『きみがいた時間 ぼくのいく時間』(梶尾真治著、朝日ソノラマ)

c0077412_9594358.jpg「タイムトラベル・ロマンスの奇跡」と題された第1部と、「クロノス・ジョウンターの軌跡」と題された第2部の、二部構成になっている。
第1部に収められた4つの物語では、主人公たちは愛する人が存在していた過去へ移動して、人生をやり直したり、母との死別の瞬間に目にした虹色の光の正体を知ったり、現実と並行して存在する別の世界をかいま見たりする。いずれも心温まる結末になっていて、特に『美亜へ贈る真珠』は感動的。
第2部は劇団「キャラメルボックス」の成井豊と著者の対談、成井豊による「梶井真治のブックガイド」、著者による「私にとってのクロノス・ジョウンターの伝説」からなる。対談の中で著者が「後味の悪い小説は書きたくない」と言っているのが印象に残った。これで安心してこれからも梶尾真治作品を楽しむことができる。(2007.10.20記)
[PR]
by nishinayuu | 2008-01-08 09:59 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/7933658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「筑前守源道済が侍の妻、最後に... 『A Little Princ... >>