『イザベルに ある曼荼羅』(アントニオ・タブッキ、訳=和田忠彦、河出書房新社)

c0077412_10163088.jpg『Per Isabel Un Mandala』(Antonio Tabucchi, 2014)
物語は語り手が時間つぶしのためにカフェに立ち寄ったところから始まる。ビリヤードに興じていた老人が、居合わせたみんなから有り金を巻き上げたあと、語り手に話しかけてくる。ゲームをやるか? 妙ななまりがあるがどこの生まれだ? 名前は? こんな所で何をしている?と。語り手は答える。おおいぬ座のシリウスから来た、名前はヴァクラフだが友だちのあいだではタデウシュで通っている、これからある女の情報をくれるという人に会いにリスボン一の高級レストランのタヴァーレスに行くところだと。ここで舞台がポルトガルであることと、タデウシュという名前から語り手がポーランド人らしいということがわかる。が、「シリウスの生まれ」というのは冗談なのか、ただのはぐらかしなのか、よくわからない。(『レクイエム』を読んでいれば自明のことなのだと「あとがき」を読んでからわかりました。)とにかく語り手への興味と語り手の探している女性への興味をかき立てる滑らかな導入部である。
こうして語り手はまずリスボンの高級レストランでモニカという女性に会って、イザベルの少女時代から大学時代の話を聞く。イザベルがスペイン人の学生とつきあっていて、彼の友人のポーランド人ともつきあうようになったこと、イザベルが妊娠したとき、どちらの男の子どもかわからないといっていたこと、などの話も出てくる。この第1章のタイトルは「第一円――モニカ リスボン 想起」となっている。そして第2章「第二円――ビー リスボン 誘導」で語り手は、モニカが「イザベルについてもっとよく話せるかも知れない」と言ったイザベルのばあや、通称ビーを訪ねて話を聞く。
こうして語り手はサラザール体制下で抵抗運動に加わって投獄され、脱獄したあと消息が途絶えたイザベルを求めて、外側の円からしだいに中心の円に向かうように探索の旅を続けていく。セボレイラに住むトムおじさん(看守)、リスボンのティアゴ(イザベルの脱獄に手を貸した同志)、マカオのカモンイス洞窟のコウモリの姿を借りたマグダ(イザベルをマカオに逃した友人)、マカオの老詩人(イザベルと関わりのある司祭を知る人物)、スイスアルプス山中の城にいるザビエル(イザベルとナポリの関わりを示唆する霊界の人物)、ナポリの「赤い月」の老秘書、と辿ってきた語り手は、リヴィエラ海岸駅にやって来る。老秘書にオーベルダン通りにある「社会印刷」がイザベルの消息のあった最後の場所だと教えられたからだ。駅前の公園で語り手は奇妙なヴァイオリン弾きに出会い、「あなたの同心円を指揮しているのは私です」と告げられる。そしてそこにイザベルも現れて「安心していいわ。あなたの曼荼羅は完成よ」と告げるのだった。

ルポルタージュ風に綴られていくうちに、マカオのカモンイス洞窟の場面でいきなり(よく考えれば決していきなりではないのだが)コウモリを通して遠くにいるマグダと交流するというシュールな場面が現れる。このときやっと「シリウスから来た」という語り手の言葉が冗談でもはぐらかしでもないと確信できる(遅い!) 新しい年の始めに『聖ペテロの雪』と本書という感動的な作品にたて続けに出会えたのはなんとも幸せなことである。(2017.1.8読了)
[PR]
by nishinayuu | 2017-03-09 10:17 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/26486622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2017-03-09 23:06 x
人を探し謎を解き旅をする。舞台は南ヨーロッパ。引き込まれますね。
<< 韓国の詩 「子規詞」 『聖ペテロの雪』(レオ・ペルッ... >>