「思い出」 ウィリアム・アリングァム

☆英詩「A Memory」を韓国語に訳しました。各行の母音数を10に揃え、1、2,5行目、3,4行目、6,7行目が韻を踏むようにしてみました。

추억 윌리엄 앨링엄
물위에 뜨는 네 오리,
못둑에 퍼지는 잔디,
봄 하늘의 새파란 빛,
나는 구름의 하얀 빛;
그러한 작은 것들이
오래도록 남아 있네------
정겨워 잊힐 수 없네!

A Memory William Allingham
Four ducks on a pond,
A grass-bank beyond,
A blue sky of spring,
White clouds on the wing;
What a little thing
To remember for years
To remember with tears!

思い出  ウイリアム・アリングァム (松浦暢訳)
池には 四羽のあひる
むこうは 草の堤
春の 青空
浮かぶ しら雲
ささやかな ことながら
いく年も こころにのこる
涙ぐみ こころにのこる
[PR]
by nishinayuu | 2008-04-15 10:40 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/8663758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『異星の客』(ハインライン著、... 『ガール』(奥田英朗著、講談社) >>