『ザッカリー・ビーヴァーが町に来た日』(キンバリー・W・ホルト著、河野万里子訳、白水社)

c0077412_1532512.jpgテキサス州の田舎町・アントラーに、ザッカリー・ビーヴァーがやってきて去っていくまでの一夏の物語。
緑は多いが何も起きない町に、ある日青いサンダーバードがトレーラーを引いて現れる。トレーラーの中にいる「世界一ふとった少年」ザッカリー・ビーヴァーを見るために、町の人々は見物料の2ドルを握りしめて行列を作る。13歳の少年トビーも、友達のキャルと一緒になんとなく列に並んでしまう。そして、ふたり用のテントほどもあるザッカリー・ビーヴァーを見物するのだが、「ふつうと違っているというだけで、その人をじろじろ見るのはおかしいじゃないか」と思うのである。トビーのかあさんは歌手になりたくて、コンテストに参加するために遠くに出かけてしまって、いつ帰ってくるのかわからないし、あこがれている女の子にはボーイフレンドがいる。だからトビーはザッカリー・ビーヴァーにかまけているひまはない。ところがある日、青いサンダーバードがどこかに消えてしまう。トレーラーと、その中のザッカリー・ビーヴァーを残したまま。(2007.4.30記)

☆もがきながら少しずつ成長していく少年たち、真摯で心暖かい町の人々の姿は実にすばらしく、感動的です。が、実在の少年だというザッカリー・ビーヴァーが、このあとどうなったかと思うと心が重くなります。全米図書賞(1999年度)をはじめ様々な賞を受けていますが、なんとなく後味のよくない本でした。
[PR]
by nishinayuu | 2007-06-07 15:42 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/6259856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ふいの光 D.G.ロセッティ 『黄金の声の少女』(ジャン=ジ... >>