2017年 09月 09日 ( 1 )

映画鑑賞ノート27 (2017.8.31作成)

c0077412_11244774.png

   

   20175月~8月に見た映画とドラマの記録

1(2)行目:鑑賞した月/日 タイトル(原題)制作年・制作国 監督

2or3)行目以下:キャスト、一言メモ

画像は「ランドガールズ」です。




5/10 ある日どこかで(Somewhere in Time

1980米 ヤノット・シュワルツ

   クリストファー・リーヴ、J.シーモア、クリストファー・プラマー

   ストーリーと音楽(パガニーニの主題によるラプソディー)はいい。

   ただし主役のふたりはミスキャストでは?

5/23 レッド・オクトーバーを追え(TheHunt for Red October

   1990米 ジョン・マクディアナン

   ショーン・コネリー、アレック・ボールドウィン、サム・ニール

   ボロディン副艦長の「モンタナの夢」をかなえてあげたかった――

6/2 あの日の指輪を待つ君へ(Closingthe RingR.アッテンボロー

   クリストファー・プラマー、シャリー・マクレーン

   第2次大戦前夜の米から現代の米・アイルランドを舞台に、50年に

わたる恋人への思慕と男たちの友情・信義を描いた秀作。

6/10 君がくれた未来(CharlieSt.Cloud 2010米 バー・スティアーズ

   ザック・エフロン、チャーリー・ダハン、アマンダ・クルー

   ベン・シャーウッド原作のファンタジー。角川文庫に邦訳がある。

6/11 オレンジと太陽(Orange andSunshine2010英 ジム・ローチ

   エミリー・ワトソン、デヴィッド・ウェンハム、H.ウィーヴィング

   かつて13万の孤児が英から豪に棄民されたという史実に基づいて、

   ソーシャルワーカーの戦いを描いた重い作品。

6/11 オブリビオン(Oblivion2013米 ジョセフ・コシンスキ=

   トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ

   キャストにフリーマンの名があると「いい映画」の予感がする(?!)

   この作品のジャンルはSFスリラーというらしい。

6/16 エリザベスタウン(Elizabethtown2005米 キャメロン・クロウ

   オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト、S.サランドン

   主題は恋?家族の絆?故郷の温かさ? どれも中途半端で退屈。

6/20 チェンジリング(changeling2008米 C.イーストウッド

   アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ

   タイトルの意味は「替え玉」。1928年にロサンジェルスで起こった

事件をもとにしたサスペンス。

6/21 ランドガールズ イギリスのTVドラマ シリーズ123

   ベッチ・ゲメル、スーザン・クックソン、マーク・ベントン

   第2次大戦中のマナーハウスと農場を舞台にした群衆劇。

まだ話は完結していない。早く続きを作って~。

6/26 わが家のおバカで愛しいアニキ(OurIdiot Brother2011

   ジェシー・ペレッツ

   ポ=ル・ラッド、エリザベス・バンクス、ゾーイ・デシャネル

   登場人物はみんなどこかおかしくて憎めない。姉妹のうち下の二人

はすごい美人。レズの相手は杏にそっくり。で、気楽に楽しめる。

6/27 ブレードランナー(BladeRunner1982米 リドリー・スコット

   ハリソン・フォード、ション・ヤング、ダリル・ハンナ

   原作はF.K.ディック。「人間的感情を持つアンドロイド・レプリカ

ントの悲しさ」が印象的。音楽(ヴァンゲラス)もいい。

7/10 エアフォース・ワン 1997米 W.ペーターゼン

   ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン

   ハイジャック・グループとの攻防もすごいけれど、長時間飲まず

食わずでトイレにも行かないのがすごい(と、低レベルの感想)。

7/16 愛おしき隣人 スウェーデン ロイ・アンダーソン

   エリザベート・ヘランダー、ジェシカ・ルンドベリ

   青白い皮膚の男女が不機嫌な表情で動き回るのが美しくもあり、

   不気味でもあり……

7/26 ロビンとマリアン 1976米英 リチャード・レスター

   ショーン・コネリー、オードリー・ヘプバーン、ロバート・ショウ

   ロビンフッドの晩年をコネリーが熱演。マリアンはヘプバーンに

   よく似ているなあと思って見ていたら本人でした(!)

7/26 恋するパリのランデヴー 仏 ジェームズ・スコット

   ソフィー・マルソー、ガド・エルマレ、モーリス・バルテレミ

   ドタバタふうの展開ながら、ストーリーも結末も納得できる。

   ソフィー・マルソーがかわいくて素敵な大人になっている。

7/27 白い沈黙 2014 アトム・エゴヤン

   ライアン・レイノルズ、スコット・スピードマン

   神経に障るサスペンスドラマでした。カンヌのパルム・ドールに

   ノミネートされたそうだが。

7/29 マラヴィータ 2013米 リュック・ベンソン

   ロバート・デニーロ、ミシェル・ファイファー

   アクション・コメディーだそうだ。家族の絆は深まったかも知れ

ないけれど、なんの解決にもなっていないのが気になる。

7/29 365日のシンプルライフ(tavarataivas2014 ルーッカイネン

   ペトリ・ルーッカイネン

   ヘルシンキに住む青年が失恋をきっかけに所持品ゼロからの出発

に挑んだドキュメンタリー。

7/30 幸せの行方(All GoodThings2010 A.ジャレッキー

   ライアン・ゴズリング、キルスティン・ダンスト

   実話を基にしたミステリー。息子も異常だが父親も異常。ヒロイン

   は気づくのが遅すぎる。ゴズリングの顔を見ればすぐわかるのに。


[PR]
by nishinayuu | 2017-09-09 11:29 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(1)