「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

韓国ドラマノート その2(2006.9.13作成)

c0077412_11254429.jpg
☆今までに見たドラマを五十音順に並べてみました。
1行目:日本語タイトル(太字は気に入ったもの)、韓国語タイトル、放送局
2行目:キャスト 3行目:一言メモ
画像は「バリでの出来事」

☆キャストの名前の漢字表記はマイリンクの「韓国の著名人」をご覧ください。

チェオクの剣 다모(茶母) MBC
   ハ・ジウォン、イ・ソジン、キム・ミンジュン
   空中飛翔が多くて目が疲れる。ヒロインが泣いてばかりで楽しくない。
天国の子どもたち 천국의 아이들 KB S
   キム・ドンワン、ヨン・ミラ、イ・ミンウ
   健気な姉弟と優しいお兄さんがトラックで旅し、それぞれ成長する話。
遠い道 먼 길 SBS
   イ・ビョンホン、パク・ジニ、ソ・ジソプ
   2時間弱の短編。素朴な男女がひょんなことから女性の故郷へ二人旅。
トマト 토마토 SBS
   キム・ヒソン、キム・ソックン
   あくどい意地悪女が登場する、韓国ドラマによくあるパターン。
止まらぬ愛 거침없는 사랑 KBS
   オ・ヨンス、チョ・ミンギ、ソ・テファ
   若くはない男女の恋。かわいげのあるヒロインで、応援したくなる。
裸足の青春 맨발의 청춘 KBS
   コ・ソヨン、ペ・ヨンジュン、パク・クニョン、キム・ウォニ
   リメイクものらしい。このあとも新しいリメイク作品が出ている。
バリでの出来事 바리에서 생긴 일 SBS
   ハ・ジウォン、チョ・インソン、ソ・ジソプ
   富裕層の傲慢さと貧しい者のあがきが強調され、対比されている。
パリの恋人 파리의 애인 SBS
   キム・ジョンウン、パク・シニャン、イ・ドンゴン
   笑顔のない人たちと不自然な笑顔のヒロイン。見ていて不愉快。
ピアノ 피아노 SBS
   キム・ハヌル、コ・ス、チョ・インソン、チョ・ミンス
   細部はリアリティがあるが、全体としてはファンタジー。
秘密 비밀 MBC
   キム・ハヌル,ハ・ジウォン,キム・ミンジョン,リュ・シウォン
   姉妹の入れ替わり物語。悪役の妹にも同情できる点がある。
冬のソナタ 겨울 연가 KBS
   チェ・ジウ、パク・ソルミ、ペ・ヨンジュン、パク・ヨンハ
   失われた初恋と再生の物語。静かに広がる銀世界が印象的。
プロポーズ 프러퍼즈 KBS
   キム・ヒソン、リュ・シウォン、イ・チャンフン
   ヒロインは騒々しくて性格がきつい。二人の男は静かで優しい。
星を射る 별을 쏘다 SBS
   チョ・インソン、チョン・ドヨン、イ・ソジン
   テンポがよくて楽しい。インソンの髪型はいただけない。
恋愛世代 1.5 MBC 
   シム・ウナ、チョン・ウソン、シン・ヒョンジュン
   古い作品を日本の韓流にあわせて復活させたものだとか。
悪い女たち 나쁜 여자들 SBS
   パク・ソルミ、ソン・ユリ、キム・ヘリ、パク・クァンヒョン
   全然悪くない女たちが団結して「悪い男ども」をやっつける。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-29 22:44 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマノート その1(2006.9.13作成)

c0077412_11303649.png☆今までに見たドラマを五十音順に並べてみました。
 1行目:日本語タイトル(太字は気に入ったもの)、韓国語タイトル、放送局
 2行目:キャスト 3行目:一言メモ

画像は「ガラスの靴」
☆キャストの名前の漢字表記はマイリンクの「韓国の著名人」をご覧ください。

秋の童話 가을 동화 KBS
   ソン・ヘギョ、ソン・スンホン、ハン・ナナ、ムン・グニョン
   ヒロインの健気さに比べ、男が頼りない。乳児の取り違えによる悲劇。
あの青い草原の上に 저 푸른 초원위에 KBS
   チェリム、チェ・スジョン
   主人公がいい人過ぎ。母親たちがコワイ。終わり方はおとぎ話のよう。
威風堂々の彼女 위풍당당 그녀 MBS
   ペ・ドゥナ、カン・ドンウォン、シン・スンウ、キム・ヘスク
   慶尚道なまりがおもしろい。韓国ドラマ恒例の姉妹の入れ替わり劇。
イヴのすべて 이브의 모든 것 MBC
   チェリム、キム・ソヨン、ハン・ジェソク、チャン・ドンゴン
   タイトルにオリジナリティがない。ヒロインの一人は性格がきつすぎ。
美しき日々 아름다운 날들SBS
   チェ・ジウ、イ・ビョンホン、リュ・シウォン、イ・ジョンヒョン
   Zeroの歌がドラマを大いに盛り上げている。
オール・イン 올인 SBS
   ソン・ヘギョ、パク・ソルミ、イ・ビョンホン、チ・ソン
   頬に傷のあるやくざを演じているチョン・ユソクがいい。
ガラスの靴 유리구두 SBS
   キム・ヒュンジュ、キム・ジホ、ハン・ジェソク、ソ・ジソプ
   記憶喪失、白血病などお定まりの設定だが、見始めたら止まらない。
ガラスの華 유리화 SBS
   キム・ハヌル、イ・ドンゴン、キム・ソンス、黒田福美
   ドンジュ役のイ・ドンゴンの日本語がご愛敬。
菊煕(クッキ) 국희 MBC
   キム・ヘス、パク・ヨンギュ、チョン・ウンイン
   日帝時代末期の混乱のなかで孤児となったヒロインの奮闘記。
サラン 사랑 MBC
   キム・ミスク、イ・ヨンハ、チャン・ドンゴン
   さらりとした、大人の恋の物語。
サンドゥ、学校へ行こう 상두야 학교 가자 KBS
   コン・ヒョジン、ピ、イ・ドンゴン、イ・ヨンハ
   コン・ヒョジンがわんわん泣くので、つられて泣いてしまう。
ジュリエットの彼氏 줄리엣의 남자 SBS
   イェ・ジウォン、チャ・テヒョン、チ・ジニ
   「チャングム」のジョンホ様が、ここでは情けない男になっている。
新貴公子 신귀공자 MBC
   チェ・ジウ、キム・スンウ、イ・スンジェ、キム・ビョンセ
   映画カメラマン役のキム・チャンワンがやたらにいい声を響かせている。
真実 진실 MBC
   チェ・ジウ、パク・ソニョン、リュ・シウォン
   ひたすら耐える主人公より、いじめ役のほうが生き生きと描かれている。
チャングム 대장금 MBC
   イ・ヨンエ、ヤン・ミギョン、キョン・ミリ、チ・ジニ、イム・ホ
   絢爛とした衣装と料理、宮廷内の人間模様などなど、見所満載のドラマ。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-28 20:40 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

『The Professor and the Madman 』 (Simon Winchester著、 Harper Perennial)

c0077412_2035549.jpgOxford English Dictionaryの初代編集者と、語彙の収集に多大な貢献をしたひとりの‘madman’の、30年にわたる交流の物語。辞書作りのドキュメンタリーとして、あるいは英語英文学裏話集として、あるいは推理小説としても読める。

☆古語や廃語、専門用語がふんだんに出てくるので、辞書を引きまくって読みましたが、それだけの手間暇をかける価値はありました。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-27 16:43 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『《ゴーシュ》という名前』(梅津時比古著、東京書籍)

c0077412_20355799.jpg『セロ弾きのゴーシュ』のゴーシュという名前は、フランス語のgauche(不器用な、下手な)から来ているというのが通説だが、ほんとうにそうだろうか、というところから始まる知的探索の物語。宮沢賢治の読書傾向、賢治の手元にあったと思われる書物や辞書類を緻密に検証して論を進めており、実に説得力がある。
ノンフィクションでこんなに興奮したのは久しぶりである。世の多くの宮沢賢治ファンにぜひおすすめしたい。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-26 15:03 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

電話の「流儀」

☆「特派員メモ サンパウロ」(朝日新聞のコラム)を訳したものです。原文は韓国語の下にある「原文」というピンクの文字をクリックすると出てきます。

특파원 메모 상파울루  전화할 때의 독특한 방식

  브라질에서 살기 시작한지 3년이 지났지만 내가 절대로 익숙해지지 못하는 일이 하나 있다. 브라질 사람들이 전화할 때의 [독특한 방식]이다.
  사무실을 겸하는 우리 집의 전화벨 소리가 울린다. 내가 “여보세요?” 라고 응답하면, 수화기를 너머 제일 먼저 들려오는 소리가 대체로 “당신은 누구죠?”다.
  잠깐 이봐, 자기 이름을 대야 하는 사란은 전화를 걸어온 그 쪽이지, 라는 생각으로 나는 그때마다 화가 나지만, 이 나라에서는 이런 방식이 당연한 일이므로 이것을 무례한 일로 여기는 사람이 거의 없다. 화를 내지도 않고 상대방이 묻는 대로 자기 이름을 대답하는 사람도 적지 않다. 이런 전화방식이 보통 일이 된 것에는 뭔가 이유가 있어야 한다는 생각으로 친구들에게 물어보았는데 그 답을 알게 되었다.
  이 나라에서는 70년대쯤만해도 전화의 회선 상태가 좋지 않아 제대로 다이얼했는데도 다른 데로 연결돼 버린 일이 적지 않았다. 그래서 전화를 걸은 쪽이 먼저 “그쪽은 누구죠?”나 “여기가 어디죠?” 라고 물으면서 다이얼한 대로 바로 연결되는지를 확인하고나서야 회화를 시작하는 습관이 이루어졌다고 한다.
  좀처럼 화를 내지 않는 브라질인들의 너그러움덕택으로 이루어진 습관이지만, 나는 이것만은 납득이 안간다. 나는 “거기 계시는 분이야 말로 누구세요? 전화를 걸어온 사람이 이름을 대는 것이 바른 예의예요” 라며 부드러운 소리로 대답하기로 하고 있다.

原文
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-24 20:31 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)

『容疑者Xの献身』(東野圭吾著、文芸春秋社)

c0077412_20365171.jpg完璧なアリバイ、数学者と物理学者というふたりの天才のからみなど、ミステリーファンの間で高い評価を得ているのが納得できるおもしろさだった。
冒頭に、問題の数学教師が勤める学校の位置が説明されているが、そこには実際に私立の女子高校がある。そこをモデルにしたのかとある人が著者に問い合わせたところ「無関係です」という答えが返ってきたという(学校関係者から聞いた話)。それはともかく、細部にリアリティーがあり、テンポも良くて、一気に読ませる。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-23 17:43 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

『二人乗り』(平田俊子著、講談社)

c0077412_2037437.jpg平々凡々とした人たちの淡々とした日常生活、と思いきや、実は突拍子もない人たちの一風変わった生活が描かれていて、なかなか愉快な物語。
嵐子さん、不治子(嵐子さんの妹)、道彦(不治子の夫)のそれぞれを主人公としたオムニバス形式の作品。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-22 14:44 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

「貧しい男の別れた妻が摂津の守の妻になった話」その2

c0077412_14313044.jpg 昔々、京にとても貧しい若者がいた。父母も、親族も、知り合いもなく、住むところもなかったので、しかたなくよその家で雑用をしながら暮らしていた。妻は美しくて気だても良く、優しい女性だったので、この貧しい夫のもとで暮らしていた。けれどもある日、夫が妻に言った。
 「こんなふうに暮らしていたのではますます貧しくなるばかりだ。それぞれ一人でやってみたらどうだろう」
 妻は、運命に逆らうことはできない、と思ったけれど、あなたがそうしたいのならそうしましょう、と応えた。それで二人は涙ながらに別れたのだった。
 その後、妻は年も若く、顔も容姿も優れていたので、○○の○○という人に引き取られて過ごしていた。その人は彼女の優雅な人柄が気に入り、妻が死んだあとは彼女を妻にして暮らしていた。やがてこの人が摂津の守になったので、彼女はなおいっそう幸せに暮らしていた。
 元の夫は一人でやっているうちにいっそうみじめに落ちぶれ、京では暮らしていけなくなって摂津に流れていき、農夫として人に使われていたが、不慣れなため農作業がうまくできなかった。それで、雇い主から難波の浦で葦を刈る仕事を命じられ、難波の浦に行って葦を刈っていた。
 ときに、かの摂津の守が妻を伴って摂津に赴く途中で難波の浦に車をとどめ、一行とともに逍遙したり宴を催したりした。その間に摂津の守の奥方は、侍女たちといっしょに海辺へ出て遊覧した。そこには葦を刈る賤しい者たちが大勢いた。その中に、賤しい者でありながらなにか仔細ありげな、感じのいい男が一人いた。奥方が、そんなはずはないけれど元の夫によく似ている、と思って男をよくよく見ると、なんとまあ、元の夫なのだった。みすぼらしい姿で懸命に葦を刈っているところを見ると、今もまだうまくいっていないのだなあ、前世の報いのせいなのだ、と思って涙がこぼれた。それで、さりげなく、侍女に命じて男を呼び寄せた。近くで見ると、まさしくかの男なのだった。
 泥だらけでぼろぼろの袖もない麻の単衣、泥だらけの顔、ヒルが食いついて血みどろの脚……疎ましい姿だった。けれども奥方は酒を飲ませ、食事もさせてから衣を一着与えた。その衣に添えた紙には次のように書いてあった。
 あしからじと思いてこそは別れしかなどか難波の浦にしもすむ
 男は衣をもらって嬉しく思いながら書き付けを読み、すぐに昔の妻が書いたものだと気がついた。おのれの身の上があまりに悲しく恥ずかしくて、次のように書いて差し出した。
 君なくてあしかりけりと思うにはいとど難波の浦ぞすみうき
 男は葦刈りの仕事を放り出して、どこかに立ち去った。

☆「あしからじ」には「悪しからじ」と「葦刈らじ」の意味が入っているわけですが、それを韓国語訳(9/19の記事)に生かすにはほど遠い実力なので、意味の移しかえに留めました。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-20 10:45 | 再話 | Trackback | Comments(0)

「貧しい男の別れた妻が摂津の守の妻になった話」その1

c0077412_1434085.jpg
☆『今昔物語』巻第三十の第五話を韓国語にしてみました。忠実な翻訳ではなく「再話」です。日本語は明日書きます。



가난한 남자의 헤어진 아내가 셋츠군수의 아내가 된 이야기

  옛날 옛날 경(수도)에 아주 가난한 젊은이가 있었다. 부모도 친족도 친지도 없고, 살곳도 없었기에 할 수 없이 남의 집에서 허드렛일을 하면서 먹고 살고 있었다. 그의 아내는 예쁜 여자였는데, 착하고 우아한 마음을 가진 사람이어서 그 가난한 남편을 믿고 살고 있었다. 그런데 어느 날 남자가 말했다.
  “우리 이렇게 살면 가난이 심해질 것 같다. 각자의 길을 하면 좋을 거라고 생각하는데 어때?”
  아내는 팔자를 거스르지는 못한다고 생각했지만 남편이 원하는 대로 해도 괜찮다고 대답했다. 그리하여 두 사람은 눈물을 흘리면서 헤어졌단다.
  그후 여자는 나이도 젊고 모습도 괜찮아서 ○○의 ○○라고 하는 사람의 비호아래 들어가 지내고 있었다. 그 사람은 그녀의 우아한 마음을 사랑하여 아내가 죽은 뒤에 그녀를 새로운 아내로 삼아 살고 있었다. 이윽고 그 사람이 셋츠군의 군수에 취임했기 때문에 여자는 더욱 행복하게 지내고 있었단다.
  옛 남편은 홀로 사는 동안에 더욱더 보잘것없이 찌부러져서, 수도에서 살지 못하고 셋츠로 헤매들어가서 오로지 농사꾼으로서 남 밑에서 일하고 있었는데, 농사질에 익숙하지 못해서 잘 할 수 없었더라. 그래서 주인인 사람이 남자에게 나니와포구에서 갈대를 베는 일을 시켰거든. 남자는 거기 가서 갈대를 베고 있었단다.
  그런데 그 셋츠의 군수가 아내를 데리고 임치로 가는 길에서 나니와포구에서 차를 세워놓고 일행을 거느리고 유람하거나 잔치를 벌이거나 하며 놀고 있었다. 그 동안에 마님은 시녀들과 함께 바닷가로 구경하러 갔다. 거기에는 갈대를 베는 비천한 사람들이 많이 있었다. 그 중에 비천해도 무언가 사연있어 보이는 멋있는 사나이가 하나 있었거든. 마님이 이상하게도 옛 남편을 닮았구나 하며 그 사나이를 주시해보았더니, 아불싸! 옛 남편이었다. 초라한 모습으로 마구 갈대를 베는 것을 보니 아직도 운수가 사납구나, 전세에 어떤 일이 있어서 이러는 거야라는 생각이 들어 눈물이 흘렀다. 그래서 아무 것도 모르는 척하면서 시녀에게 시켜 그 사나이를 오게 했다. 가까이에서 보았더니 틀림없이 그 남자였단다.
  흙으로 더럽혀진 소매도 없는 누더기 같은 홑옷, 흙투성이인 얼굴, 거머리가 붙어 피투성이인 다리------멀리하고 싶은 모습이었다. 그런데 마님은 그에게 술과 밥을 먹이고 나서 옷을 하나 주었다. 그 옷에 붙인 종이에는 이런 말이 씌어 있었다.
  좋게 될 줄 알고 우리는 헤어졌더니 당신은 왜 나니와포따위에서 갈대를 베며 살아야 해요  
  남자는 옷을 받고 기뻐하면서 종이를 보고, 곧 옛 아내가 쓴 것임을 깨달았다. 자기 신세가 너무 슬프고 또 부끄러워서, 이렇게 대답을 써드렸다.
  당신이 없으니까 잘 되지 못했구나 그것을 알게된 지금 더 이상 나니와포에서 갈대베기 싫어
  남자는 갈대베기를 그만두고 어딘가로 사라졌단다.
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-19 13:54 | 再話 | Trackback | Comments(0)

『ボストン、沈黙の街』(ウイリアム・ランディ著、東野さやか訳、早川書房)

c0077412_20383857.jpg知的で上品な都市というイメージのボストンがかかえる暗い部分が浮き彫りにされる。すさまじい死体の描写から始まり、ハードボイルド的な展開になるのかと懸念したが、意外にも情感あふれる雰囲気で話が進んでいく。訳が懇切丁寧でいい。

☆この本は図書館にインターネット予約をして借りました。もし、実際に図書館に出かけて借りる本を物色していたら、きっと借りなかったと思います。カバーに、ピストルを手にしたあまり風体のよくない男の写真がついているからです。もう少し内容に見合ったカバーがついていたら、この本はより多くの読者を獲得できると思うのですが。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-18 11:41 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)