「ほっ」と。キャンペーン

『新女性を生きよ』(朴婉緒著、朴福美訳、梨の木舎)

原題「그 많던 싱아는 누가 다 먹었을까(どこにでもあったあのスイバはだれが食べ尽くしたのか)」
翻訳のタイトルは失敗ではないだろうか。原題だとどんな内容なのか読んでみたくなるが、翻訳のタイトルではちょっと引いてしまう(友人が貸してくれたので引く暇がなかったが)。
日本に支配された植民地時代と、解放後に全土を蹂躙した朝鮮戦争時代――この2つの時代を生き抜いた2代の女性の物語。最後の場面は衝撃的、かつ感動的。

☆著者についてはマイリンクにある「韓国の著名人」の【ㅂ】をご覧ください。
[PR]
by nishinayuu | 2006-07-29 13:40 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/4242436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『朝鮮の路地裏風景』 (姜明官著) おしどり夫婦 (원앙새 부부) >>