ソヴィエト連邦ラトヴィアからカナダに移住してきたバーマン一家を軸にして時系列に沿って進められる。
冒頭の「タプカ」は1980年の春、一家がカナダに着いたばかりのころの話。一家の一人息子であるマークは小学校一年に編入し、父親のロマン、母親のベーラはカレッジの英語クラスに通っている。
「マッサージ療法士ロマン・バーマン」は父親が英語でマッサージ師の認定試験を受け、開業にこぎ着けたころの話。
「ナターシャ」は思春期にさしかかったマークが、大叔父の結婚した相手の連れ子であるナターシャに振り回される話。
最後の「ミニヤン」になるとマークは成人していて、祖母に先立たれた祖父が一人でやっていけるように何くれとなく面倒を見ている。

ゼロから出発したバーマン家の人びとが、こつこつと努力を重ねて徐々に安定した生活を手にしてゆく姿が愛情を込めて描かれている。そしてこの一家が旧ソ連出身でユダヤ系であることが、物語に独特の雰囲気と厚みを与えている。(2009.1.17記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-04-07 09:17 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)