『最後の場所で』(チャンネ・リー著、高橋茅香子訳、新潮クレストブックス)

c0077412_1733848.jpg舞台はニューヨーク郊外の小さな町。主人公である通称ドクター・ハタは、広壮な高級住宅で暮らす日系アメリカ人。長年この町で医療器具を扱う店を営みながら、親しみやすくて立派な市民として周囲に受け入れられることを喜びとして暮らしてきた。しかし彼は、在日コリアンとして生まれ、日本人の養子となって日本人として従軍したという過去を持ち、その折に同胞の慰安婦を愛したがために彼女を死に追いやっている。また、よい父親になることを願って迎えた養女・サリーは、彼を受け入れないまま大人になり、彼のもとを去ってしまうし、結婚相手として考えていた女性も「あなたは本当にはかり知れない人ね」ということばを残して去っていく。人々に受け入れられたい、人々を心地よくさせたいという思いから重ねる彼の「ジェスチャー」が、人を裏切ったり、あるいは人から裏切られたり、という結果を招くのだ。そして老年に至った彼の、表面的には平穏な日々が、この数週間でひっくり返ってしまう。それで彼は「悪い出来事の渦にあまりに頻繁にまきこまれるので、家の正面や車のバンパーを花づなで飾り、肩には無数の黒い旗を巻き、すべての人々に、この男から離れているように(中略)この感じのよい優しい顔をした傲慢な男の手を刺激しないように警告するべきだと真剣に思う」のである。こうしてドク・ハタは、冷静に自己を見つめながら、果敢にこの危機に立ち向かっていく。(2007.2.5記)

☆原題はA Gesture Life。チャンネ・リーは1962年生まれのコリアン・アメリカン作家。99年『ニューヨーカー』誌の「21世紀期待の若手作家20人」に選出されているそうです。
[PR]
by nishinayuu | 2007-02-27 14:59 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/5617775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「圓融院の御葬送の夜、朝光卿、... 『お鳥見女房』 (諸田玲子著、... >>