「ほっ」と。キャンペーン

『私の文化遺産踏査記 1』 (兪弘濬 著)

c0077412_15441936.jpg『나의 문화유산답사기 1』( 유홍준著、 창작과비평사)
韓国の文化遺産をよりよく理解し味わうための案内書。専門家ならではの詳細な解説の合間に砕けた感想やらエピソードが挿入されていて、あきさせない。ときどき「中華思想」ならぬ「中韓思想」がちらつくが、自国の文化遺産への愛着が深い証拠 、と思えば許せる。韓国文化を荒らし回った日本・日本人は、当然のことながら厳しく糾弾されているが、韓国文化を愛した日本人や、日本の良い点はきちんと評価されている。全3巻。
著者は1949年生まれの美術史学者、美術評論家、大学教授。現在は文化財庁の長官でもある。『80年代美術の現場と作家たち』(1986)、『美術エッセー』(1988)などの著書がある。

☆著者は「文化遺産踏査会」の講師として、会員を引き連れて韓国中の文化遺産を探訪しています。犬養孝氏(万葉旅行の会の講師)の韓国版といったところでしょうか。「文化遺産踏査会」の会員になって、著者の説明に耳を傾け、時には茶々を入れたりできたら、さぞ楽しいだろうと思うのですが、それにはよほど韓国語ができないと……。
[PR]
by nishinayuu | 2006-07-18 22:56 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/4174405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 한자말(漢字語) 『吉里吉里人』(井上ひさし著、... >>