2017年 06月 25日 ( 1 )

『女たちのなかで』(ジョン・マクガハン、訳=東川正彦、国書刊行会)


Amongst Women』(JohnMcGahern

c0077412_10114752.jpg舞台はアイルランドの田園地方。登場するのはグレートメドーと呼ばれる家に住む家族で、アイルランド独立戦争の闘士だったモランが専制君主のように君臨している。そしてマギー、モナ、シーラの三人娘と末っ子のマイケル、そして後妻のローズが、気性が激しく気分屋でもあるモランを上手に立てて暮らしている。たとえば、働き者で体力のあるモランは家族にも同様の働きを求め、ローズも娘たちもモランの期待に応えようと懸命に努力する。また一家は毎晩、床に新聞紙を敷いて跪き、敬虔なカトリック信者であるモランの主導で「ロザリオの祈り」を唱えることになっている。これがまた、そうとう時間が掛かる儀式なのだ。

しかし、そんな家族にもやがて変化が訪れる。長男のルークはとうの昔に父親との縁を切ってロンドンに行ってしまったが、娘たちにも家を出るべきときが近づいてきたのだ。まず、マギーが看護婦になるためにロンドンに出て行く。モランはいろいろ理屈を述べて止めようとしたが、最後にはロンドン行きを認める。ローズのおかげで家事から解放されたマギーには新しい仕事、新しい生活が必要だったからだ。そして次はモナとシーラが家を離れることになる。娘たちはみなモランに似て頭がよく、成績がとてもよかったので、教師からは大学進学を勧められていた。それでシーラは医者になりたいという希望を口にしたこともあったが、モランの逆鱗に触れたこともあって、二度とその話はせずに、結局二人とも公務員としてダブリンで働くことになる。家を離れても娘たちは頻繁に里帰りをしては農作業を手伝い、ローズといっしょに家事を楽しんだりする。家を離れる娘たちにモランが言ったように、娘たちにとってグレートメドーはいつでも帰ってこられる「家」なのだった。

女ばかりの家族の中で末っ子としてかわいがられていたマイケルも、家族の誰も意識しないうちに大人に近づいていて、やがて兄のルークのあとを追うように家を離れることになる。そのころにはモランにも次第に衰えが見え始め、娘たちの訪れを心待ちにし、ルークとの関係修復を期待するようになる。

これは、「女たちの中で」わがままいっぱいに、女たちの献身を当然のものとして生きてきたアイルランド男の生涯の物語であると同時に、そんな男に振り回されながらも心の奥では彼を大切に思い、深く愛していた女たちの物語でもある。感情のコントロールができず、愛情を素直に表に出すことも苦手な男と、波風が立たないように心を砕きながらたいていのことは広い心で受け入れる女たちの物語でもある。アイルランドを舞台にした作品は独立戦争の影を感じることなく読むのは難しいが、この作品はそれがあくまでも背景に置かれていて表に出てこないため、普遍的な家族の物語として読むことができる。(2017.3.31読了)


[PR]
by nishinayuu | 2017-06-25 10:12 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)