「ほっ」と。キャンペーン

『The Secret Garden』 (F.H.Burnett)

c0077412_1743542.jpg邦題は『秘密の花園』。昔翻訳で読んだ児童文学の古典を、グーテンベルク・プロジェクトでダウンロードして読んだ。
イギリスの植民地インドで育ったメアリーは、暑さのせいでいつも気分が悪く、召使いに当たり散らす不機嫌で尊大な子どもだった。疫病の大流行で両親が死に、召使いに置き去りにされても、悲しむということも知らなかった。そんないびつな育ち方をした、見た目もかわいくないメアリーが、叔父に引き取られることになってイギリスのヨークシャーにやってくる。そこでメアリーを待ち受けていたのは、滅多に家にいない叔父、開かずの部屋だらけの広大な屋敷、そして相変わらず退屈な毎日だった。けれども、気だてのいい小間使いマーサ、ちょっと気むずかしい庭師のウエザースタッフ、おしゃべりな駒鳥、そして「秘密の花園」との出会いが、メアリーを少しずつ変えていく。やがて美しい春の訪れとともに「秘密の花園」には花があふれ咲く。(2007.5.15記)

☆メアリーと、いとこのコリン少年の成長物語であると同時に、緑の木々、色とりどりの花にあふれるヨークシャーの美しさを綴った物語です。また、花園という秘密、叔父という秘密、コリンという秘密、など秘密がいっぱいあって、推理小説のような雰囲気もあります。
☆マーサはメアリーと話すときに tha’ とか、tha’rtという言葉を使っています。これは古い英語の thou, thou artの名残ですね。マーサはヨークシャーなまり丸出し、ということですが、ずいぶん格調の高いなまりだなあ、と思いました。
☆上の画像は日本語版(西村書店)のものです。
[PR]
by nishinayuu | 2007-06-23 09:13 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/6367177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『莓畑』(申京淑著) 韓国の詩「弥勒寺を通りかかりて」 >>