「ほっ」と。キャンペーン

『予告された殺人の記録』(ガルシア・マルケス著、野谷文昭訳、新潮社)

c0077412_959234.jpg夏に読むのにふさわしい、暑く、ぎらぎらした色彩にあふれた物語。登場人物たちはだれもかれも熱に浮かされたように動き回り、筋道を立てて考えることもなく右往左往しているように見えるが、それは照りつける太陽のせいなのか、外の世界から切り離されたような町のけだるい時間の流れのせいなのか。
その日サンティアゴ・ナサールが殺されることは町中が知っていた。だれが、どんな理由で殺そうとしているのかもみんな知っていた。彼のためになんとかしようとした者もいたが、だれも決定的な行動はとらなかった。みんな、ちょっとしたことで注意がそれてしまうのである。殺人者はだれかが止めてくれるのを期待しているようでもあった。けれどもだれも止めようとしなかった。人びとはことが起こるのを知っていて、ただそれを待っていたのである。
サンティアゴ・ナサールと、彼のことを本気で心配してくれる友人だけが、そのことを知らないでいた。だから、彼らがそのことを知ったときはもう手遅れだったのだ。
何年もあとに彼の友人が当時のことを人びとに聞いて回ってみると、人びとの記憶は実にあいまいだった。記憶があいまいになっていただけでなく、人びとの暮らしも長年の間に変わっていた。サンティアゴ・ナサールが殺される原因を作った女性も、殺人者たちも、心機一転、新しい人生を歩んでいるのだった。
映像は鮮やかでくっきりしているけれどもつかみ所のない人びとが群れている、身近にはなさそうで、実は身近にありそうな気もしてくる、不思議な余韻の残る作品である。(2008.7.6記)
[PR]
by nishinayuu | 2008-09-25 09:59 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/9789705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『蟹工船』(小林多喜二著、筑摩... 「飛鳥寺の原型 百済の寺か」 ... >>