「ほっ」と。キャンペーン

『ジャン・ジオノ、私のお父さん』(アルリン・ジオノ著)

『장 지오노, 나의 아빠 』(알린 지오노著、 실비 지오노絵、 홍은주 訳、하늘고래)

『木を植えた男』などで知られるフランスの小説家、ジャン・ジオノの思い出を娘のアルビン・ジオノが語ったもの。幼い頃の気持ちで表現されているのか、大人になってからの気持ちが入っているのか曖昧な部分が多いように感じられた。フランス語で書かれたものを韓国語訳で読むというのは、2枚重ねのレースのカーテン越しに外を眺めるようなものかもしれないが、韓国語の勉強にはなった。
[PR]
by nishinayuu | 2006-08-15 11:27 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/4334516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 韓国俳句紀行 サムルノリ 『木曜日の朝、いつものカフェで... >>