「ほっ」と。キャンペーン

『カールの降誕祭』(フェルディナント・フォン・シーラッハ、訳=酒寄進一、東京創元社)

c0077412_10591788.jpg

『Carl Tohrbergs Weihnachten』(Ferdinand von Schirach, 2012)



本書には下記の三つの短編が収録されている。
『パン屋の主人』――語り手は肥満体の男で、「昔はまともなパン屋だった」が、事件を起こして店も妻も失った。彼は今、音楽大学に通う日本女性に恋をしている。彼女のために一日がかりで「黒い森のサクランボケーキ」を作り、翌朝アパートの3階に住む彼女のところに届けに行く。ここで事件が起こる。その日の午後、彼はキオスクの主人とコーヒーを飲みながら、ケーキ好きな人が多いという日本に行ってケーキ屋を開く、という夢を語る。ついでに「日本の女は太った男が好きらしいんだ。相撲取りがポップスター並みの人気だっていうから」とも言う。このときはもう音大生の日本女性のことはすっかり忘れていた。
『ザイボルト』――自分で決めた規則に従って日々を過ごしてきた謹厳実直な裁判官のザイボルトが定年退職する。2週間後にヴェネツィアに旅立つが、「ヴェネツィアは美しくない。典型的なだけだ」とわかったザイボルトは予定を変更して帰国する。定年退官してから3ヶ月後、ザイボルトは再び裁判所に顔を出し、昔の席に座ってファイルを読んだりして過ごした。皆に敬遠されているのに気がついた頃、ちょっとした事件を起こしたのをきっかけに、ザイボルトは裁判所に来なくなる。やがて「また旅に出た」という葉書が妹の元に届いたきり、音信不通になる。
『カールの降誕祭』――主人公のカール・トーアベルクはザルツブルクの名門の家に生まれた。父は小さな宝石店を営んでいたが、客にも帳簿にも興味がなかった。ザルツブルク音楽祭の実行委員の一人だったので、家にはお客が絶えなかった。家を仕切っていたリューヒェン=ヘルムシュタット公女である母は、貴族制度が廃止されたことも、家にはもう金がないことも認めようとせず、誰にも彼にも高圧的な女性だった。カールは14才から本格的に絵を描き始め、3年後には「彼の絵は具体的な形を失い、色彩が混ざり合い、透明になり、光と色彩を持つ水だけで成り立っているように見えた」。そんなカールの絵を、母は「所詮はクズ」と切り捨てた。カールは絵を捨てて合理的な数学の世界にのめり込む。後年、クリスマスに母のところを訪れたとき、カールは数学でも合理的に説明できないカオスを見てしまう。カールは脳内が真っ白になり、静寂に包まれた冬景色の中を歩く自分を見る。雪の中からホルバインの「大使たち」を掘り出す。「この絵を正面からでなく、極端に斜め横から見ると、カンヴァスに別の絵が現れる。髑髏だ。(中略)このときカールは自分が何をしなければならないかわかった」のだった。

三作とも、読んでいるうちにシーラッハの不条理犯罪の世界にとりつかれる。そしてタダジュンの絵が、これらの作品の恐ろしさと暗さとある種の美しさをいっそう引き立てている。なお、巻末の訳者あとがきには、懇切丁寧な作品解説と共に、訳者と作者の「秘密の話」も盛り込まれていて、大いに楽しめる。(2016.11.3読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-12-31 11:00 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/26280025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『べつの言葉で』(ジュンパ・ラ... 『그들만의 사랑법』(박완서,... >>