2017年 04月 14日 ( 1 )

『The Buried Giant』(Kazuo Ishiguro, Vintage)

c0077412_142961.jpg『忘れられた巨人』(カズオ・イシグロ)
物語の舞台はイングランドの辺鄙な地方。イングランドの他の地域には城や修道院などもあったが、このあたりはまだ「Iron Age」にあってogre(オーグル=人食い鬼、怪物)もいる。
主人公はアクセルとベアトリスというブリトン人の老夫婦で、網目状に繋がった住居群の外れに住んでいる。外部からの危険はより大きく、夜みんなで集まる大広間の火の恩恵にあずかることはより少ない場所である。二人は夜、ろうそくを灯すことも許されていない。そのように集落の中で疎外され、ないがしろにされていている二人は、それだけにいっそう互いを思いやる強い気持ちで結ばれている。
そんな二人には大きな気がかりがある。周りの人々が過去を語らず、思い出すこともなさそうなことだ。以前、赤毛の女がやって来て人々の病気を治したことがあったが、人々は(ベアトリスも)その女のことをおぼえていない。行方不明になった少女が戻ってきたときも、人々は別に喜ばなかった。みんなで懸命に探したことを忘れていたからだ。そしてアクセルも、つい3週間前の「ろうそく事件」を今朝思い出すまですっかり忘れていたことに愕然とする。ノラという少女が二人のために持ってきてくれたろうそくを鍛冶屋の女房たちに取り上げられてしまったあの事件を忘れていたとは。人々を覆いつつある「忘却」が自分たち夫婦にもじわじわと迫ってきているのだ。
ここを出よう、という話を二人でしたのは前の年の11月頃だったろうか。灰色の朝、村を通ったサクソン人らしき女とことばを交わしたあとベアトリスが、息子のところに行こう、と言いだした。息子の住む村はグレート・プレインの東の方にあって、2~3日で行けるから、と。アクセルは覚えていないがベアトリスによると、そのときはアクセルが反対したらしい。
春のある朝アクセルは、今こそ息子を訪ねる旅に出よう、とベアトリスに告げる。息子はなぜ出て行ったのか、息子はどんな顔でどんな声だったのか、息子にも子どもがいるだろうか……。二人にはなにもわからない。それでもベアトリスは、何度かグレート・プレインを通ってサクソン人の村へいったことがあるのでサクソン村への道はわかるし、息子のいる村はその少し先だと思うから見つけるのは難しくないはずだという。
杖をつき、荷物を背に負った二人は、最初の晩を過ごす予定のサクソン人の村を目指す。グレート・プレインには「ジャイアントが埋められている所」があるので、そこをよけて大回りをしなければならない、とベアトリスがアクセルに教える。ベアトリスが道を探しながら前を行き、アクセルが後ろを歩く。襲われるのは列の後ろの人間と決まっているからだ。


ここまでが第1章と第2章の最初の序奏部分で、ここから物語は壮大な展開を見せていく。二人は息子に会えるのか。そもそも二人の過去に何があったのか。忘却の霧は二人にとって、またブリトン人やサクソン人にとってどんな意味があったのか。記憶することの意義、忘却することの意義について考えさせられる物語である。
主要な登場人物は以下の通り。
渡し船の船頭/ウィスタン(サクソンの戦士)/エドウィン(サクソン村の少年)/ガウェイン(龍の守護者)/クエリグ(龍。彼女の息が「忘却」の元凶)
(2017.2.10読了)
[PR]
by nishinayuu | 2017-04-14 14:02 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)