『アーサー王最後の戦い』(ローズマリ・サトクリフ、訳=山本史郎、原書房)

c0077412_959328.jpg
『The Road to Camlann』(Rosemary Sutcliff)
本書は児童向け歴史小説で知られるサトクリフによる大人向けの歴史小説「サトクリフ三部作」の三巻目である。第一巻『アーサー王と円卓の騎士』と第二巻『アーサー王と聖杯の物語』も同じ原書房から出版されている。

ところでこの本を読んだのは、『忘れられた巨人』の主要キャラクターの一人であるガウェインについて知るためだった。さてそのガウェインは――アーサーの姉モルゴースとオークニー国のロト王の長男で、邪悪な母親の許を去ってアーサーの麾下に入り、円卓の騎士の一人として終生アーサー王に仕えた人物である。アーサー王が最も愛した二人の騎士のうちの一人でもある。本書では「炎のような髪と炎のような気象を持った型破りな男、アーサー王の腹心」と紹介されている。アーサー王に愛されたもう一人の騎士ランスロットとは親友だったが、ある不幸な出来事のせいで対立して一対一の真剣勝負をするはめになる。二度にわたったこの勝負でガウェインは頭部の古傷にさらに深手を受けたが、アーサー王に敵対するモルドレッドとの戦いを前に、ランスロットにアーサー王への救援を請う手紙を書いて、アーサー王に看取られながらこの世を去る。
死後もアーサー王の夢枕に立って、ランスロットが駆けつけるまでモルドレッドとは戦わないように、と作戦を進言したりする。『忘れられた巨人』でアーサー王の龍クエリグを守っていたガウェインとはこういう人物だったのだ。
特筆すべき人物と事物を以下にまとめておく。
*アーサー王:ブリテン島ログレス国の王。理想のキリスト教君主とされる。
*グウィネヴィア:アーサー王の妃。輿入れの際に大きな円卓を持参した。
*ランスロット:アーサーの信頼が篤く「キリスト教を奉じる世で最高の騎士」として描かれる。湖のランスロットと呼ばれる。
*オークニー国の兄弟:ガウェイン(長男)、アグラヴェイン(次男、モルドレッドの右腕)、ガヘリス(三男)、ガレス(四男)。
*モルドレッド:オークニー国兄弟の末弟。父親はアーサー王、母親はアーサーの異母姉であるモルゴース。母親から受け継いだ邪悪な心と「ダマスク織の絹のような滑らかな声」の持ち主。円卓の騎士でありながら王を憎んでおり、王位を簒奪しようとする。
*ベディヴィエール:円卓の騎士の中でアーサーの最後の戦いであるカムランの戦の唯一の生存者。王の頼みによってエクスカリバーを湖に返す。
*エクトル:またの名を沼のエクトルという。ランスロットの異母弟。
*トリスタン:容姿端麗な竪琴の名手。コーンウォールの王妃イズー/イゾルデとの恋物語で知られる。
*聖杯の冒険の仲間:ランスロット、ボールス(ランスロットの従兄弟)、ガラハッド(ランスロットの息子、聖杯の神秘に触れたため死亡)、パーシヴァル(ガラハッドの死後1年で死亡)。
*エクスカリバー:アーサーが湖の妖精から授けられた聖剣。
*キャメロット:アーサー王の都。円卓はここにある。
*アヴァロン島:「リンゴの木の茂るアヴァロン」と呼ばれる。アーサー王の終焉の地。

(2017.2.12読了)
[PR]
by nishinayuu | 2017-04-18 09:59 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/26593827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 映画鑑賞ノート26 (2017... 『The Buried Gia... >>