映画鑑賞ノート26 (2017.3.31作成)

c0077412_10124250.jpg2017年1月~3月に見た映画とドラマの記録
1(~2)行目:鑑賞した月/日 タイトル(原題)制作年・制作国 監督
(2or3)行目以下:キャスト、一言メモ
☆画像は刑事ジョーに出てくるヴォージュ広場。

1/2 宿命の大統領(Survivor)米の連続ドラマ
   キーファー・サザーランド、マギー・Q、カル・ペン
   これからどうなるかというところで途切れてしまった(!?)
1/15 サイダーハウス・ルール(The Cider House Rules)1999米
   ラッセル・ハルストレム
   トビー・マグワイア、シャーリーズ・セロン、マイケル・ケイン
   孤児院生まれのホーマーの成長物語。医師業のルールもサイダー
   ハウスと同様に当事者が決めるべき、というメッセージ。
1/19 パーマネント野ばら 2010日本 吉田大八
   菅野美穂、江口洋介、小池栄子、池脇千鶴、夏木マリ
   愛し愛されていると思い込むことで寂しさを押さえ込んでいる
   ヒロインをトンデモ女たちが支えている。感動的秀作。
1/20 The Greatest 2009米 シャナ・フェステ
   ピアーズ・ブロスナン、S・サランドン、キャリー・マリガン
   息子を事故で失って崩壊しかけた家族が、息子の恋人を受け入れ
   て再生していく。
1/22 刑事ジョー(Jo)2013 仏・英の連続ドラマ
   ジャン・レノ、ジル・ヘネシー、トム・オースティン
   各回の事件現場はヴォージュ広場、ロダン美術館などの名所。
1/25 オデッサ・ファイル(The Odessa File)1974英独 
   ロナルド・ニーム
   ジョン・ボイド、マクシミリアン・シェル
   フォーサイス原作。主人公が元ナチの将校を追い詰めていくのは
   ユダヤ人の怨念を晴らすためだと思っていたのに……。
1/27 オチョ・アペリードス・カタラネス(Ocho apellidos)2015
   マルティネス・ラサロ
   ダニ・ロビラ、クララ・ラゴ、カラ・エレハルデ
   タイトルは「カタルニア語の八つの姓」の意。互いにいがみあっ
   ている地方の男女による結婚をめぐるドタバタ喜劇。
2/15 失踪(The Vanishing)1993米 ジョルジュ・シュルイツァー
   ジェフ・ブリッジス、K・サザーランド、N・トラヴィス
   「妄想は究極の凶器」を副題とするサイコサスペンス。
2/25 パリ3区の遺産相続人 2014 BBC・仏・米 
   イスラエル・ホロビッツ
   ケヴィン・クライン、マギースミス、クリスティン・トーマス
   味わいのある作品。キャストに犬のフェルナンドの名も。
2/26 Extremely Loud and Incredibly Close 2012米 S・ダルドリー
   トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、M・F・シドー
   「ものすごく辛くてあり得ないほど優しい」作品。少年の家族も少
   年が訪ね歩いた人々も現実にはあり得ないほど温かく優しい。
2/27 悲しみを乗り越えて(Lift Me Up)2015米 マーク・カルティエ
   トッド・カフーン、S・フランゲンバーグ、シェーン・ハーパー
   母を亡くした女子高生と、妻を亡くした義理の父が本物の親子に
   なるまで。
3/1 天国の日々 1978米 テレンス・マリック
   リチャード・ギア、ブルック・アダムス、サム・シェパード
   貧しい季節労働者と恋人が青年農場主にしかけた偽りの愛の
   顛末。大自然の描写がとにかく美しい。
3/7 オリエント急行殺人事件 1974英 シドニー・ルメット
   アルバート・フィニー、ローレン・バコール、バーグマン
   パーキンスなどのスターが勢揃いする豪華な娯楽作品。
3/11 向かい風(Des Vents Contraires)2011仏 ジャリル・レスペール
   オドレイ・トトゥ、ブノワ・マジメル、イザベル・カレ
   誰かになにかを言うときはそれが最後の言葉になるかも知れな
   いので、感情をコントロールして慎重に言わないと。
3/12 ミッション・インポッシブル④ 2011米 ブラッド・バード
   トム・クルーズ、ポーラ・パットン、サイモン・ペグ
   あり得ないシーンの連続で笑ってしまうが、ブルジュ・ハリファ
   の外壁を登るシーンはスタントなしだったと知ってちょっと感動。
3/14 テレマークの要塞(The Heroes of Telemark)1965英米
   アンソニー・マン
   カーク・ダグラス、リチャード・ハリス、ウーラ・ヤコブソン
   ナチスによる原爆制作を阻止したノルウェーのレジスタンスを
   史実に基づいて描いた作品。ハリスは昔はこんな顔だったのね。
3/16 ボディ・スナッチャー(Invasion of the Body Snatchers)1956
   米 ドン・シーゲル
   ケビン・マッカーシー、ダナ・ウインター、サム・ペキンパー
   侵略FSの古典(原作J・フィニー)で見応えがある。このあと
   何度もリメイクされているだけのことはある。
3/19 8月の家族たち(Last Mile Home)2013米 ジョン・ウェルズ
   メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、アビゲイル
   「家族は遺伝子で繋がるだけの無作為に選ばれた細胞」に納得。
3/23 二人のトマ旅に出る(Le Voyage au Groenland)S・ベベデル
   トマ・ブランジャール、トマ・シメカ、フランソワ・シャト
   フランス人のふたりがイヌイットの村を訪ねる。人々は伝統の
   狩猟文化を守りながらインターネットも使いこなしていた。
3/23 Best Friend’s Wedding 1997米 P・J・ホーガン
   ジュリア・ロバーツ、D・マローニー、キャメロン・ディアス
   ストーリーはばかばかしいが、女優陣が若くて美しいので許せる。
3/28 マラソンマン(Marathon Man)1976米 J・シュレジンジャー
   ダスティン・ホフマン、ローレンス・オリヴィエ
   スポコン映画ではない。オリヴィエは若い頃より柔らかくなった
   感じがするが、眼にすごみがある。
3/28 グレース&フランキー(Grace & Frankie)③米のテレビドラマ
   ジェーン・フォンダ、リリー・トムリン、マーティン・シーン
   内容はイマイチだが、インテリアやファッションは魅力的。
[PR]
by nishinayuu | 2017-04-22 10:14 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/26604236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2017-04-22 22:26 x
ほとんど見たことのない映画ばかり。nishinaさんのコメントに触発されて、まず「ボディ・スナッチャー」を蔦屋で探してみます。「テレマークの要塞」もノルウェーという国土に惹きつけられますね。
<< 『冬の灯台が語るとき』(ヨハン... 『アーサー王最後の戦い』(ロー... >>