「愛誦歌4首」


c0077412_10155863.jpg受講中の韓国語講座で、「日本の詩歌を韓国語に翻訳する」という課題が出されました。

好きな短歌の中から現代短歌2首と万葉集の歌2首を選んで訳し、作者についての簡単な紹介を添えました。(2017年7月10日提出。)






シルレア紀の地層は杳きそのかみを海の蠍の我も棲みけむ  明石海人          


실루리아기의 지층도 아득히 고생대를


바다의 전갈로 나도 살았으리라



園丁が噴水のねぢをまわすとき朝はしづかな公園となる  前川佐美雄


정원사가 분수장치 마개를 비틀어


아침은 고요하고 조요한 공원이 된다



東の野にかぎろひの立つ見えてかへりみすれば月西渡きぬ  柿本人麻呂


동녘 들판에 어렴풋한 서광빛 나는 보며


뒤돌아보았더니 달이 기울어 있네



朝床に聞けばはるけし射水河朝漕ぎしつつ唱ふ船人  大伴家持


잠자리에서 들으면 아련하네 이미즈강을


새벽에 노래하며 지어가는 뱃사공



明石海人(19011939):昭和初期の歌人。26歳(1928)にハンセン病と診断されて岡山の長島愛生園に入所。素姓も家族との縁も絶っ たまま、37歳で生涯を終える。


前川佐美雄(19031990):昭和の歌人。昭和初期モダニズム短歌の推進者。戦中の戦争賛歌を糾弾されて活動を停止。後に再評価され、朝日歌壇の選者(19541988)としても活躍。


柿本人麻呂(662710):飛鳥時代の歌人。宮廷歌人として活躍。『万葉集』の代表的歌人。


大伴家持(718?~785):奈良時代の歌人。貴族・高級官吏。『万葉集』の編纂者と目されている。




[PR]
by nishinayuu | 2017-07-31 10:17 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/26854577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『あるロマ家族の遍歴』(ミショ... 『ハロルド・フライの思いもよら... >>