『 安楽病棟』(帚木蓬生著、新潮社)

c0077412_20393277.jpg読書会「かんあおい」2006年5月の課題図書。4年前に一度読んでいるが、とにかく嫌な内容の本だった、ということしか覚えていなかった。今回読み直してみたら、戦争体験談集としても読め、推理小説としても読める、なかなか読みでのある本だった。

☆4年前の読書ノートを見てみたら「推理小説としては謎解きが易しすぎる。そしてテーマは重過ぎる」という感想が書いてありました。4年前より推理力が落ちているのかもしれない、と自分の脳の状態が心配になりました。
[PR]
by nishinayuu | 2006-09-17 11:28 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/4570632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『ボストン、沈黙の街』(ウイリ... 大村彦次郎の文士のいる風景 そ... >>