2017年 03月 01日 ( 1 )

『The Occasional Garden』(H.H.Munro)

c0077412_1721939.jpg
[The Complete Works of SAKI ]Part1 ‘The Toys of Peace’の1編。
タイトルは「臨時のガーデン」というような意味。



エリノア・ラプスリーが「とにかく一時間ほどは黙って私の話を聞いて」と言って話し始める。その内容は――エリノアの庭は大型の草食動物を飼えるほどの広さはないので、何か植えないと格好がつかないのだが、近所の猫たちの会議場になっているので何を植えてもだめになってしまう。しかも集会に集まるのはどうやら菜食主義の猫たちで雀には見向きもしないものだから、雀も植物を荒らし回る。そういうわけでエリノアの庭はなにも育たなくて酷い状態になっているのだが、幸い庭が客間からは見えない位置にあるので他人の目には触れないですむ。ところが、次の水曜に気の置けない知人を昼食に招いたところ、それを耳にしたグエンダ・ポディントンがぜひいっしょにお邪魔したい、といってきた。グエンダは自分の庭が自慢の女性で、エリノアの庭を見てほくそ笑み、自分の庭がいかに世間の羨望の的になっているかをしゃべりたくてやってくるのだ。
ここまで黙ってエリノアの話を聞いていた男爵夫人(女男爵かも)がエリノアにO.O.S.A.(Occasional-oasis Supply Association)の会員になることを勧める。O.O.S.Aはランチやパーティーの間だけそれに相応しい庭を設えるというサーヴィス提供会社で、たとえば1:30のパーティーなら10:00に電話すればすぐに素晴らしい庭を作り上げ、パーティーが終わったら片付けてくれるという。そこでエリノアはすぐに会員契約をして水曜のランチに備える。当日、最高級の庭造りを依頼したおかげでグエンダをやり込めることに成功し、エリノアは大満足したのだったが……。

有閑階級の軽妙で洒落た会話と、サキにつきものの冷笑的なオチが楽しめる短編作品である。また
動植物の名前がたくさん出てくるので勉強にもなる。(Japanese sand-badgersがムジナの類だということはわかりますが、正確な和名は?)(2016.12.29読了)
[PR]
by nishinayuu | 2017-03-01 17:21 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)