「ほっ」と。キャンペーン

『記憶の中の一番美しいもの』(カレル・ファン・ローン著、長山さき訳、講談社)

c0077412_21175896.jpg主人公のアーミンが医者から「あなたには生殖能力がない」と告げられる場面から話は始まる。とっさに彼は反論する。「そんなはずはありません。子どもがいるんです。13歳の男の子が」と。しかし結局、彼はxxyという染色体を持つクラインフェルター症候群であって、精子がない体であることが判明する。
ここからアーミンによる「子どもの父親探し」が始まる。子どものボウと、幼いボウを残して急逝したモニカを愛する気持ちに揺らぎはない。けれどもボウの父親を突き止めずにはいられないのだ。モニカのかつての仕事仲間、かかりつけの医者にまで、アーミンは疑いの目を向ける。そんなアーミンを、モニカの親友で、今は一緒に暮らしているヘレンは静かに見守っているが……。
ドーキンズの『利己的な遺伝子』をはじめ最新の研究や情報を下敷きにして物語は軽快に、時には刺激的に展開していき、最後に衝撃的ではあるけれども完璧ともいえる結末を迎える。こうした巧みなストーリー展開に加えて、オランダという国の風光や人々の暮らしぶりの丹念な描写がこの作品を味わい深いものにしている。
原題はDe Passievrucht。英語でPassion fruitという果物のことである。英名はこの花の雌蘂を十字架に、雄蘂を打たれた釘に、副花冠を茨の冠に見立てて命名したものだという。「キリストの受難」という意味のpassionである。けれどもpassionには「恋の情熱」という意味もある。タイトルの意味するものは「受難の果実」なのだろうか「情熱の果実」なのだろうか。

☆パッションフルーツ(和名:クダモノトケイソウ)のことを調べようと、webを検索していたら、「カレル・ファン・ローンが7月に亡くなった」という文に行き当たりました。なんと、この作品の訳者のサイトでした。http://www.geocities.jp/orandanikki/index.html。オランダに住んで21年目という訳者の「オランダ日記」で、楽しい読み物になっています。
[PR]
by nishinayuu | 2008-06-28 21:18 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/9129460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『赤い長靴』(江國香織著、文藝... 多胡碑 >>