「ほっ」と。キャンペーン

『デルフィニア戦記 外伝 大鷲の誓い』(茅田砂胡著、中央公論社)

c0077412_911446.jpgこの巻では、ティレドン騎士団を率いるバルロと、ラモナ騎士団を率いるナシアスの青年時代が語られている。デルフィニア戦記1~18の中で、ウォルを支えて大活躍を演じたふたりは、とにかく強い戦士であり、人望もあり、互いに無二の親友という間柄、ということになっている。けれども、王家に最も近い貴族であり、ウォルともざっくばらんにやり合う闊達な人物として描かれているバルロに比べると、眉目秀麗でやさしい雰囲気を持ち、万事に控えめなナシアスは、戦士として、またウォルの臣下としてすばらしい働きをしていることになってはいても、今ひとつ影が薄い存在だった。そのナシアスに始めて本格的に焦点が当てられ、ナシアスがバルロの兄とも師匠とも言える存在であったことが明らかにされて、これまで上滑りしている感じだったナシアスのすばらしさを称えることばがやっと真実のこととして伝わってくる。逆にバルロは、やんちゃなだけの未熟な「貴族のお坊ちゃん」でしかなかったということになっていて、成人してからのバルロのイメージとはずいぶん違っている。もっとも、10代においては数年の歳の違いは大きいけれども、大人になればその差はあまり感じられなくなるものだ。だから、この巻ではまるで子どもだったバルロが、成人した後にナシアスと対等に接し、ときには兄貴風を吹かせるという展開も、違和感なく受け止めることができる。それはともかく、この巻の主人公はナシアスであり、ナシアスのファンのために書かれた巻であると言えよう。(2008.1.16記)
[PR]
by nishinayuu | 2008-03-29 09:01 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/8545851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「実直さ 最後まで」 『デルフィニア戦記18 遙かな... >>