「札幌の宿屋」(ハ・ソンナン著)

c0077412_1445735.jpg原題は『삿뽀로 여인숙』(하성란著、이룸)。1967年生まれの女性作家ハソンナンが2000年に発表した作品。韓国の友人が「読み終わったのでよかったらどうぞ。あまりおもしろくなかったけれど」と言って数年前においていってくれたもので、そのときは数ページ読んだだけで投げ出してしまった。「あまりおもしろくなかった」ということばのせいで意欲がわかなかったということもあるが、実は辞書をいっぱい引かないと読めなかったので、嫌になってしまったのだった。1ヶ月ほど前にふと思いついて、ぱらぱらとページをめくってみたら、以前よりずっと楽に読めることに気がついて、それから他の本と並行して少しずつ読んできた。はじめは一日10ページほどであきてしまったが、最後のほうは数10ページずつ読み飛ばした。いつのまにか話に引き込まれ、最後が早く知りたいという気持ちになっていたのだ。
語り手は、男女の双生児の片割れである女性。高校生の時に片割れの弟が交通事故で死んでしまう。いつも一緒だった弟がいきなりいなくなってしまって混乱する彼女は、幻聴を聞くようになる。少し調子外れの口笛の音だったり、「私はコウスケです」という日本語だったり。弟の死は母にも重くのしかかり、やがて両親は田舎に引っ込んでしまう。残された彼女は弟の遺品を整理し、家を始末して一人暮らしを始める。そんな彼女にいきなり声をかけてきた男性がいた。いつのまにか彼女の背後にすっと立っていたりする、神出鬼没で不思議な、あるいはストーカーのような男性である。また、弟のことが好きだったという高校時代の友人がいきなり彼女を訪ねてきて、徐々に彼女の生活に侵入してくる。他にも、弟の死の直後に出会い、その後も思いがけないところでなんども出会う、耳を自由に動かせる若い男性やら、日本人と結婚して一時帰国している女性とその子どもやら、拾ってきた声の出せない犬やら、いろいろな人・ものとそのエピソードがばらばらに登場して、焦点の定まらない感じのまま話が進んでいくが……。(2007.7.28記)

☆死んだ人の魂が、強く結ばれていた相手を見守り続ける、というお話です。ほんとうにそんなことが可能なら、先立つ者も残される者も気持ちが楽になるでしょうね。ふと、映画「ゴースト」を思い出しました。
[PR]
by nishinayuu | 2007-09-29 09:42 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/7074732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「在原業平、天の河原といふ心を... 『黄泉がえり』(梶尾真治著、新潮社) >>