『水の繭』(大島真寿美著、角川書店)

c0077412_15161579.jpg4冊目の大島真寿美。ただし、発行年は、『水の繭』、『香港の甘い豆腐』、『かなしみの場所』、『ほどけるとける』の順。
主人公は20歳のとうこ。小さいころ、両親が離婚して、母親は男の子を連れて出ていった。父とふたりで暮らしてきたが、その父は自殺してしまった。だから今とうこは、むかし家族4人で暮らしていて家に独りで住んでいる。そこへ、いとこの瑠璃が転がり込んできて、おかげでとうこは「よく外へ連れ出されるようになった」。つまり瑠璃が現れるまで、とうこは外出もせず、家の中でもほとんどなにもせずにいたのである。といっても、無気力、放心状態、あるいは心の病、というのとはちがう。
とうこのなかで閉ざされていたものが少しずつほどけていくのだが、その展開はこの著者にしてはややドラマチック。最後は「もうまもなく秋がやってくるのだろう/カミングスーン/次の季節だ」となっており、とうこが新しい一歩を踏み出す予感に満ちている。(2007.3.15記)
[PR]
by nishinayuu | 2007-04-08 13:30 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/5857542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 藍色 at 2011-01-19 01:11 x
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
<< 『しゃばけ』(畠中恵著、新潮文庫) 「土佐守紀貫之、子の死にたるに... >>