「ほっ」と。キャンペーン

『毎月新聞』(佐藤雅彦著、毎日新聞)

c0077412_2033556.jpgミニ新聞の形で毎日新聞に月一回のペースで連載されたコラムを本にしたもの。4コマ漫画ならぬ3コマ漫画までついていて楽しい作りになっているが、いちばん楽しんでいるのでは著者本人だろう。全48編のうち特に印象に残ったのは「じゃないですか禁止令」「おじゃんにできない」「ネーミングの功罪」「これを、~とする」「真夏の葬儀」「記号のイコン化」「取りかえしがつかない」。

☆「おじゃんにできない」は、出かけようとして靴を履いてしまってから忘れ物に気がついたときどうするか、という話。靴を履いたまま膝で匍って取りに行く、片方だけ脱いでけんけんで取りに行くなどなど、靴を脱いだほうが簡単なのに、靴を履いたという行為をおじゃんにできない人の「おバカ」な行動が列挙されています。ちなみに私はけんけんで取りに行っています。
「おじゃん」は近世に火事が鎮火したときに鳴らした半鐘の「じゃんじゃん」という音からきているそうです。意味は「終わり、終了」ということですが、擬音の「じゃん」に「お」をつけてしまうとは大胆な造語ではありませんか。
[PR]
by nishinayuu | 2006-10-02 17:43 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/4661432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 100歳の誕生日 『間島パルチザンの歌』(槇村浩... >>