「ほっ」と。キャンペーン

『弟の戦争』(ロバート・ウェストール著、原田勝訳、徳間書店)

c0077412_15364250.jpg読書会「かんあおい」2007年6月の課題図書。ウェストール作品は読書会としても私個人としても『海の王国』に次いで2冊目。
物語の語り手である「ぼく」のとうさんは、建設工事の仕事をばりばりやり、休日はラグビーチームで活躍する、エネルギッシュな大男だった。州会議員の母さんは、人の世話を焼くのが大好きで、町のだれも彼もと知り合いだった。ぼくが3歳の時に弟のアンディが生まれ、ぼくはアンディに夢中になり、家中が笑いに満ちていた。けれども、アンディはときたま、なにかにとりつかれてしまう子どもで、親とはぐれた子リス事件、エチオピアの飢えた子どもボサ事件などで、家族を混乱させた。そして1990年に湾岸戦争が起こった時、12歳のアンディとイラクで戦う少年の魂が交錯し、アンディはぼくたち家族からどんどん遠ざかっていく。
以上のように、繊細な少年が、地球上の遠いところで起きていることを自分の身に引き受けてしまい、家族も巻き込んで苦しむ姿が描かれている。人種問題にも踏み込んでいて、児童文学としてはかなり重い作品であるが、結末は明るい。それが救いでもあり、やや安易な印象も残る。(2007.5.19記)

☆「訳者あとがき」によると、登場するアラビア人の人名には意味があって、サダム・フセインのサダムは「突き進む、打つ、叩く」、アンディと魂が交錯したイラクの少年兵の名前ラティーフは「優しい、繊細な」、魅力的なアラブ人医師の名前ラシードは「正しい道を行く」という意味だそうです。また、アンディが見せた「非習得外国語の発話」も、『国際共通語の夢』(二木紘三著、筑摩書房)によると、各地に報告例があるとか。この2点だけを見ても、著者の目配りが細部まで行き届いていることがわかります。
[PR]
by nishinayuu | 2007-06-29 10:09 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/6404430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『パリ左岸のピアノ工房』(T・... 「三輪山伝説」 >>