『ジヴェルニーの食卓』(原田マハ、2013、集英社)


本書は「史実に基づいたフィクション」で、4人の画家にそれぞれ一つの章が与えられた、4部構成の作品である。

c0077412_14272673.jpg*「美しい墓」――アンリ・マティスに関する章。舞台は光あふれるコートダジュール。語り手は21歳のときマグノリアの花とともに84歳のマティスのアトリエに送り込まれたマリア。マティスを支えた「マグノリアのマダム」やパブロ・ピカソなどに関するエピソードとともに、マティスの最晩年の姿が生き生きと浮かび上がる。冒頭にピカソの次のような言葉が掲げられている。「もしもマティスが死んでしまったら、ほかの誰にも話せないことを胸の中にためこんでしまうことになる。なんといっても、私には、マティスしかいないんだ。」

c0077412_14274015.jpg*「エトワール」――エドガー・ドガに関する章。進行役として登場するのはドガの友人だったメアリー・カサット。彼女はパリで成功した最初のアメリカ人画家であり、印象派をアメリカに伝えることによって印象派の世界的成功をもたらした立役者である。ドガが生前に発表した唯一の彫刻作品『十四歳の小さな踊り子』のモデルは「オペラ座」のエトワールを夢見ていた踊り子だったが、ドガの彫刻はアトリエの奥にしまい込まれ、夢破れてバレエを捨てた少女の行方はわからない。

c0077412_14275518.jpg*「タンギー爺さん」――ポール・セザンヌに関する章。語り手はゴッホの『タンギー爺さん』で知られるパリの画材商タンギーの娘である。才能のある画家たちへの援助を惜しまなかったタンギーが最も愛していた画家がセザンヌだったこと、セザンヌが親友だと思っていたゾラがセザンヌをモデルにして絶望の果てに自ら命を絶つ画家を描いたこと、しかもその作品『制作』をセザンヌに送りつけたこと、ゾラの呪詛にもかかわらずセザンヌは「リンゴ一つで、パリをあっと言わせてやる」という予言を実現させたことなど、興味深いエピソードが盛り込まれている。

c0077412_14274943.jpg*「ジヴェルニーの食卓」――クロード・モネに関する章。進行役はクロード・モネの義理の娘であるブランシュ。舞台はブランシュたちオシュデ一家の別荘であるモンジュロンのロッテンブール城から、モネが妻や息子たちと暮らすヴェトゥイユの借家へ、そしてジヴェルニーの館へと移る。それに伴ってオシュデ家とモネの関係も、‘裕福なスポンサー’と‘売り出し中の画家’から、‘倒産して妻子を貧しい画家に託したもとスポンサー’と‘ブランシュやその母アリスらとの同居を心から喜ぶ画家’へ、そしてオシュデ亡き後のアリスとやはり妻を亡くしたモネがついに結ばれてできあがったほんとうの家族へと変遷する。二つの家族が一つになるというおとぎ話のような展開に、様々な作品に関するエピソードが加わって、モネの絵そのままに明るい輝きに満ちた物語となっている。もと首相で美食家のクレマンソーが「睡蓮」の完成に大いに貢献しているというエピソードも楽しい。(2017.11.8読了)


[PR]
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/28984525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2018-01-07 16:26 x
ゾラの呪いは興味ありますね。
by nishinayuu | 2018-01-07 14:31 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)

読書と韓国語学習の備忘録です。


by nishinayuu