「ほっ」と。キャンペーン

『我が北韓文化遺産踏査記 上』

c0077412_10265427.jpg『나의 북한 문화유산답사기 上』(유홍준著、Random House)
『我が文化遺産踏査記』3巻の著者である美術史の研究者・兪弘濬による北朝鮮編である。タイトルを和訳すると『我が北韓文化遺産踏査記』となる。北側から正式に招待され、北にある文化遺産を北の学者たちの案内で見て回ってきた著者が、文化遺産を紹介するだけでなく、一人の旅行者としての感動や素直な疑問もありのままに語った旅行記である。韓国では北を「北韓」と呼び、北は韓国を「南朝鮮」と呼んでいるが、そのほかにも日常の言葉や学術用語にもさまざまなちがいがあり、さらには文化遺産の発掘や保存にも南北の違いがあることが語られる。またその一方で、学者たちにしても一般の人々にしても、一人の人間として接するときに見えてくるのは南北の違いではなく個性の違いであることが、さまざまなエピソードや会話を通して示される。南大門の火災事件では非難の矢を浴びることになってしまった兪弘濬であるが、そんな彼の文化遺産に対する熱い思い、好奇心旺盛で人間好きな人柄が伝わってくる楽しい読み物である。先の3巻では白黒だった写真や絵が、この巻ではカラーになり、数もぐんと増えているのも嬉しい。(2008.5.29記)
[PR]
by nishinayuu | 2008-08-19 10:27 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/9485951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『花粉の部屋』(ゾエ・イェニー... 『モンシル姉さん』 (クオン・... >>